東京 アラート と は。 「東京アラート」で警戒呼びかけ 東京都 休業要請緩和の目安を公表

新型コロナ:東京アラート解除直後に「ステップ3」移行 都検討 :日本経済新聞

東京 アラート と は

韓国の中央防疫対策本部が13日午前10時に発表した統計によれば、昨日の韓国の新型コロナウイルスの新規感染者は49人。 辛うじて50人を切っていた。 韓国では6月に入って50人台は5日(51人)、6日(57人)、9日(50人)、11日(56人)とすでに4度も記録している。 ちなみに50人以下が韓国防疫当局の規制や自粛要請の解除基準となっている。 連日のことだが、昨日(12日)の新規感染者49人のうち44人までがソウルをはじめ京畿道、仁川など首都圏に集中していた。 過去2週間だけをみると、全国の感染者533人のうち513人までが首都圏から出ていた。 首都圏の中でも首都・ソウルが最も多く、首都圏の44人のうち、29人までがソウルの感染者だった。 ソウル市はこの2週間で228人も増え、1千人を突破し、累計で1101人となった。 およそ1か月前の5月12時点ではソウルの感染者数は全国感染者(1万2051人)の約16分の1程度だったが、今では約10分の1まで占めるようになってしまった。 ) ソウル市の6月に入ってからの20人台は2日(22人)、5日(23人)、6日(27人)、8日(22人)11日(24人)、12日(29人)と5回もあった。 規制が解除された5月6日までの1週間は4人、9人、6人、13人、8人、3人、2人で推移していたことを考えると感染者が著しく急増していることがわかる。 丁世均首相は昨日、ソウル市冠岳区の健康用品の訪問販売会社と陽川区の卓球場などで散発的な集団感染が発生していることや感染経路が分からないケースが相次いでいることから「状況が尋常ではない」との認識を示し、引き締めを図っていたが、ソウルと何かと比較される東京都は逆に11日にアラートを解除し、昨日(12日)から休業要請の緩和措置を「ステップ2」から「ステップ3」に移行し、制限付きながらもほぼ「通常生活」に戻りつつある。 また、東京の6月に入ってからの20人台の感染者も2日(34人)、4日(28人)、5日(20人)、6日(26人)、11日(22人)、12日(25人)とソウルよりも1日だけ多いだけだ。 人口が約1千万人のソウルに対して東京が約1千395万人と4百万人ほど多いことを勘案すると、東京のほうがソウルよりも事態が好転していることがわかる。 今後は、トンネルを抜け出す直前で後戻りしてしまったソウルの二の舞にならないように「ソウルの教訓」を生かすことが大事だ。 また、死亡者を出ないようにすることが何よりも望まれる。 死亡者はソウルの4人に対して東京は313人と比較にならないほど多い。 約1か月前の5月11日の時点での死亡者は東京が180人、ソウルは2人だった。 ソウルはこの間、2人しか死亡者が出なかったのに東京は133人も増えてしまった。 昨日も80代の女性2人が死亡している。 感染者が重症化しないよう早期発見、隔離、治療に全力を挙げてもらいたい。 ) 北朝鮮は二度目の小泉訪朝の際なぜ「ゼロ回答」だったのか! スウェーデンのストックホルムで行われた日朝政府間協議(2014年5月29日)で北朝鮮は拉致被害者の再調査に応じることに同意した。 これにより、拉致問題の進展が期待されているが、北朝鮮は今度こそ、真相を明らかにするのだろうか? 小泉総理の二度目の訪朝(2004年5月)では金正日前政権は白紙に戻しての再調査を約束したが、その年の11月に通告された調査結果は「ゼロ回答」だった。 なぜ、「ゼロ回答」に終わったのか、その理由について北朝鮮の情報機関に精通している元人民軍偵察局大尉(金国石)に当時、直接聞いてみた。 一世紀前に起きた日本の植民地問題もある。 北朝鮮はその面で不満を持っている。 北朝鮮は日本側の要求を10分の1解決すれば、ボールを日本側に投げてくるはずだ。 必ず、過去の補償、賠償問題も持ち出すはずだ。 だから、日本政府も知恵を働かせて解決する必要がある。 それには対話が必要だ。 特に軽視できないのは、拉致問題の対応への軍部の不満だ。 北朝鮮軍部は2002年9月17日の首脳会談以降の日本国内での反北朝鮮世論の高まりや日本国民の北朝鮮を見る視覚が大変、極限的な状況になってしまったことを問題視している。 拉致を認めたため対外的に窮地に陥ってしまった。 特に朝鮮総連はダメージを受けた。 金委員長個人に対する批判は絶対にありえない話だ。 但し、金委員長が日本の首相に対面して、拉致問題や工作を認め、遺憾を表明したことに羞恥心を感じている。 軍人ならば当然だと思う。 また、金委員長が日本の首相の前で謝罪しなければならなかったこともそうだ。 別なやり方があったと非難している。 例えば、金委員長が謝らず、下級官吏らに対応させればよかったと。 結局、金委員長に恥をかかせたと怒っている。 自分らが神のように崇拝している金委員長が敵国である日本の首相の面前で謝罪させたしまったと言うことだ。 軍部忠誠者らにとってはそれを目にすること自体が辛いわけだ。 「必ずしも日本側が提示した10人の安否不明者に限った、死亡したとされた人達に限ってのみ調査するとは思われない。 というのも、死亡したと発表した人達を出すことは、北朝鮮としては困る。 「特殊工作機関に勤めていた経験からして、例えば金正日政治軍事大学は全的に対外工作員を育成する学校である。 学校で数年間日本語を教えていれば、多数の人に顔を知られ、学校のすべての流れや状況も把握できる。 日本から膨大な経済支援や金銭の見返りを手に入れることがあったとしても彼らを出すことは、それにひけを取らない損失であると彼らなりに判断しているはずだ。 日本人を利用している機関は、対外情報などを統括する、安保にかかわる重要な機関だ。 そこで働いている人達を容易には認められないと思う。 今も生存しているとすれば、彼らを生かして返す可能性は薄いとみたほうがよい。 現状では不可能かもしれない。 前回は人民武力相(国防相)が出た。 前回の首脳会談では金委員長は拉致を認めた。 拉致を認めれば、おそらく日本が感謝し、朝日関係が前進すると思ったからだ。 南北首脳会談のように前進があると思ったはずだ。 しかし、全く逆の結果になってしまった。 軍部の人は、このことは判断ミスとみなし、金委員長に拉致を認めるべきと進言した会談主導者らを問責している。 北朝鮮が一旦死亡したと発表した10人が生存していると発表すれば、収拾できなくなると思っている。 仮に生存者として一人、あるいは二人返した場合、日本側は残りの人も生存していると言うのは間違いない。 そうなれば、収拾が付かなくなる。 軍部及び情報機関のトップは『生存していると発表してはならない、死んだままにしたほうがよい』と進言し、金委員長もそれを受け入れようとしている。 そうなれば、いくら金委員長でも、『生存していた』と発表するのは不可能だと思う。 但し、再調査したら、発表してなかった別の人物が出てくる可能性はある。 「軍部や労働党連絡所、対外工作員育成所で働いていた日本人はなるべくなら『廃棄処分』にしてしまうのではないだろうか。 日本に戻しても大丈夫との判断がつくまでの間は絶対に明らかにしないと思う。 労働党、国家安全保衛部、軍部、これは金正日政権を支える守護勢力、基本集団だ。 最高指導者とはいえ、彼らの立場は無視できない。 北朝鮮なりの国益のかかった問題なので、解決には多くの時間を要することになると思う。 今後認めるにしても、彼らが高齢となるか、記憶が乏しくなるか、もう使い道がなくなった時点ではないか。 あるいは、次の体制下(金正恩体制)で明らかにすることはあるかもしれない」.

