怪 僧 ラス プーチン。 images.munchpunch.com : ミッシング・ペニス

株式会社日本一

怪 僧 ラス プーチン

概要 [ ] 『』に登場する。 略歴 『Grand Order』世界での言峰は西暦2004年の日本で死亡しており、遺体もその際に焼失している為、2017年末の時点で聖堂協会に所属していない。 カルデアから脱出する直前、の心臓を背後から貫いて退去させた後、管制室にあるカルデアスをアナスタシアによる物理凍結を見届けた。 『』ではマカリー枢機卿を騙ることでの眠りを維持する等、アナスタシアに協力。 彼女が雷帝を下した後は正体を明かすと共に姿を消す。 『』では北欧に向かうシャドウ・ボーダーを追撃し、捕らわれていたカドックを仮死状態にすることでカルデアを欺き奪還する。 その後はギリシャ異聞帯で汎人類史勢力との戦いに身を投じている模様。 人物 深い藍色の法衣を着た神父。 性格は依り代に近く、「外側も内側も神の従僕ではない」「エゴの塊」と評されている。 『永久凍土帝国 アナスタシア』でアナスタシアを皇帝にした後はラスプーチン自体は消滅し、完全に言峰綺礼になっている。 一方ラスプーチンの方は自らの在り方、持って生まれた自らの悪性に悩み、苦しむ人物であったこと、アナスタシアをツァーリにする為に死体を依り代にした疑似サーヴァントになることを受け入れた事が伺える。 『異星の神』に仕える3騎のサーヴァントの1つで、赦しがなければ次の異聞帯に行く事が出来ない、中間管理職のような存在。 能力 に気付かれずに背後に接近して素手の一突きで心臓を貫く、時速90キロで移動するなど、サーヴァント相応の能力を持つ。 また、近代兵器の扱いも心得ており、に提供された近代技術と魔術理論の複合装甲に通用するロケットランチャーを追跡しながらシャドウ・ボーダーに命中させていた。 ステータス [ ] クラス マスター 筋力 耐久 敏捷 魔力 幸運 宝具 備考? 真名:グレゴリー・ラスプーチン [ ] 聖職者でありロマノフ王朝の守り手であるが、結果的に帝国の崩壊の遠因となった。 マカリー神父であると騙していた相手。 マカリー神父の振りをすることで彼を眠らせていた。 疑似サーヴァントとなった時に融合した相手。 後に彼に肉体を譲り渡すことになる。 異星の神に仕える同志。 殺戮猟兵を率いて、共にカルデアを襲撃した。 イヴァン雷帝の相手をする傍ら、彼の拗れた行き先に皮肉たっぷりにアドバイスしていた。 異星の神に仕える同志。 インドの異聞帯に滞在していることが示唆されている。 異星の神から召喚されたアルターエゴの1人。 ギリシャ異聞帯では彼と共同で汎人類史のサーヴァントを何騎も撃破していた。 生前 [ ] 生前仕えたロマノフ家の皇女。 何かと気にかけていたらしい。 『永久凍土帝国 アナスタシア』では、彼女がツァーリとなったことに満足し、綺礼に肉体を譲り渡して自身は消滅した。 私は言峰綺礼。 」 「 聖堂教会 せいどうきょうかいから 査問団顧問 さもんだんこもんとして派遣された神父だ。 査問が終わるまでの数日、ここに滞在する。 」 「よろしく、人理継続を果たしたカルデアの諸君。 短い間だが、どうか苦楽を共にせん事を。 」 『序/2017年』にて、初登場時に発したセリフ。 「神父で結構だ。 特に理由のある名前ではない。 」 この台詞により「ただの言峰綺礼でないのは?」と感じる人も多かった模様。 「子供に現実を教えるのも大人の仕事だ。 」 イベントにおいて全体の立絵が公開された時に採用された台詞。 「……フッ。 してやったりという顔だが、それは違う。 私はラスプーチンではない。 」 「たった今、その役割は終わったのだよ。 カドック・ゼムルプス。 