アイマス ヤンデレss。 凛「プロデューサー?LINE既読にしたなら無視しないで欲しいな‥‥‥」

アイマスSSまとめ:モバP「森久保乃々がヤンデレになった」

アイマス ヤンデレss

25 ID:KVxCenjw0 P「ふぅーっ、これで片付けは終了ですか」 律子「結構派手にしちゃいましたね」 P「たまにはこういうのもいいだろ」 律子「そうですね…」 P「それじゃあちょっとゴミをまとめてくる。 帰るときに一緒に出すな」 律子「わかりました……」 給湯室 P「ん?こんな缶ジュースあったか?ってもしかしてお酒か?」 P「……よかった、ただのジュースか。 未成年がお酒飲んだら大変だしな。 買ったのはビールだけのはずだし」 『ヤンミーデレール』 P「また変な名前だし、紫色の毒々しいジュースだな。 94 ID:KVxCenjw0 P「おっと」 律子「はい、プロデューサー殿」 P「ありがとう、律子。 手伝ってくれるのはいいけれど、律子も疲れただろ。 先に帰ってくれていいよ」 律子「プロデューサー殿は私がいると迷惑ですか?だから先に帰れって言うのですか?」 P「そんなこと無いに決まってるだろって、律子…お前目が変だぞ」 律子「そんなことないですよ」 P「だって光がないというか生気がないというか。 26 ID:KVxCenjw0 P「いいかげんに…!!うっ」 律子「……」ニヤァ P「り、つこ…」 律子「プロデューサー殿の血ってすごくきれいですね」 P「こんな…ことって」 律子「あはははははは!!プロデューサー殿は私のもの!!」 P「って痛くない…この包丁ってドラマの小道具か…刃が引っ込むと赤い塗料が出てくるおもちゃじゃないか」 律子「あはははははは!!やった!やった!」 P「誰が置いたのかは知らんがよくやった。 49 ID:KVxCenjw0 P「それにしてもスーツが血糊でべっとりだな。 事務所を出たのはいいとして…ってうおっ!!」 @下水道 P「イテテテテテ…マンホールが開いてたか?違う…雪歩の掘った穴だ…」 P「ということは雪歩がこの下水道にいるってことか。 考えただけで怖くなってきた。 暗すぎて何も見えない」 カラカラカラ P「ひっ」 カラカラカラカラカラカラ P「なにか金属のものを引きずっている…(雪歩のシャベル!!)」 雪歩「プロデューサ~どこにいるんですか~返事してください~」 P「(一番やっかいだな。 25 ID:KVxCenjw0 @地下下水道処理施設 P「エレベーターもあるし、ここなら地上に出られそうだな。 」 雪歩『プロデューサ~どこ行きましたか~エレベーターなんて使おうなんて考えないでくださいよ~』 P「くそっさすがに読まれているか」 雪歩『地下は私の庭ですから、プロデューサーがどこにいるかすぐにわかりますぅ』 P「頼むからわかりかねてくれ」 雪歩『プロデューサー、そこの監視カメラ見えますか?私、プロデューサーがどこにいるかわかっちゃいました』 P「くそっ!」 カラカラカラカラカラ P「走ってくるのかよ!!」 雪歩「プロデューサーァッ!!」ガキッィン P「危ない!!」 雪歩「シャベルが抜けなくなっちゃいました…んしょ、んしょっと。 これだから鉄筋コンクリートはいやなんですぅ」 P「今のうちに…」 雪歩「逃がしません…」 P「雪歩、早く目覚めてくれ。 09 ID:KVxCenjw0 P「エレベーター早く来てくれ…」 雪歩「ぷろでゅぅさぁぁ…」 P「早く早く!!」カチカチカチ 雪歩「待ってくださぃ」カラカラカラ P「来た!早く扉閉まれ!閉まれ!閉まれ!」カチカチカチ 雪歩「逃がしません!!」 P「ひぃっ!