赤飯 に あう おかず。 赤飯に合うおかずは!おすすめレシピには

雑穀米とお赤飯にぴったり!自慢のおかずレシピ

赤飯 に あう おかず

卒業、入学、就職。 おめでとうの季節です。 はなむけにお赤飯を。 とは思うものの、蒸すのは面倒という声も。 「強火で蒸せばいいから難しくないけれど。 今回は炊飯器を使って炊きおこわにしましょう」と家庭料理研究家の土井信子さん。 吸水性の高いもち米は炊くとベッタリしがち。 うるち米を混ぜる手もありますが、「もち米100%で大丈夫」。 洗ったらざるにあげ、よく水をきっておきます。 関西では小豆を入れますが、関東はササゲを使うことが多いよう。 ササゲは皮がかたくて割れにくく、縁起がいいイメージなんですね。 小豆は硬めにゆでます。 火が強いとこわれやすくなります。 指でつぶして、しんが硬めかなというぐらいが目安。 ゆでたら、汁をボウルに分け、小豆は絞ったぬれぶきんをかけておいてください。 乾くと割れやすいのです。 ゆで汁はお玉ですくいあげて落とす、またすくって落とす。 これを繰り返します。 空気に触れて汁が早く冷め、色がさえてお赤飯の色づきがよくなるようです」 水加減は炊飯器の「おこわ」の目盛りにあわせて。 土井さんはもち米と同じ分量の水加減にしました。 炊きあがったら、すぐ飯台かボウルに移し、あおぎながら大きく混ぜて。 ほら、ツヤツヤ赤く、ほどよくパラリ。 ゴマ塩もうちで作ると香ばしい。 黒ゴマ小さじ1に対し、好みで小さじ2〜4の塩を用意。 フライパンでゴマをいり、同じようにさっと火を通した塩と混ぜ、添えます。 土井さん宅ではかつて、毎月1日と15日にお赤飯を炊いていました。 ただ、お赤飯ばかり食べないで、おかずも食べてほしい。 こんなお祝いの食卓はいかが。 (朝日新聞出版・1365円=税込み)、全国書店、ASAでお買い求めいただけます。 1人前525キロカロリー、塩分2.0グラム 【材料】(4人前) もち米3カップ、小豆2分の1カップ、ゴマ塩適宜 (1)もち米は炊く30分前に洗い、ざるにあげておく。 (2)小豆は洗い、鍋に小豆の量の8倍ほどの水と入れ、火にかける。 煮たったら、100ccの差し水をする。 途中でアクをすくいながら、弱めの中火で20〜30分ほど、硬めにゆでる。 (3)小豆を取りだし、ゆで汁を別にボウルにとる。 小豆の上にかたく絞ったぬれぶきんをかけておく。 (4)ボウルに入れたゆで汁を、玉じゃくしですくって上の方から落とす。 10回ほど繰り返す。 (5)もち米を炊飯器に入れ、「おこわ」の目盛りの水加減まで小豆のゆで汁に水を足して注ぎ入れ、小豆も入れて混ぜ、炊く。 (6)炊きあがったら飯台にとり、混ぜる。 好みでゴマ塩をかける。 ゆで汁は分けて冷ます。 (2)もち米は洗い、冷めた小豆のゆで汁に1晩つけておく。 (3)もち米と汁を分ける。 せいろに広げたふきんの上にもち米と小豆を混ぜてのせる。 蒸気が上がるよう中心をあける。 蒸気の上がった鍋にせいろをセットし、強火で蒸す。 (4)途中でふたをとり、もち米の上から、ゆで汁をパッパッと振りかける。 10分ほどして、また振りかける。 これを数回繰り返す。 (5)ほどよい硬さに蒸し上がったら飯台に取りだし、混ぜる。

