寺島 しのぶ。 寺島しのぶ子供(息子)まほろ慶應幼稚舎お受験は市川染五郎が理由?

寺島しのぶの結婚した旦那はローラン・グナシア!子供(息子)も凄い!

寺島 しのぶ

出典:a petits pas 市川染五郎さんと 寺島しのぶさんは 同じ 出身で、家も近く 幼なじみのような 感じだったらしいです。 市川染五郎さんと寺島しのぶさんは 以前お付き合いをしていて とても順調だったよううですが 市川染五郎さんが突然 別の女性との間に 隠し子がいたと発覚しました。 ですがその後も 交際は続いていたようです。 順調に付き合っていた男性に突然 隠し子がいた なんて発覚したんですから それはショックでしょうね。 それでも すべてを飲み込み 交際を続けていたということは よっぽど市川染五郎さんのことを 愛していたんだと思います。 ですがその想いは 裏切られることになります。 1997年に市川染五郎さんは 高校の同級生の超資産家の娘さん との 婚約を発表します。 歌舞伎の世界は こういう事は 当たり前のように聞きますが すごい世界ですね^^; 一般人のわたしからすると 考えられないです。 当然このような扱いをされた 寺島しのぶさんは 恨みを募らせるようになります。 まあ当然といえば当然ですよね 隠し子がいたことを 飲み込んでまで 付き合っていた愛する人が いきなりの婚約発表ですからね。 この当時寺島しのぶさんの周囲の人達は 相当心配したようです。 市川染五郎さんと 資産家の娘さんの 結婚式は 2003年11月に行われましたが 寺島しのぶさんはこれに合わせて ある手記を出版します。 手記の名前は 「体内時計+」といいます。 まー平たく言って 暴露本ってやつです(笑) 手記の中では 市川染五郎さんとの関係を 詳しくに綴っています。 このタイミングで 手記を出版するということは まあどう考えても 悪意がありますよね^^; この一件に関して 市川染五郎さんは 特にコメントはされていませんが これに怒ったのが 松たか子さんです。 松たか子さんは皆さん 知ってると思いますが 有名な女優さんで 市川染五郎さんの妹さんです。 実はこの手記の中では 市川染五郎さんとの関係も そうですが 幼少期から似たような 境遇でありながら 容姿端麗で才能あふれる松たか子さん と比べられることや 扱いなどの 格差があったことで 悩み苦しんでいたことを綴っています。 それも松たか子さんとの関係を 拗らせた理由なのかもしれないですね。 この一件以来 寺島しのぶさんと 松たか子さんの 関係は冷え込み 寺島しのぶさんの弟の 尾上菊之助さんが 結婚式をする際には 尾上家、松本家の一同が揃う中 松たか子さんだけが欠席 したというのも有名な話です。

