進撃の巨人大きさランキング。 世界各地の巨人伝説!歴史的遺産にもその痕跡が残る!

【ネタバレ注意】実写版 進撃の巨人 後編「明らかにおかしいだろ」って思ったこと30連発

進撃の巨人大きさランキング

3つの壁の正体とは? 「壁」は巨人で作られている?! 「女型の巨人」によってウォールシーナの一部が崩れ落ち、壁の中から巨人の顔の一部分が現れたことで、壁は巨人によって作られており、人間は巨人の脅威から逃れるために巨人によって守られているとうことが明らかになりました。 壁が崩れて巨人の姿が現れたとき、壁教であるニック司祭は壁の巨人に日光を当てるな!と言い放っています。 通常巨人というのは日光が出ている間にしか活動することが出来ないことは分かっています。 ということは、壁の中の巨人はまだ生きていて、日光を当てると動き出してしまう恐れがあったといえるでしょう。 「壁」の正体を知るものの末路とは? ニック司祭は、壁の一部が崩れ落ちて壁の中に巨人が入っているのでは?!との問いに決して答えようとはしませんでした。 ハンジが「答えなければ壁から突き落とす」と脅しても、ニック司祭は死ぬことのほうを選びました。 壁の秘密は命に代えても決して漏らしてはいけない最大の秘密だということが分かりますね。 過去に、地下の方からウォールシーナを越えようと地面を掘り進んでいくことで壁の秘密を知りかけることとなった男がいました。 結局男は掘り進めても壁の最下部が見つけられず壁を越えることはできず、その出来事を友人に話すと、男も友人もそこから行方不明になるという出来事が起こっています。 壁の真相を少しでも知りうる可能性のあるものは、ウォール教や中央憲兵などによって消されてきたのではないかといわれています。 だから100年もの間壁の正体は誰にも知られることなく守り続けられてきたということですね。 ウォールマリアとは? 一番外側にある壁「ウォールマリア」は長さ3,200kmで、高さ50m、厚さ10mほどの壁です。 高さは3つとも同じ高さとなっています。 一番外側にある壁なので、一番巨人に侵入されやすく何度も破壊と補強を繰り返しているため、より強固なつくりになっています。 そして一番巨人と接触する可能性が高い場所であるため、主に貧困層が生活していました。 エレンやミカサはウォールマリア内のシガンシナ区出身です。 845年に巨人の侵攻により「ウォールマリア」は放棄されていましたが、850年のウォールマリア奪還作戦により、ウォールマリアの穴を塞ぐことに成功しています。 ウォールローゼとは? 「ウォールローゼ」は真ん中にある壁です。 壁の長さは2,400kmです。 「ウォールローゼ」は放棄されていますので、現在人類の活動領域は「ウォールローゼ」まで後退することとなっています。 しかし、内地に現れた巨人、獣の巨人により破壊されてしまいます。 ウォールシーナとは? 「ウォールシーナ」は一番内側にある壁です。 長さは1,570kmであり、「ウォールシーナ」の壁の内側には、王都や首都が存在していますので常に安全な場所として守られてきた壁です。 王家や中央憲兵などを中心とした富裕層が暮らしています。 壁内の世界は結構広い?! 「ウォールマリア」から「ウォールローゼ」までの距離が100km。 「ウォールローゼ」から「ウォールシーナ」までの距離が130km。 「ウォールシーナ」から中央までの距離は250kmであり、全長およそ960kmの世界なんです。 壁で囲まれた世界ってそんなに広くないんじゃないの?と思ってしまいますが、実は壁の中の世界もめちゃくちゃ広いんです。 この壁が全部巨人で作られているとしたら、一体何体の巨人が壁の中に埋まっているのか気になりますね。

次の

【進撃の巨人】巨人の種類を全部紹介!

