迅速なご対応。 パンデミック:迅速対応

「迅速な対応」に関連した中国語例文の一覧

迅速なご対応

「迅速な対応」という言葉は、仕事でよく使われる言葉ではないでしょうか。 「迅速な対応をします」「迅速な対応でお願いします」などと使われている「迅速な対応」ですが、敬語なのでしょうか。 また、「迅速な対応」の敬語表現や使い方と例文、別の敬語表現についてくわしくご説明します。 尊敬語 尊敬語とは、敬語の一分類のことです。 話し手が敬意を示す形をした言葉です。 「迅速な対応」という言葉に、尊敬語を合わせて使いましょう。 ・迅速な対応をしていただき、ありがとうございます。 ・迅速な対応をしていただき、感謝しています。 ・迅速な対応をお願いいたします。 「迅速な対応」という言葉に尊敬語を合わせて使うことで、相手に対して丁寧に接するということだけではなく、基本的なマナーとしても身につけておきましょう。 「迅速な対応」の敬語での使い方 ビジネスで使うことの多い「迅速な対応」という言葉は敬語表現をすることで、目上の人に対して使っても、失礼にならないという考え方が一般的です。 ビジネスでは、客先や取引先などビジネスの相手に対して「迅速な対応」をお願いする場合と、感謝する場合だけではありません。 上司や同僚など社内の人に対して使う場合もあります。 「迅速な対応」という言葉を使うことで、仕事相手だけではなく、仕事仲間との関係も円滑にすることができるでしょう。 メールでの使い方 「迅速な対応」という言葉は、ビジネスシーンではメールの場合にもよく使われる言葉です。 相手に早い対応をしてもらいたい場合や、対応の早さに対して感謝する場合に「迅速な対応」という言葉を使うことができます。 また、自分の対応について答える場合にも「迅速な対応」という言葉は使うことができるでしょう。 例文 ・迅速な対応をお願いいたします。 ・この度はご多忙のところ、迅速な対応をしていただきありがとうございました。 ・この度は迅速な対応をしていただき、感謝しております。 ・迅速な対応をいたします。 「迅速な対応」を敬語表現するときの例文 「迅速な対応」を別の敬語で表現する方法をご紹介します。 適切な対応 ・適切な対応をしていただき、ありがとうございました。 ・適切な対応をしていただき、感謝いたします。 「迅速な対応」という言葉を別の敬語で表現する場合には、「適切な対応」という表現を使うことができます。 「迅速な対応」と異なる点は、お願いしたい場合には「適切な対応」という言葉を使うことはおすすめしません。 「適切」という判断は人により異なるため、迅速というように早い対応をしてもらえない可能性があるため、注意して使いましょう。 早速の対応 ・早速の対応ありがとうございます。 ・早速対応していただき、感謝いたします。 対応が早くて感謝していることを表現する場合には「早速」という言葉を使って敬語表現をすることができます。 早急な対応 「迅速な対応」と似ている表現には「早速の対応」という言葉があります。 「早速」という言葉には、素早いこと・時を置かずにすぐに行動することという意味があります。 「迅速」という言葉は、物事の進行や人の行動が少しも滞ることがなく進行したり、物事が素早く処理されたりするという意味があります。 「早速」は、物事に対して「すぐに取りかかる」ことを表しています。 「迅速」は、物事が素早く処理されたり進行されたりすることを表しているという違いがあります。 ・迅速な対応をお願いします。 ・早速の対応をお願いします。 どちらも敬語として使うことができますが、使い方の違いに注意しなければなりません。 使い方の注意点 ビジネスシーンで使う場合には、物事に対してすぐに取りかかって欲しいことを伝えたい時には「早速の対応」という言葉を使いましょう。 しかし、「早速の対応」という言葉を使う場合には注意しなければならないことがあります。 「早速」はすぐに取りかかることで、物事が完了するまでの時間については表すことができません。 物事を素早く処理し終えて欲しい場合には「早速の対応」ではなく「迅速な対応」を使用することをおすすめします。 「迅速な対応」で仕事を進めましょう.