次の

寺島しのぶと眞秀君 奮闘記・2019~舞台に稽古に大忙し~|BS日テレ

寺島 しのぶ

受賞 『』 女優賞 『』 最優秀主演女優賞 2003年『』 優秀主演女優賞 2007年『』 2010年『キャタピラー』 優秀助演女優賞 2012年『ヘルタースケルター』 主演女優賞 『赤目四十八瀧心中未遂』 『キャタピラー』 その他の賞 主演女優賞 『』『赤目四十八瀧心中未遂』 『キャタピラー』 新人女優賞 『』『赤目四十八瀧心中未遂』『 』 女優主演賞 『赤目四十八瀧心中未遂』 『キャタピラー』 主演女優賞 『赤目四十八瀧心中未遂』 主演女優賞 『赤目四十八瀧心中未遂』 日本映画プロフェッショナル大賞主演女優賞 最優秀女優賞 演劇部門優秀賞、新人賞 テンプレートを表示 寺島 しのぶ(てらじま しのぶ、 Shinobu Terajima、(47年) - )は、日本のである。 本名、 寺島 グナシア 忍(てらじま ぐなしあ しのぶ、 Shinobu Ghnassia Terajima)。 旧姓、 寺島 忍(てら しま しのぶ)。 息子は。 出身(出生は)。 系列・アプティパ所属。 概要 [編集 ] 2003年公開の『』で最優秀主演女優賞を、『』では女優賞を受賞。 2010年には、『』で、1964年の、1975年のに次ぎ日本人として35年ぶりに(の1つ)の(最優秀女優賞)を受賞した。 略歴 [編集 ] 生い立ち [編集 ] 小学校よりで過ごし、中学時代は部に、高校時代は部に所属しエースを務めるなどで活躍した。 また、高校時代は寺島がボーカルで楽器隊は男子生徒のバンドを組んで学園祭でなどをコピーして演奏していた。 男社会である歌舞伎の家系に生まれたことで、自分の存在に対して複雑な気持ちを抱きながら子供時代を過ごしたという。 事実、『』では、男に生まれていたら、歌舞伎役者になりたかったと語っている。 女優になってからも、母と比較されて悩み続けた [ 出典無効]。 また、幼少期はやに憧れ、になりたかった。 弟を相手にで脚を抱えては振り回し、技の研究に余念がなかったという [ 出典無効]。 その後、父親にもプロレス技をかけていたが、手加減せずに父親は向かいあった。 何度やっても勝てないため、悔し泣きしたこともあった。 そして、その日をきっかけに父娘の関係がギクシャクしだしたという。 女優として [編集 ] 父親の親友であったの勧めで女優を志し、大学在学中だった1992年(平成4年)にに入団した。 1996年(平成8年)に退団したが、その際には同劇団の看板女優、から「フリーになっても頑張って」とエールを送られたという。 その後は、、、といった演劇界の大御所に度々起用され、着実に演技の幅を広げ、それに伴う数多くの演劇賞を受賞した。 2000年(平成12年)、『2』で映画デビュー。 (平成15年)に公開された『』と『』での演技が認められ、最優秀主演女優賞を始め、日本国内外で10以上の映画賞を受賞した。 大胆なラブシーンについては、母の純子から猛反対を受け、絶縁寸前まで追い込まれたものの、最終的には、「女優なんだからしょうがないだろう」という父親の一声で、収まったという [ 出典無効]。 舞台に関しても、第3回バッカーズ演劇奨励賞を受賞した。 2008年(平成20年)には、シアタークリエ『私生活』の演技で平成20年度(第63回)文化庁芸術祭賞(演劇部門・関東参加公演の部)優秀賞を受賞する。 ウィキニュースに関連記事があります。 2010年には、監督の映画『キャタピラー』で、1964年の、1975年のに次ぎ日本人として35年ぶりに(の1つ)の最優秀女優賞(銀熊賞)を受賞。 2018年5月29日から6月3日までドイツ・フランクフルトで開催された第18回ニッポン・コネクションにて、主演作『オー・ルーシー!』が観客によって選ばれるニッポン・シネマ部門の最優秀作品賞にあたるニッポンシネマアワードを受賞。 あわせて寺島本人がニッポン名誉賞を受賞した。 人物 [編集 ] 卒業。 足のサイズは22. 5cm。 父は役者の、母は女優の、父方の祖父は、母方の祖父はのプロデューサー、弟は歌舞伎役者のという演劇・俳優一家に生を受け、大学在学中より、を中心に活躍している。 2010年(平成22年)、ベルリン国際映画祭最優秀女優賞を受賞した。 