」 『永久凍土帝国 アナスタシア』第22節「獣国の皇女」にて、カドックから正体を明かされた際に発した台詞。 この時アナスタシアは彼をマカリー枢機卿と信じていたために驚いていた。 「ラスプーチンの望みは既にして果たされた。 故に、 彼は自由になった。 ・・・・・・・・」 「彼は聖職者であるが、同時にロマノフ王朝の守り手でもある。 だからこそ、彼は 彼女 ・・を帝位に就けるために、疑似サーヴァントになる事も受け入れた。 」 「そしてイヴァン雷帝が倒れた今、アナスタシア以外に 皇帝 ツァーリはいない。 」 「分かるかね? もう彼がこの世にとどまる理由がない、という事だ。 」 自身がラスプーチンの疑似サーヴァントであると認めるものの、すでにそうではないと語る。 「さて、どうだろう。 ラスプーチンとしての望みはもうないが……第二の生というものに関心がない訳でもない。 」 「私は自由に、私の仕事を全うするさ。 この 異聞帯 ロストベルトと私の関係は終わったからね。 」 ラスプーチンとしての望みはなくなるも、第二の生に関心はあるため自身の仕事を全うすると誓う。 「神父の仕事は決まっているだろう。 生まれ落ちる ・・・・・・、 新たな生命の祝福だよ ・・・・・・・・・・。 」 カドックに仕事の内容を聞かれた際の返答。 「……勿論。 しかと 承 うけたまわりましたとも。 それでは最後の 皇帝 ツァーリ、おさらばです。 」 去り際にアナスタシアから一つ「お願い」を聞いて。 アナスタシアに再会する気はないことから、カドックに関することと思われる。 「貴方はかつて、人理焼却を『神話級の殺人事件』と呼称した。 であれば、この侵略も同じようにラべリングするがいい。 」 「これは『誰が、どのようにして行った犯罪』なのか。 それが貴方の中で組みあがった時、もう一度お会いしよう。 」 「いったい誰に咎があったのか。 それを貴方自身の口から聞き出す為に。 死体が無い者にいかにして憑依したのか」を問われた際に返した言葉。 ただホームズがかつての起こした人理焼却を『神話級の殺人事件』と形容したのは、カルデアに知られないようにアトラス院で語っている時。 そのためカルデアの記録にも残っておらず、いつどこで知ったのかは不明である。 メモ [ ]• なお、依り代となった『Grand Order』での言峰は作中の年代においては既に死亡していたが、『永久凍土帝国 アナスタシア』ではラスプーチンが綺礼に肉体を譲り渡して消滅した。 よく「怪僧」などとあだ名される人物だが、何の僧かと言うとキリスト教である。 ただし貧困ゆえにほぼ独学であったためどの宗派にも属しておらず、 一時期は「鞭身派」 と呼ばれるカルト分派に熱心に参加していたとも言われるが、 宗教的な立場としては「自称」キリスト教徒の「自称」祈祷僧に過ぎない。 比較的近代かつロシア史に大きな影響を与えた人物にしては経歴・人物像に曖昧な部分や謎が多いが、これには「胡散臭すぎるので当時研究対象にされず調査が遅れた」という冗談のようで手痛い理由や、「政敵が多かったため過剰な悪評や真偽不明の風評が多く検証が難しい」等といった理由がある。 「自身の存在意義や人生の意味に悩んだ人物である」という言峰との共通点も、彼が宗教の道に入ったきっかけとして実際に唱えられている学説の一つである。 結婚歴があり妻を愛せなかった 娘も居る という点も共通だが、きちんと妻と向き合った言峰と違い、ラスプーチンのほうは信仰に目覚めた後に家出同然で出奔している。 …愛のあり方について悩んだという点では同じだろうか。 ちなみに、ラスプーチンをロシア皇帝夫妻に紹介したのはの末裔 正確にはジョセフィーヌの連れ子の子孫 である。 話題まとめ [ ] 脚注 [ ] 注釈 [ ].