次の

お赤飯に合うおかず

赤飯 に あう おかず

スポンサーリンク 赤飯に合うおかずはコレ! 赤飯はご飯なので、メインのおかずが必要ですよね。 まずは赤飯に合うメインの料理からご紹介しますね! 1. 天ぷら 天ぷらは、お祝い料理のメインとしてもピッタリのメニューです。 お祝い料理にはエビの尾頭付きを出したりしますが、エビの天ぷらにするのも一つです! 天つゆで食べるのもいいですが、お塩で食べるとさらに赤飯に合いますよ。 唐揚げ 普段の食事にも出すことの多い唐揚げですが、お祝い事にもおすすめのメニューです! 下味は醤油より塩味のから揚げにすると、よりお赤飯に合わせやすくなります。 豚の角煮 作るのに少し手間のかかる豚の角煮も、お祝いの席にピッタリのメニューですね。 やわらかく甘辛い味付けでとても美味しいです。 白いご飯にだけではなく赤飯にも合いますよ! 4. 筑前煮 筑前煮は、お正月やお祝い事の時などによく作られる縁起がいい料理です。 里芋、ごぼう、れんこん、椎茸、にんじんなど、それぞれ入っている食材にも一つ一つ意味や願いが込められています。 同じくお祝い事で出す赤飯ともよく一緒に食卓にのぼる一品です。 天ぷらとの相性もいいので、献立の組み合わせとしてもおすすめです! 7. タイの煮つけ お祝い事に欠かせない鯛は、甘辛く煮付けにするのもおすすめです! もちろん、塩焼きにしてもおいしいですが、赤飯の味が少し寂しいと感じる場合は、甘辛い味付けの煮物があると食も進みますよ。 ぶりの照り焼き ぶりは成長と共に名前が変わる「出世魚」で、縁起のいい食材の一つとして、おせちにもよく入れられますよね。 つくね 鶏ひき肉で作った肉団子に甘辛いたれを絡めて出来るつくね! お祝いの時には、小さい肉団子にするよりも大きいものをドーンっと作って、切り分けて食べるのもおすすめです。 黄身と絡めて食べても美味しいですよ。 アサリの酒蒸し あさりもお祝いの時によく食べられる食材です。 酒蒸しは、見た目も豪華なのでお祝いのメニューとしてもピッタリですよ。 簡単に作ることができるのもうれしい一品です。 赤飯の時の副菜は? メインが決まったら、副菜も必要ですね。 簡単で赤飯に合う副菜もご紹介します! 1. ホウレン草の胡麻和え 緑のものが少なくなりがちな和食メニューの副菜に、彩を加えてくれる定番の一品! ご紹介したどのメイン料理にも合います。 サッパリとしていて箸休めにもピッタリです。 卵焼き 出汁をたっぷりと入れた卵焼きは、優しい味わいで好きな人も多いですよね。 材料も少なく、簡単に作ることが出来、冷めてもおいしいので、準備で忙しいおもてなしの時にもおすすめの副菜です。 茶わん蒸し 茶わん蒸しは具だくさんにすることで豪華でボリューム感のある副菜になります。 ココにもエビや椎茸など、縁起のいい食材も入れることができますね。 小松菜と油揚げの煮びたし 出来立ても美味しいんですが、冷ますことで味がしっかりと染みて美味しくなります! 優しい味わいで、箸休めにもなるおかずです。 オクラと長いもの梅肉和え 1. オクラは塩ゆでしておく。 長いもは1cm幅、長さ4cmほどのサイズに切る。 タネをとって叩いた梅干しと、砂糖、醤油、水を前合わせる。 長いもとオクラを和えたら完成! 梅の酸味がとても美味しく、さっぱりとした副菜です。 彩りもキレイですよ。 比較的あっさり目なので、年配の方とのお祝いの席の献立としてもおすすめですよ。 赤飯の献立3 ・赤飯 ・お刺身 ・タイの塩焼き ・筑前煮 ・アサリのお味噌汁 お祝いの席に縁起のいいお料理ばかりの組み合わせ! お食い初めや節句などの子供のお祝いの席にも使えます。 赤飯の献立4 ・赤飯 ・から揚げ ・じゃこと水菜のサラダ ・出汁巻き卵 ・ハマグリのお吸い物 赤飯とハマグリのお吸い物はひな祭りなどにもおすすめの献立です。 豚汁は具だくさんにすることで、お野菜の栄養もしっかり摂ることができますよ。 まとめ 赤飯には和食の料理はもちろん、唐揚げやエビフライなどの揚げ物料理を合わせることができます。

次の

赤飯に合うおかず!献立のおすすめとお祝いやおもてなしのメニューは?

