加藤純一 スターリン。 加藤純一カレーとは (カトウジュンイチカレーとは) [単語記事]

加藤純一/うんこちゃん金ダツラクリア 歴史的瞬間をまたしても

加藤純一 スターリン

コメントで、お前じゃ無理だの、なんだの言う奴は新参。 新参は半年ROMってろ。 なぜ、がクリアすると信じられるのか。 マジで廃止のお知らせ ファイヤーレッド 第一回目の挑戦、前でライバルのキヨにやられて失敗 廃止 2回目のデルスはなかったことに。 3回目の挑戦。 特性はっこうのを釣り上げる。 だが四天王戦、がふぶきをあてる。 かみなりをあてまくる。 全部奇跡としか思えない豪運でチャンピオン戦に。 最後にキヨのを沈める。 そしてクリア。 正直金ダツラより熱かったし、盛り上がった。 マジで封鎖のお知らせ を全部捕まえなければならない、などの障害に苦しめられ失敗を繰り返す。 しかし最後のピースになると信じ、ヤドラン DVマニア を育てる。 そしてそのDVマニアが四天王、チャンピオン戦でとんでもない活躍を見せ、チャンピオンワタルに勝利。 クリア。 DVマニア最強!がのトレンド入り。 続く、金ネジキ マジで廃止のお知らせ エメラルドもクリア。 これらの魅力は全部一発クリアではないことだと思う。 失敗の思いの積み重なりが視聴者の熱になる。 ここまでのことを今までやってきて、金ダツラのクリアを信じられないのが、おれは信じられない。 しかし、その想像をさらに超えてくるのがなのだ。 見ないと絶対に分からないし、見続けることでこの瞬間を見逃さないでおける。 だから嫌でも見ろ、なのだ。 感動をありがとう!ひん yamaneko7777.

