異常 に 仕事 が できる 人。 仕事のできる人に共通する23個の特徴【期待される人になる】

「異常に仕事ができる人」はただスピードが速いだけではない!!

異常 に 仕事 が できる 人

仕事が出来る人の5つの特徴 特徴その1.仕事ができる人はとにかく早い 仕事ができる人の特徴としてまず挙げられるのがとにかく早いことです。 自分に関わる全てのことに対してすぐに行動を起こして対処する習慣ができています。 例えば、判断を下すのが早いというのが典型的で、情報が入ってきてから決めるのが早いと時間の無駄がなくなるでしょう。 ビジネスの現場では欠かせないスキルの一つとしても知られています。 また、仕事ができる人はレスポンスが早いのも特徴です。 メールなどの文字によるコミュニケーションでは感情が伝わりにくいことから、レスポンスの早さが相手に与える印象に直結することが知られています。 そのため、周囲にも仕事ができる人というイメージを与えやすいのです。 レスポンスが早いと商談や打ち合わせもスムーズに進み、仕事が速やかに展開していくのもメリットです。 一方、仕事ができる人は行動に移すのも早いのが一般的な傾向です。 決断したことを速やかに行動に移すことができるとスピード感が高まります。 仕事のどんな場面においてもスピードは大切なものなので、常に意識しながら業務に取り組んでいるとそうでない人との間には大きな差が生まれるでしょう。 意識の有無で累乗の速度で差が開いていくとも言われるほどなので重要なポイントです。 特徴その2.仕事ができる人はポジティブ 仕事ができる人の特徴として何事に対してもポジティブなことが挙げられます。 ポジティブな人は周囲に与える印象が良く、人間関係を良好に保つことができるでしょう。 良好な人間関係を築くことができているのは仕事を円滑に進めるために欠かせないことで、協力して目的を達成しようといった気持ちも生まれやすくなります。 また、ポジティブに物事を捉えられることで計画通りに進まないことがあっても乗り越えやすくなるのも魅力です。 うまくいかないから諦めようと考えるのではなく、これからどうやっていけば良いかという視点で取り組むことができるからです。 ポジティブな人には自分の良いところも悪いところも認められる能力がある人が多いのも特徴です。 俯瞰して自分を見ることができるので、周囲からどう思われているかもよく理解し、常に適切な対応をすることができます。 特徴その3.仕事ができる人は言い訳をせず素直 仕事ができる人は素直で言い訳をしないのも特徴です。 ポジティブなのとも深い関わり合いがあり、例えば他者からアドバイスをされたときにはまず素直に受け入れてみるのが普通です。 言い訳のような発言もすることなく、そのアドバイスの内容をよく考えて自分の中に落とし込み、最良な方法を選んで行動を起こす傾向があります。 謙虚な姿勢があるので周囲からアドバイスを受けることも多く、素直に吸収して自分の力としていくので着実に成長できるのです。 そして、その知識に基づいて行動を起こし、結果が出たらさらに改善していこうという姿勢があるとさらに仕事ができるでしょう。 特徴その4.仕事ができる人は行動量が多い 仕事ができる人の特徴として普通の人よりも行動量が多いことも挙げられます。 必死に考えて何をすべきかを導き出し、最小限の行動で成功を勝ち取るという人もいないわけではありません。 しかし、その判断ができるようになるためにはたくさんの行動をしてきた経験が必要になります。 量を増やすことで自然に質も高まってくることも多いので、まずは行動を起こすことが重要だと考えて実践している人は仕事ができる傾向があるのです。 本当にできる人は考えてから動くのではなく、考えながら動いている場合がほとんどです。 最初に効率的な方法はないだろうかと考えるよりも、行動を起こしながらより良い方向性を探っていった方がうまくいくことも多いということを経験的に理解し、当たり前のようにまず行動を起こす習慣を作っている人も大勢います。 特徴その5.仕事ができる人は他人にうまく頼る 仕事ができる人は自分だけで何事も解決しようとせずに他人にうまく頼っているのも特徴です。 仕事ができる人というと自分で全部こなしてしまう人だと思われがちですが、実は自分ができることだけを取捨選択してやっていることもよくあります。 自分が得意ではないこと、自分がやるべきではないことなどは的確に見極め、同僚にお願いしていることが多いのです。 適材適所の形で仕事を依頼できるとチーム全体として優れた成果を出すことにつながります。 