プラチナム プロダクション 社長 関東 連合。 大手の芸能事務所ランキングTOP60と勢力図まとめ【2020最新版】

24歳で自殺した上原美優。追い込んだのは島田伸助と、関東連合だった!?

プラチナム プロダクション 社長 関東 連合

各 位 平成26年3月18日 会 社 名 株式会社プラチナムプロダクション 代表者名 代表取締役社長 瀧澤 勉 問合せ先 常務取締役 車塚 直 (TEL : 03-5774-5483) 訴訟の判決に関するお知らせ 当社は、村西とおること草野博美(以下「被告村西」といいます。 )及び株式会社レオンプロモーション(以下「被告会社」といいます。 )を被告(以下「被告ら」といいます。 )として、東京地方裁判所に対して、名誉棄損に基づく損害賠償請求訴訟(以下「本件訴訟」といいます。 )を提起しておりましたが、平成26年2月26日、本件訴訟に関し、同裁判所より判決が言い渡されましたので、お知らせいたします。 記 1.訴訟の経緯 被告村西は、平成23年5月15日付で、被告会社がインターネット上に管理運営する「村西ちゃんねる」と題するウェブサイト(以下「本件ウェブサイト」といいます。 )のコンテンツの1つであるブログにおいて、「上原美優さまの死の真相・・・。 」と題する記事(以下「本件ブログ記事」といいます。 )を記載し、また、同月24日付で、自己が配信する「村西とおるのナイスな人たち」と題するメールマガジン(以下「本件メルマガ」といいます。 )において、「決定版,上原美優さまの死の真相」と題する記事(以下「本件メルマガ記事」といいます。 )を配信しました。 しかしながら、各記事の内容は事実無根の内容であり、当社及び当社代表取締役社長の名誉・信用を著しく棄損するものであったことから、当社は、同年9月12日付で、被告らに対して、当社及び当社代表取締役社長の名誉・信用を棄損させたことに基づく損害賠償の支払い、本件ブログ記事の削除並びに当社及び当社代表取締役に対する謝罪広告の掲載・配信を求めて、本件訴訟を提起いたしました。 その後、証人尋問等の手続を経て、被告らとの間において、今般、判決が言い渡されました。 2.判決の概要 本判決においては、これまで当社が主張してまいりました内容が、概ね認められました。 本判決主文の概要は以下のとおりです。 (1) 被告らは、原告株式会社プラチナムプロダクションに対し、連帯して330万円及びこれに対する平成23年5月24日から支払済みまで年5分の割合による金員を支払え。 (2) 被告らは、原告瀧澤勉に対し、連帯して55万円及びこれに対する平成23年5月15日から支払済みまで年5分の割合による金員を支払え。 (3) 被告らは、本件ブログ記事を削除せよ。 (4) 被告村西は、本件ウェブサイト上に、謝罪広告を掲載せよ。 (5) 被告村西は、本件ブログ記事上に、謝罪広告を掲載せよ。 (6) 被告村西は、本件メルマガにおいて、謝罪広告を配信せよ。 3.今後の見通し 本件判決に対しては、被告らから、平成26年3月10日付で控訴の提起がありました。 このため、当社としましては、控訴審においても、引き続き、本件ブログ記事及び本件メルマガ記事の内容が事実無根の内容であり、当社及び当社代表取締役社長の名誉・信用を著しく棄損するものであることを主張してまいる所存です。

次の

関東連合・邑井が逮捕!邑井とは何者か?2020年現在の姿は?