進撃の巨人大きさランキング

無垢の巨人とは? 「無垢の巨人」というのは、知性を持たない「通常種」と「奇行種」のことを言います。 通常種とは? 知性を持つ「九つの巨人」意外のそのへんをたくさんうろうろしている巨人たちは「無垢の巨人」という分類であり、通常種と奇行種に分けられます。 これらの巨人は知性を持たず、ただ人間を見つけたら捕食をしていくだけの存在です。 ただデカくて、人間を食べようとしてくるだけでリヴァイ兵長だったら一撃で倒せるぐらいの奴らです。 奇行種とは? 奇行種の巨人というのは、通常種の巨人と違い、行動の予測ができません。 いきなり走り出したり暴れだしたりして調査兵団たちもビックリです。 通常種の巨人は、近くにいる人間に反応しますが、奇行種はちょっと遠くにいるからいいやと思っていたら遠くからいきなりダッシュして襲い掛かってきますので油断できません。 奇行種は何故生まれるのかについてはまだ明らかになっていませんが、通常種とは巨人の誕生の過程に違いがあるのではないかといわれています。 九つの巨人とは? そもそも、特別な巨人である「九つの巨人」とは一体何なんでしょうか?「九つの巨人」というのは、始祖の巨人ユミル・フリッツから分かれた巨人であり、知性を持ちます。 そして、この能力は、巨人が死ねば失われるというものではなく、どんどん継承されていくものになります。 ユミル・フリッツは、始祖の巨人の力を手に入れてから、13年で死亡してしまったために、そこから「9つの巨人」の力を継承したものは、13年しか寿命がなくなってしまうのです。 ちなみに、巨人の力はその巨人の力を持つ人間を捕食することで継承されていきます。 そんなユミルの呪いを持つとされる「九つの巨人」の種類について紹介していきます。 始祖の巨人 巨人の起源である始祖の巨人です。 ユミルの民や巨人を操ることのできる「座標」の力を使うことが出来ます。 ライナーやベルトルトは、エレンが「座標」を持っているのではないかと思ってエレンを壁の外の世界に連れて行こうとしましたよね。 このときは「座標」ってなんだろう?と思っていました。 ライナーやベルトルトは壁の中の人間たちよりも、巨人についてよく分かっているということがわかりますね。 始祖の巨人の力は、王家の血を引く人間しか扱うことができないとされていましたが、結局始祖の巨人の思想にとりつかれてしまうとかで、誰も始祖の巨人の力を扱うことができなくなってしまっています。 現状エレンが継承しているとされていますが、王家のものじゃないと扱えない力なので始祖の巨人の力全てを発揮できているわけではないようです。 進撃の巨人 「いつの時代も自由のために戦ってきた巨人」であると言われています。 エレンの父親であるグリシャが継承しており、その後進撃の巨人の力を使ってフリーダから始祖の巨人の力を奪って、エレンに継承させました。 エレンは、二つの巨人の力を継承しているということになりますね。 超大型巨人 50mをこえるほどの大きな体を持ち、強大な破壊力をも持ち備えており、人間たちが守られている壁を破壊した巨人です。 この巨人は実はベルトルトだったんですが、全身から熱風を出していて、立体機動装置を使って近づけないので、なかなか倒せなくて手こずっていました。 鎧の巨人 全身が鎧のようにかたく、うなじどころか攻撃を加えることもできないので厄介な巨人です。 巨人化したエレンのパンチや、調査兵団の開発した対鎧の巨人用の雷槍でやっと戦えるぐらいの相手です。 この巨人の正体はライナーでした。 ライナーもベルトルトも自分の正体を明かすときは結構あっさりでした。 女型の巨人 高い身体能力を持ち、走るのも早く格闘技術にも優れていました。 一部を硬質化させたり、叫び声を上げて巨人を自分に集めて捕食させるという力も使っていました。 この巨人の力はアニが継承していました。 アニは格闘技術に優れていましたので、その戦闘スタイルから、女型の巨人はアニだということがエレンたちに気づかれてしまいました。 そして調査兵団に捕まりそうになったときにアニは自分の周りに結晶をはるという力をつかって閉じこもってしまい、その後調査兵団に捕まって今は幽閉されています。 獣の巨人 巨大なサルみたいな巨人です。 この巨人は言葉も話せます。 壁の中に入ってきて、壁内を調査するような姿も見られていますね。 巨人に命令したり操ったりするような力も持っているようです。 この巨人はマーレの戦士ジークが継承しています。 獣の巨人VSリヴァイ兵長の戦いは見ものです。 アニメで放映されるのが楽しみです。 車力の巨人 四足歩行で歩く巨人です。 動きは素早く、倒れたり捕まったりしている巨人をサッと救出したり、背中に機関銃を背負いながら戦ったりする姿も確認されています。 見た目がちょっとこわいし、奇行種みたいと思いました。 でも、巨人に変化する前の人間の姿のときはとってもきれいな女性です。 顎の巨人 巨人の中でも小柄な体を持ち、動きも素早く、破壊力もあるようです。 もともとユミルもこの巨人の力を継承していたようですが、今はマルセルの弟が継承しています。 戦槌の巨人 硬質化で巨人や武器を作り出すことのできる力を持っています。 水晶体の中から紐を出して戦うというほかの巨人とはちょっと違う戦闘スタイルです。 見た目もほかの巨人と違ってシュッとしています。