仕事を任された同僚も自分が得意とするものなのできちんと個人的な成果も出すことができ、自分の能力をよく理解してくれている人だと信頼してくれるでしょう。 このようにして同僚との良好な関係構築もでき、自分自身も得意とする仕事だけにフォーカスできるので成果が上がるという理想的な状況ができあがります。 そのため、自分で色々なことをこなせるよりも、適宜他の人に依頼できる力がある方が仕事がうまく進められる傾向があるのです。 仕事ができる人だという自覚がないと、自分がこれから起こす行動に対して不安が生まれてしまい、考え続けて行動を起こせなくなってしまいがちになります。 とにかく手を動かして不完全であっても構わないというスタンスで取り組み、叩き台となる成果物を作り上げるようにしましょう。 目的を立てて行動を起こせばきちんとした結果が出てくるのが普通です。 その成果として利益を得られるような成功体験をすることができるとモチベーションも上がり、大きな成長を遂げられる可能性も高まります。 目的が決まらなくて行動を起こすのが難しいと思う場合もあります。 そのときにもはあえてその時点では目的を決めずに行動を始め、やりながら目的を考えてみましょう。 はっきりとした結果が出ない可能性もありますが、行動を起こしたことで知識や経験を手に入れると目的が見えてくることがよくあります。 その時点であらためて目的の達成を目指して取り組み始めれば良いのです。 すべきこと2.仕事ができる人になるには体力をつける 仕事ができるようになるためには体力をつけることも大切です。 実は体力と成果は比例関係を持っていることが知られています。 運動をするほど血行が良くなり、頭の回転も活発になるので成果を伴うような働きができることが多いからです。 なかなか成果が出なくて悩んでいたり、仕事のペースが遅くなっていたり、つい残業をしてしまったりする原因は体力不足のことも珍しくありません。 社会に出てから体力不足が気になっていた人や、昔から運動をする習慣がなくて体力に自信がない人は体づくりに取り組んでみるのも良い方法なのです。 体力をつけると行動力が向上したり、持続的に物事に取り組む忍耐力がついたりするメリットがあります。 さらに高い集中力も身につくので仕事の成果が上がりやすくなるでしょう。 また、ストレス耐性もできるのでちょっとした悩みが気にならなくなり、いつもポジティブな気持ちを持てるようになるのが一般的です。 肉体的な強さだけでなくメンタルも鍛えられるのは体力をつけるメリットなのです。 すべきこと3.仕事ができる人になるには目的意識をもって行動する 仕事ができるようになるには目的意識を持って行動するように心がけるのも重要です。 目的意識とは一定の目標を達成しようという意欲や意識のことで、目指すものが明確になっていることで一途に取り組めるようになります。 どんな行動をするにしても、なぜ取り組むのか、何のためにやるのかを意識することで、どうやったら良いかも自然に考えられるようになるでしょう。 目標が具体的になると達成のためには何をどうすればいいのかがはっきりとしてきます。 取り組みながら最適な方法も考えるように心がけるのが肝心です。 一般論としては目的を達成した後に得られる利益を具体的に考え、その利益を獲得することを目指して取り組むのが効果的だと言われています。 達成することそのものに魅力があったとしても、結果として昇給や昇進などのように具体的なメリットがあればさらにモチベーションが上がるからです。 自分が次の転職先を決めるためのキャリア形成になる、企業として念願にしてきた事業パートナーを獲得できる、初めて自分で開発した製品の売り上げが出るなどといった形で色々な角度から魅力を考えてみるのが大切です。 すべきこと4.仕事ができる人になるには疲れやストレスをためない工夫をする 仕事ができるようになるためには疲れやストレスを溜め込まないように工夫をすることも必要になります。 仕事をするときには常に高いパフォーマンスを維持できるようにするのが欠かせないからです。 仕事ができる人は疲れを溜め込まずに早いうちに解消する習慣を作っています。 イライラした気分も翌日には残さないようにし、辛いことがあっても翌日には再びハイパフォーマーとして自分の力を出し切れるようになっているのです。 このような工夫を自分なりに考えて習慣的に取り組んでいくと仕事ができる人になれるでしょう。 例えば、他人に任せるべき仕事は自分で抱えずにすぐに他の人に任せられるようになるのは合理的です。 無駄に苦手な仕事に取り組むストレスを抱えずに済み、任せておけば良かったと後悔することもなくなるからです。 