プラチナム プロダクション 社長 関東 連合

まずは最近言われているローラさんですね。 事務所はLIBERA(リベラ)です。 40歳までの20年間に及ぶ奴隷契約やその後やめてから2年間の活動停止、もしやめたらアメリカや日本でも活動できなくしてやるという恫喝が言われています。 リベラにはダレノガレ朋美さんも所属しています。 ダレノガレ朋美さんも事務所と金銭トラブルになり弁護士を立てて申し入れを行ったと報じられています。 あとは最近では1円も給料をいただいていないんですと涙ながらに告白したのが西山茉希さんでした。 事務所はバーニングの系列のオフィスエムアンドビーです。 バーニング系列はよく給料未払いの相談があります。 バーニング系エーチームの子からもうちのNGOに給料未払いの相談がありました。 同じくバーニング系列で能年玲奈さんや清水富美加さんが揉めていたのがレプロです。 レプロも給料が安いことや管理の厳しさが問題となっていました。 レプロは以前にも新垣結衣さんが「やめたい」と漏らすほど追い詰められていたようです。 レプロの本間社長は関東連合関係者でお兄さんが関東連合のブラックエンペラーの元総長ですね。 レプロ所属の吉川ひなのさんの旦那さんは関東連合幹部の保科さんです。 バーニング系列のケイダッシュ、パールダッシュはミスインターナショナルの吉松育美さんと脅迫、ストーカー被害で裁判沙汰になっていましたね。 ケイダッシュは所属していたアナウンサーの川田亜子さんが練炭自殺をしています。 ケイダッシュ、パールダッシュは関東連合と親密な関係にあるプロダクションです。 人気バンドGLAYもバーニングパブリッシャーズとアンリミテッドと給料未払いで裁判沙汰になり7億円勝訴しています。 バーニングのエーチームはレースクイーン時代の香西咲さんがAV強要をされたという被害にあった事務所ですね。 バーニングのエーチームとエープラスに所属していた小阪由佳さんは過酷な枕営業の実態を暴露していました。 ストレスで鬱になり激太りした様子が報道されていましたね。 バーニング系アーティストハウスピラミッドは安田美沙子さんが事務所退社を巡り裁判沙汰となっています。 安田美沙子さんはアーティストハウスピラミッドの待遇に強い不満があったそうです。 アーティストハウスピラミッドは関東連合系の事務所だそうです。 バーニング系のプロダクション尾木は小嶋陽菜さんが所属していて小嶋陽菜さんの弟が「お姉ちゃんが枕営業をやらされている」と告白していました。 AKBの高橋みなみさんもプロダクション尾木に所属していますが、取引先やプロダクション関係者への肉弾接待写真が流出していました。 プロダクション尾木に所属していた「まゆゆ」こと渡辺麻友さんも引退を表明しています。 表向きは健康上の理由となっていますが、同じプロダクション尾木の高橋みなみさんは「裏では嫌なこと(枕営業や肉弾接待、セクハラなど)がたくさんある。 素直なまゆゆには合わなかったんじゃないか」と語っています。 渡辺麻友さんはAKBは真面目に頑張る子が報われないところだと情熱大陸に出演したときに語っていました。 しかし現実は真面目な子が酷い目にあう、報われない社会だったから精神を病んで引退を決意したんだと思います。 エイベックスは残業代未払いや過酷労働が報道されていました。 社員の3~4割が5年以内に退社すると報じられています。 DREAM5がエイベックスのブラックぶりを暴露していました。 給料は家賃分を除いて月2万円とのことです。 エイベックスに所属していた元デイアフタートゥモローのボーカル「みその」さんは一番売れてるときに給料が居酒屋のバイト並だったと話していました。 エイベックス傘下のプライムディレクション(エイベックス・ライブ・クリエイティブ)は鈴木あみと給料問題で訴訟が起きています。 事務所の管理はとても厳しく歌番組でも隣の人に話すことも許されていなかったようです。 もちろん他のタレントやミュージシャンとの連絡先の交換もNGだったようです。 エイベックスの黒岩社長は稲川会で元稲川会直営キャバクラグループの社長ですね。 エイベックスの社長室長の遠藤氏は元稲川会の一ノ瀬一家幹部でいまはエイベックス傘下の芸能プロダクション「フィット」の社長のようです。 フィットは吉木りさや杉原杏璃、乙葉などのプロダクションです。 系列に「ハーベスターズ」「アリュール」というAV女優部門もあります。 これらは大麻、覚せい剤事件が多く起きています。 また所属していた女優の麻美ゆまは芸能プロダクションと騙されてAV強要をされたと告白しています。 フィットワン設立には関東連合の川奈さんも関わっていたようです。 エイベックス傘下のエイジアプロモーションの社長も脅迫で逮捕されています。 