CNNの「まだ世界的に名前は売れていないが、演技力のある日本の俳優7人」の一人に選ばれた。 父方の曽祖父はで、大叔父には、がいる(ただし、祖父の梅幸とは血がつながっていない)。 母方の従兄弟は俳優の。 ・・は父方の再従兄弟にあたる(寺島の祖父と勘九郎・七之助の祖母と右近の祖母同士が兄妹のため)。 また、・・・・・・・・・などと縁戚関係にある。 私生活 [編集 ] 2007年(平成19年)2月26日、日本在住のユダヤ系フランス人アートディレクター、ローラン・グナシア(Laurent Ghnassia)と結婚した。 グナシアには、既に別の女性との間に一人娘がおり、実子として認知しているという。 国際結婚であり、夫婦の共通の言語は「心と心で伝わる」「シングリッシュ(心グリッシュ)」とコメントして話題となった。 2012年9月12日、男子を出産。 歌舞伎俳優にしてもいいと語っている。 なお、混血の歌舞伎俳優には、という前例がある。 が姉弟の幼馴染で友人。 海老蔵も彼女に飛び膝蹴りを食わされたことがあるという。 弟・菊之助がの四女と結婚したため(しのぶの弟・菊之助の妻が海老蔵とはとこ)、海老蔵とは親戚となった。 苗字の読みは以前、「てらしま」だったが、結婚を報告した文書で「Terajima」と表記して以降「てらじま」となる。 母は自分の映画を自身に見せることもなく、今までも見たことがない。 文学座に入る時、太地喜和子に「あなた、絶対にお母さんの映画は見ない方がいいわ。 女優を辞めたくなるから」と言われたことが理由。 「ジョークかもしれないけど、それが子どもながらに頭に残って、見ちゃいけないと思うようになってしまった」という [ リンク切れ]。 にでされた「授賞式」では、・・・を受賞し放送当時日本では未公開だった『』のラストシーン及びに輝いた『』のについて堂々とネタバレを話し、大ひんしゅくを買う騒ぎがあった。 出演 [編集 ] テレビドラマ [編集 ]• クレジットは「寺島忍」• 大河ドラマ(NHK)• (1995年) - 役• (2003年) - 亜矢 役• (2010年) - 役• (2019年) - 役• 花嫁介添人がゆく 11 花嫁泥棒! (1996年、)• (1995年、)• (1998年、) - 娼婦 役• (1998年、)• ラブとエロス(1998年、TBS)• 幽婚(1998年、) - 畑中佐和 役• 10 (1999年、) - 間宮環 役• 4 (2001年、TBS) - 浅野薫 役• おらが春(2002年、)• (2003年 - 2005年、フジテレビ)• 十年〜妻が夫を裏切った日(2003年、)• 絶壁〜山岳警備隊・疾走る(2004年、NHK)• (2005年、日本テレビ) - 江口加代 役• 太宰治物語(2005年、TBS)• (2006年、)• 連続テレビ小説(NHK)• (2006年) - 有森(杉)笛子 役• 前年の「太宰治物語」に続き、夫人であるに相当する役を演じている。 (2015年) - 今井梨江 役• (2007年、日本テレビ) - 戦犯の妻 役• (2008年、テレビ朝日) - 西尾満希子 役• (2009年、テレビ朝日) - 駒井君江 役• (2010年、) - 宮前ハナ 役• (2011年、NHK) - 役• (2011年、WOWOW) - 神谷涼子 役• Presents (2011年・、2012年・、) - 主演・お延 役• 第1話「隣りの女」(2012年、WOWOW) - 主演・サチ子 役• (2013年、WOWOW) - 主演・宮村恵役• (2014年、) - 桐原玲子 役• (2014年、TBS) - 主演・海老沢凛香 役【とのW主演】• (フジテレビ)• (2015年) - 秋川美奈子 役• (2015年) - 小林美枝子 役• 第3話「平凡」(2016年1月4日、フジテレビ) - 榎本春花 役• 実録ドラマスペシャル 女の犯罪ミステリー『福田和子 整形逃亡15年』(2016年3月17日、テレビ朝日) - 主演・ 役• (2017年9月16日、NHK総合) - 主演・節子 役• (2018年1月2日、TBS) - 大池由紀子 役• (2018年、テレビ東京) - 寺島しのぶ(本人役)• 