次の

「怪僧ラスプーチン」や「Sunny」など大ヒットを放ったボニーMは今聞いてもアツい

怪 僧 ラス プーチン

この度、ロシアに開設されたエロチカミュージアムにてロマノフ王朝の悪魔と呼ばれた怪僧ラスプーチン(グレゴリー・エフィモビッチ・ラスプーチン)の巨大なるペニスが展示され、大好評を博しているという。 長さ凡そ28. 5cm(ホルマリン漬けにされて多少縮んでいる)に及ぶこの巨大なペニスは丁重にガラス瓶に封入された上で展示され、今回の展示の大きな呼び物となっている。 また同展示会のディレクター、イーゴリ氏によれば、このペニスはイーゴリ氏がフランスの古物商から凡そ現金83万円程で買い取ったもので、ペニスの他にラスプーチン自身による直筆の手紙なども入手したと話しているが、この驚くべきアイテムに証明書なりが存在したかどうかは明らかではないとしている(以下略)。 果たしてこのラスプーチンのペニスは本物なのだろうか?何故なら、このペニスには凡そ1世紀に及ぶ謎が隠されているからである。 その凄絶な死に様をはじめ、数々の逸話を残すこの怪僧はまたロシア史きっての性豪としても知られている。 そしてここにそうした彼の性豪伝説を端的に示すある逸話がある。 それはラスプーチンの死後、彼の象徴でもあった巨大なるペニスが死体から切り取られ、何者かの手に渡ったというものである。 ラスプーチンの実の娘、マリア・ラスプーチンは父親のペニスをして勃起時は長さ13インチ(約33cm)であったと語っている。 一体何故、彼女がそのような事実を知りえたのか理由は定かではないが、一説にはラスプーチンの死後、彼のペニスは遺体から切り取られ、彼女が記念として保管していたと言われている。 性豪の儀式 またマリア以外にもラスプーチンのペニスを目撃したものは多数存在している。 ラスプーチンはしばしばサンクトペテルブルグの浴場を訪れる姿を目撃され、貴婦人から売春婦までを巻き込んで乱交まがいの儀式を行いたと言われている。 ラスプーチンはそこで彼女たちの悪霊を追い払うとして儀式を執り行った上、更に性交を行っていたと言われているが、いずれにせよ彼が不特定大多数の女性と肉体関係を持っていた事は間違いがないようである。 またラスプーチンに熱烈な愛を抱いた熱狂的な女性信者もいた。 オルガと言う名のその女性はラスプーチンのカリスマ性にすっかり魅了され、彼のことをキリストの再来として崇め、自らのことを聖母マリアであると考えたのである。 オルガは自分の夫と子供を捨て、ラスプーチンを慕い続けた。 ある時などはオルガはラスプーチンの巨大なペニスにすがりつき、ラスプーチンに激しくぶたれながら「あなたはキリスト、私はあなたの羊です、、。 」と叫んだという。 これまで、ラスプーチンの死に関しては様々な説があるが(殺害はユリウス歴にして12月16日、グレゴリウス歴の12月30日、ユスポフ皇太子が首謀者となって行われたと言われている。 詳細はで)、彼のペニスを巡ってまた様々な説が存在している。 それは死亡したラスプーチンの遺体からその巨大なペニスが切断され、放り投げられたという説、そしてもう一つは死亡以前にペニスが切断されていたという説である。 1920, Paris より有力な後者に関して以下のような逸話がある。 ラスプーチンの死後、彼のメイドであった女性が彼の部屋を掃除中、彼女は部屋の中でラスプーチンのペニスを発見した。 そしてメイドによって保管されたペニスはその後、様々な人の手を渡り歩き、1920年、それはフランスはパリに突然現れる。 それはロシアから移民した一部のラスプーチン崇拝者の女性カルトがラスプーチンのペニスを保管し、まるでご本尊のように崇め奉っているというものだった。 伝えられるところによれば、彼女たちはラスプーチンのペニスを木箱に入れて大事に保管し、また千切れた一部は信者らに与えていたという。 そしてその後、そのカルトの存在を知ったラスプーチンの娘マリアは激しく憤激し、それらの事実を否定したのである。 マリア・ラスプーチンは父の死後、ヨーロッパ、アメリカ、南米にてサーカス・パフォーマーとして活躍した後、カリフォルニアに落ち着き、1977年に78歳でこの世を去っている(彼女の墓はロサンジェルスにある)。 