エイジアプロモーションはエイベックスの傘下企業で押尾学の銀座ホステスを死なせた事件でもエイジアプロの社長が出廷させられています。 社長の村山さんは元千葉の暴走族のKGBだそうです。 エイジアプロモーションは益若つばささんや安西ひろこさん、平子理沙さんなどが所属しています。 エイベックスの取締役・幹部は稲川会や関東連合です。 千葉副社長の参加したエイベックスのパーティーでエイベックス系の執行役員が自社のグラビアイドルに強姦未遂をしたとして事件になっています。 エイベックス系のタレントが軒並み不幸になっています。。 エグザイルや3代目ジェイソウルブラザーズのLDHは長時間労働と給料未払いのブラック労働、パワハラが報道されていましたね。 アヴィラは真鍋かをりさんが枕営業をさせられて揉めていたところですね。 真鍋かをりさんは契約の解消を求めましたがアヴィラは真鍋に3億円の賠償請求をしました。 アヴィラは小倉優子さんにも1億円の賠償請求をして小倉優子さんが勝訴しています。 アヴィラは元アバンギャルドというプロダクションで現在は重盛さと美、坂口杏里、折原みかがいます。 R&Aプロモーションはセインカミュさんと本の印税が入らないということで裁判が起きました。 その後1750万を支払うことで和解が成立しています。 しかしその後セインカミュさんは干されてしまったようです。 ライジングプロダクションは歌手の安室奈美恵さんと奴隷契約、辞めさせないなどで揉めていました。 六本木オフィスは浅香唯さんと芸名を使わせないというトラブルが起きました。 SPエージェンシーとリップに所属していた小向美奈子さんは枕営業やグラビアアイドルの女衒の存在がいることを告白されていました。 フェイスネットワーク、系列のプラチカは香西咲さん、AKB48の山口りこ(中西里菜)さんが所属していた事務所ですね。 上部団体はバーニングのようです。 違約金数億円の請求などを絡めたAV強要を受けた事務所ですね。 プラチナムプロダクションは上原美優さんが自殺しています。 またプラチナムプロダクションも所属タレントによる過酷な枕営業の暴露が行われました。 同じくプラチナムプロダクション所属の手島優さんも枕営業について暴露していましたね。 プラチナムプロダクションはエイベックス系のプロダクションだそうです。 オスカープロモーションは25歳まで恋愛禁止、結婚禁止という厳しい縛りが言われています。 オスカー社員が40名も大量離職するなどブラック化が言われています。 オスカープロモーションは米倉涼子さん、長谷川潤さん、岸明日香さん、金子エミさん、岡田結実さん、忽那汐里(くつなしおり)さん、リサステッグマイヤーさん、草刈民代さん、ヨンアさんなど事務所のブラックさに嫌気がさし次々と退社しています。 オスカープロモーションは堀和顯専務のパワハラも週刊新潮が報じています。 オスカープロモーションの女の子数名から過酷な勤務で薄給である、枕営業をさせられるという相談がうちのNGOにありました。 ストーカー被害にあっても事務所は守ることなくストーカーに合う君が悪いと言われて解雇されたという元オスカープロモーション所属のモデルの子の声もありました。 平子理沙さんやめざましテレビのイマドキガールの森友理恵さんなどが所属していたニューパワーは社長の関東連合で住吉会系堺組の人が脅迫罪で逮捕されています。 舟山久美子や今野杏南、武田玲奈、松本愛、元AKBの梅田彩佳などが所属するモデルプロダクションのトラスター(ヴィズミック)は親会社がインソー株式会社(レジャックスホールディングス)というキャバクラグループのインソーやアパレル会社のマークスタイラーの会社です。 ここのトラスター(ヴィズミック)の親会社のインソー株式会社(レジャックスホールディングス)はペニーオークション詐欺や闇金融が問題化しています。 また従業員やキャバ嬢の給料未払いやブラック労働で集団訴訟を起こされています。 神戸山口組の直営の芸能プロダクションですね。 顧問に菅沼清高元警察庁長官官房長をつけています。 NEWSPROMOTION(元NASAエンターテインメント)はタレントの森友里恵さんが有名企業の社長に30万円で枕営業の強要をされたと法廷で証言しています。 所属タレントはモデルの神戸蘭子さん、ソニンさんがいました。 太田プロダクションは芸人の山田邦子さんとトラブルになっていました。 AKSはNGTの山口真帆さんの事件などでブラックさを露呈しています。 それ以外のビームやハイクオリティなど弱小プロダクションは未払いや高額なレッスン料など言われています。 弱小プロダクションはまともなところはありません。 ワンカラーというプロダクションは意に反して夜の仕事で働かせられて無理やり売春までやらされたという相談がいくつかありました。 