「」第1話「ポイズンドーター」・第2話「ホーリーマザー」(2019年夏、WOWOW)- 主演・藤吉佳香 役(とのダブル主演)• (2019年12月21日、フジテレビ) - 青池リカ 役 映画 [編集 ]• 2 (2000年) - 河津信江 役• (2001年) - 柳川恵子 役• (2003年) - 藤沢香織 役• (2003年) - 主演・綾 役• (2003年) - 主演・早川玲 役• (2004年) - 仁井三都子 役• (2004年) - 吉岡文子 役• (2005年) - 川野喜美子 役• (2005年) - 杉田礼子 役• (2005年) - 文子 役• (2006年) - リエ 役• (2006年) - 主演・橘優子 役• (2006年) - 渡会藤子 役• (2006年) - 夏井和代 役• (2007年) - 入江冬香 役• (2007年) - 役• (2008年) - (なみ)役• 2008年) - 山崎麗子 役• (2009年) - 京子 役• (2009年) - 須賀勝子 役• 2010年) - 常子 役• (2010年) - 主演・黒川シゲ子 役• (2012年) - 役• (2012年) - 羽田美知子 役• (2013年) - さわ子さん 役• (2013年) - 主演・ オリュウノオバ 役• (2013年) - 村井とも子 役• (2013年)• (2014年) - 松吟尼(お由の方) 役• (2016年) - いずみ 役• 秋の理由(2016年) - 村岡美咲 役• (2016年) - 春山節子 役• (2017年) - 小林セキ 役• (2017年) - 友佳 役• (2018年) - 前田のママ 役• (2020年秋公開予定) - 長谷川つぼみ役 舞台 [編集 ]• 恋と仮面とカーニバル(1993年)• 血の婚礼(1993年)• 恋ぶみ屋一葉(1994年)• (1995年)• 十一月新派特別公演 遊女夕霧(1996年)• 十一月新派特別公演 鹿鳴館(1996年)• ふるあめりかに袖はぬらさじ(1996年)• 華岡青洲の妻(1996年)• 二月新派特別公演(1997年)• (1997年)• (1997年)• エイミィズ・ヴュー(1998年)• (1999年)• (1999年)• ご存じ 浅草パラダイス(2000年)• テンペスト(2000年)• (2000年)• ピカドン・キジムナー(2001年)• 喜劇 地獄めぐり(2002年)• (2002年)• 詩のしの詩(2002年)• さぶ(2003年)• マッチ売りの少女(2003年)• (2003年)• 新・近松心中物語(2004年)• 楡の木陰の欲望(2004年)• 書く女(2006年)• フール フォア ラブ(2007年)• (2007年)• (2010年)• ( - 、小劇場)• トップ・ガールズ(2011年4月、渋谷・)• 伯爵令嬢小鷹狩掬子の七つの大罪(2011年11月11日 - 21日、下北沢)• ゴーゴーボーイズ ゴーゴーヘブン(2016年7月、アターコクーン) - ミツコ 役• アルカディア(2016年4月6日 - 30日、) - ハンナ 役• 大人の女性のためのトラベル・ウェブ・マガジン『旅色』(2009年) Webドラマ [編集 ]• (2016年2月1日 - 、全6話、) - 橋本 役 ドキュメンタリー [編集 ]• 時代を越える溝口健二(2006年、)ナビゲーター• (2008年6月7日、)ナレーター• 約束〜 死刑囚の生涯〜(2012年6月30日、東海テレビ)ナレーター• 京都迎賓館 極める! 京都の技とおもてなし(2013年12月14日(NHK BSプレミアム)、2014年1月3日(NHK総合))• 「戦後70年 ニッポンの肖像 - 戦後70年を越えて - 日本人は何ができるのか」(2015年8月15日、NHK総合)• 「アガサ・クリスティーの真実〜ミステリーの舞台裏への招待状〜」(2016年1月9日、NHK BSプレミアム) CM [編集 ]• ロートV40• プラチナ(2011年 - )• 『医師編』(2012年) テレビその他 [編集 ]• (2019年4月6日放送、・) 長男のと共に出演。 