クローム キャスト 音 が 出 ない。 chromecast(クロームキャスト)の不具合? 途中で切れる。途中で頭出しになる。

Chromecastのブラウザミラーリングで音声が出力されない問題の対処方法

クローム キャスト 音 が 出 ない

機材としては、Chromecastとテレビスマートフォンやパソコンだけです。 Chromecastは、スタンダードな「Chromecast」のほか、高画質の4K Ultra HDやHDRにも対応した「Chromecast Ultra」と、「Chromecast Audio」という音楽専用のデバイスもあります。 Chromecast Audioは、オーディオ機器などに接続して使う音楽機能に特化したデバイスなので、スマートフォンやパソコンの画面をミラーリングすることはできません。 ですから、スマートフォンやパソコンの画面をテレビに映すために必要な機材としては、ChromecastとChromecast Ultraが対象となります。 テレビは、HDMIの入力端子があることが条件です。 もちろん、動画配信サービスで4Kコンテンツを楽しむためには、Chromecast Ultraであること、4K対応テレビであること、4K対応のサービスを契約していることが条件になります。 スマートフォンやパソコンについては、必要スペックは公開されていません。 OSについては、パソコンはWindows 7以降、またはOS X 10. 9以降、スマートフォンはAndroid 4. 2以降かiOS 9. 1以降となっています。 環境としては、インターネット環境が必要です。 有線LANに接続可能なのはChromecast Ultraだけですので、Chromecastは無線LAN環境が必要となります。 ただし、無線LANルーターの設置場所によっては、壁や床によって電波が届かなかったり、周囲の電波と干渉し合ったりすることがあります。 もし、無線LANの環境が悪いようであれば、Wi-Fi環境を整えてみてはいかがでしょう。 もちろん、有線LANでつなげるChromecast Ultraを購入する手もあります。 しかし、価格としてはChromecastが4,980円なのに対して、Chromecast Ultraは9,000円と、約2倍近くになります。 ご自身にとって最適なタイプをきちんと検討しましょう。 Chromecastを使うには、初期設定が必要です。 ここでは、スマートフォンを例として、Chromecastのセットアップ方法をご紹介します。 機材の設置 まずは、Chromecastから出ているHDMIケーブルを、テレビのHDMI端子に挿します。 HDMI端子はテレビの裏面や側面にあることが多いです。 続いて、Chromecast 本体にACアダプターをつなぎ、電源ケーブルをコンセントに挿しましょう。 テレビ画面を確認 接続が完了したら、正しく接続できているかどうかテレビ画面を見て確認します。 写真のようにセットアップを促すメッセージが表示されていたら接続成功です。 このとき、何も映っていなかった場合は、テレビの入力設定がChromecastを接続した端子と同じか確認しましょう。 もし、入力端子のセレクトが間違っていなかった場合は、ケーブルがきちんと接続されているか確認します。