次の

【2019】進撃の巨人最強ランキングTOP9 徹底考察まとめ【最新番付】【強さ議論】

進撃の巨人大きさランキング

無垢の巨人とは? 「無垢の巨人」というのは、知性を持たない「通常種」と「奇行種」のことを言います。 通常種とは? 知性を持つ「九つの巨人」意外のそのへんをたくさんうろうろしている巨人たちは「無垢の巨人」という分類であり、通常種と奇行種に分けられます。 これらの巨人は知性を持たず、ただ人間を見つけたら捕食をしていくだけの存在です。 ただデカくて、人間を食べようとしてくるだけでリヴァイ兵長だったら一撃で倒せるぐらいの奴らです。 奇行種とは? 奇行種の巨人というのは、通常種の巨人と違い、行動の予測ができません。 いきなり走り出したり暴れだしたりして調査兵団たちもビックリです。 通常種の巨人は、近くにいる人間に反応しますが、奇行種はちょっと遠くにいるからいいやと思っていたら遠くからいきなりダッシュして襲い掛かってきますので油断できません。 奇行種は何故生まれるのかについてはまだ明らかになっていませんが、通常種とは巨人の誕生の過程に違いがあるのではないかといわれています。 九つの巨人とは? そもそも、特別な巨人である「九つの巨人」とは一体何なんでしょうか?「九つの巨人」というのは、始祖の巨人ユミル・フリッツから分かれた巨人であり、知性を持ちます。 そして、この能力は、巨人が死ねば失われるというものではなく、どんどん継承されていくものになります。 ユミル・フリッツは、始祖の巨人の力を手に入れてから、13年で死亡してしまったために、そこから「9つの巨人」の力を継承したものは、13年しか寿命がなくなってしまうのです。 ちなみに、巨人の力はその巨人の力を持つ人間を捕食することで継承されていきます。 そんなユミルの呪いを持つとされる「九つの巨人」の種類について紹介していきます。 始祖の巨人 巨人の起源である始祖の巨人です。 ユミルの民や巨人を操ることのできる「座標」の力を使うことが出来ます。 ライナーやベルトルトは、エレンが「座標」を持っているのではないかと思ってエレンを壁の外の世界に連れて行こうとしましたよね。 このときは「座標」ってなんだろう?と思っていました。 ライナーやベルトルトは壁の中の人間たちよりも、巨人についてよく分かっているということがわかりますね。 始祖の巨人の力は、王家の血を引く人間しか扱うことができないとされていましたが、結局始祖の巨人の思想にとりつかれてしまうとかで、誰も始祖の巨人の力を扱うことができなくなってしまっています。 現状エレンが継承しているとされていますが、王家のものじゃないと扱えない力なので始祖の巨人の力全てを発揮できているわけではないようです。 進撃の巨人 「いつの時代も自由のために戦ってきた巨人」であると言われています。 エレンの父親であるグリシャが継承しており、その後進撃の巨人の力を使ってフリーダから始祖の巨人の力を奪って、エレンに継承させました。 エレンは、二つの巨人の力を継承しているということになりますね。 超大型巨人 50mをこえるほどの大きな体を持ち、強大な破壊力をも持ち備えており、人間たちが守られている壁を破壊した巨人です。 この巨人は実はベルトルトだったんですが、全身から熱風を出していて、立体機動装置を使って近づけないので、なかなか倒せなくて手こずっていました。 鎧の巨人 全身が鎧のようにかたく、うなじどころか攻撃を加えることもできないので厄介な巨人です。 巨人化したエレンのパンチや、調査兵団の開発した対鎧の巨人用の雷槍でやっと戦えるぐらいの相手です。 この巨人の正体はライナーでした。 ライナーもベルトルトも自分の正体を明かすときは結構あっさりでした。 女型の巨人 高い身体能力を持ち、走るのも早く格闘技術にも優れていました。 一部を硬質化させたり、叫び声を上げて巨人を自分に集めて捕食させるという力も使っていました。 この巨人の力はアニが継承していました。 アニは格闘技術に優れていましたので、その戦闘スタイルから、女型の巨人はアニだということがエレンたちに気づかれてしまいました。 そして調査兵団に捕まりそうになったときにアニは自分の周りに結晶をはるという力をつかって閉じこもってしまい、その後調査兵団に捕まって今は幽閉されています。 獣の巨人 巨大なサルみたいな巨人です。 この巨人は言葉も話せます。 壁の中に入ってきて、壁内を調査するような姿も見られていますね。 巨人に命令したり操ったりするような力も持っているようです。 この巨人はマーレの戦士ジークが継承しています。 獣の巨人VSリヴァイ兵長の戦いは見ものです。 アニメで放映されるのが楽しみです。 車力の巨人 四足歩行で歩く巨人です。 動きは素早く、倒れたり捕まったりしている巨人をサッと救出したり、背中に機関銃を背負いながら戦ったりする姿も確認されています。 見た目がちょっとこわいし、奇行種みたいと思いました。 でも、巨人に変化する前の人間の姿のときはとってもきれいな女性です。 顎の巨人 巨人の中でも小柄な体を持ち、動きも素早く、破壊力もあるようです。 もともとユミルもこの巨人の力を継承していたようですが、今はマルセルの弟が継承しています。 戦槌の巨人 硬質化で巨人や武器を作り出すことのできる力を持っています。 水晶体の中から紐を出して戦うというほかの巨人とはちょっと違う戦闘スタイルです。 見た目もほかの巨人と違ってシュッとしています。

次の