書籍 [編集 ]• 『体内時計』主婦と生活社、2003年12月 ISBN 978-4391128840• 『対談集 沈黙より軽い言葉を発するなかれ』創出版、2012年8月 ISBN 978-4904795194 脚注 [編集 ] [] 注釈 [編集 ]• 2004年3月7日放送「」 [ 出典無効]• 2010年8月5日放送「」より本人談 [ 出典無効]• スポニチ Sponichi Annex 芸能 スポーツニッポン新聞社. の2010年5月22日時点におけるアーカイブ。 2010年2月22日閲覧。 YOMIURI ONLINE 読売新聞社. の2010年5月9日時点におけるアーカイブ。 2010年8月25日放送「」・『の人間一滴』より本人談 [ 出典無効]• スポニチ Sponichi Annex スポーツニッポン新聞社. 2010年2月22日. の2010年2月25日時点におけるアーカイブ。 2010年2月22日閲覧。 映画ナタリー ナターシャ. 2018年6月4日. 2018年6月4日閲覧。 スポニチ Sponichi Annex 芸能 スポーツニッポン新聞社. 2007年4月27日. の2007年5月3日時点におけるアーカイブ。 2008年11月27日閲覧。 2010年2月21日閲覧• スポニチ Sponichi Annex スポーツニッポン新聞社. 2012年9月12日. 2016年12月23日閲覧。 [ リンク切れ]よりとの対談での本人談• Yahoo! ニュース. Yahoo Japan. 2015年2月23日. の2015年2月24日時点におけるアーカイブ。 とれたてフジテレビ 2015年11月25日. 2015年11月25日閲覧。 シネマカフェ 2015年11月25日. 2016年1月12日閲覧。 ORICON STYLE 2016年2月23日. 2016年2月23日閲覧。 NHK公式サイト 2017年8月22日. 2017年10月11日閲覧。 MANTANWEB. 2017年11月13日. 2017年11月18日閲覧。 映画ナタリー. 2019年2月22日. 2019年2月22日閲覧。 映画ナタリー ナターシャ. 2019年4月16日. 2019年4月16日閲覧。 MANTANWEB(まんたんウェブ) 2019年11月22日. 2019年11月29日閲覧。 シネマトゥデイ 2015年9月22日. 2015年11月5日閲覧。 映画ナタリー 2015年11月6日. 2015年11月6日閲覧。 映画ナタリー. 2016年4月5日. 2016年4月6日閲覧。 ORICON STYLE. 2016年8月23日. 2016年8月23日閲覧。 クランクイン! ブロードメディア. 2020年6月3日. 2020年6月3日閲覧。 2016年3月17日. 2016年3月17日閲覧。 ステージナタリー. 2016年4月6日. 2016年4月6日閲覧。 ステージナタリー. 2019年5月22日. 2019年5月22日閲覧。 com 2016年1月20日. 2016年1月20日閲覧。 、2015年8月14日閲覧• 、2015年12月28日閲覧 関連項目 [編集 ]• 外部リンク [編集 ]• - アプティパ• 1956• イヴォンヌ・ミッチェル 1957• 1958• 1959• ジュリエット・メニエル 1960• 1961• 、 1962• 1963• 1964• 1965• ローラ・オルブライト 1966• イーディス・エヴァンス 1967• 1968• なし 1969• なし 1970• 1972• なし 1973• なし 1974• 1975• ヤドヴィガ・バランスカ 1976• 1977• 1978• 1979• レナーテ・クレスナー 1980 1981-2000• バーバラ・グラボフスカ 1981• カトリン・ザース 1982• エフゲニヤ・グルシェンコ 1983• 1984• ジョー・ケネディ 1985• アナ・ベアトリス・ノグエイラ 1987• 1988• 1989• なし 1990• 1991• 1992• 1993• クリシー・ロック 1994• ジョセフィン・シャオ 1995• 1996• 1997• 1998• 、マリア・シュラーダー 1999• ビビアナ・ベグロー、 2000 2001-2020.