ドアを貫通した…」 雪歩「あぁっ!シャベルがエレベーターに持って行かれますぅ」 P「よかった。 さすがに柄が木製だとエレベーターが勝つな。 06 ID:KVxCenjw0 @下水処理施設地上 P「タクシー」 運転手「どこまでですか?」 P「とりあえず、ここから離れてください。 02 ID:KVxCenjw0 あずさ「あらあら~プロデューサーさん、いきなり降りたら危ないですよ~」 P「いやいやいや!!おかしいですって」 あずさ「何がおかしいんですか?忙しい合間を縫って免許を取ったんですよ~」 P「いや、このさい2種免とかどうだっていい…料金取ってないからセーフかって違う!!」 あずさ「そこのコンテナがちょうど、アメリカ行きです。 一緒に乗ってアメリカに逃げませんか?」 P「ちょっ?」 あずさ「ぎゅーっ」 P「あずささん、いくら誰もいないからって外で抱きつくなんて!!」 あずさ「まえは貴音ちゃんといっしょだったから、プロデューサーさんを独り占めできなかったけれど、今夜は独り占めね~うふふ~」 P「すいません、頭が追い付いていません」 あずさ「前に言ったこと忘れていませんか?」 『次私以外の子に変ないたずらしたら許しませんよ。 』 P「あ、でも!!」 あずさ「言い訳は聞きたくありません。 32 ID:KVxCenjw0 キィー P「(ん?扉があいた?)」 シュルルルッシャーッ あずさ「プロデューサーさんよそ見はいけませんよ~」 P「いまだっ!」 あずさ「きゃっ!」 P「すいません、まだ童貞を奪われるわけにはいかないんです!童貞を守れなくて世界を守れるわけがないんです!」 あずさ「プロデューサーさん……はぁ、逃げちゃいましたね。 私も帰ろうかしら」 P「(そうえいば、視界の隅に蛇が見えたが。 62 ID:KVxCenjw0 @P自宅 P「どうして鍵が開いてるんだ?」 響「おかえりなさい、プロデューサー!!」 P「うお」ダキッ 響「待ってたんだぞ」 P「どうして響が俺の家に!?」 響「へび香が開けてくれたんだぞ。 プロデューサーをコンテナから逃がしたのもへび香だぞ!」 P「そ、そうだったのか。 お礼を言っていいのか迷うな…」 響「とりあえず、中に入ってよ」 P「お、おう。 49 ID:KVxCenjw0 P「いや、さっきバーベキューでさ」 響「プロデューサーは自分の作ったご飯、嫌なのか」グスッ P「そ、そんなことない!大好きだ」 響「それじゃあ食べてくれるよね?」 P「だけど今はおなかいっぱいというか」 響「もしかして誰かと食べてきたのか?」 P「そんなことは…まあ食べてきたというか、響も一緒にいたんだがな」 響「ぐすっ…プロデューサーは他の娘の料理のほうがいいんだ」 P「違うって!!」 響「それじゃあ食べてよ!!」 P「うぅ…わかった。 でもあれだ。 本当に撮られていたらどうする気だ?あれ以上ロビーにいたらまずいから部屋に入ったけれど」 千早「私はアイドルではなく歌手ですから。 問題ありません。 それに、既成事実ができあがって、プロデューサーと結婚しやすくなりますし」 P「千早は他の皆も巻き添えになってアイドル活動ができなくなってもいいのか?」 千早「興味ありません」 P「ひどい奴だな」 千早「プロデューサーを手に入れることができさえすれば、もうどうだっていいですから」 P「歌は?」 千早「プロデューサーのためだけに歌います」 P「止めてくれ」 千早「それは、私の歌を一人のためだけにはもったいないという意味ですか?そう言ってくれるのならうれしいです」 P「まあ、そういうことだ。 ファンがいて初めて作詞や作曲してもらうだけの環境ができる。