次の

「日本とは大違い」台湾の新型コロナ対応が爆速である理由 中国との人的往来が多いのに

迅速なご対応

相手に早い対応をしてもらった時に、お礼メールを送る場合がありますね。 その際に、「 早い対応をしてくれて、ありがとうございます。 どう伝えれば、 ビジネスマナーを踏まえた正しいお礼の仕方になるのでしょうか? 目上・上司・社外など、あらゆる相手に使える敬語表現が次の2つ。 その表現が・・・• 迅速(じんそく)なご対応• 早速(さっそく)のご対応 これらの用語によって、 相手に失礼な印象を与えずに「早い対応」をしてくれたお礼を伝えることができます。 あらゆる状況で使用できるので、ぜひ使い方をマスターしていきましょう! ちなみに、私は過去にどう伝えればいいか分からず、「早々のご対応」という表現を使ってしまいました。 今になってみれば、恥ずかしい限りです…。 なぜ「早々のご対応」という表現が良くないのかについても、お伝えしていきますね。 そんなことにならないよう、 早い対応 への お礼メール を送る際の 敬語 表現についてしっかりと把握しておきましょう! まずは「迅速なご対応」についてお伝えしていきますね。 迅速なご対応に、心より感謝申し上げます。 迅速なご対応、ありがとうございました。 適切な敬語表現で、相手にお礼メールを書くことができれば、 マナーのある人だと認知してもらえます。 早い対応への感謝の気持ちを適切に表してくれたら、メールの受け手側は「これからも協力的に仕事を進めよう!」と思う可能性が高まるでしょう。 迅速なご対応という表現を頭に入れておくと、社会人生活で大いに役立ちますよ! 「迅速なご対応」という表現の他にも、「 早速のご対応」という便利な敬語表現もあります。 次の見出しで「早速のご対応」について見ていきましょう。 早速のご対応に感謝申し上げます。 早速のご対応、誠にありがとうございました。 早い対応をしてくれた後に、「早速のご対応」という文言があると、状況にマッチしている印象が強くなりますね。 すぐに対応してくれたことを的確に伝えることができます。 細かな気遣いの積み重ねによって、コミュニケーションスキルが高い社会人として認められる可能性がグッと上がりますよ! 「迅速なご対応」と「早速のご対応」は、どちらを使うのがよいのでしょうか? 次の見出しでお伝えしていきますね。 スポンサーリンク 迅速なご対応と早速のご対応の使い分けは? 「迅速なご対応」と「早速のご対応」で大きな意味の違いはないので、基本的にどちらを使っても構いません。 ではどちらの方が使いやすいのでしょうか? それは・・・ 迅速なご対応 迅速なご対応は、 様々な使い方が可能です。 その理由は、「迅速なご対応によって~」「迅速なご対応のおかげで~」の~部分に、その後の結果も書けるから。 例えば次のような使い方ですね。 〇〇さんの迅速なご対応によって、問題を解決することができました。 迅速なご対応のおかげで、資料を完成させることができました。 それに対し、「早速のご対応」の方では、その後に続く文章に書く言葉が 感謝の言葉に限定化されてしまいます。 例えば、下記のような形式ですね。 早速のご対応ありがとうございました。 早速のご対応に感謝申し上げます。 「早速のご対応によって~」「早速のご対応のおかげで~」という使い方はしません。 ちなみに、「早々(そうそう)のご対応」という表現もありますが、この表現はオススメしません。 どうしてなのか次の見出しでお伝えしていきますね。 スポンサーリンク 早々のご対応は相手に失礼? 「早々のご対応」は すぐの対応を意味します。 「迅速なご対応」もしくは「早速のご対応」と一見同じように思えますが、 注意が必要な表現です。 それは、早々は基本的に目下・友人などに使う言葉だから。 目上や社外の方に使うのは失礼にあたります。 わざわざリスクを負って、「早々のご対応」を使う必要はないので、避けるようにしましょうね。 どの表現にするか迷ったら、 「迅速なご対応」を使うのがベスト。 最も使いやすく、目上・社外にも無難な表現ですからね。 どちらも意味に大きな違いはありませんが、 使える幅が広いのは「迅速なご対応」ということを頭に入れておきましょう。 ただ単に「対応ありがとうございました」よりも、これらの用語を盛り込むことで、相手が受ける印象が良くなりますよ! 例えば、見積もりの作成を早く対応してもらった状況があるとします。 その場合、• 見積もり作成の件、ご対応ありがとうございました。 見積もり作成の件、迅速なご対応ありがとうございました。 どちらの方が印象が良いでしょうか? もちろん、後者の方が早く対応してもらったことに対する感謝の気持ちが強いので、印象が良いですよね! 私自身も、相手に早く対応してもらった際のお礼メールには、「迅速なご対応」を入れて、感謝の気持ちを伝えるようにしています。 ぜひ「 迅速なご対応」「 早速のご対応」の表現をお礼メールの中に盛り込んでいきましょう! 30歳代の現役会社員。 本業と副業の 二刀流スタイルを確立しています。 二刀流スタイルを確立することで、• 金銭的なゆとり• 精神的なゆとり を手に入れることができました! 例えば、 ・毎日4桁円のランチを余裕で食べられる ・会社の人との付き合いの飲み会をキッパリ断れる ・大切な人に多くのお金を使える などです。 現在の社会情勢を考えると、いきなり独立・起業はリスクが大きいです… リスクを極力抑えてメリットを最大限享受するためにも、まずは会社員をしながら副業をすべきと強く感じています。 現役会社員である強みを活かし、会社員目線で悩み解消やスキル構築のお手伝いをしていきますね!.

