デロイトトーマツコンサルティング 給料。 デロイトトーマツグループの組織図と年収

デロイト トーマツ コンサルティング合同会社の「年収・給与制度」 OpenWork(旧:Vorkers)

デロイトトーマツコンサルティング 給料

Contents• アクセンチュア・BIG4(デロイト・KPMG・PwC・EY)・アビームの年収・給与・ボーナス・残業代・福利厚生 今回は、外資系または国内の人気コンサルティングファームである「アクセンチュア・デロイト・PwC・KPMG・EY・アビーム」の年収についてまとめました。 私自身、転職活動をしていた時にはあらゆるサイトや知人から情報を集めていました。 コンサルティングファームは相対的に年収が高いですが、ファームによっても差があります。 最終的に入社を決める際に、目先の年収だけでなく どのくらい年収の伸び代があるのかは私にとっても非常に大切な判断軸でした。 そのため、実際にコンサルファームに入ってからわかった年収事情などをまとめていきます。 今回は、以下の情報をソースとしており、 かなり詳しく記載しましたので他サイトよりも量・質の部分で参考にしてもらえるかと思います。 年収に関する他まとめサイト• 私がコンサルファームに入社してわかった年収の実態• 他ファームで働く知人の情報 また、現在各コンサルファームは年収や給与制度について見直しているところが多いです。 人材の奪い合いのため、年収を大幅にアップするという打ち手を講じているようなので、随時更新していきたいと思います。 アクセンチュアの年収 アクセンチュアの平均年収(推定)は 約900万~1,000万です。 これは、アクセンチュアに通う知人から聞いた情報になります。 後ほど他ファームの年収も公開しますが、アクセンチュアが特別高いというほどの年収ではありません。 ITコンサルということもあり、戦略コンサルやビジネスコンサルよりも低単価でクライアントと契約していることから、他よりも大幅に年収が高くなることはないです。 アクセンチュアの役職別年収 役職 年次(順調推移) 年収(想定) アナリスト 1年目~3年目 430万円~600万円 コンサルタント 3年目~5年目 600万円~800万円 マネージャー 5年目~8年目 800万円~1,200万円 シニアマネージャー 8年目~ 1,200万円~1,500万円 マネジングディレクター 2,000万円~ 新卒、または第二新卒で入社する場合はアナリストという役職からスタートするため、 最低430万+残業代が年収になります。 中途の場合は、コンサルタントからのスタートが多いので 600万+残業代が年収です。 アクセンチュアは アップオアアウトな一面があるため、実力が出し切れずに昇格できない状態が続くと、他部署に異動になったり、プロジェクトにアサインされなくなります。 逆にバリューを発揮していれば、上記の年次に関係なく次ランクに昇格することが可能です。 私の知人は1. 5年でアナリストからコンサルタントに昇格しており、マネジャーも2年くらいでなることを目指しているようです。 以上にように、BIG4よりもアップオアアウトなど実力面で厳しく評価される傾向があります。 アクセンチュアのボーナス アクセンチュアには ボーナス(賞与)が存在しません。 基本的には年棒制度になっているので、役職に応じた年収+残業代がトータルでもらえる金額になります。 アクセンチュアの残業代制度 アクセンチュアは、 残業代が全額もらえる仕組みになっています。 1時間当たりの時給はわかりませんが、年俸に残業見込みは含まれていないため、残業をした分だけ年収に上乗せされます。 かなりのホワイトです。 社員 1人当たりの残業時間は 1日平均 1時間、離職率は以前の 2分の 1以下に。 働きやすい職場への変身により採用も進み、売上高は 4期連続で 2ケタ成長を続けている。 出所:日経新聞() そのため、残業代は40時間分までしかもらえないという認識でいるほうが良いと思います。 デロイトトーマツの年収 デロイトトーマツコンサルティングの平均年収は、 約1,000万~1,100万と推定されています。 デロイトはBIG4の一角となっており、アクセンチュア・他BIG4と比較して年収水準が最も高いとされています。 そのため、新卒や中途でも人気の高い総合ファームです。 年収水準が高い理由は、優秀な人材を確保するために、戦略ファームと同水準の年収まで押し上げる目的があるからです。 アクセンチュアや他BIG4と比べて、 ピュアな戦略案件やビジネスコンサル案件が多いなど、総合ファームの中でも、年収・業務内容は戦略ファームに近いと言えるでしょう。 新卒または第二新卒で入社した場合はビジネスアナリストというランクからスタートします。 アナリストの場合は、アクセンチュアのアナリストよりも100万ほど年収水準が高いですね。 