また、疲れを溜め込まずに働ける人はワーク・エンゲイジメントが高い点も共通しているので意識してみましょう。 ワーク・エンゲイジメントとは仕事に対してポジティブで充実している心理状態のことを指します。 仕事に取り組んでいることで自分が追い求めているものも実現できるという形が整っているときにワーク・エンゲイジメントが高くなるのが普通です。 そうなるように自分のやりたい仕事に取り組める環境を整えるのも重要だと考えましょう。 すべきこと5.仕事ができる人になるには1人で抱え込まない 仕事ができる人になるためには自分だけで解決しようとしないことも欠かせません。 仕事ができる人になろうと思ってあらゆる仕事を1人で抱え込んでしまう人もいますが、それは決して頭の良いやり方ではないので注意しましょう。 また、自分の仕事を他の人に頼むのは申し訳ないと思ったり、任せると余計に手間がかかると思い込んでしまったりして自分で全部やってしまおうと考える人もいます。 結果として業務時間内に全ての業務をこなすことができず、連日のように残業をしたり、休日も出勤して仕事をしたりするようになってしまうでしょう。 だんだんと疲れやストレスも溜まってきてパフォーマンスも低下してしまいがちになります。 このような状況になると、仕事ができない人と周囲からも思われるようになる可能性が高くなります。 すると仕事を他の人にお願いすることがますます難しくなり、自分に適した仕事も依頼してもらえなくなるでしょう。 そのような職場環境を作ってしまわないようにするために、できるだけ早い段階から仕事の割り振りに取り組むのが肝心です。 適材適所になるように仕事を依頼し、場合によっては他の人の仕事を請け負うという形でうまくやりくりをしましょう。 最初は仕事をお願いするのに勇気が必要ですが、それによって自分が取り組むべき仕事に対する時間もエネルギーも確保できるようになります。 すべきこと6.仕事ができる人になるには仕事ができる人の近くにいる 最後に重要なのが仕事ができる人の近くにいるようにすることです。 仕事は上司や同僚から教わりながらできるようになるのも良い方法ではあるものの、最も効果的なのはできる人から体得する方法です。 仕事ができる人が普段から何を考え、どうやって判断しているのかを肌で感じ取ってみましょう。 そして、その実感に基づいて自分の仕事に対して実践していくと効率良く習得できます。 表面的な行動だけを真似てみるだけではなかなか同じように仕事ができるようにはなりません。 その人の考え方や仕事で大切にしていることなどをよく観察し、どんな価値観を持っているかを理解するのが大切です。 そして、その価値観から真似をしていくことで仕事ができるようになるための真髄を体得することができるでしょう。

次の

対人恐怖症でも仕事は可能?あなたを助ける働くためのヒント|ハタラクティブ

異常 に 仕事 が できる 人

いきなりですが、あの人は仕事ができるなぁ、と思う人を、3人頭に思い浮かべてみてください。 そういった方々には、何かしたら共通点があるのではないでしょうか。 今回はそんな仕事ができる人の共通点を思いつくままに、ひたすら挙げていこうと思います。 題して、「仕事ができる人あるある」です。 この記事でなければ 「仕事ができる人あるある」22個! 1. レスポンスが早い 仕事ができる人の特徴の1つに、レスポンスの早さがあります。 とにかく返事が早い、ということです。 私の知り合いの経営者は、何か問い合わせや連絡をもらった2時間以内で返すことをルールにしているとおっしゃっていました。 意思決定が早い 次は、意思決定です。 決断力があるのも、できるビジネスマンの特徴の1つではないでしょうか。 決めるのが早いということは、その分行動する時間を確保できる、ということです。 ダラダラ悩んでしまい、気づいたら時間がなくなっていた、という経験はありませんか? できるビジネスマンはこういったことが少ないように思います。 マルチタスク できるビジネスマンはいろんなタスクを抱えています。 1つだけのタスクに注力しているというよりも、色々なタスクをうまくマネジメントしながら進めています。 これは、できる人なので、色々な仕事を任されているとも言えます。 まずは色々とやってみることが、何よりも大切です。 行動量が多い できるビジネスマンに、頭でっかちで動かない人はいません。 なぜなら、ビジネスは結果で語られるからです。 つまり、考えているだけでは結果は出ず、偉そうに言うだけでは誰もついてこないからです。 