キャサリン フル ボディ エンディング。 キャサリンフルボディとかいうゲームを買った結果・・・(ネタバレ注意)

【キャサリン・フルボディ】エンディング分岐条件

キャサリン フル ボディ エンディング

旧作ノーマルクリアした者です。 フルボディもノーマルクリアしましたが、リンのピアノの下り等、違和感がありまくりでしたね。 リンの話をしていていきなり、ところで、っと旧作の話に戻りますし。 無理にリンを捩じ込むくらいなら、途中の物語を旧作から大きく改変して欲しかった if的に大きく分岐させるように。 あと、opの歌も無理に使うくらいなら別の曲にして欲しかったですね、ちょっと寒い曲です、、w 全体的な難易度はノーマルでもundoできるため、旧作より低めですね。 追加されたブロックのタイプが変わるアレンジモードは、そこそこ楽しいですが、ブロックが固定されているため、ルートの組合せが減り、やはり難易度が低下している印象を。 特に後半のステージではアレンジブロックは減少し、制作者の息切れを感じました。 評価すべき点は、キャサリン不馴れに対しての顧客さんらに、適切な難易度が選べるように配慮したオート機能と、旧作にはなかったムービーの追加された、声優選択画面の追加、くぎゅうううううううううううううううううううう。 耳が幸せになりました。 ありがとうございました。

次の

キャサリン (ゲーム)

キャサリン フル ボディ エンディング

20年4月22日時点の情報です。 サブキャラもモブも個性的で、羊ですらいい味を出しています。 声優さんたちの演技もすばらしく、何気ないセリフも音声付きで楽しめます。 浮気相手のキャサリン(Catherine)の声優さんは変更することもできて、いつもと異なる味わいを楽しむこともできます。 彼らがおりなす会話は生き生きとしていて、ドラマを観ているような気分にもなれますよ。 ムービーギャラリーモードの追加 作中で登場する絵はかなり美麗で、アニメムービーも出来が良いです。 ムービーシーンのみですが、バーにいる時は見返すことができます。 Catherineの声優さんは、好きな声に変えて再生することもできます。 とても良い追加要素です。 ストーリーモードのバー内からでないと視聴できない• ギャラリーからムービーを観ようとすると撮影制限がかかる• メールの添付画像はメールからしか確認できないので、手間がかかる このように、使い勝手が悪くスクショもはかどりません。 メインメニューから「メールの添付画像」も含んだギャラリーをまとめて閲覧できると良かったです。 撮影制限に関しても「ネタバレエリアを分ける」とかやりようはあったと思います。 新展開が突飛 新キャラ・リンだけではなく、今回から新たに追加された「悩める人物」も登場します。 それらのキャラが加わることで起こる新展開ですが、「予想通り」と「予想外」が混在します。 ネタバレを避けるため詳しくは言えませんが、「予想外」の方があまりにも突飛。 背景とかに伏線がないわけではないのですが、超展開・・・というかジャンルが違う展開に動揺しました。 色々な展開があるうちの1つですし、そこまで大きく不満というわけではありませんが・・・。 プレイ状況 ソフトウェア パッケージ版 プレイ時間 35時間 購入した追加コンテンツ• Catherine "理想の声" ラブリーボイスセット 所持しているサウンドトラック• キャサリン サウンドトラック(PS3版特典ディスク)•