ワンカラーというプロダクションは要注意です。 芸能プロダクションMAHMは所属グラビアタレントに暴力行為を働いて社長が警察に捕まったところです。 MAHMの水野英久社長というそうです。 関東連合やヤクザの名前を出して脅されるそうです。 芸能プロダクションのデートピアは給料未払いと7年間の奴隷契約でアイドルグループがプロダクションを訴えています。 石川優実さんが枕営業の強要やグラビア撮影の強要の実態を告発しました。 プロダクションはACEですね。 バーニング傘下のプロダクションのKチームの社長の金成博文さんは神戸山口組系3次団体東仁会会長でした。 イタリア料理店の従業員をボコボコにして逮捕されています。 現在はバーニング系のエーチームと合併したそうです。 芸能プロダクションのディアステージ(株式会社ピクシブ)も絶対にやめましょう! 所属タレントの虹のコンキスタドール(虹コン)に酷いセクハラや枕営業の強要、脱衣所や浴室の撮影などで代表取締役社長の永田寛哲氏を提訴しています。 NMB48の所属するKYORAKU吉本ホールディングスも辞めてから2年間の活動を禁止するという契約を結ばせていると週刊文春が報じていました。 ただこの辞めてから活動を禁じられているというのは他の多くのプロダクションも似た様な契約があるようです。 芸能界の業界全体の問題かもしれません。 元ポップティーンモデルも在籍していた芸能プロダクションの「MELM」(メルム)は社員を泥酔させて2回も高熱の鍋に突っ込むというパワハラをしていました。 社長はイベサー上がりの輩、半グレですね。 給料も月8万円しか渡さず11時から23時まで働かせていたそうです。 バーニング系のプロダクションだそうです。 ワールドビジョンプロは社長の塩見剛史氏とイベント会社社長の園部宗徳氏はハプニングバーに女性を連れ込み性的暴行を加えたとして逮捕されています。 ワールドビジョンプロもやめたほうがいいですね。 釈由美子さんや山本梓さんが所属するトミーズアーティストカンパニーも1000万円以上の給料未払いと4000万円を超える債務超過と身売りが報じられています。 トミーズアーティストカンパニーもやめましょう。 加藤紗里さんが所属する芸能プロダクション「ゼロイチファミリア」でも給料未払い、辞めさせてもくれないという訴えを加藤紗里さんが起こしています。 ゼロイチファミリアは月の給料が数千円のときもあったそうです。 アイドルグループ「dela」を運営する名古屋美少女ファクトリー、株式会社エムディーアイの代表取締役が自社アイドルにわいせつ行為を行ったとして辞任しています。 ナベプロは大澤常務による所属タレントへの1年間にわたるセクハラ、わいせつ行為が週刊文春に報じられています。 ユーチューバーの事務所UUUMもブラックだと言って退所する人が続出しています。 UUUMはタレントに何もしないにも関わらず、マージン、手数料だけ2割中抜きされるそうです。 ユーチューバーはもともと一人で撮影して、編集してアップしていますから事務所は必要ないですからね。 テレビのようにプロダクションに入らないと出演できないならばまだしも、ユーチューブは誰でもアップは自由ですから事務所に入る意味がないですね。 稲川会2代目石井隆匡会長も1987年の佐川急便事件のためにアメリカのCIAに口封じで消されたのではな NGTの山口真帆さんは事務所は元スマップの3人がいる新しい地図に入るのがいいと思います。 ロス疑惑 千葉科学大学教授で地震工学が専門の小川信行教授が福島の311の震災が人工地震である証拠を掴んだために モデルやアイドル、女優、グラビアアイドル、レースクイーン、AV女優の美容整形はほとんど麻布十番のプリ 神奈川県で教師をしていました。 モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、外国人、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。 東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性を支援しています。 7000人以上の女性を幸せにしています。 国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる女性支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業、全体構造法、動作法、トリガーポイントマッサージによる言語障害・発達障害の治療など女性のための総合ソーシャルワーク団体です。 心理カウンセラー、ジャーナリスト、ファイナンシャルプランナー、ソーシャルワーカーです。 人気記事ランキング• カテゴリー•

