パッカー車の構造。 【免許や価格】パッカー車の構造は?|ワンハンズ

【免許や価格】パッカー車の構造は?|ワンハンズ

パッカー車の構造

Contents• パッカー車の操作方法や手順は必ず守ろう! パッカー車は ゴミを収集するという重要な役割があるものですが、その構造の複雑さと、ゴミをプレスして粉砕しているパワーのために操作方法を間違えると非常に危険な車両でもあります。 実際にスピードを重視したり、慣れから安全確認を怠って作業をしていた人が パッカー車に巻き込まれたり、 火災事故を起こすというトラブルも起こっています。 何よりも 操作方法を正しく理解し、操作手順に従って操作をしていくということが重要なのです。 パッカー車の積み込み操作手順について PTOをオンに パッカー車でゴミの積み込みを行っていくときには安全を重視しているためにいくつかの手順を踏まなければいけません。 まずは PTO(パワーテイクオフ)を操作してオンにします。 これはパワーを伝達していく「油圧シリンダー」を操作していくためのものです。 車内で積み込みボタンを操作 車内からゴミの積み込みボタンを操作して積み込んでいくことが可能な状態にしていきます。 安全確認をしてゴミの投入口に人がいないことを見てから行いましょう。 後部で積み込みボタンの操作 車両の後部、ゴミの投入口の場所にある積み込みボタンを操作して実際にゴミを粉砕していく動作を行うようにします。 この時に 巻き込まれる事故がもっとも起こりやすくなるために十分に注意しましょう。 車内の積み込みボタンをオフ 作業が終わったら車内から積み込みボタンをオフにします。 PTOをオフ 最後にPTOをオフにして一連の作業が終了となります。 もっとも重要なのは スイッチを操作する際に投入口の近くに人がいないことを確認することです。 パッカー車の排出手順 積み込んだゴミは集積場で排出することになります。 排出方法には• 押し出し式・・・ゴミを荷箱の中の押し出し板を使って外に押し出す• ダンプ式・・・荷箱をダンプカーのように傾けて一気に排出する などがあります。 ここでは押し出し式のパッカー車のゴミの排出の仕方を紹介していきます。 PTOをオン まずゴミを収集するときと同じようにPTOのスイッチをオンにして 油圧エネルギーを使用可能な状態にします。 これで排出を可能な状態にしていきます。 車内の排出ボタンをオン 車 内の排出ボタンをオンにしてゴミの排出を行う段階を進めていきます。 テールゲートボタン操作 後方の扉を開けてゴミを出すためにテールゲートボタンを操作していきます。 排出板を操作しゴミを押し出す 実際に荷箱の中にある排出板を操作してゴミを押し出していきます。 細かいゴミまですべて押し出してしまうことができるのが押し出し式の強みでもあります。 テールゲートボタンを操作 すべてゴミを押し出したら テールゲートボタンを操作して扉を閉じます。 PTOオフ 最後に PTOをオフにして一連の作業が終了となります。 パッカー車で絶対にしてはいけない事 ポッパ内に手足を入れない パッカー車はとにかく事故が多い車両でもあります。 特に危険になるのはゴミの投入口から荷箱にかけて、つまりポッパの内部です。 ここから離れていれば急激に危険になることはそれほどありません。 ゴミを収集して投入していく際でもこのポッパの内部に手足を入れることは絶対にしてはいけません。 ゴミは基本的に投げ入れるようにして投入していきます。 ポッパ操作時の安全未対策 ポッパに関連する作業には安全確認がいちいち必要になります。 特に ポッパを開けて作業をする際には安全棒、降下防止スイッチを使用することで挟まれるということを未然に防いでいかなくてはいけません。 エンジン作動時のポッパ内での作業 洗車、点検、整備などのためにポッパに入るときにはエンジンが停止していること、急に 誰かが操作しないようにキーは自分が持っていくことを徹底しなければいけません。 まずエンジンが作動しているときにポッパには入らないようにすることは当然として、誰かが操作することも防ぐことが重要なのです。 まとめ パッカー車は使用方法を間違えると非常に危険な面もある車両です。 使用方法や使用手順を正しく守ることが何よりの危機管理になります。 安全を最優先して作業を行うようにしましょう。 年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報) 「今より年収をUPさせたい。。 」 「夜勤が辛い。。 」 などを感じている方は、 転職すべきタイミングです。 なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、 今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです! しかし、中には間違って 年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、 後悔している人もいます。 その理由は、 転職前に情報収集を行っていないからです。 もっとより良い会社があるにも関わらず、 面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。 そこで私はドライバーのお仕事の 検索サイトの利用をオススメしています。