中途入社の場合は大体がコンサルタントからスタートとなるため、 年収は630万+一部ボーナスとなります。 デロイトは、アクセンチュアと比較するとアップオアアウトの風潮は少なく、また 一定の年数で勤続していればほぼ昇格できる社風になっています。 特に、シニアコンサルタントまでは普通にやっていれば昇格が可能です。 デロイトトーマツのボーナス デロイトは年に2回のボーナス(賞与)支給があります。 そのうち1回は先ほどのランク別年収額に含まれています。 残りの1回は自身の評価によって変わりますが、目安は年収の10%弱となります。 なので、 最終的な年収額はコンサルタントの場合は630万+50万~60万ですね。 未経験で入社しても700万ほどはもらえるという計算になります。 デロイトトーマツの残業代制度 デロイトは名目上は残業代制度があります。 しかし、実態としてはほとんど無いようなものとされています。 アクセンチュアの場合は、会社として必ず残業申請をするという決まりになっていますが、デロイトはプロジェクトマネジャーと相談して、任意で申請となります。 なので、 基本的には残業代は出ないという認識で入社した方が良いでしょう。 ある意味、ブラックな一面はありますがベースの年収が高いので、そういった点で満足度は高いでしょう。 KPMGの年収 KPMGの平均年収は 約900万~1,000万くらいとされています。 アクセンチュアと同じくらいの水準ですね。 役職別でご紹介しますが、KPMGはBIG4の中でも年収が低い方です。 ちなみにBIG4の中では官公庁向けのプロジェクトが多く、ITやデジタルへの取り組みはBIG4の中でもやや遅れている印象です。 デロイトと比較してもらうとわかりますが、各ランクはデロイトよりも200万ほど低いです。 KPMGはマネジャーで800万スタートですが、デロイトはシニアコンサルタントが800万スタートです。 激務なコンサルティングファームにも関わらず、この年収水準だと厳しいものがあります。 新卒で入った社員もシニアコンサルタントになる前に、他のコンサルへ転職するケースがかなり多いようです。 なので、年収面ではKPMGの満足度は低いと言えるでしょう。 KPMGのボーナス KPMGではボーナスが支給されます。 支給額の目安は、年収の20%弱です。 そのため、 コンサルタントの場合は500万+100万が最終的にもらえる金額ですね。 ボーナスは評価次第となるため、20%は最高評価をもらった場合という認識をすると良いでしょう。 25時間を超えた場合には、制度上は残業代が出るとなっていますが、実態としてはほとんどが申請されていないようです。 デロイトと同様に、会社として申請するように注力していないため、結局は申請せずにタダ働きをするというのが実態です。 なので、最終的にもらえる金額は、コンサルタントの場合は約600万という計算です。 これは、他のBIG4にも通づることですが、上場をしていない企業のため、働き方改革や制度改革には少し遅れていることに起因していると考えられます。 アクセンチュアのような上場企業の場合は、株主などからの意見もあるため、積極的に働き方を見直していますが、BIG4についてはまだまだ改善の余地がありそうです。 PwCの年収 PwCの平均年収は 約1,000万とされています。 デロイトよりも少し低いくらいの水準ですね。 それによって年収もそこまで高くない金額が設定されています。 PwCの役職別年収 役職 年次(順調推移) 年収(推定) アソシエイト 1年~4年 500万円~800万円 シニアアソシエイト 3年~8年 700万円~1000万円 マネージャー 5年~10年 1000万円~1300万円 シニアマネージャー 10年~ 1300万円~1700万円 ディレクター 1500万円~2000万円 パートナー 2000万円~ PwCは6ランクの役職となっています。 他ファームと比較して特徴的なのは、アソシエイトやシニアアソシエイトの年数が長いことです。 新卒で入った場合はアソシエイトスタートなので、500万+ボーナスが最終的な年収です。 中途の場合は未経験だとアソシエイトからのスタートになることが多いです。 PwCは 新卒の場合、昇進しやすい社風となっています。 万が一昇進できなかったとしても、他のBIG4などに転職するなどして年収をあげている人がかなり多いようです。 中途の場合は、即戦力を求められがちの社風なので、昇進までかなり時間を要するケースが多いようです。 PwCのボーナス PwCは、ボーナスが支給されます。 支給額の目安は、年収の10%~30%です。 なので、アソシエイトの場合は500万+50万くらいがスタートの金額になりますね。 PwCで働いている私の知人に聞くところ、評価によってボーナス額が変わるとのことですが、通常評価の場合は年収の10%というのが多いらしいです。 