鳥取 噂。 【行政の犯罪】リコースキャンダル隠蔽鳥取事件 行政犯罪リコースキャンダル隠蔽鳥取事件

湖山池に浮かぶ青島へ!心霊スポットと噂されているようなので行ってみたが…。

鳥取 噂

鳥取県の有名な観光スポットである「鳥取城跡」ですが、こちらがテレビで心霊スポットとして取り上げられたことで一躍有名になりました。 心霊現象としては「夜中になるとうめき声が聞こえる」「落ち武者の霊が出る」「着物姿の女性の幽霊が見えた」などです。 しかしこのテレビの放送に対して鳥取県知事が事実誤認であると抗議。 心霊現象のVTRを放送したフジテレビも誤っていたことを認めて謝罪しました。 実際に地元住民らも鳥取城跡を心霊スポットとしては認識しておらず、ただの観光地であることは間違いありません。 このように間違った情報が出回っていることもありますので、心霊スポットへ行く際にはしっかり確認してから出かけるようにしましょう。 今回は鳥取県にある怖い心霊スポットについてご紹介してきました。 廃墟や橋・トンネル、山・池・公園など様々な場所に心霊スポットが溢れていることがわかったと思います。 今回ご紹介した鳥取県の心霊スポットは歴史上多くの人が処刑や討伐された場所が多く、武士や着物を着た幽霊がよく見られることが特徴だと思います。 長年にわたって棲み着いている幽霊が多いということなので、秘めている怨念も強いのではないでしょうか? 心霊スポットへと出かける際には、事故や事件に巻き込まれないよう十分に注意する必要がありますが、幽霊の持つ力が強いと更に注意が必要です。 遊び半分や軽い気持ちで出かけると怖い体験をすることになるので、十分に注意して出かけましょう。

次の

鳥取大学の農学部に合格しました。しかし、鳥取大学の評判を聞く...

鳥取 噂

鳥取大学に通っているものです。 私は農学部ではないですが、実は結構な研究費をもらっているらしいです。 評判も上々だと思いますけど。 乾燥地研究や菌類の研究は全国的にも有名です。 地方の国立大学って、よく底辺やら評判が悪いやら言われてますけど、入ってみたらやっていることって大差ないです。 使っている教科書もほとんど変わらないですし。 研究施設もしっかりしていて、工学部の私も時々使用させてもらいますが、大変満足しています。 鳥取大学は鳥取の農業や工業、医療の発展に尽力するために設立されたわけであって、他の地方国立大学もその地域に貢献するために作られていると思います。 私はオープンキャンパスの手伝いをさせてもらったことがありますが、親御さんから「1部上場の企業には何人入られていますか?」なんて質問されているのを見て、何を考えているんだと思ってしまいました。 口には出しませんでしたが。 都会に行って、有名な会社に入って・・・って考えの人には地方の国立大学は合っていないです。 都会のネームバリューのいい私立にでも行ったほうがはるかにいいと思います。 親御さんが許してくだされば、浪人すればいいと思います。

次の

鳥取県の会社一覧:701~|会社の愚痴,噂,自慢ならsogno

鳥取 噂

田舎の大手企業との問題を庶民に相談してもダメみたいだな。 企業に電話をかけて問い合わせてくれたのは 新聞社や右翼団体ぽい団体の会長ぐらいのもの。 地元共産党に手紙を送って返事ががないので、直接行ったら 「知人のその企業の社員に事情を聞いてみた」と言っていたが・・・ 共産党によると企業の社員は「本人が言っていることがわからない」と答えたそうだ。 確かに僕のホームページはよくわからなだろうが 一般人と質疑応答しいろいろ話すと理解してくれたりする。 ーーーーーーーーー 大阪府警の告発サイトを見て、大阪府警に電話をかけ その不自然な応答を連絡したら、管理人から 「大阪府警に電話をかけてくれたあなたの勇気に感謝します」と返信があったが そんなもんだろうか?・・・ 僕(米村)は鳥取市のリコー工場にアルバイトに行き、無断欠勤、遅刻を繰り返し 一部のリコー社員から嫌われて辞めた。 その後テスコという工場に夜勤専属工員として就職し 仕事を休まず真面目に働いていた (この時期家族以外の人間関係は皆無)。 詳しい事情は省くがテスコの元請けの 山陰最大の工場鳥取三洋電機リビング事業部の管理職北村さんから 最終的にクビを言い渡された。 リコーの精神病患者(統合失調症もしくは妄想性障害)が僕に非現実的な被害妄想を抱き 僕の身近の健常者達がリコーの精神病患者の妄言を事実と思い込んだのだろうと推測する。 米村はリコーの時給600円のバイトに遊び半分で行き 怠けていたら社員が怒り出し、バイトを辞めた。 その後米村は夜勤の工員として就職して真面目に働いていた。 するとリコー社員達は「米村は真面目に働いて、うちの会社を攻撃している」 と騒ぎ出し、米村は就職先を解雇された。 リコーはマスコミが「週休4日制の会社出現!」と報道し リコー社員達はマスコミが「自分達は怠け者」 と報道されていると被害感を抱いていた。 このおかしな話を地元の松本さんは面白く思い 「権力者を手玉にとった果心居士の話」という短編小説『夢幻』を書き 問題発生8ヵ月後、第51回コスモス文学新人賞を受賞した。 「リコーの時給600円の元バイトが、他社に就職して真面目に働いて リコーを攻撃した」とい荒唐無稽な妄想話。 この話を題材した小説『夢幻』が 第51回コスモス文学新人賞受賞。 米村アキラはリコー工場に「週休1日」の時給600円のバイトに行き、バイトを怠け頻繁に休み ジョギング愛好家から「日本一過酷なレース」と言われていた第43回富士登山競争出場のためリコーのバイトを辞めた。 その後世界一周の旅から帰国し米村は町工場テスコの夜勤工員として就職して、1年半仕事を休まずに働いていた。 米村の仕事を休まない真面目は働きぶりの噂は、「週休4日制」のリコー工場に伝わった。 「週に3日しか働かない怠け者」と報道されていると負い目を感じているリコー社員達が、米村の町工場での夜勤での真面目な働き振りの噂を聞き 「米村が夜勤で仕事を休まずに真面目に働いて、うちの会社を攻撃している」 と狂気の迫害妄想を抱いた。 町工場テスコの同僚の岡部さんは「下っ端の米村が地元大企業リコーを攻撃して凄い」と米村に胸を張り手先を伸ばした軍隊式の敬礼という異常な姿勢を取り敬意を表し テスコの森良夫社長は「地元大企業リコーを迫害した悪いヤツ」と米村を解雇した。 周囲が狂気の迫害妄想に翻弄されていて正常な判断力を失っていた。 すぐに関係者は正気に戻り「おかしい! そんなことがあるはずない!」と気づき この迫害妄想の隠蔽を図った。 リコー迫害妄想発生の要因はマスコミの「週に3日しか働かない会社」報道をリコー社員が被害感的にとらえた事によるものだが、米村側には部落差別並に偏見があった大馬鹿私立高校で独学で受験勉強をし、地元鳥取県東部の私立高校としては最も偏差値の高い大学に合格し、市会議員立候補を薦められる評価で、この評価で町工場の夜勤専属工員に過ぎない米村にリコー社員達が「米村が夜勤で真面目に働いて攻撃して来る」との迫害妄想を抱いたと思われる。

次の