次の

「迅速な対応」に関連した中国語例文の一覧

迅速なご対応

「迅速」の読み方と意味とは 「迅速」とは「進行が速いさま」を意味する 「迅速」は「じんそく」と読み、「物事の進行がきわめて速いさま」を意味します。 「速やかに進むさま」や「進み具合が非常に速いさま」を指して、「迅速」と表現します。 「迅速」の使い方とは?例文で解説 「迅速に対応する」など「迅速に~する」と使う 「迅速」は「迅速に~する」の形で使われることが多く、特にビジネスシーンではスピーディな仕事ぶりによく用いられます。 たとえば、「迅速に対応する」とは「後回しにせずにすぐさま対応する」「速やかに対応し、完了させる」というニュアンスです。 お忙しいところ恐縮ではございますが、迅速な対応をお願い申し上げます。 ご多忙の折とは存じますが、期日が迫っておりますので迅速な対応をお願いいたします。 敬語として使う場合には感謝を表す場合のみ 先に挙げた「迅速なご対応をお願いいたします」は、一般的な敬語としては問題ありませんが、目上の人にはよほど差し迫っている場合を除いては好ましくありません。 目上の人の行動を急かすような表現は使用しないのが一般的だからです。 そのため、「迅速なご対応ありがとうございました」のように、感謝を伝える場合にのみ使うのが良いでしょう。 「迅速なご対応、感謝申し上げます」のような使い方も可能です。 「迅速果断」とは「決断力があり俊敏なこと」 「迅速果断(じんそくかだん)」とは、「思い切りよく決断し、速やかに行動すること」を意味します。 「果断」には、「物事を思い切って行うこと・決断力のある様」という意味があり、「迅速果断」とすることで「決断力があり、敏速な様」を表します。 ビジネスにおいては素早い判断力と的確な行動力を持つような人が「迅速果断」と評価されます。 「迅速丁寧」がビジネスでは基本マナー 先に挙げた例文のように、ビジネスではスピードがしばしば重視されます。 とはいえ、速ければよいというものではなく、丁寧でかつ正確であることが条件となります。 「迅速丁寧」をサービスのウリとして掲げる場合もありますが、「迅速」と「丁寧」はビジネスマナーのひとつとしてセットで覚えておくと良いでしょう。 「迅速」の類語表現とは 似た意味の単語は「早速」や「早々」 「迅速」と似た意味の単語には「早速」や「早々」が挙げられます。 「早速」とは、「行動が素早いこと」を指し、「すぐに取り掛かる」という意味も含む表現です。 「早速のご対応ありがとうございます」などと使用することが可能です。 一方、「早々」には複数の意味がありますが、「早々に(そうそうに)」で「急いで・はやばやと」という意味になります。 目上の人にも良く用いられる表現で、「早々にご対応いただきありがとうございました」と使用することができます。 いずれも、「迅速」の類語と言えるでしょう。 「早急」は「急ぐ」の意味合いが強い表現 「迅速」と似た意味を持つ表現では、「早急」もあります。 「早急」とは、「非常に急なこと・差し迫っている様」という意味で、「急ぐ」というニュアンスを含むのが特徴です。 そのため、「早急に」と言われると「急いで行わなければならない」ようなニュアンスとなります。 一方の「迅速」は「(作業スピードが)速い」という意味ですので、やや意味合いが変わってきます。 「迅速」の対義語表現とは 反対の意味を持つのは「鈍重」 「迅速」と反対の意味を持つ単語には「鈍重」が挙げられます。 「鈍重(どんじゅう)」とは、「反応が鈍く、素早く立ち回ることができない様」を表す単語です。 「迅速」の対義的表現と言えるでしょう。 「緩慢」も反対の意味を持つ表現 「迅速」と反対の意味を持つ表現では、「緩慢」も挙げられます。 「緩慢(かんまん)」とは、「物事の変化が激しくない様」を意味します。 「迅速」が「物事の進行が速い=激しい変化」を意図する表現なので、「緩慢」もまた対義的と言うことができるでしょう。 「迅速」の英語表現とは 「迅速」は英語で「prompt」や「speedy」を使う 「迅速」を英語にする場合、「prompt」や「speedy」「swift」などを使用します。 たとえば、「a prompt reply(迅速な返答・即答)」「a prompt decision(迅速な判断・即決)」、「swift action(迅速な行動)」と表現することができます。

次の