次の

ごみ収集車

パッカー車の構造

パッカー車とは パッカー車とは、トラックの荷台後部にごみなどを圧縮して押し込む装置を装備し、さまざまなごみや資源を収集するために使用されている車両です。 「塵芥車」や 「塵芥収集車」と呼ばれることが多い他にも、 「清掃車」や 「破砕車」、 「集塵車」とも呼ばれていますが、あくまで呼び名が異なるだけであり、車体の仕様などは全て同じものです。 パッカー車の特徴 パッカー車の特徴は、何と言っても荷台の構造にあります。 普通のトラックに比べて、「より多くのごみを運ぶ」ことに特化した結果、詰め込んだごみを圧縮して奥の方に押し込み、見た目よりもはるかに多い量のごみを収集できる構造になっています。 また、荷物が基本的に「ごみ」であることから、荷物の排出や荷台内部の洗浄が効率的に行えるような工夫がなされています。 例えば、 車体後部に汚水を排出できる排水溝がついていたり、後述しますが 荷台内部のごみを押し出す「押し出し板」が装備されていたりと、収集するだけでなく排出するための装備が充実しています。 パッカー車の種類 パッカー車の荷台にごみを積み込んでいく方式としては3種類あります。 圧縮版式 圧縮版式は別名「プレス式」とも呼ばれる、圧縮能力が高い方式です。 圧縮版がごみの投入口近くで大きなごみを粉砕し、粉砕したごみを奥の収納空間の手前でさらに圧縮するという2段階方式で、他の2種類の方式に比べて圧縮力が高いので、小さめのごみから粗大ごみに至るまで万能に対応できるためさまざまな業界から人気を得ています。 人気がゆえに、全国の普及率も高い車両ですが、運用には注意が必要です。 圧縮力が高いことで、少しの不注意でも「巻き込まれ事故」が発生しやすく、正しく使用しないと大けがを負いやすい構造となっています。 過去には作業員が圧縮版に巻き込まれ、押しつぶされたという痛ましい事故も発生しています。 運用の際には、こうした事故に巻き込まれないための対策や、巻き込まれてしまった際に被害を最小限に抑えるための対策を取りましょう。 パッカー車には非常停止ボタンが備え付けられていますが、巻き込まれた本人が非常停止ボタンを押せないケースもあり得ますので、必ず2人以上で作業に臨むようにするなどの対策が必須です。 巻き込み式 巻き込み式は、別名「回転板式」とも呼ばれ、その名の通り回転板がごみを奥に巻き込み、押し込み板がさらに奥の方に押し込んでいく方式です。 圧縮版式のようにごみを砕いて圧縮するわけではなく、単純に荷台のごみを奥へと押し込んでいく方式なので、圧縮力はそれほど強くなく、大きなごみや硬いごみが混ざっていると回転板が停止することがあります。 そのため、 大きなごみではなく小さなごみが出やすい造園業者に人気が高く、剪定された小枝の収集などが主な活躍の場所です。 ロータリー式 ロータリー式は、パッカー車の中では珍しく、円柱型のドラムが「横向きに」回転する方式です。 ドラムの内側にネジ穴のような形の溝が彫られており、放り込まれたごみが回転に合わせて奥へ奥へと進んでいく構造となっています。 ロータリー式の特徴としては、 ドラムが常に回転しているため連続してごみを入れることができるほか、回転方向が横向きなのでごみが飛び散りにくいという点が挙げられます。 作業員にとってのメリットも多い半面、圧縮能力が3種類の方式の中で最も低く、1度に多くのごみを収集する作業には向いていません。 上述のように、飛び散りやすい粉上のものや液体の混じった少量のごみを回収するのに向いている方式の車両です。 排出方式 パッカー車は収集の方式だけでなく、収集されたごみを排出する方法も2種類あります。 押し出し式 その名の通り、荷台の奥から「排出板」という板で押し出す方式です。 しっかりと確実に荷台内部のごみを排出できるので、圧縮版式や巻き込み式などに採用されやすい方式です。 ダンプ式 荷台をダンプアップして重力によってごみを排出していく方式です。 重力に頼って排出するので、収集したごみを全て排出しきるのは難しいものの、押し出し式に比べてスペースが確保できるので、軽量のごみを多く排出するのに向いています。 そのため、どちらかというとロータリー式との相性が良い方式でもあります。 いかがでしたでしょうか。 パッカー車はごみの収集の他にも、古紙の回収や造園の際の小枝の回収など、さまざまな業界で活躍しています。 最近では荷台に重量計も完備されており、ごみの重量を正確に計量することができ、ごみの種類などによって使い分けられています。 新しくパッカー車を購入しようと考えている方は、今回の記事を参考にしてみてはいかがでしょうか。