もちろん、何の考えもなくただ動いている人もNGです。 失敗経験がある 失敗経験がある、ということは、それだけの行動を起こしたということです。 そして、こういった失敗経験が、今の自分の糧になっている。 そんな人ができる人の特徴の1つだと思います。 体験の中からの学びが、今の自分を作っているのです。 論理的である 論理的に物事を進められるのは、やはりできる人の特徴でしょう。 感情だけで決めるのではなく、様々な情報を集め、その上でしっかりと、かつ着実に進めていくのです。 情報感度が高い・情報収集をしている できるビジネスマンは、様々な分野から広く、そして深く情報を集めています。 また、できる人だからこそ、情報が集まってもきています。 経営資源でも、「ヒト」「モノ」「カネ」と合わせて「情報」も重要な資源です。 こういった情報感度の高さも武器と言えるのです。 質問ができる 仕事ができる人ほど、質問力が高いものです。 質問力の高さには、3つのポイントがあります。 1つは、質問ができること。 相手に遠慮したり、「こんな質問しても大丈夫かな」と怖気づいたりせず、質問自体がちゃんと相手にできる、尋ねることができる、ということです。 2つ目は、聞きたいことがちゃんとわかっているということです。 質問はしたけど結局聞きたい答えが聞けなかったとき、その大半は、自分が聞きたいことをわかっていないからなのです。 自分は何がわからないのか、何が疑問なのかを理解することが質問をする上では大切です。 最後の3つ目は、聞きたいことを相手にわかりやすく伝えることです。 「結局何が聞きたいの?」と言われないようにすることが大切なのです。 自分から手を挙げられる 仕事ができる人は、自ら仕事を取りに行ける人です。 仕事は待っていれば得られるものではありません。 仕事がなければ、成長も成果もあげることはできません。 まずは「自分がやります」と手を挙げることが大切なのです。 社交的である・人脈が豊富である できる人は、社交的であり、様々な人との交流の機会を持っているからこそ人脈も豊富です。 フットワークが軽い 人脈の部分とも重なりますが、フットワークの軽さも挙げられます。 ちょっと雑な例ですが、「飲み会に誘ったら大抵来てくれる」という人は、得てして仕事ができるものです。 これは、この後紹介する「段取り力」や「計画性の高さ」がなせる技とも言えます。 計画性がある できる人は、仕事を抜け漏れなく、期日通りに仕事を仕上げます。 これは思いつきで仕事を進めているのではなく、計画的に仕事の優先順位をつけて行っているからこそ、できることです。 また、しっかりと計画的に仕事を進めているからこそ、様々な仕事を同時並行で完遂出来るのです。 話が端的 仕事ができる人は、ダラダラと話すようなことはありません。 主語・述語がしっかりとわかる、内容が整理されている、など、仕事ができる人の話は、少ない情報量で非常にわかりやすいのが特徴です。 逆に仕事ができない人ほど、情報が多すぎたり、結局何が伝えたいのかがわからなかったりすることが多いです。 話が面白い これは聞き手の感覚的な部分ですが、話が面白いのも特徴です。 この面白さにも、お笑い芸人のような面白さだけでなく、興味を持たせたり、新規性があったりと様々な面白さがあります。 ちゃんとお願いができる 仕事ができる人ほど、自分で仕事を溜め込んでいません。 自分がやるべき仕事、他人に任せるべき仕事の分別がちゃんとついており、他の人に依頼できる力があります。 力というよりも、意識ですね。 全部を抱え込んでしまえばしまうほど、仕事はうまく進められなくなるものです。 ちゃんと御礼が伝えられる 「ちゃんとお願いができる」と重なる部分です。 お願いができる人は多くても、お願いをし続けられる人、お願いしたことをちゃんとやってもらえる人は、実は少数です。 これは、お願いしたことに対して、ちゃんと御礼を伝えることができない人が多いからです。 仕事はお願いごとの連続です。 だからこそ、ちゃんと御礼を伝えられるか否かは、仕事の質にも関わってくるのです。 自分のことだけでなく、周りに気を配れることは重要です。 こういった気遣いができる人は、周りからも助けてもらえるものです。 整理整頓ができている 整理整頓ができる人は、思考の整理もできる、とよく言われています。 楽天の三木谷社長は、社員の机が整理整頓されているか否か、常に目を光らせているそうです。 身だしなみが整っている 仕事ができる人は、総じて仕事をお願いしたいと思える人であると言えます。 なぜなら、そもそも仕事とは、他人からのお願いごとだからです。 