次の

大手の芸能事務所ランキングTOP60と勢力図まとめ【2020最新版】

プラチナム プロダクション 社長 関東 連合

株式会社 サンミュージックプロダクション 代表者:相澤正久 設 立:1971年9月 サンミュージックプロダクションは、1971年に設立した芸能事務所で、松田聖子さんらが所属していた事務所としても知られています。 現在は、ベッキーさん、カンニング竹山さん、安達祐実さんら大物芸能人が所属していますが、大手芸能事務所にしては珍しく、各報道機関などに圧力などを徹底しないので、タレントの不祥事なども大々的に報じられやすいのが特徴となっています。 ですから、看板タレントだったベッキーさんの不倫が報じられた際にも、圧力を行使しなかったため、仕事が激減してしまい、すっかりテレビ番組などで見かける機会が無くなってしまいました。 芸能事務所・大手ランキング最新版 TOP25-21 25位:プロダクション尾木 株式会社 レプロエンタテインメント 代表者:本間憲(代表取締役) 設 立:1991年2月 レプロエンタテインメントは、人気女性タレントが数多く所属していて、新垣結衣さんの所属事務所でもあり、さんが所属しているという事は、どれだけ大きい事務所なのかを伺うことができるでしょう。 しかし、レプロエンタテインメント所属のタレントたちも不倫が報じられていて、マギーさんの不倫、川島海荷さんの不倫もしくは枕営業疑惑など、これらは、レプロエンタテインメント側の圧力によって、テレビ番組などでは全く報じられませんでした。 レプロエンタテインメントは、バーニング系列の芸能事務所なので、何らかの不祥事を起こしても、バーニングの力でもみ消すことができるのでしょう。 9位:スターダストプロモーション 株式会社 スターダストプロモーション (Stardust Promotion) 代表者:細野義朗(会長) 藤下良司(社長) 設 立:1979年2月 スターダストプロモーションは、俳優・女優・アイドルなど、幅広いジャンルの芸能人たちが所属する大手芸能事務所です。 北川景子さん、窪田正孝さんや、アイドルグループ・ももいろクローバーZなどが所属しています。 しかし、ももいろクローバーZは、まだメンバーが中学生だった頃に、過剰なファンサービスを行っていたことがあり、「ももクロの黒歴史」とも言われていますが、このころからスターダストプロモーションに所属していたので、本人たちの意思ではなく、事務所によるファンサービスだった可能性が指摘されていました。 8位:ライジングプロダクション ライジングプロダクション (RISINGPRO Holdings Co. , Ltd. ) 代表者:代表取締役・平哲夫 設 立:1985年7月 ライジングプロダクションは、1985年に設立し、主に役者やダンスが得意な歌手が所属している芸能事務所です。 観月ありさんや国仲涼子さんといった大物女優が所属し、w-inds. などの男性ダンスグループもライジングプロダクションに所属しています。 西内まりやさんの所属事務所でもありましたが、トラブルが発生し、現在はライジングプロダクションを退所しています。 報道によれば、西内まりやさんが、所属事務所社長にビンタするほど激怒したそうで、ライジングプロダクションはバーニング系列なので、敵に回してしまったことで仕事を全て干されてしまった模様です。 