次の

パッカー車 125台 中古トラック販売車輌一覧【トラック流通センター】

パッカー車の構造

ゴミ収集車の特徴 ここではゴミ収集車の特徴について基本的な事をご紹介いたします。 ゴミ収集車とは ゴミ収集車というのは家庭ゴミや企業からでる廃棄物などを収集し、集めたゴミを処理場まで運んでいくための車両の事を言います。 一般的にはゴミ収集車と言ったりしていますが、実はこの車はパッカー車と呼ぶ事もあります。 一方で行政の方では何というのかというと、塵芥車(じんかいしゃ)と言ったり塵芥収集車など言う方が多いようです。 呼び方は違うけれどもすべて同じゴミ収集車の事を指しています。 ではゴミ収集車の仕組みについてを説明いたします。 ゴミ収集車の仕組み ゴミ収集車は後ろからゴミを入れて、ドラムの内部でゴミを圧縮しながらゴミを収容して、ゴミを捨てる処分場についたら所定の場所にゴミを捨てます。 そしてゴミ収集車の仕組みは一種類だけではありません。 ですが基本的な仕組みは同じで、シャーシ部分、架装部分(ドラム)そして圧縮装置の部分で構成されています。 それぞれの違いはドラム内部や圧縮装置の部分が違いますので、後程これらの仕組みの違いや特徴についてをご説明いたします。 ゴミ収集車の値段 気になるのがゴミ収集車の値段ですが、同じような作業をする事ができるのに種類によって開きがあるものなのです。 さらに新車と中古では値段の基準が変わってきます。 例えば新車の場合だったらシャーシと架装部分の種類や大きさで変わります。 では中古は?というと車両の年式であったりどのくらいの走行距離なのかであったり、さらに車両全体を見た時の状態によっても変わってくるのです。 つまり一般的な車両の値段の決め方とほとんど変わらないものなのです。 ゴミ収集車のメーカー ここではゴミ収集車のメーカーを、パーツ事にご紹介していきましょう。 ゴミ収集車に使われるシャーシ ゴミ収集車に使用されているシャーシはメーカーによって違うのは当然なのですが、 ゴミ収集車用にシャーシを作っているというメーカーはありません。 例えば元となっているのは輸送用トラックなどに使われているものばかりです。 いすゞならエルフやフォワードが使われ、三菱ふそうならキャンターやファイターが多いですね。 日産だとアトラスという車両やコンドルなどが使われています。 日野ならレンジャーやデュトロ、マツダはタイタンが使われています。 ゴミ収集車架装を作るメーカー どこのシャーシメーカーでもゴミ収集車のメインである架装の部分は作っていません。 この部分を作っているメーカーは極東開発工業であったり、新明和工業というメーカーであったり、富士車両だったりモリタエコノスなどです。 これらの架装部分を各メーカーのシャーシに搭載する事でゴミ収集車が完成するのです。 ただし架装部分のメーカーの名を目にした事が無い方もいらっしゃるのではありませんか?それはシャーシのメーカーの車両がパッカー車として販売しているからなのです。 ゴミ収集車の圧縮部分 ここではゴミ収集車の圧縮部分の種類とそれぞれの特徴、仕組みについてをご紹介していきましょう。 回転式 ゴミ収集車に多い回転式は家庭ゴミや事業ゴミなどを集積するのに活用されています。 ドラムの後ろにゴミを入れると回転式の羽がゴミをドラムの内部へと運んでいき、奥へと圧縮しながら詰め込んでいきます。 ただし圧縮する力はものすごく強いというわけではありません。 なぜなら回転するのは手前だけで奥までは届かないからです。 動く仕組みは羽がついていて羽が手前に動きゴミを入れると後方へと書き込んでいく仕組みです。 プレス式 プレス式はもっともパワフルなゴミ収集車です。 投入口に装着されているのはプレスプレートという頑丈なプレートで、ゴミを入れるとまず最初にプレスして粉砕してしまいます。 粉砕してある程度細かくなったら奥へと押し込むのです。 別名を圧縮板式ゴミ収集車と言うだけあって、一般家庭から出るゴミではなく粗大ごみなどの収集用として使われます。 大型の冷蔵庫でも粉砕するだけのパワーがあるので、収集する時には十分気を付けなくてはなりません。 ロータリー式 ロータリー式はドラムに特徴があります。 