そして、デロイトやKPMGと同様に50時間以上を過ぎても申請できない傾向があるようです。 なので、最終的には年収+ボーナスがもらえる金額ということですね。 アソシエイト(コンサルタントランク)の場合は約660万という計算です。 EYアドバイザリーの年収 EYアドバイザリーの平均年収は 約900万~1,000万とされています。 EYアドバイザリーはBIG4の中では年収水準が低い方です。 これは、日本でのプレゼンスがそこまで高くないということが関係しています。 ただ、他ファームと比較して 昇進が早い傾向にあります。 なので、新卒入社して昇進してから他ファームに転職する人も多いです。 EYアドバイザリーの役職別年収 役職 年次(順調推移) 年収(推定) アナリスト 1年~2年 480万-500万 コンサルタント 2年~3年 500万-550万 シニアコンサルタント 3年~5年 550-700万 マネージャー 5年~8年 700万-1000万 シニアマネージャー 8年~13年 1000万-1400万 ディレクター 1400万-1800万 パートナー 1800万- 役職は7ランクに分かれており、新卒の場合はアナリストからスタートとなります。 見てもらうとわかるように、他ファームと比較して昇進までの年数がとても早いですね。 しかし、各ランクの年収水準は非常に低いです。 そのため、新卒で入社した場合はシニアコンサルタントに3年くらいでなり、他ファームへ転職するというケースが多いようです。 EYアドバイザリーのボーナス EYはボーナスが支給されます。 目安金額は年収の10~20%くらいです。 そのため、コンサルタントの場合は500万+50万くらいと考えておくのが良いでしょう。 他のBIG4と違う点は、 30時間を過ぎた分に関しては申請してもらうことができるという点です。 もちろん、すべてのケースでそうなるわけではありませんが、比較的残業代をもらいやすい社風であるとされています。 その理由は、2016年に違法残業によって書類送検されたため、ルールを改正したからです。 なので、最終的にもらえる金額は、年収+ボーナス+残業代ということになります。 コンサルタントの場合は約550万+残業代という計算です。 アビームコンサルティングの年収 アビームコンサルティングの平均年収は、 約800万~900万とされています。 BIG4やアクセンチュアと比較すると少し年収水準が低いです。 これは、アビームコンサルティングがIT案件に特化しているということに起因していると考えられます。 しかしながら、マネジャー以下のスタッフについては、 残業代が全額支給されるため、労働時間によってはかなり年収が高くなるかもしれません。 また、知人の話を聞くところ、デロイトと同様に2018年度になって給与改正があったようです。 これはIT人材の確保のためと考えられますが、年収単位で今までの10%ほどあがっているということなので、他ファームよりも高くなる可能性があります。 アビームコンサルティングの役職別年収 役職 年次(順調推移) 年収(推定) アナリスト 1年目~2年目 400万円~500万円 コンサルタント 2年目~5年目 500万円~600万円 シニアコンサルタント 5年目~8年目 600万円~900万円 マネージャー 8年目~11年目 900万円~1200万円 シニアマネージャー 11年目~ 1200万円~1500万円 ディレクター 1500万円~2000万円 プリンシパル 2000万円~ 約7ランクの役職にわかれています。 昇進スピードは他ファームと比較しても大きく変わりません。 新卒で入社した場合はアナリストになるため、400万からのスタートです。 中途の場合はコンサルタントからスタートするため、500万となります。 年収だけ見ると、かなり水準が低く感じられますね。 コンサルタントは上限500万というのは他ファームと比較しても少ない方かもしれません。 しかし、年収+ボーナス+残業代が最終的にもらえる金額になるので、ここよりもかなり増えると認識するのが良いでしょう。 アビームコンサルティングのボーナス アビームはボーナス制度があります。 金額の目安は、年収の10%~20%となります。 そのため、コンサルタントの場合は500万+50万くらいが純粋にもらえる金額です。 アビームコンサルティングの残業代制度 アビームは、コンサルの中では珍しく残業代が全額もらえる制度になっています。 そのため、働く時間によっては年収が1. 5倍まであがることもあると聞きました。 ベースの年収が低い分、残業代が全て出るため、場合によっては他ファームよりももらえる可能性があります。 なので、最終的にもらえる金額は年収+ボーナス+残業代となります。 コンサルタントの場合は、約550万+残業代です。