彼女は生前、父親の汚名を返上するためにいくつかの本を著したが、現在伝えられるラスプーチンのパブリックイメージを見る限り、その試みは儚くも失敗に終わったと言えるだろう(また現在、彼は常に怪僧[Mad Monk]などと形容されるが、実際にはラスプーチンは僧侶ではなかった。 実際には霊的指導者か、せいぜい巡礼者といったところである)。 1994, California そして1994年、ラスプーチンのペニスは今度は海を越えてカリフォルニアに現れる。 サンタクルズの古物商マイケル・アウグスチヌスがラスプーチンのペニスを発見したというのである。 その年、彼はガレージセールにて出品されていた、サンタモニカ作家クラブの理事長ロベルタ・リップル博士の所有物の中にある奇妙なものを発見したのだ。 それはラスプーチンの娘、マリア・ラスプーチンが残した三つの原稿だった。 一つはロベルタ氏がゴーストライターとなって書き上げたラスプーチンの事を綴った伝記、もうひとつは小説、そしてもうひとつは「帝国の崩壊」と名付けられた未完の原稿だった。 しかし、アウグスチヌスはそれら原稿と共におかれた更に奇妙なものを発見した。 それはベルベットのポーチに収められた黒くてしわだらけのまるで亀の頭のような物体で、そこにはメモが添えられていた。 メモによれば、その物体はラスプーチンが自ら去勢したペニスであり、彼の死後、メイドがそれを所有していたが、後に娘のマリア・ラスプーチンに送られたものであるという。 また、メイドはラスプーチンがペニスを切断する際、現場に居合わせたと書かれていたのである。 そしてそのペニスは1994年3月10日、アウグスチヌス氏によってロンドンに運ばれ、そこでオークションにかけられる。 彼はその時報酬としてたった7万円程度を受け取ったが、一体誰がそのペニスを購入したのか知る事は出来なかったと話している。 こうしてまたラスプーチンのペニスはその足取りが途絶えるのである。 1995, London しかし翌年の1995年、今度はラスプーチンのペニスはロンドンのデイリー・テレグラフ紙上の三面を飾ることになる。 記事によれば、ペニスはヴィクトリア・ブラッキーなる人物がある医学系のセールで購入したもので、マリアの遺した原稿と共に購入したとされていた。 しかし、記事はその後の科学者の調査の結果、彼女が購入したものはラスプーチンのペニスではなく、「ナマコ」であることが判明したと締められていたのである。 かつてカリフォルニアでラスプーチンのペニスを目撃したアウグスチヌス氏はその話を聞かされて驚き、こう語っている。 「うーん、、僕はペニスの専門家じゃないから何とも言えないけれども、、僕が見たのは一度だけだからね。 ただ僕はいろいろな人にあれを見せたけども、あれは確かに皆が持っているのと同じ形をした間違いなくペニスのようだったけどね、、。 」 写真はいずれも今回のサンクトペテルブルグのもの こうしてラスプーチンのペニスはナマコであるという結論と共に、再び世界から姿を消すのである。 一体、ラスプーチンのペニスは何処へ消えたのだろうか。 一つの推測として、マリア、あるいはロベルタ氏が金儲けの為にナマコから偽造したという事も考えられる。 しかし、マリアの父親に対する態度を見る限り、彼女が父親のペニスを偽造すると言った事は凡そあり得ないようにも思えるのである。 またあるいは、かつてのパリにいたラスプーチンカルトのメンバーが「本尊」を捏造し、それが人の手を渡り歩いたと考えることも出来るかもしれないが、いずれも憶測の域を出ない。 そして今回のサンクトペテルブルグの展示である。 今回ロシアに突然現れた、あの巨大なるペニスは果たして、本当にラスプーチンのものなのだろうか。 あるいはまだ我々の知らない巨大なるラスプーチンのペニスは今なお、どこかで眠り続けているのだろうか。 真相は闇のままである。 【参考】 より 身体のパーツ(主に睾丸)の収集家 : カッターまたはカッター関係者には、トロフィーハンターとして知られる人もいます。 トロフィーハンターとは、身体パーツの収集家で主に睾丸を収集する人が多くみられます。 動物のはく製の収集家が、大きなはく製を保管するための部屋を持っているのと同様に、トロフィーハンターは、その名の通り身体のパーツが入った瓶を保管するための部屋を持っているかもしれません。 【関連】.