7位:エイベックス・グループ 株式会社 ホリプロ(Horipro Inc. ) 代表者:代表取締役・ 堀義貴 設 立:1960年5月 ホリプロは、1960年に「堀プロダクション」という名前で設立された大手芸能事務所です。 昭和時代から数多くのスターを輩出し、山口百恵さんや森昌子さんもホリプロからデビューし、近年はアニメ関係の事業も展開しているので、声優も所属しています。 ホリプロの特色と言えば、大物芸能人たちが大勢所属しているところであり、女優の石原さとみさん、綾瀬はるかさん、深田恭子さんもホリプロに所属し、 さまぁ~ずといったお笑い芸人もホリプロに所属しています。 そして一番の大物と言えば、和田アキ子さんで、現在も多くの芸能人たちに親しまれています。 4位:アミューズ 株式会社 アミューズ(AMUSE INC. ) 代表者:中西正樹(代表取締役社長執行役員) 設 立:1977年10月16日 アミューズは、俳優・ミュージシャンが大勢所属している大手芸能事務所です。 サザンオールスターズをはじめ、福山雅治さん、BEGIN、海外で大ブレイク中のBABYMETALなどが所属し、イケメン俳優の佐藤健さん、神木隆之介さんなど、若者世代の女性に人気の俳優が多いのも特徴です。 アミューズの強みは、ドラマや映画で、アミューズ主導で作品を制作されるので、月9ドラマでは、当時新人のシンガーソングライターで所属タレントの藤原さくらさんが、いきなり月9ヒロインに抜擢されました。 3位:吉本興業 株式会社 ジャニーズ事務所(ジャニーズじむしょ) 代表者:代表取締役社長・空席 設 立:1962年6月 ジャニーズ事務所は、SMAP、嵐、TOKIOなど、国民的人気となったグループを誕生させた大手芸能事務所です。 しかし、徹底した圧力を駆使することでも有名で、所属タレントが不利になる報道は一切許さず、山口達也さんの事件も、「容疑者」ではなく「メンバー」という表現を使用していましたね。 そして、昔からジャニー喜多川社長のセクハラ疑惑や、メリー喜多川副社長の独裁などの黒い噂も絶えず、メリー喜多川副社長に関しては、SMAP解散騒動の元凶と言われています。 また、所属タレントの労働環境が悪いことでも有名で、「ジャニタレは好きだけど事務所は嫌い」というジャニーズファンも多いようです。 1位:バーニングプロダクション もはや誰も逆らえない…! 自身が見込んだ芸能人は厚遇し、自身の元を去る芸能人には徹底した制裁を与えることでも有名で、能年玲奈さんや清水富美加さん、水野美紀さんも巻き込まれたました。 芸能界で生き残る以上、誰も周防郁雄社長及びバーニング系列に逆らうことはできないことが分ります。 まとめ いかがでしたでしょか? 芸能人といえば、世の人々に夢と笑顔を与える方たちですが、その背景には所属事務所があるからこそ、芸能活動で展開できているわけで、その裏では、世間にまだ発覚していない黒い事実がたくさん隠されているようです。 そこには、大手芸能事務所による圧力があり、黒い交際・買収・枕営業や肉体的な接待などなど、テレビで報じられることは絶対にないと思いますが、これらと全く無関係の世界ではないということです。 SNSが普及した現在では、簡単に情報が拡散されるようになったので、今後は今まで以上に芸能事務所による不祥事などが発覚しやすくなる可能性もあり得るでしょう。 芸能界に夢を抱いている多くの方たちのためにも、もっとクリーンな業界になってほしいと願いたいですね!.

次の