お願いされる人、お願いしたいと思える人は、身だしなみもきっちりしています。 ただ、勘違いしてはいけないのは、高級な服を着ているから良い、ということではないということです。 TPOに合わせて、今この時にあった身だしなみができているということが大事なのです。 時間を守る・納期を守る できるビジネスマンほど、時間への意識は厳しく持っています。 「Time is Money」の意識を強く持っているのです。 だからこそ、約束の時間をしっかりと守るのです。 また、仕事には必ず納期があります。 これも時間を守ることと同じです。 納期を守れない人には、次の仕事のチャンスは限りなく減ります。 それだけ、仕事をする上では、時間への意識を強く持つことが大切なのです。 笑顔でいる できるビジネスマンほど、怖い顔ではなく、笑顔で仕事をしています。 なぜなら、不機嫌そうだったり大変そうだったり、声をかけづらい雰囲気を自ら作ってしまって仕事をもらえるチャンスを奪ってしまうからです。 ちょっとした表情で、仕事が得られるか否かも決まるのです。 挨拶ができる 仕事をしていると様々な人に毎日会うはずです。 仕事をするとき、難題ももちろんあると思います。 しかし、この記事で紹介している22の項目、特に後半の項目は人として本当に基本的なことです。 できるビジネスマンほど、こういった当たり前をしっかりとやっているのです。 まとめ ~あなたはいくつ当てはまった?~ できるビジネスマンは、何か特別なことができるというよりも「当たり前のことを高い質で、確実に実行している」、もっと言えば、「当たり前のことをちゃんとやり切っている人」といえるのではないでしょうか。 あなたはどうでしょうか。 当たり前のことをちゃんとやりきっていますか? そういった積み重ねができる人・できない人の差を生んでいくのだと思います。 自戒の念を込めて・・・。

次の

仕事ができる人の特徴は共通している【具体的に17個を解説】

異常 に 仕事 が できる 人

仕事が出来る人の5つの特徴 特徴その1.仕事ができる人はとにかく早い 仕事ができる人の特徴としてまず挙げられるのがとにかく早いことです。 自分に関わる全てのことに対してすぐに行動を起こして対処する習慣ができています。 例えば、判断を下すのが早いというのが典型的で、情報が入ってきてから決めるのが早いと時間の無駄がなくなるでしょう。 ビジネスの現場では欠かせないスキルの一つとしても知られています。 また、仕事ができる人はレスポンスが早いのも特徴です。 メールなどの文字によるコミュニケーションでは感情が伝わりにくいことから、レスポンスの早さが相手に与える印象に直結することが知られています。 そのため、周囲にも仕事ができる人というイメージを与えやすいのです。 レスポンスが早いと商談や打ち合わせもスムーズに進み、仕事が速やかに展開していくのもメリットです。 一方、仕事ができる人は行動に移すのも早いのが一般的な傾向です。 決断したことを速やかに行動に移すことができるとスピード感が高まります。 仕事のどんな場面においてもスピードは大切なものなので、常に意識しながら業務に取り組んでいるとそうでない人との間には大きな差が生まれるでしょう。 意識の有無で累乗の速度で差が開いていくとも言われるほどなので重要なポイントです。 特徴その2.仕事ができる人はポジティブ 仕事ができる人の特徴として何事に対してもポジティブなことが挙げられます。 ポジティブな人は周囲に与える印象が良く、人間関係を良好に保つことができるでしょう。 良好な人間関係を築くことができているのは仕事を円滑に進めるために欠かせないことで、協力して目的を達成しようといった気持ちも生まれやすくなります。 また、ポジティブに物事を捉えられることで計画通りに進まないことがあっても乗り越えやすくなるのも魅力です。 うまくいかないから諦めようと考えるのではなく、これからどうやっていけば良いかという視点で取り組むことができるからです。 ポジティブな人には自分の良いところも悪いところも認められる能力がある人が多いのも特徴です。 俯瞰して自分を見ることができるので、周囲からどう思われているかもよく理解し、常に適切な対応をすることができます。 特徴その3.仕事ができる人は言い訳をせず素直 仕事ができる人は素直で言い訳をしないのも特徴です。 ポジティブなのとも深い関わり合いがあり、例えば他者からアドバイスをされたときにはまず素直に受け入れてみるのが普通です。 言い訳のような発言もすることなく、そのアドバイスの内容をよく考えて自分の中に落とし込み、最良な方法を選んで行動を起こす傾向があります。 