エクセル タスクバー 表示。 エクセルの開発タブを表示する方法

Windows10 タスクバーを表示・非表示にする方法

エクセル タスクバー 表示

見たいアイコンは出しつつタスクバーをスッキリさせる Windows 10を使っていて、パソコンのバッテリー残量や音量、ネットワークへの接続状態を確認したいときは、画面右下(タスクバーの右側)にある「 通知領域」に注目しますよね。 ここが通知領域です。 バッテリー残量や音量などのアイコンは標準で表示されています。 ただ、通知領域に表示されるアイコン、およびアイコンの表示・非表示を切り替える方法は、 同じWindows 10でもバージョンによって異なります。 常に表示したいアイコンがなかったり、余計なアイコンがあったりするとストレスになるので、思い通りに設定する方法を覚えておきたいところです。 ここではWindows 10の最新版「April 2018 Update」(バージョン1803)を例に、通知領域をカスタマイズする方法を紹介しましょう。 Windows 10の通知領域に表示するアイコンを選択する 1[設定]を起動する タスクバーの時計の部分を右クリックし、[タスクバーの設定]を選択します。 タスクバーの何もない部分を右クリックしてもOKです。 なお、以前はこのメニューの[通知アイコンのカスタマイズ]から通知領域のカスタマイズを行いましたが、現在は変更されています。 2[タスクバーに表示するアイコンを選択します]画面を表示する [設定]が起動し、[個人用設定]の[タスクバー]画面が表示されました。 右側のメニューをスクロールし、[通知領域]にある[ タスクバーに表示するアイコンを選択します]をクリックしましょう。 3タスクバーに表示するアイコンを選択する 隠れているアイコンを常に通知領域に表示するには、該当するアイコンを[オン]に設定します。 常に表示せず隠したい場合は[オフ]にしましょう。 4通知領域に表示されるアイコンが変化した このように隠れていたアイコンが...... 通知領域に常に表示されるようになりました。 6システムアイコンの表示を切り替える ここでは例として、Windowsやアプリからの通知が集まる[アクションセンター]と、手書き入力で使う[Windows Ink ワークスペース]を[オフ]に設定しました。 7システムアイコンの表示が変化した いちばん右がアクションセンター、「A」の左にあるのがWindows Ink ワークスペースですが...... 非表示になってスッキリしました。 アクションセンターは[Windows]+[A]キーのショートカットでも表示できるので、タスクバーを広く使いたい人は消してしまうのも手です。 8[People]アイコンの表示を切り替える ついでに、通知領域の左側にある[People]アイコンの表示・非表示も切り替えてみましょう。 1つ前の画面に戻って下にスクロールすると、[ タスクバーに連絡先を表示する]という設定があるので、これを[オフ]にします。 9[People]アイコンが表示になった いちばん左が[People]アイコンです。 先ほどの設定を行うと...... なくなってスッキリします。 [People]を使っていないなら迷わず消しておきましょう。 いかがでしたか? 通知領域を思い通りにカスタマイズできるようになれば、常に状態を確認したいアプリを表示しつつ、 不要なものは消してタスクバーを広く使えるようになります。 新しく使い始めたパソコンでは、必ずチェックするようにしてくださいね。 あわせて読みたい.