次の

chromecast(クロームキャスト)の不具合? 途中で切れる。途中で頭出しになる。

クローム キャスト 音 が 出 ない

配信できない場合 準備が整い、いざ始めよう!と思った時に配信できないと、とてもショックですよね。 そんな時はまず、 F5キーを押して画面の再読み込みをしましょう。 次に、 PCにインストールされているFlash Playerが、最新版かどうかチェックしましょう。 また、キャッシュが溜まっていてパソコンが重くなっている場合がありますので、削除したほうがいいでしょう。 配信できない原因の一つに、ファイアーウォールや、ルーターの設定で、ツイキャスの利用しているポート番号が閉じられている場合があります。 その場合は、ポート番号「991〜999」または「8094〜8099」への接続を開放することで配信できるようになります。 なお、Flashは標準で「843」番も利用するので、こちらの番号を開放すると接続がスムーズになる場合もあります。 また、ステレオミキサーが付いている機種の場合は有効にしましょう。 ブラウザはできればIEをお薦めいたします。 スポンサーリンク 音が出ない場合 音が出ないと言うトラブルもよくありますね。 特にラジオ配信ですと音声トラブルは致命的。 配信者、視聴者それぞれのトラブル解決法をご紹介します。 視聴する時、音が出ない(聞こえない) 一番多いのは、イヤホンまたはヘッドフォンの不具合。 壊れてしまったのならお手上げですが、そうではないパターンが多いです。 イヤホンジャックから抜けかかっていないか確認しましょう。 完全に抜けてたらPCのスピーカーから音がでますが、びみょ~に刺さっていると、どちらからも聞こえないんです。 次に、他の人の配信も視聴してみましょう。 そちらの方は音が出ていますか? たまに配信者側のミスで、視聴している配信自体に音が出ていない場合があるのです。 同時にユーチューブなど、何でもいいので他の動画サイトで音が出るかも確認してみましょう。 配信する時、音が出ない まずは、マイクの設定がどうなっているのか確認する必要があります。 PCにマイクが内臓されていない場合は別売りのマイクを接続します。 PCにマイクが内臓されている場合は、マイクの設定がミュートになっていないか、また音量はどれ位かをチェックしてみましょう。 またツイキャスそのものの設定で、マイクの設定がされていない場合もあるので、そちらも同時に確認してみましょう。 それから、 自分の声は聞こえるけどPCで流している音が聞こえないという場合もあります。 これは ステレオミキサー機能が有効になってない可能性が高いです。 元々有効にしていたけど、何かの拍子に無効になってしまったという事もあるでしょう。 そもそもパソコンにその機能が備わっていない場合は、外付けのサウンドカードを取りつけることをお薦めいたします。 配信主にとって、音は命。 どんなに面白い配信だとしても、音が出ないとか聞き苦しかったりすれば嫌なものです。 まずは配信を始める前に、音声の入念なチェックをすることが大切ですね。

次の

Chromecastの接続に失敗しない設定方法と使い方 | PreBell

クローム キャスト 音 が 出 ない

映画が途中で頭出しになってしまう• 映画が途中で止まる• 映画が途中で音声だけになる 我が家も以前は、よくあることでした。 子供たちがHuluを見ていたら、突然・・・ 「あ・・・・またや~ん」 と子供たちの声がするので 「どうしたん」 と聞くと・・・・・ 「また、ポケモン最初からになった~」 よくよく、考えると私が台所にいると、その現象は起きていたので はっ!!!!! 電子レンジだ・・・・とすぐに気がつきました。 電子レンジや電話の子機は、同じ周波数帯を使っているため干渉するわけです。 ちなみに、chromecastは2. 4GHz帯の電波にしか対応していません。 だから、途中で止まってしまうのです。 無線アダプタの種類 802. 11a 周波数帯: 5GHz 最大速度:54Mbps 電波干渉に強いが、利用範囲が狭く、対応機種が多くない。 802. 11ac 周波数帯: 5GHz 最大速度:6,900Mbps 1,300Mbpsまでの機器が多い 変調方式が改善されるなどもあり、非常に高速。 802. 11n 周波数帯: 2. 802. 11b 周波数帯:2. 4GHz 最大速度:11Mbps 対応機種が多く、利用範囲が広いが、電波干渉に弱い。 802. 11g 周波数帯:2. 4GHz 最大速度:54Mbps 802. 11b の高速版のようなもの。 対応機種が多く、利用範囲が広いが、電波干渉に弱い。 パソコン環境であれば、手っ取り早いのは、有線接続にするところですが・・・・ 残念ながら、それはできません。 では、5GHzに変更しようとしても対応していないのでできません。 となると・・・・電子レンジを使わないという方法しか・・・・ 私もいつも 「あ~また電信レンジ使った」と子供たちに怒られています。 こうなると、今般的な解決はキッチンの近くに テレビを置かないということになるでしょうか? というわけで、Huluが途中で切れるという人は.

次の