ウーバーイーツ 走行距離。 【UberEats】ウーバーイーツの配達員をやってみた!【意外と稼げる】

【ウーバーイーツは稼げる?】神戸での1日の報酬を紹介します

ウーバーイーツ 走行距離

バイトや副業としてUber Eatsの配達員を行うのであれば、時給に換算したらどの程度になるのでしょうか。 ウーバーイーツ配達員の1回あたり配達でもらえる平均報酬は、400円程度だと言われています。 初心者でも、1時間に2件は確実にこなせます。 400円の報酬を2回で計算し、時給800円は最低でも稼げるでしょう。 長く続けていて、稼ぐコツを理解している方は、1時間に3軒、4軒のお店を回る配達員もいます。 3軒回れば基本報酬だけで1,200円、4軒回れば1,600円の時給になります。 また、回数を増やしてブーストやクエストを上手に使えば、時給2,000円を超える人も少なくありません。 平均すると、時給1,000円~1,200円程度は、慣れれば稼げるようになります。 ウーバーイーツの配達員の仕事は、時給に換算すると1,000円程度の時給です。 これは初心者でもベテランでも、大差はありません。 しかし、 月収や年収となると、人によって大きな差が出てきます。 これは、Uber Eatsの配達員の仕事が、ウーバーイーツのアプリの稼働時間内であれば、好きな時間に好きなだけ働くことができるためです。 Uber Eatsのアプリの稼働時間は、エリアによって異なりますが、朝9時~夜11時くらいまで、1日に14時間ほど稼働しています。 毎日本業として8時間以上、配達を受け付けている方であれば、1日に1万円を超える日給になることも珍しくありません。 25日稼働したとしたら月収25万円、ウーバーイーツの配達員だけで年収300万円も夢ではありません。 ウーバーイーツでは、距離料金を稼いだ方が、より稼げるように見えます。 しかし、依頼を引き受けてからお店に向かうまでの距離は、カウントされません。 また、GPSの不調でアプリが距離を正しく計測しなかった場合も、報酬は支払われません。 距離料金を稼ぎに入れずに考えたほうが、リスクは少なくなります。 よって、 短距離の配達を数多く引き受け、受け取り料金と受け渡し料金で稼ぐことを考えたほうが、多く確実に稼げます。 配達員の中には、距離が依頼を受けた際に、1km以上のお店は断る、5分以上受け取りに行くのにかかるお店の依頼は断る、といった方もいます。 できるだけ短距離の依頼を、たくさんこなすようにしましょう。 ただし、配達員を始めたばかりの際は、これをやってはいけません。 依頼をキャンセルし続けていると評価が上がらず、依頼が来なくなります。 最初は遠くのお店からの依頼も引き受けて、ある程度評価をしっかりと上げてから、この戦略を取りましょう。

次の

初日配達終了。 走行距離は20km。

ウーバーイーツ 走行距離

初日の配達を終えました。 届け先9件で、稼働時間は2時間、総走行距離は約20kmです。 これは飲食店で商品を受け取ってから、配達先に行くまでの時間で、飲食店への商品を受け取りに行く距離や時間は含まれておりません。 それを含めると距離も時間も倍ほどになります。 電動自転車の充電が最後には切れていました。 昼だけ配達をして終了の予定でしたが、ものすごく天気が良くて自転車が気持ちいいのと、日曜日ということもあり、配達終了後すぐ次の配達がはいるという感じでしたので、そのまま続けていました。 配達先で次の配達がはいるので、最後の配達の時には、自宅より10kmも離れた場所にいました。 次回配達の時には、運動&地図ソフトを起動して、総走行距離と移動地図の記録を取りたいと思います。 初日が終了してUberEatsの配達にあると便利だと思ったもの。 ウーバーに記録されるのは配達時間と配達距離のみ。 ピックアップ等は含まれない。 2つぐらい。 とにかく喉が渇くのでコンビニで飲み物を買いまくりすごい出費だった。 飲み物等こぼれないよう固定できる何か。 私の場合は自転車用の重いチェーンキーと、配達用カバンの中の間仕切り、手ぬぐい等で中身が動かないよう固定していました。 初日の配達にあって便利だったもの。 iPhoneを5台フル充電できるサイズ。 充電しながら使用していました。 GPSで常に通信しているので通常より電池の消費量が多いです。 地図ソフトを起動してナビをしながら運転します。 手に持つのは危険です。 安全面はもちろんですが、この効果が大きいです。 UberEats配達のコツ 途中から気が付いたのですが、地図ソフトにはもちろん住所しか出ません。 集合住宅の何号室か、とかの情報はなんで記載しないのかな?と思っていました。 その都度、電話で場所を聞いていたのですが、UberEatsの配達ソフトの方でスワイプすると住所が下まで出てきます。 最初、結構分かりにくかったです。 気になる報酬は、、、表示上では5000円弱です。 ただ、新規の配達員のインセンティブボーナスがあり、実際の金額はもう少し上になります。 スポーツジムに行ってお金を払って運動するより、お金をもらって運動しよう、がこの企画の出発点ですから、すこしでも収入があるのは嬉しいです。