次の

東京アラートを初発令。赤のライトアップが「エヴァ感ある」と話題 【新型コロナ】

東京 アラート と は

11日の新規感染者数が低い水準で抑えられていれば、11日夜に都幹部らによる会議でアラートの解除を決める。 段階的に進めている休業要請の緩和についても現状のステップ2から、12日午前0時にステップ3へ移行させる考えだ。 ステップ3へ移行すると、カラオケ店やネットカフェのほか、ゲームセンターや遊園地も営業を再開できる。 飲食店も現行の午後10時までの営業時間が2時間延びる。 5月25日に政府の緊急事態宣言が解除されたが、その後、都内では新規感染者が増えた。 都は6月2日にアラートを発動。 東京湾のレインボーブリッジを赤くライトアップさせるなどし、警戒を呼びかけた。 アラートには法的効力はないが、都はアラート発動中はステップ3への移行もしない考えとしている。 都は3段階で実施する休業要請緩和のロードマップ(行程表)を策定している。 5月26日に開始したステップ1は、図書館や博物館など文化施設を再開し、飲食店の営業時間は午後10時までに緩和した。 6月1日に開始したステップ2では、映画館やスポーツジム、学習塾の再開などに対象を拡大した。

次の

「東京アラート」で警戒呼びかけ 東京都 休業要請緩和の目安を公表

東京 アラート と は

東京都は11日夜、新型コロナウイルスの新規感染者の増加が抑えられているとして、「東京アラート」を解除し、休業要請の緩和もリスクのあるカラオケ店やネットカフェなどの営業を認める最終段階「ステップ3」へ移行すると決めた。 ステップ3は12日午前0時に移行、ほぼ全ての業種で休業要請が解除される。 入院患者数も限られており、専門家の意見も踏まえ、解除が妥当と判断した。 都内の新規感染者数は緊急事態宣言の解除から増加傾向に転じ、34人が確認された6月2日にアラートが初めて発令された。 解除により、夜間は赤色だった都庁舎、東京湾のレインボーブリッジのライトアップは虹の七色に切り替える。 休業要請の緩和も同じ3指標をもとに検討し、現状の「ステップ2」から「3」に緩和する。 移行後は、感染対策を講じることを前提にバーやゲームセンター、パチンコ店なども営業が認められ、飲食店の営業は2時間延長し、午前0時まで可能になる。 イベントも屋内は1000人以下かつ定員の半分以下、屋外は1000人以下で可能になり7月以降さらに緩和する。 さらに19日以降は、段階的緩和の対象に入っていない接待を伴う飲食店やライブハウスなども営業再開を認め、他の飲食店は営業時間の制限がなくなる。 小池百合子知事は報道陣の取材に対し「医療体制も十分整っているなど総合的な判断、材料が整っていた」と話した。 都は今後、1日1万件のPCR検査ができる態勢を整備するなど「第2波」への備えを進める。 【古関俊樹、南茂芽育】.

次の