次の

デロイトトーマツコンサルティング株式会社の年収・給与(給料)・ボーナス(賞与)|エン ライトハウス (8204)

デロイトトーマツコンサルティング 給料

デロイト トーマツ コンサルティングとは DTCは国際的なビジネスプロフェッショナルのネットワークであるDeloitte(デロイト)のメンバーで、日本ではデロイト トーマツ グループに属しています。 DTCはデロイトの一員として日本のコンサルティングサービスを担い、デロイトおよびデロイト トーマツ グループで有する監査・税務・法務・コンサルティング・ファイナンシャルアドバイザリーの総合力と国際力を活かし、あらゆる組織・機能に対応したサービスとあらゆるセクターに対応したサービスで、提言と戦略立案から実行まで一貫して支援するファームです。 2,700名規模のコンサルタントが、デロイトの各国現地事務所と連携して、世界中のリージョン、エリアに最適なサービスを提供できる体制を有しています。 課題の解決だけが私たちのゴールではありません。 日本、そして世界を取り巻く環境が目まぐるしく変化する今日、 成長を続けると同時に、持続可能な社会の創造とその発展に貢献していくことが、 これからのビジネスに求められている価値観であると考えます。 次世代のために、その先にある未来のために、 クライアントとともにバリューを創り出し、世界へと届ける。 デロイト トーマツ コンサルティングは クライアントと共に日本を、世界を進化させ続けます。 しかし、今やそれだけでは立ち行かなくなっている。 ビジネスの枠を越えて、持続可能な社会の構築そのものへの貢献も求められている。 その考えに基づき、私たちがこれまで掲げてきたスローガン、 「日本のビジネスに、新しい力を。 」を進化させました。 私たち自身も、クライアントへのサービスという従来からのビジネスの枠に留まらず、 社会全体に、専門性と知見そして洞察をもって、 提言し行動するプロフェッショナルファームに進化-Transmute-する。 詳細は をご覧ください。 DTTLおよびDTTLの各メンバーファームならびに関係法人は、自らの作為および不作為についてのみ責任を負い、互いに他のファームまたは関係法人の作為および不作為について責任を負うものではありません。 DTTLはクライアントへのサービス提供を行いません。 詳細は をご覧ください。