赤飯 に あう おかず

赤飯に合うおかず 甘味があると言っても味は優しい甘さになる赤飯。 赤飯のおかずには ・しっかり味が付いている物 ・甘味以外の優しい味の物 甘味を感じる物より「塩味」「酸味」を感じるおかずがおすすめです。 しっかり味が付いているおかず 筑前煮 「」 油揚げの煮物 「」 鶏肉と大根の煮物 「」 肉じゃが もう少しお肉がほしい場合 五目野菜の肉だんご 「」 豚角煮 「」 竜田揚げ 「」 野菜の肉巻き 「」 和食にはやっぱりお魚 煮付け(カレイ・鯖・タラ・鯛等) 白身の焼き魚 特別な雰囲気のあるおかず 天ぷら 茶碗蒸し お刺身 鯛の塩焼き アサリのお味噌汁・お吸い物 お料理を用意する方は赤飯をどう美味しく食べてもらかと悩むのですが 間違いないのは 「和食のおかず」 もちろん洋食が合わないと言うわけではありません。 しっかり味が付いている物と甘味以外の優しい味の物を用意すると赤飯を存分に 楽しむ事が出来ます。 お祝い事の場合は普段の食卓に並ぶ事が少ないおかずの方が特別感が出やすく なります。 いつものおかずでも少しでも特別感を出したい場合は盛りつけ方やお皿を変える だけで特別な日を演出する事が出来ます。 自分の幼い頃や大人になった時、特別な日の思い出は実はお料理の味や組み合わ せよりお料理を作ってくれた事、そのような場を設けてくれた事が印象に残りま す。 お赤飯とおかずを 「一緒に食べた人達」「みんなで一緒に食べる」 「その場の雰囲気や様子」 「その時感じた感情」 誰とどんな気持ち(楽しい・嬉しい等)で食べるのかが一番大切、良い思い出と なって残るのではないかと感じています。 赤飯の炊き方 本格的に作るとなると道具を揃えたりと手間がかかるのですが 赤飯を手作りにするとどんな感じなのか試してみたい時におすすめ 炊飯器で簡単に出来るレシピです。 赤飯を炊く 前日から用意をします。 炊く前日 材料(約4人前) もち米(4合) 小豆(0. 鍋に洗った小豆を入れ、たっぷりの水を加え火にかけます。 そして再び沸騰させます。 小豆の煮汁は鍋等に入れ、よく冷まします。 小豆の煮汁を冷ましている間にもち米を洗い、水気を切っておきます。 炊飯器に「おこわ」等の目盛りがあればその通りにします。 無い場合は4合のお米を炊く水量より少なめに、もち米の色付けように使用した 小豆の煮汁を入れます。 もち米、小豆の煮汁の入った炊飯器の中に混ぜ合わせた塩・砂糖・酒を入れて 炊いて完成です。 出来上がった赤飯にゴマ塩をふりかけて食べます。 炊飯器で作るのと蒸し器で作るのでは出来上がりの味は少し違うように感じるかも しれません。 炊飯器の方が思ったより軽めに、蒸し器の方がもち米感が強いように感じです。 炊飯器で成功した場合次は是非蒸し器でも作ってみて下さいね。 蒸し器のレシピ「」 赤飯の味と味覚 赤飯の味は「もち米の甘さ」「小豆やささげの味」 小豆やささげには味と呼べる味はほとんどなく粉っぽさが口の中に残る感じです。 赤飯の主な味は「甘味」甘味になる糖分は人間のエネルギーの源になる事か ら甘味を感じるほとんどの食べ物を「美味しい」と感じます。 赤飯が好きな食べ物になるのは必然的かもしれません。 赤飯だけではなく甘味だけを考えた場合、甘い物を食べた時に次に欲しくなる のは「塩味」「酸味」 人間の味覚は「甘味」「塩味」「酸味」「苦味」の5つになる事から「甘味」の 次に「塩味」「酸味」が欲しくなるのは当然なのかもしれません。 しかし、甘味は舌に刺激を与えるイオンがなく「塩味」「酸味」は舌に刺激を 与えるイオンがあり、そのイオンは「甘味」を加える事で柔らかくなります。 刺激がずっとないと味に飽きがきてしまい刺激を求め、刺激が続くと刺激を 押さえたくなる。 「甘味」「塩味」「酸味」の組み合わせは人間が自然に感じる味覚として それぞれが美味しいと感じ、組み合わせる事で全てが美味しくなる 食欲が進む組み合わせになります。 そして「甘味」「塩味」「酸味」を感じる事が出来る和食は 赤飯にピッタリです。 赤飯のカロリー コンビニエンスストアやスーパーのおにぎり売り場のどこかにある赤飯や 赤飯のおにぎり、例え端に並べられていても存在感があり、買う買わない関係なく 一応見てしまいます。 こってりと言うよりその物に味があり、おにぎりだけでお腹も味も満足でき 気持ちも豊かになるのは他のおこわやおにぎりではなく赤飯のおにぎりだから こそだと感じています。 私の場合小さい時に赤飯が好きだったかと言うと、実はあまり好きではありま せんでした。 その理由は味のない豆と白米のようで白米ではないお米をどう 食べて良いのわからなかった事 子供の時には赤飯の良さがわからなかったのですが、今ではお店で赤飯を見つけると 買うべきか買わないべきか悩みます。 子供の時から赤飯が好きな人は大人になっても味がわかる、味にこだわる人が多い ような気もします。 私の兄弟や友達は子供の頃から赤飯が好きで、あんパンは餡だけではなくパンの部分 から味の変化を楽しみ、クリームシチュウはバターの量が味のポイントだと言い 少々味にこだわる感じの大人になっています。

次の