謙虚な姿勢があるので周囲からアドバイスを受けることも多く、素直に吸収して自分の力としていくので着実に成長できるのです。 そして、その知識に基づいて行動を起こし、結果が出たらさらに改善していこうという姿勢があるとさらに仕事ができるでしょう。 特徴その4.仕事ができる人は行動量が多い 仕事ができる人の特徴として普通の人よりも行動量が多いことも挙げられます。 必死に考えて何をすべきかを導き出し、最小限の行動で成功を勝ち取るという人もいないわけではありません。 しかし、その判断ができるようになるためにはたくさんの行動をしてきた経験が必要になります。 量を増やすことで自然に質も高まってくることも多いので、まずは行動を起こすことが重要だと考えて実践している人は仕事ができる傾向があるのです。 本当にできる人は考えてから動くのではなく、考えながら動いている場合がほとんどです。 最初に効率的な方法はないだろうかと考えるよりも、行動を起こしながらより良い方向性を探っていった方がうまくいくことも多いということを経験的に理解し、当たり前のようにまず行動を起こす習慣を作っている人も大勢います。 特徴その5.仕事ができる人は他人にうまく頼る 仕事ができる人は自分だけで何事も解決しようとせずに他人にうまく頼っているのも特徴です。 仕事ができる人というと自分で全部こなしてしまう人だと思われがちですが、実は自分ができることだけを取捨選択してやっていることもよくあります。 自分が得意ではないこと、自分がやるべきではないことなどは的確に見極め、同僚にお願いしていることが多いのです。 適材適所の形で仕事を依頼できるとチーム全体として優れた成果を出すことにつながります。 仕事を任された同僚も自分が得意とするものなのできちんと個人的な成果も出すことができ、自分の能力をよく理解してくれている人だと信頼してくれるでしょう。 このようにして同僚との良好な関係構築もでき、自分自身も得意とする仕事だけにフォーカスできるので成果が上がるという理想的な状況ができあがります。 そのため、自分で色々なことをこなせるよりも、適宜他の人に依頼できる力がある方が仕事がうまく進められる傾向があるのです。 仕事ができる人だという自覚がないと、自分がこれから起こす行動に対して不安が生まれてしまい、考え続けて行動を起こせなくなってしまいがちになります。 とにかく手を動かして不完全であっても構わないというスタンスで取り組み、叩き台となる成果物を作り上げるようにしましょう。 目的を立てて行動を起こせばきちんとした結果が出てくるのが普通です。 その成果として利益を得られるような成功体験をすることができるとモチベーションも上がり、大きな成長を遂げられる可能性も高まります。 目的が決まらなくて行動を起こすのが難しいと思う場合もあります。 そのときにもはあえてその時点では目的を決めずに行動を始め、やりながら目的を考えてみましょう。 はっきりとした結果が出ない可能性もありますが、行動を起こしたことで知識や経験を手に入れると目的が見えてくることがよくあります。 その時点であらためて目的の達成を目指して取り組み始めれば良いのです。 すべきこと2.仕事ができる人になるには体力をつける 仕事ができるようになるためには体力をつけることも大切です。 実は体力と成果は比例関係を持っていることが知られています。 運動をするほど血行が良くなり、頭の回転も活発になるので成果を伴うような働きができることが多いからです。 なかなか成果が出なくて悩んでいたり、仕事のペースが遅くなっていたり、つい残業をしてしまったりする原因は体力不足のことも珍しくありません。 社会に出てから体力不足が気になっていた人や、昔から運動をする習慣がなくて体力に自信がない人は体づくりに取り組んでみるのも良い方法なのです。 体力をつけると行動力が向上したり、持続的に物事に取り組む忍耐力がついたりするメリットがあります。 さらに高い集中力も身につくので仕事の成果が上がりやすくなるでしょう。 また、ストレス耐性もできるのでちょっとした悩みが気にならなくなり、いつもポジティブな気持ちを持てるようになるのが一般的です。 肉体的な強さだけでなくメンタルも鍛えられるのは体力をつけるメリットなのです。 すべきこと3.仕事ができる人になるには目的意識をもって行動する 仕事ができるようになるには目的意識を持って行動するように心がけるのも重要です。 目的意識とは一定の目標を達成しようという意欲や意識のことで、目指すものが明確になっていることで一途に取り組めるようになります。 