次の

【キャサリンフルボディ】キャラごとのエンディング分岐と選択肢

キャサリン フル ボディ エンディング

フルボディ。 者として、凄いついた。 購入してをしたくてのにしたらのに反するとかで掲出されなかった。 に6もかけてせっせと書いたのらなくて超ショック。 まあ、だのだのだの書いらか。 それともはさんなの? どちらにせよ、書いたのがになるのが嫌なのでさん初。 誰か読んでくれることを祈る。 以下した内容を。 に関して語りので、なも書き込むと思いので、その点もお許しください。 私は者、はです。 以下のは私のに基づくで、全ての者やの方がこのに対してそう思うというではありません。 ですが、した結果、私はこののはとてもだと思ったし、私 とを傍らで見ていた はのが大好きな者として、とても悲しく思いました。 では主にどこがだと感じに関して書きので、へのが主になり。 としてのをご覧になりたい方は他の方のをご参照ください。 ちなみに本編よりのほうが私は好きです。 とのをするでした。 初回はだったので、たぶん、かと思い まで一緒に見ていたはとても悲しい思いをした。 主にどこに感じというと、は者として描かれていが、その描かれ方にとてもな、者へのなを感じらです。 詳細を書いていき。 ここが沢山書いてあり。 はでと、寄る辺がなくに世話になり、親しくなっていき、惹かれあっていき。 はのことをワタシとしていて、どうやらではあるの、のに関してはがあったようです。 なので、が者というか、ワタシといにはがとしていたのでしょう。 その上で、中盤では器がついていることをに目撃され。 なの上で、を拒絶し、を押して転倒させてう、というシーンがあり。 全編なならまだしも、真面目なンののようななら、こんなシーンはもう流せないですよね。 は遅れてるな、こんなシーンがあるなんて、と思いました 者はのを隠して者に近づくだというですよね。 そんな者は今時いないと思うんだけど。 強いがありました。 を徐々にすすめるにつれて、これは者ので、つなんじゃな、と少なくともはこのがとてもだと思いました。 感じとを書いていき。 まとめるがないので、かもしれません。 その点はお許しください。 はその後、の前姿を消すのですが、その後で「私、受け入れられてるとしちゃってました。 ごめんなさい」とに言い。 このにすごくを感じました。 目のを送ったりして気を引き、明らかなのを向けていたにも関わらず、はにのを語りませんでした。 何故だろう。 、言うよね?なんで言わないの?と疑問に思いました。 なんです。 がかどうかなんてわないんだ。 の疎通を図ると思うんです。 疎通しないでしないでしょ?がかにとるでしょ?とはへのであり確するべきかもしれません。 けど、になんでするようなことになってったんでしょう?なんで、のを言わなかったんでしょう? はまだあり。 「 ことを 受け入れる」っていうが私にはわかりませんでした。 私はにとしては受け入れてもらってが、としては受け入れる入れないではなくて、私とにとって同性を好きなことは当たり前のことで受け入れる入れないということではないのです。 両方とも同性が好きなんです。 そういった、のはなんなのか?のようなはなんなのか?がではこの時点では明かされなく、そしてまで明かされないというか、しないように思い。 なので、このあたり先ほど書いた「者はのを黙っていて、者を騙して寄ってくる」という作り手側のも、このではによってがつくられているのではな?と感じはじめました。 はその後、を選ぶべきだと仲間促される形でを選びが、その選ぶがとてもです。 はなをは受け入れてくれた、と言いがその程度で者であった彼がとのを選ぶことはとてもがあり。 はでだったということでしょうか?多くの者は者がをするようにに同性を愛していると思い。 あと、全編にわたってというかが凄く大切かのようにでされていので、はと付き合うということは、とをするということかと思い。 が、のシーンはに限ってのみないように思えました 他のであったらごめんなさい。 のをし、のをし、どうお互いがするのかということがのにはありません。 同士のにもがあると思うので一概には言えませんが、通常はによるのかと思いが、はとのができるというのでしょうか?に限っては出来る、ということでしょうか?が口内によるを求めたらはできるということでしょうか?とかってそういうお互いたいことの調整だと思うんですが、この流れのの上でそれがにできるとは思えませんでした。 を題材にしているなのに、だけがぽっかりと抜け落ちていて、それが凄く凄くがあり、というか、を感じました。 に関してはのシーンすらあるのに。 したり言ったりしたら世の中の多くの人は引くんじゃな、とか、そういうの性を描くことがスと感じてのような、そんなをこのは強く感じ。 のを軽んじている感じをとても受け。 そういっとをと同列に扱えないならばこののと反するので軽々しくを扱わないで欲ったです。 ここ先は者としてのというよりは、なことがらなのですが、その後、は様々あってではないということが判明す。 それが判明したの私のは絶叫して泣き出した。 は親にをされず、化け物、じゃない、だ、などと散々と言われてきて、ようやく都会に出てきてと同じのに入り、を取り戻した。 そんなが、このの終盤にがことを知ったの悲しみはとても深かったと思い。 大好きなのすら、者は扱いされないのか、と、泣きました。 そのほも、がもどったらがボクになったり、のお兄さんたちと再会したさいに、をしているもお兄さんたちが好きな格好をさせていた、というで、それもののなさを感じ、強いを覚えました。 あと、お兄さんのがお尻のカタチなのもをにしているにおいてだなと思いました。 の「」のように対象がを超えたのしない者で、それとのということであれば納得できたのですが、そこにが絡むと、全てがチグになり、者のが全面に感じられて極めてに感じられました。 のはのとの、真4とをがあり。 と4は、に馴染めない悩みを抱えたにより添い、共に歩んでいく弱いによりそうような優しさがあり、とても好きでした。 こんなを得られるなんて思っていなかったので、本当にというはすごいを作るだと、大好きになりました。 ステーションの3も4も持っていないため、はできていませんが、は見ていて、同じような優しさを感じるので、やっぱり好きなだなぁと思い、でこのが出たので買いました。 ですが、このにはそういった優しさは一切感じません。 者をただののな一部として扱っているような感じと、者のが全面に出ていて凄く残念です。 のみならず、の本筋ではないですが、とのでのの扱いがへのというか不をする扱いをされていると同様に感じました。 とくにがとのはじめてのベッドインをで報告するシーンので、「がならわないけど、なんか入れた時にあったんだよね」というようながありましたが、を終えて考えてみるとはとして劇中では扱われているので、まるでが話すような最低なへののようだったんだと極めてでした。 私の疑問はがで性転換を行なっていたとしたら、性転換後の器ことを言うでしょうし に潤滑のようながなはずなので また、をするならば器はまだついているということでしょ、ベッドインした段階で気づくでしょうし、がついていることがで除去したとしても、はじめてのといえど器とを間違えるとかありえないし、が器がついているなら、手術をうけて胸を作っているのはどうしてなのかとか、よくわかりません。 という人のが極めて瞭でかつ、もまたのをに共有していないことに強いを覚えし、への扱いはこれ以外にも一つ一つがのを軽んじていて、ののためにさせているようなと感を感じました。 身はのを声高に主張するようなことははありません。 に私はというくくりも好ゃないです。 が、者としてまた一として、を出して買ってしてとてもな思いをしたので、そのを書き込むはあるはずだと思って書いていたら長文になっていました。 読んで。

次の