次の

【Windows10】タスクバーにキーボードボタンを表示する方法【キーボードが操作できない時に】

エクセル タスクバー 表示

見たいアイコンは出しつつタスクバーをスッキリさせる Windows 10を使っていて、パソコンのバッテリー残量や音量、ネットワークへの接続状態を確認したいときは、画面右下(タスクバーの右側)にある「 通知領域」に注目しますよね。 ここが通知領域です。 バッテリー残量や音量などのアイコンは標準で表示されています。 ただ、通知領域に表示されるアイコン、およびアイコンの表示・非表示を切り替える方法は、 同じWindows 10でもバージョンによって異なります。 常に表示したいアイコンがなかったり、余計なアイコンがあったりするとストレスになるので、思い通りに設定する方法を覚えておきたいところです。 ここではWindows 10の最新版「April 2018 Update」(バージョン1803)を例に、通知領域をカスタマイズする方法を紹介しましょう。 Windows 10の通知領域に表示するアイコンを選択する 1[設定]を起動する タスクバーの時計の部分を右クリックし、[タスクバーの設定]を選択します。 タスクバーの何もない部分を右クリックしてもOKです。 なお、以前はこのメニューの[通知アイコンのカスタマイズ]から通知領域のカスタマイズを行いましたが、現在は変更されています。 2[タスクバーに表示するアイコンを選択します]画面を表示する [設定]が起動し、[個人用設定]の[タスクバー]画面が表示されました。 右側のメニューをスクロールし、[通知領域]にある[ タスクバーに表示するアイコンを選択します]をクリックしましょう。 3タスクバーに表示するアイコンを選択する 隠れているアイコンを常に通知領域に表示するには、該当するアイコンを[オン]に設定します。 常に表示せず隠したい場合は[オフ]にしましょう。 4通知領域に表示されるアイコンが変化した このように隠れていたアイコンが...... 通知領域に常に表示されるようになりました。 6システムアイコンの表示を切り替える ここでは例として、Windowsやアプリからの通知が集まる[アクションセンター]と、手書き入力で使う[Windows Ink ワークスペース]を[オフ]に設定しました。 7システムアイコンの表示が変化した いちばん右がアクションセンター、「A」の左にあるのがWindows Ink ワークスペースですが...... 非表示になってスッキリしました。 アクションセンターは[Windows]+[A]キーのショートカットでも表示できるので、タスクバーを広く使いたい人は消してしまうのも手です。 8[People]アイコンの表示を切り替える ついでに、通知領域の左側にある[People]アイコンの表示・非表示も切り替えてみましょう。 1つ前の画面に戻って下にスクロールすると、[ タスクバーに連絡先を表示する]という設定があるので、これを[オフ]にします。 9[People]アイコンが表示になった いちばん左が[People]アイコンです。 先ほどの設定を行うと...... なくなってスッキリします。 [People]を使っていないなら迷わず消しておきましょう。 いかがでしたか? 通知領域を思い通りにカスタマイズできるようになれば、常に状態を確認したいアプリを表示しつつ、 不要なものは消してタスクバーを広く使えるようになります。 新しく使い始めたパソコンでは、必ずチェックするようにしてくださいね。 あわせて読みたい.

次の

Windows 10 タスクバーにクイック起動を表示する方法

エクセル タスクバー 表示

見たいアイコンは出しつつタスクバーをスッキリさせる Windows 10を使っていて、パソコンのバッテリー残量や音量、ネットワークへの接続状態を確認したいときは、画面右下(タスクバーの右側)にある「 通知領域」に注目しますよね。 ここが通知領域です。 バッテリー残量や音量などのアイコンは標準で表示されています。 ただ、通知領域に表示されるアイコン、およびアイコンの表示・非表示を切り替える方法は、 同じWindows 10でもバージョンによって異なります。 常に表示したいアイコンがなかったり、余計なアイコンがあったりするとストレスになるので、思い通りに設定する方法を覚えておきたいところです。 ここではWindows 10の最新版「April 2018 Update」(バージョン1803)を例に、通知領域をカスタマイズする方法を紹介しましょう。 Windows 10の通知領域に表示するアイコンを選択する 1[設定]を起動する タスクバーの時計の部分を右クリックし、[タスクバーの設定]を選択します。 タスクバーの何もない部分を右クリックしてもOKです。 なお、以前はこのメニューの[通知アイコンのカスタマイズ]から通知領域のカスタマイズを行いましたが、現在は変更されています。 2[タスクバーに表示するアイコンを選択します]画面を表示する [設定]が起動し、[個人用設定]の[タスクバー]画面が表示されました。 右側のメニューをスクロールし、[通知領域]にある[ タスクバーに表示するアイコンを選択します]をクリックしましょう。 3タスクバーに表示するアイコンを選択する 隠れているアイコンを常に通知領域に表示するには、該当するアイコンを[オン]に設定します。 常に表示せず隠したい場合は[オフ]にしましょう。 4通知領域に表示されるアイコンが変化した このように隠れていたアイコンが...... 通知領域に常に表示されるようになりました。 6システムアイコンの表示を切り替える ここでは例として、Windowsやアプリからの通知が集まる[アクションセンター]と、手書き入力で使う[Windows Ink ワークスペース]を[オフ]に設定しました。 7システムアイコンの表示が変化した いちばん右がアクションセンター、「A」の左にあるのがWindows Ink ワークスペースですが...... 非表示になってスッキリしました。 アクションセンターは[Windows]+[A]キーのショートカットでも表示できるので、タスクバーを広く使いたい人は消してしまうのも手です。 8[People]アイコンの表示を切り替える ついでに、通知領域の左側にある[People]アイコンの表示・非表示も切り替えてみましょう。 1つ前の画面に戻って下にスクロールすると、[ タスクバーに連絡先を表示する]という設定があるので、これを[オフ]にします。 9[People]アイコンが表示になった いちばん左が[People]アイコンです。 先ほどの設定を行うと...... なくなってスッキリします。 [People]を使っていないなら迷わず消しておきましょう。 いかがでしたか? 通知領域を思い通りにカスタマイズできるようになれば、常に状態を確認したいアプリを表示しつつ、 不要なものは消してタスクバーを広く使えるようになります。 新しく使い始めたパソコンでは、必ずチェックするようにしてくださいね。 あわせて読みたい.

次の