次の

寺島しのぶ主演、映画「キャタピラー」のあらすじ・ネタバレ【濡れ場あり】

寺島 しのぶ

フランスで舞台に挑戦するなど、ますます演技に磨きがかかっている女優の寺島(てらじま)しのぶさん。 実は、驚くような家系の出身です。 寺島しのぶさんの家族や仕事についてなど、さまざまな情報をお届けします。 寺島しのぶの出演ドラマ・映画 寺島しのぶさんは1989年、ドラマ『詩城の旅人』(NHK)でTVドラマデビュー。 その翌年には『シベリア超特急2』で映画デビューも果たしました。 以降、数多くの作品に出演し、大胆な演技も含め高い評価を得ています。 2003年、映画『赤目四十八瀧心中未遂』と『ヴァイブレータ』の熱演が評価され、国内外問わず数多くの映画賞を受賞。 2010年の映画『キャタピラー』では、『第60回ベルリン国際映画祭』の最優秀女優賞にあたる銀熊賞を受賞しました。 近年では、村上春樹氏の傑作長編小説を原作に、蜷川幸雄さんが演出を担当した『海辺のカフカ』をフランス・パリで上演。 2019年2月23日に千秋楽を迎え、多くの観客から絶賛されるなど、日本を代表する実力派女優の1人として幅広く活躍しています。 寺島しのぶの両親・旦那・弟・息子 家族のプロフィールに驚く! 寺島しのぶさんの父親は、人間国宝の歌舞伎役者・七代目尾上菊五郎さん。 そして母親はヤクザ映画『緋牡丹のお竜』シリーズで日本中を熱狂させ、紫綬褒章を受賞した大女優の富司純子さんです。 さらに祖父も、映画プロデューサーの俊藤浩滋さんと、まさに寺島しのぶさんは芸能界のサラブレッド! また、寺島しのぶさんの弟は、歌舞伎役者の五代目尾上菊之助さんです。 夫はセレブのローラン・グナシア 2007年に寺島しのぶさんが結婚したお相手は、アートディレクターのローラン・グナシアさん。 フランスのトゥールーズ出身で、元々はエリート金融マンでした。 その後退職し、現在は主に一流ブランドから頼まれてセレブリティを招くパーティを主催する、イベント・企画プロデュースの仕事をしているそうです。 寺島しのぶさんとローラン・グナシアさん夫妻は、結婚後もラブラブ。 寺島しのぶさんとローラン・グナシアさんは誕生日が偶然、同じ12月28日。 この日は家にセレブ数十名を招いて、12時から24時まで持ち寄ったシャンパンを飲み続けるという、ケタ外れな誕生パーティが恒例なのだとか。 息子・寺島眞秀は5歳にして歌舞伎役者に! 長男である寺島眞秀(てらじままほろ)くんは2012年生まれの歌舞伎役者。 2017年、5歳の時に初お目見えを済ませ、『魚屋宗五郎』の丁稚与吉の役でデビューしています。 祖父である尾上菊五郎さんにお酒を届けるシーンを立派にこなし、母である寺島しのぶさんは号泣したとのこと。 市川海老蔵・小林麻央の結婚披露宴に出席する寺島しのぶとローラン・グナシア 2017年にはリリー・フランキーさん脚本・三池崇史さん演出による『六本木歌舞伎「座頭市」』で、1995年11月の公演『鹿鳴館』以来、22年ぶりに共演を果たしています。 強力タッグが実現したこの舞台は大成功となり、各方面から絶賛されました。 また、市川海老蔵さんの息子・勸玄(かんげん)くんは早生まれで、寺島しのぶさんの息子・寺島眞秀くんと、同じ学年という縁もあります。 将来は、2人の息子同士の共演も見られるかもしれません。 寺島しのぶの現在・これから 2019年3月22日公開の映画『新宿タイガー』で、寺島しのぶさんはナレーターを務めています。 この映画は、新宿で40年以上、虎のお面を被ってド派手な格好をし、新聞配達をしている男を追ったドキュメンタリー。 寺島しのぶさんは本編および予告編のナレーションを務め、世界観を作り上げています。 映画『新宿タイガー』特報 女優・藤吉弓香は、自分を思うようにコントロールしようとする母親・佳香(寺島しのぶ)の存在に小さいころから悩まされてきた。 佳香は、弓香にとってまさに「毒親」。 佳香に反発して上京した弓香だったが、束縛から逃れられていたわけではなかった。 佳香が裏で動いたことで男と別れ、大切な仕事を失っていたと知った弓香はトーク番組で佳香を告発、それが大きな反響を呼ぶ。 一方、佳香を知る周囲の人間たちから見れば佳香は、決して「毒親」などではなく子ども想いの良き母親だった。 弓香の発言を聞いた佳香は、自分の人生を振り返ることになり、「子離れ」を決意するが… ーより引用 湊かなえ氏のセンセーショナルな世界を、寺島しのぶさんがどんな風に演じるかが期待されています。

次の