次の

デロイト 第二新卒(DTC プール)の真実〜コンサル転職・激務情報〜

デロイトトーマツコンサルティング 給料

デロイトトーマツコンサルティングの年収は以下のようになっているようです。 デロイトの給与は、BIG4の中では最も高いと考えてよいでしょう。 ただ、年齢や経験、役職によってやはり大きく変わってきます。 また戦略コンサルタントに比べれば金額は低くなります。 (戦コンであれば最低800万円程度貰えるイメージ) 某電力会社案件などで潤っているなどと聞きますし、インセンティブや賞与などを考えると高い年収が期待できます。 特に冬の賞与に反映されるため、人によっては、通常の2倍ほどの賞与がもらえることもあったようです。 また、年俸制で新卒でも530万円という高い給与ではあるものの、家賃補助などはないので最初のうちは給与の伸びを感じにくいかもしれません。 マネージャークラスとなれば、1000万円を超えるため余裕が出てくるでしょう。 1.『』 年収800万以上や外資系への転職に強い 2.『』 評判の良い総合転職エージェント 3.『』 フリーコンサル案件に特化したエージェント 福利厚生は充実している? 各種保険 健康保険、厚生年金、雇用保険、総合福祉団体定期保険、財形貯蓄制度、労災保険 退職金制度、企業年金基金、定期健康診断、自己啓発援助など 諸手当 通勤手当、出張手当のみ 休日休暇 慶弔休暇、年末年始、夏期休暇、有給休暇(初年度10 日、最大20 日) 一般的な福利厚生となっており、目立った特徴はありません。 有給休暇も一般的な日数なので、取りやすいかどうかです。 当然、プロジェクトによって左右されるので、土日出勤しなければならないような時もあります。 閑散期やプロジェクトの間には、長期休暇を取得する人もいます。 コンサルなので当然と言えば当然です。 ただ裁量労働なので、自分でスケジュールが管理できればプライベートも確保できるでしょう。 コンサルとしての仕事の早さが問われるので、アウトプットのイメージがつかめないと深夜までタスクを行っている人も多いです。 どのコンサルにも言えることですが、優秀な上司も多いので、ハングリー精神がある人間にとっては成長できる環境ではあります。 精神的にきついと感じる人もいるため退職者もそれなりにいるため、入れ替わりが激しいのは事実です。 デロイトトーマツコンサルティング合同会社の情報 事業内容 4大監査法人の一つであるDeloitte Touche Tohmatsuのメンバーファームでクライアントの事業戦略立案から実行まで一貫して支援しています。 2,300名規模のコンサルタントが、デロイトの各国現地事務所と連携して、世界中のエリアで最適なサービスを提供することを目指しています。 他の外資系ファームと比較すると穏やかな社風で、人材を育成するという風土があるといわれています。 もし、外資系への転職が不安であれば、お時間がある時に以下記事を読んで頂くと良いかと思います。 参考記事: 会社の特徴 4大監査法人のグローバルネットワークを活かしたクロスボーダー、クロスファンクション(コンサルティング、フィナンシャルアドバイザリー、監査、税務)でのワンストップソリューションの提供が強みといえます。 2006年当時300名程度だった人員は、2017年には2100名以上にまで急増しています。 社内での会社の評価は「堅実な社風」と捉えられており、会社の将来性や成長性、安定性においては高い支持を得ています。 インダストリーサービスでは、日本と米国で混成チームを組成し、日本と米国における銀行業の収支構造やビジネスモデルなどの違いの具体的な調査を行い、トータルサポートを実施しています。 抽象的ではなく具体的なサポートをすることで、クライアントのグローバル展開における大きな足掛かりをつくり貢献することに成功している会社です。 その他にも情報・メディア・通信・資源・自動車などの様々な分野においての活躍が見られます。 あとは、東電案件が何かと話題ですよね。 BIG4について ご存知の通り、デロイトはBIG4の一角です。 日本のBIG4系コンサルとして最も規模が大きく、リーダー企業として存在感を示しています。 その他BIG4については以下にまとめていますので、お時間ある時に読んで頂けると幸いです。 ・ 教育制度の評価と新卒の教育・中途採用の場合の教育は? 各インダストリーやコンピテンシーユニット主催の勉強会などあるようですが、全員が受けるわけではありません。 成長環境かどうかは、所属の上司やユニットの状況に左右されるため、主体的にプロジェクトを選ぶ意思を示すことが必要です。 上司等への相談はしやすいとの話も聞くので、自分の動きによって大きく変わるはずです。 新卒採用の場合には、1. 5か月の研修と1か月のOJTがあるようです。 中途入社になるとペーシックなPCスキルと成果物作成スキルを1週間ほどの研修で教わるようです。 BIG4の中でも年収が高いため、戦略系ファームからの転職者が比較的多い印象です。 専門性の高い人材も募集しているため、事業会社やSIerから転職する方もいます。 転職者に求める資質については、以下のようなものが挙げられます。 「日本の国際競争力の再興」「企業のみならず政府・NGO等を含むクロスセクターでのインパクト創出」という広い視野と志を持つ人• グローバルPJが大半であるため、志向性・語学力は必須のため、英語などを学んできた人• 積極性、協調性、根気強さ・打たれ強さ、泥臭い仕事を厭わない覚悟など、仕事に対して熱意のある人 コンサルファーム出身者であれば、比較的良い条件で、かつ採用可能性も高いため、穴場の転職先と言えそうです。 経験業務 転職を成功させる上で、事業との関連性を経験業務を持って語れることは重要です。 デロイトは、幅広くアドバイザリーサービスを提供しており、一概には言えませんが、代表的な アドバイザリーサービスにおいてどのような経験が求められているかをまとめました。 戦略 ・経営戦略コンサルティングファームでのコンサルタントとしての実務経験 ・事業会社等での経営企画部門・新規事業開発部門での実務経験 ファイナンス ・経理・財務部門における改革プロジェクト経験 ・ 経理・財務部、経営企画部などの計数管理、計画立案を遂行する部門での経験 デジタル ・コンサルティングファームでの実務経験 ・システム開発経験(アプリケーションまたはインフラストラクチャー) ・インターネットサービス企業やWebサイト企画・運営会社などでの実務経験 ・事業会社の経営企画・情報システム部門などでの実務経験 当てはまらないからと言って諦める必要はありません。 自分の経験をデロイトの業務に紐付けることができるか考えてみましょう。 デロイト内部のコンサルタントや転職エージェントに相談すれば、新しいアイデアも生まれるのでオススメです。 求められる人柄や会社の雰囲気など 外資系の割には堅実な社風ではありますが、仕事をこなしていく裁量を持たせてもらうが出来ます。 中途採用者が活躍していることからも、今まで培ってきたコンサルスキル、ITスキルがあれば、非常に活躍しやすい場所であるともいえます。 多忙のためか、飲み会などがあまりされていないとの話もあるので、仕事とプライベートを割り切ってやっていきたい人にも向いているかもしれません。 デロイトトーマツコンサルティングへの転職を検討している方がすべき1つのこと ハイクラス求人を扱っている転職エージェントに登録してみてください。 その理由は下記3点です。 Webには出てこないデロイトトーマツコンサルティングのリアルな情報が手に入る可能性がある• デロイトトーマツコンサルティングおよびその他ファームの非公開求人を紹介してもらえる• 面接対策や年収アップ交渉をしてもらえるため、効率的に転職活動ができる デロイトトーマツコンサルティングへの転職を目指す方へのおすすめエージェント デロイトトーマツコンサルティングを目指す方にオススメな転職エージェントは以下です。 転職エージェント 登録すべき人 ランスタッド 高年収を目指す、すべての方 Type転職エージェント 年収800万以下のすべての方 アクシスコンサルティング コンサルタント転職を目指す、すべての方 ランスタッド は、オランダで1960年に創業された世界最大級の総合人材サービス企業。 39の国と地域で活動し、日本には93の拠点があります。 年収1000万以上を目指すプロフェッショナル向けサービスを提供しています。 世界規模の企業であるため、外資系やグローバル企業への転職支援実績も多数あり、下記の3つのメリットがあります。

次の