次の

UberEats(ウーバーイーツ)における自転車での一日あたりの走行距離はどれくらい?|副業手帳

ウーバーイーツ 走行距離

必須のグッズ• 配達に使用する車両(パートナー登録した車両以外で配達するとアカウント停止になります)• スマホアプリ「Uber Driver」「Google Map」• スマホ(バッテリーがヘタってないこと)• スマホ用のモバイルバッテリー(大容量、急速充電できるものがおススメ)• 配達用バッグ(通称ウバッグ)• 配達用バッグ内の空間を仕切るもの(黒ウバッグには必須)• 配達用バッグ内で料理のスキマを埋めるもの(タオルや緩衝材)• スマホスタンド・アームバンド(車両にスマホを固定)• レインコート(雨天への備え)• 保温性のある小さめのバッグ(冷たいものを運ぶときに活躍) 配達に使用する車両 パートナーセンターで登録したときの車両なので問題ないでしょう。 ただし、自転車登録なのにバイクで配達したり、その逆にバイク登録なのに自転車で配達するとアカウント停止になります。 また、事故を起こした時に登録した車両と違うと保険が適用できなくなってしまいますので注意が必要です。 登録車両を変更したい場合は、必要書類を用意してパートナーセンターに行きましょう。 スマホアプリ「Uber Driver」のインストールと設定 配達に使うスマホに配達パートナー用のアプリ「Uber Driver」をインストールしておきましょう。 この機能が有効になっているとスマホをシェイクする(振り振りする)だけで、フィードバック機能を呼び出すことができます。 ですが、自転車やバイクの揺れをシェイクと誤検知してしまい、そのたびにナビが中断されてしまうので非常に煩わしいです。 無効にしておきましょう。 スマホとモバイルバッテリー 配達用アプリ(Uber Driver)はスマホのバッテリーを非常に消費しますので、配達に使うスマホはなるべくバッテリー容量が大きいものを使うとストレスがないです。 また、1~2時間の配達なら不要かもしれませんが、3時間以上配達するのであればスマホ用のモバイルバッテリーは必須と考えたほうがよいです。 モバイルバッテリーの容量は最低10,000mAhはほしいですが、長時間の配達にも耐えられるよう20,000mAhのものにしておけば安心です。 更に、配達しているときにスマホのバッテリーを気にしなくてよいように節電設定をしておけば完璧です。 できれば揃えたいアイテム(事故防止)• ヘルメット• 反射材(配達車両に備え付ける)• LED ライト(配達車両に備え付ける)• 明るい目立つ色の衣服の着用• 自転車保険など(ウーバーの保険は配達中の対物・対人補償のみ) ヘルメット バイク・原付の配達ならば必須ですが、自転車でもヘルメットは絶対にしておいたほうがよいです。 わたしはママチャリで配達していますが、ヘルメットをするとちょっと気合が入りますね。 安いものでもヘルメットが無いよりよっぽどいいので、安全のために購入しておきましょう。 あると便利なグッズ(配達のクオリティをあげる) 最後になりますが、あると便利なアイテムをご紹介します。 緊急時に備えてサポートセンターの連絡先を登録する 配達中のトラブルに落ち着いて対応するために、事前にUber Eatsのサポートセンターの連絡先を確認しておきましょう。 緊急時は電話で問い合わせることができます。 配達中はアプリの画面上にサポートに電話するボタンが出るのですが、リクエスト待ちの画面にはサポートに電話するボタンが出てきませんので、自分が稼働しているエリアの電話番号を予めスマホに登録しておくと安心です。 【関東エリア】• 東京都 0800-080-4177• 神奈川 0800-080-4255• 埼玉県 0800-080-4177• 千葉県 0800-080-4177 【中部エリア】• 愛知県 0800-123-6931 【近畿エリア】• 大阪府 0800-080-4270• 京都府 0800-170-0024• 兵庫県 0800-080-4288 【九州エリア】• 福岡県 0800-080-4153.

次の