プレートなどは付いておらずドラムがぐるぐると回転する事でゴミを奥へと収納するのです。 一応奥へ溜まっていけばある程度の圧縮は期待できますが、他の二種類に比べたらパワー不足です。 そのため最近ではロータリー式のゴミ収集車を使っている団体は減っているようです。 作業する方の安全面ではとても良いのですが、効率が低い事から中古でもあまり見かけなくなっているのです。 ゴミ収集車の排出方法 ここではゴミ収集車の排出はどのようになっているのか、その仕組みをご紹介いたしましょう。 ダンプ式 一つはダンプ式という方法です。 この方法はダンプと同じようにドラム部分の前が上に上がります。 前が上がれば当然傾斜ができるのですから、中に入っているゴミも下に滑り落ちていくのです。 とても簡単な仕組みになっています。 しかしながらダンプ式にも欠点はあります。 それは荷物全てが傾斜だけで落ちていくとは限らないからです。 そのため完璧にごみを落とすには棒やほうきなどを使って丁寧に取り除く必要があるでしょう。 押し出し式 押し出し式はドラムの中に大きなプレートが装備されているタイプのゴミ収集車です。 一番奥つまり運転席のすぐ後ろの部分に付いているプレートが収集口に向かってゴミを押していき、一気に押し出すことができるのです。 一度にほぼ全てのごみを排出する事ができるので、ドラム内を清掃する時に非常に楽です。 ただしとても便利なのですがプレートが内部にある分ドラムに収容できるゴミの量が少なくなってしまうというデメリットもあります。 ゴミ収集車(新車)の値段相場 ゴミ収集車を新車で購入する時の値段は車両のトン数つまり大きさによって変わってきます。 例えば小型のゴミ収集車の新車の相場は、およそ400万円~600万円程度と言われています。 中型車になると新車でおよそ500万円~800万円の間くらいで取引されています。 大型のゴミ収集車を新車で購入しようとしたら、およそ800万円~1000万円程度ほどで購入する事ができるでしょう。 ただしこの金額はサイズ(トン数)による違いです。 仕様が違ったりすればそれによって値段も変わってきます。 シャーシの部分はどこのメーカーもそれほど価格は変わりません。 一方で中古車の場合を見てみましょう。 ゴミ収集車(中古)の値段相場 日野 デュトロ 日野のデュトロ、3トン、年式は平成31年、走行距離294km、ボディはホワイトのキレイな小型パッカー車です。 この中古車はプレス式で駆動方式は2WD、修復歴がなく程度がとても良い中古パッカー車です。 バックカメラが付いているので後方の安全確認が楽にできます。 MT5速なのでAT限定免許では運転する事はできません。 価格は746万円なので非常に入手しやすいお値段なので、中古パッカー車を狙っている方におすすめです。 日産ディーゼル コンドル 増トン 日産ディーゼルのコンドルという車種のパッカー車です。 年式は平静18年と若干古めですが外装はキレイなホワイトです。 走行距離は26. 1万km、トン数は3. 6トンとなっています。 修復歴がないのが良いですね。 プレス式で増トン仕様となっているので効率よくゴミの収集作業を行う事ができ、回数も若干減らすことができるでしょう。 価格も年式が古い分だいぶ買い求めやすくなっていて、186万円の支払い総額で済むのはお買い得です。 いすゞ エルフ いすゞエルフのパッカー車です。 4トンなのでかなりの大容量です。 産業廃棄物の収集などに有利かもしれません。 年式は平成25年と比較的新しいのでとても美しい外装をしています。 普段からのお手入れの賜物でしょう。 クリーム色と後ろがブルーのツートンカラーで、プレス式パッカー車となっています。 走行距離は6. 3万kmとパッカー車としては少ない方でしょう。 天然ガスなのでエコな会社に最適です。 アイドリングストップなど環境に配慮しています。 価格は支払総額が273万円とかなりリーズナブルです。 まとめ 今回はゴミ収集車の値段や基本的なゴミ収集車の構造などについて、さらに中古パッカー車の仕様や価格などについてもご紹介いたしました。 この記事がゴミ収集車の値段を知りたいという方の参考になれば幸いです。

次の