次の

不気味すぎる怪僧「ラスプーチン」の予言と謎

怪 僧 ラス プーチン

image: その人物の名は「グリゴリー・ラスプーチン」。 シベリアの寒村に生まれたラスプーチンは、幼いころから一種の透視能力(予言)を備えていた。 やがて彼はギリシャのアスフォン修道院をはじめ、トルコ、シリア、エルサレムを徒歩で巡礼し、放浪と帰郷を繰り返す中で、催眠術や病を治すヒーリング能力まで身につけたという。 難病すら治す奇跡的な治療は評判を呼び、ラスプーチンはついに皇帝に近づいた。 そして、その世継ぎである皇太子アレクシスの血友病を治癒。 しかし、彼のことを快く思わなかった人物は数知れない。 よって、いつ彼らに暗殺されるかもわからない状況だった。 ラスプーチンはその危機すらも予言しており、 「私は1月1日以前に生を終えるだろう。 その死をもたらすのが皇帝の手の者であれば。 ご家族で2年以上生きる者はいないだろう」と書簡に残している。 1916年12月16日、彼の予言は現実のものとなった。 皇帝の姻戚であるユスポフ侯爵を主犯とする暗殺計画が実行されたのだ。 だが、ラスプーチンは青酸カリが盛られた食事を平気でたいらげたばかりか、首や心臓をピストルで撃たれても死ななかった。 そのため、ユスポフ侯爵らは鉄棒でめった打ちにしたうえで縄で巻きつけた彼を川に投げ込んだ。 とうとうラスプーチンは息絶えるのだが検死の結果、死因は 「溺死」。 そう、彼は川に投げ込まれてからもまだ生きていたのである。 彼の死と共に滅びた「ロマノフ朝」 怪僧ラスプーチンの死後、ほどなくしてロシア革命が起こり、ロマノフ朝は崩壊。 彼の予言どおりに皇帝とその一族は全員が銃殺された。 このようにして怪僧ラスプーチンとロマノフ朝は最後を迎えたのである。 なお、ラスプーチンは多数の貴族、特に女性から厚い信頼を得ていた。 以下が彼とその信者たちの集合写真だ。 image: 次はニコライ2世一家の写真だ。 image: 長男のアレクシス皇太子の血友病を癒した怪僧ラスプーチンをロマノフ朝王宮に迎え、重用する。 だが、前述したとおり、ラスプーチンの死後、ロマノフ朝崩壊とともに一家は処刑された。 なお、以下の写真はラスプーチンを暗殺したユスポフ侯爵。 image: そして、ドミトリー大公。 image: 2人は周到かつ徹底的な手段で不死身の怪僧ラスプーチンを葬った。 さて、ラスプーチンは本当に超能力者(予言者)だったのだろうか。 彼の情報を集めると予言者とも言えるしヒーラーとも言える。 何よりも不死身という奇怪な能力の持ち主だけに謎が多いのだ。 そしてロマノフ朝をコントロールしたまではいいが、なぜ暗殺計画を阻止することはできなかったのか・・・。 予言を見て未来を変えることはできなかったのだろうか・・・。 いずれにしても彼の人生は謎に満ちている。

次の