次の

提督「俺の秘書艦がヤンデレになったんだが」

アイマス ヤンデレss

48 ID:ZvkBlsLFP 事務所 ガチャ P「ただいま戻りました〜」 美希「あ、おはようございます。 02 ID:ZvkBlsLFP 会議室 小鳥「フフフ、面白いですねー」 P「面白いですねーじゃないですよ。 いったいなんなんですか? アイツらの変わり様というか」 小鳥「それがですね。 何も言わずにプロデューサーさんが出て行かれて、どうやら事務所を辞めたと勘違いしたらしくて」 P「辞める!? まさか!」 小鳥「ええ、まあそうなんですけど。 01 ID:ZvkBlsLFP 事務所 P(やれやれ。 社長も小鳥さんも妙なところで子供っぽいというか) P(っていうかまずこの背中にひっついてるのどうにかして) 美希「肩はこってませんか? マッサージしてあげますなの!」 P「いいよいいよ、それよりも今日は美希はオフだろ? しっかり休んでろって」 美希「いいえ! 今までサボってた分、イッショウケンメイになりますの!」ビッ! P「良いことなんだろうけどどうも方向性が……分かった。 87 ID:ZvkBlsLFP P(さてと、今日は午前中は貴音のロケだったな。 97 ID:ZvkBlsLFP 雪歩「ぷ、ぷろりゅぅ……!?」 P「あー、今まで連絡しなくてごめんな。 65 ID:ZvkBlsLFP 雪歩「だぜ……だぜ……」 P「まあその、うん、気持ちは伝わったよ」 雪歩「その、私がダメでグズだからプロデューサーが辞めちゃったと思って、思ってぇぇぇ……」グスン P「うんうん、頑張った。 良い子だ。 65 ID:ZvkBlsLFP 翌朝 美希「プロデューサーは気にしないでください! それじゃあお仕事行ってきます!」 P(なんかすっごい罪悪感。 いや、俺が悪いんだけど) ガチャ やよい「……」 P「お、やよい早いな。 55 ID:ZvkBlsLFP やよい「まったくプロデューサーは……ほら、い、伊織も心配してたんだから」 P「え?」 やよい「ほら、伊織。 87 ID:ZvkBlsLFP やよい「まったくもぅ。 ほら、伊織。 ちゃんとこっち来て。 言いたいことあるんでしょ?」 伊織「うん……」オズオズ P() やよい「ほら」 伊織「あの……お、おかえりなさい。 20 ID:ZvkBlsLFP P「あ、う……」 やよい「ほらプロデューサーも。 76 ID:ZvkBlsLFP ザー P「響……?」 響「うぅ……臭いが落ちない……落ちないぞぉ……」 P(……oh) P「それで、朝からずっと体を洗ってたわけか」 響「う……仕方ないじゃないですか。 61 ID:ZvkBlsLFP スタジオ P「それじゃ、頑張ってこいよ」 響「なんくるないさー!」ダッ P(やっぱり響は今のままが一番だな) 律子「お疲れ様です。 プロデューサー殿」 P「おう。 そっちもおつかれ。 じゃあ、響のこと頼むわ」 律子「はい。 33 ID:ZvkBlsLFP 律子「まったく何を言い出すと思ったら、本当に貴方って人は……」 P「ん〜? どうしたの〜?」ニヤニヤ 律子「オホン! まあその、私も少しは素直な後輩を演じてみようかなとは思いましたが」 P「別にそんなことしなくて良いよ。 13 ID:ZvkBlsLFP 律子「そりゃあの子達もヤキモキしますよ……」 P「あの子たち?」 律子「なんでもありませんっ。 ほら、あずささんをお迎え行ってください」 P「あ、ああ」 律子「あー、でも」 P「ん?」 律子「いつかは貴方を超えて見せます。 81 ID:ZvkBlsLFP あずさ「Pちゃんマジノリ悪いー。 82 ID:ZvkBlsLFP 一時間後 あずさ「うぅ……すいません」 P「いやまあ、はい」 あずさ「最初はぁ、プロデューサーさんのママになって甘やかしちゃおうって思ったんですけど〜」 P(そっちじゃなくて良かった、たぶん。 おそらく。 24 ID:ZvkBlsLFP 翌朝 美希「あの、はい。 気にしてません! 頑張りますなの!」ダッ P(アイツ、あんなキャラだったっけ?) ガチャ 千早「……」 P「おう、久しぶり。 40 ID:ZvkBlsLFP 千早「良かった……ヒック……戻ってき……」 フエーン P「あーあー、よしよしごめんな。 連絡もしないでなー。 25 ID:hkyyyJPgP 夜 P自宅 P「やれやれ……一週間いないだけでこれか」 P「でもまあ、アイドルたちの違う一面を見れて新鮮だったかな」 P「それに、良い子ってのにも色々あるんだな」 P「なあ、春香」 春香「そうかもしれませんね。 71 ID:hkyyyJPgP おまけっすか 一週間のアイドル あずりつ編 あずさ「お忙しそうですねぇ〜」 律子「そりゃもうっ、連絡もなしに突然ですからね。 もうてんてこ舞いですよ」 あずさ「そうね〜、ひどい人よね〜。 94 ID:hkyyyJPgP おまけもありがとうございました。 67 ID:pBz1ucjI0 ド修羅場の予感しかしねえ!!!.

次の

提督「俺の秘書艦がヤンデレになったんだが」

アイマス ヤンデレss

全商品はブランドコピーN品で業界で一番よい品質です。 ブランドコピー通販は主にルイヴィトンコピー商品、グッチコピー商品、シャネルコピー商品。 ブランドコピーバッグ、財布、ネクタイ、シューズ、サングラス、帽子、ベルト、マフラー、傘、生地コピー、アクセサリーなどを販売しております。 ロレックスブランドコピー、オメガブランドコピー、IWCブランドコピー、ウブロブランドコピー、ブルガリブランドコピーなどの腕時計も取り扱っております。 営業時間 ご注文はオンラインにて年中無休、24時間受付けております。 ブランドスーパーコピー 765プロ• 876プロ• 961プロ• モバマス• グリマス• ユニット別リンク.

次の