次の

加藤純一/うんこちゃん金ダツラクリア 歴史的瞬間をまたしても

加藤純一 スターリン

この記事で晩年の病歴と病理解剖結果をざっと見てから下記のサイトを読み進めるといいだろう. :2003年1月に出たこの本は,上記の医師陰謀団事件を扱っている.スターリンの死後50年経って公開された,彼の急変とその後の診療,解剖に関する貴重な情報が含まれている.しかし,この400ページ以上にわたるペーパーバックを読む余裕のある人は限られているだろう.そういう人は私と同様に,下記のサイトで概要を学ばれたし. By Michael Wines March 06 2003: 以下はこの記事からの抜粋: 解剖記録からは胃の出血を記載した部分が削除されいた The 402-page book, "Stalin's Last Crime," will be published later this month. Relying on a previously secret account by doctors of Stalin's final days, its authors suggest that he may have been poisoned with warfarin, a tasteless and colorless blood thinner also used as a rat killer, during a final dinner with four members of his Politburo(注:マレンコフ,ベリヤ,フルシチョフ,ブルガーニンらの幹部のこと). They base that theory in part on early drafts of the report, which show that Stalin suffered extensive stomach hemorrhaging during his death throes. The authors state that significant references to stomach bleeding were excised from the 20-page official medical record, which was not issued until June 1953, more than three months after his death on March 5 that year. ただし,これとて,重度の脳出血で,発症してから死亡まで4日間もあったのだから,卒中後のストレス潰瘍()であると考えた方が自然であり,わざわざワルファリンを持ち出す必要はない. モロトフは1993年に出版された彼の回想録の中で,1953年のメーデーの時のベリヤの得意げな顔を記している. Four Politburo members were at that dinner: Lavrenty Beria, chief of the secret police; Georgy Malenkov, Stalin's immediate successor; Nikita Khrushchev, who eventually rose to the top spot; and Nikolai Bulganin. The authors, Vladimir Naumov, the secretary of a government commission to rehabilitate victims of repression, and Jonathan Brent, a Yale University scholar, suggest the most likely suspect, if Stalin was poisoned, is Beria, for 15 years his despised KGB chief. Beria supposedly boasted of killing Stalin on May Day, two months after his death. "I did him in! I saved all of you," he was quoted as telling Vyacheslav Molotov, another Politburo member, in Molotov's 1993 political reminiscence, "Molotov Remembers. "(スターリンが倒れたのは1953年3月1日,死亡がその4日後.ベリヤが失脚したのは,そのメーデーから2ヶ月も経たない,6月26日,彼が銃殺刑となったのがその半年後,12月23日だった) スターリンは倒れる前夜,4人の委員会メンバーと夕食会を持った.この時にベリヤが赤ワインにワルファリン(*)を仕込んだとの説が広く流布されているが,もちろんそれを確認する術は当時も今もない.また,「 下手人がベリヤであり,委員会メンバーの中でも一番先に彼がスターリンが倒れているところに駆けつけたこと,そして間もなく駆けつけた他のメンバーが医者を呼ぼうとするのを制止した」という説も広く流れているが,2003年に公開された資料はそれも否定している.*経口薬ということもあり,ワルファリンは無味無臭 On March 1, 1953, Stalin collapsed at Blizhnaya, a north Moscow dacha(別荘), after the all-night dinner with his four Politburo comrades(上記). After four days, Stalin died, at age 73. Death was blamed on a hemorrhage on the left side of his brain. In their book, Naumov and Brent cite wildly varying accounts of Stalin's last hours as evidence that -- at the least -- Stalin's Politburo colleagues denied him medical help in the first hours of his illness, when it might have been effective. Why remains a mystery: One guard later said Beria had called shortly after Stalin was found, ordering them to say nothing about his illness. More telling, however, is the official medical account of Stalin's death, given to the Communist Party Central Committee in June 1953 and buried in files for almost the next 50 years until unearthed by Naumov and Brent. It maintained that Stalin had become ill in the early hours of March 2, a full day after he actually suffered the stroke. The effect of the altered official report is to imply that doctors were summoned quickly after Stalin was found, rather than after a delay. The authors state that a cerebral hemorrhage is still the most straightforward explanation for Stalin's death, and that poisoning remains for now a matter of speculation. But Western physicians who examined the Soviet doctors' official account of Stalin's last days said similar physical effects could have been produced by a five-to-10-day dose of warfarin, which had been patented in 1950. (下記の「」参照). The New York Times, March 5, 2003. 1.スターリンの急変後から死に至るまでの経過は典型的な脳卒中だった. 2.死因は左半球の脳出血だったことが病理解剖で確認されている.つまり動脈硬化に基づいた典型的なタイプの脳出血だった。 学術雑誌に載った記事ではあるが,特に目新しいことは言っていない.結論も下記のように,上記の考察の範囲を出ていない. We now possess clinical and forensic evidence supporting the long-held suspicion that Stalin was indeed poisoned by members of his own inner circle, most likely Lavrenti Beria, and perhaps even Khrushchev, all of whom feared for their lives. So it was kept a secret until now. モロトフやほかの政治局員も同様にベリヤを非難するのを見て動揺するベリヤ.その即時解任の動議をフルシチョフが提案すると、マレンコフが机のボタンを押した。 これを合図に隣室で待機していた赤軍軍人たちが拳銃を持って会議場に殺到した.マレンコフは「首相の資格でベリヤを逮捕するよう命令する」と言った。 ベリヤに拳銃を向けて「手を上げろ! 」と大声で叫んだのは,大戦の英雄,大元帥ジューコフその人だった. これによって、本作は一種の普遍性を偶然獲得している。 「スターリンの死をめぐるドタバタ」という一個の事例を扱った映画なのに、顔も言語も実際と異なるものを当てはめることによって、戯画性が高くなっているのだ。 だから例えば、この映画と同じような状況に「自分の勤めている会社のトップを当てはめて想像する」というようなことがより容易になっている。 固有の状況を扱った映画という側面が薄くなっているからだ。 似てない役者が英語で史実の人物を演じることにより、この映画は知らない時代の知らない人の知らないドタバタではなくなった。 「スターリンの死」は世界の あちこちに偏在するのである。 COM OCTOBER 10, 2017 上記映画の原作.中毒であろうと病死であろうと,原因が何であれ,娘のスヴェトラーナと息子のワシーリーの二人を除いた全ての関係者が,スターリン が救命されることがないように願い,その願いの通り行動したことがわかる. : 私が今まで読んだ中で最上の映画評論.これを読めば映画そのものを見なくても済む.『誰だって全然理解できないのは確実だ。 だからこそのこの映画は「理解しないと!物わかりの良いコメントをしてお利口さんだとみんなに思ってもらわないと!」という映画を観るものすべてが陥る原罪みたいなものから心地よく解放してくれるというわけだ。

次の

改めてスターリンの死因について

加藤純一 スターリン

ここはニコニコ生放送、YouTubeなどで活動している『 うんこちゃん(本名:加藤純一)』のwikiです。 当wikiでは、配信履歴を中心にうんこちゃんに関連する様々な情報をまとめています。 TOPページ以外は誰でも自由に編集することができます。 みんなでまとめていきましょう。 初見さんは最初に『 』を見ると分かりやすいです。 過去の生放送の録画や実況動画は『 』や『 』にまとめてあります。 詳しい配信の内容はメニュー欄の『 配信詳細まとめ』からどうぞ。 現在の主な信者衛門交流場所は『 』です。 に参加することでご利用可能です。 うんこちゃんの連絡先など 外配信などのスマホ配信で使われる。 年に数回程度の使用頻度。 隔週水曜日放送。 配信履歴は から。 今後の生放送はこちらからも確認できます。 『 』『 』.

次の