どんな行動をするにしても、なぜ取り組むのか、何のためにやるのかを意識することで、どうやったら良いかも自然に考えられるようになるでしょう。 目標が具体的になると達成のためには何をどうすればいいのかがはっきりとしてきます。 取り組みながら最適な方法も考えるように心がけるのが肝心です。 一般論としては目的を達成した後に得られる利益を具体的に考え、その利益を獲得することを目指して取り組むのが効果的だと言われています。 達成することそのものに魅力があったとしても、結果として昇給や昇進などのように具体的なメリットがあればさらにモチベーションが上がるからです。 自分が次の転職先を決めるためのキャリア形成になる、企業として念願にしてきた事業パートナーを獲得できる、初めて自分で開発した製品の売り上げが出るなどといった形で色々な角度から魅力を考えてみるのが大切です。 すべきこと4.仕事ができる人になるには疲れやストレスをためない工夫をする 仕事ができるようになるためには疲れやストレスを溜め込まないように工夫をすることも必要になります。 仕事をするときには常に高いパフォーマンスを維持できるようにするのが欠かせないからです。 仕事ができる人は疲れを溜め込まずに早いうちに解消する習慣を作っています。 イライラした気分も翌日には残さないようにし、辛いことがあっても翌日には再びハイパフォーマーとして自分の力を出し切れるようになっているのです。 このような工夫を自分なりに考えて習慣的に取り組んでいくと仕事ができる人になれるでしょう。 例えば、他人に任せるべき仕事は自分で抱えずにすぐに他の人に任せられるようになるのは合理的です。 無駄に苦手な仕事に取り組むストレスを抱えずに済み、任せておけば良かったと後悔することもなくなるからです。 また、疲れを溜め込まずに働ける人はワーク・エンゲイジメントが高い点も共通しているので意識してみましょう。 ワーク・エンゲイジメントとは仕事に対してポジティブで充実している心理状態のことを指します。 仕事に取り組んでいることで自分が追い求めているものも実現できるという形が整っているときにワーク・エンゲイジメントが高くなるのが普通です。 そうなるように自分のやりたい仕事に取り組める環境を整えるのも重要だと考えましょう。 すべきこと5.仕事ができる人になるには1人で抱え込まない 仕事ができる人になるためには自分だけで解決しようとしないことも欠かせません。 仕事ができる人になろうと思ってあらゆる仕事を1人で抱え込んでしまう人もいますが、それは決して頭の良いやり方ではないので注意しましょう。 また、自分の仕事を他の人に頼むのは申し訳ないと思ったり、任せると余計に手間がかかると思い込んでしまったりして自分で全部やってしまおうと考える人もいます。 結果として業務時間内に全ての業務をこなすことができず、連日のように残業をしたり、休日も出勤して仕事をしたりするようになってしまうでしょう。 だんだんと疲れやストレスも溜まってきてパフォーマンスも低下してしまいがちになります。 このような状況になると、仕事ができない人と周囲からも思われるようになる可能性が高くなります。 すると仕事を他の人にお願いすることがますます難しくなり、自分に適した仕事も依頼してもらえなくなるでしょう。 そのような職場環境を作ってしまわないようにするために、できるだけ早い段階から仕事の割り振りに取り組むのが肝心です。 適材適所になるように仕事を依頼し、場合によっては他の人の仕事を請け負うという形でうまくやりくりをしましょう。 最初は仕事をお願いするのに勇気が必要ですが、それによって自分が取り組むべき仕事に対する時間もエネルギーも確保できるようになります。 すべきこと6.仕事ができる人になるには仕事ができる人の近くにいる 最後に重要なのが仕事ができる人の近くにいるようにすることです。 仕事は上司や同僚から教わりながらできるようになるのも良い方法ではあるものの、最も効果的なのはできる人から体得する方法です。 仕事ができる人が普段から何を考え、どうやって判断しているのかを肌で感じ取ってみましょう。 そして、その実感に基づいて自分の仕事に対して実践していくと効率良く習得できます。 表面的な行動だけを真似てみるだけではなかなか同じように仕事ができるようにはなりません。 その人の考え方や仕事で大切にしていることなどをよく観察し、どんな価値観を持っているかを理解するのが大切です。 そして、その価値観から真似をしていくことで仕事ができるようになるための真髄を体得することができるでしょう。

次の