ワゴン アール。 ワゴンRオイル漏れの意外な原因 » 安田自動車

【楽天市場】スズキ SUZUKI > WagonR ワゴンR:シートカバーカー用品のZ

ワゴン アール

車種の特徴 「ワゴンR」は、1993年に「クルマより楽しいクルマ、ワゴンR」をキャッチコピーとしてスズキから発売された軽自動車です。 それまでの軽自動車に比べ、車高を高く設定することで居住性を高め、それまでの軽自動車の概念とは異なる「軽ワゴンタイプ」と呼ばれる新ジャンルを開拓した車です。 他にはないデザインや広く快適な室内空間、便利なラゲッジスペースなどを特長としたロングセラーモデルです。 なお、『93-94 RJCニューカー・オブ・ザ・イヤー』という評価も得ています。 4代目となる2008年9月発売モデルは、「快適 スタイリッシュ ワゴンR」を開発コンセプトにフルモデルチェンジが実施され、新しく採用されたサスペンションにより、操縦安定性と静粛性が向上しました。 この車両の2017年8月発売モデルのグレードには「FA」が設定されています。 ステアリング形式については、パワーアシスト付きラック&ピニオンが採用されており、車体の寸法は全長3395mm、全幅1475mm、全高1650mmとなっています。 また、ボディカラーは、標準色の「ブルーイッシュブラックパール3」「アーバンブラウンパールメタリック」「シルキーシルバーメタリック」やオプション色の「ピュアホワイトパール」など全10色用意されています。 グレードからワゴンRの中古車を探す ワゴンR(スズキ)のクルマ情報(中古車両)をグレードから簡単に車両検索できます。 グレード名 中古車価格 新車価格 燃費 排気量 シフト 駆動方式 定員 ドア数 29〜 121. 9万円 - - - - - - - 2〜 28. 8万円 96. 5万円 19. 9〜 35万円 104万円 16. 9万円 122. 2万円 - 657cc 5MT フルタイム4WD 4名 5 0. 1〜 101. 2万円 139. 3万円 29. 1〜 68万円 138. 3万円 22. 7万円 25. 9〜 99. 8万円 133. 6万円 30. 5〜 110万円 129. 9万円 20. 9〜 74. 8万円 136. 7万円 22. 8〜 29. 8万円 140. 9万円 18. 5万円 22. 9〜 33万円 124. 6万円 18. 9〜 34. 3万円 134. 6万円 18. 8〜 63万円 146. 7万円 20. 9〜 59. 8万円 136. 2万円 18. 8万円 123. 5万円 17. 8万円 111. 3万円 23. 9万円 119. 2万円 16. 8〜 25万円 114. 3万円 19. 5万円 16. 8〜 104. 5万円 150万円 28. 1〜 59. 8万円 128. 3万円 18. 9〜 43万円 131. 5万円 18. 8〜 81万円 138. 8万円 18. 9万円 18. 8〜 90万円 120. 3万円 25. 4万円 30. 5〜 167万円 154. 4万円 29. 8〜 154万円 157. 2万円 30. 5〜 199万円 131万円 29. 9〜 149万円 145. 6万円 30. 型式名 中古車価格 新車価格 燃費 排気量 シフト 駆動方式 定員 ドア数 5. 9〜 84. 7万円 118. 8万円 16. 8万円 108. 3万円 18. 5万円 15. 4〜 28万円 126万円 17. 5万円 86. 5万円 19. 7万円 16. 1〜 69万円 142. 3万円 18. 8〜 45. 8万円 154万円 18. 1〜 81万円 115. 5万円 20. 8万円 127. 3万円 18. 1〜 110万円 118. 1万円 21. 5〜 90万円 139. 5万円 22. 5〜 99. 8万円 119. 7万円 30. 5万円 131. 8万円 29. 9〜 119. 8万円 109. 9万円 26. 8〜 130万円 122. 4万円 25. 8万円 121. 5万円 33. 5〜 115万円 133. 6万円 30. 5〜 199万円 145. 2万円 33. 5〜 166万円 157. 2万円 30. 9〜 120. 2万円 109. 9万円 26. 6〜 144. 3万円 142. 1万円 31. 8〜 161万円 154. 4万円 29. 8〜 121. 9万円 - - - - - - -.

次の

ワゴンRのホイールのおすすめ!マッチングする人気アルミホイール

ワゴン アール

車種・仕様・グレード別ボディサイズページ ボディスペック 販売時期 車両型式 全長:3395mm 全幅:1475mm 全高:1650mm 2020. 01- 5BA-MH85S-WFAE 全長:3395mm 全幅:1475mm 全高:1650mm 2020. 01- 5BA-MH85S-WFAF 全長:3395mm 全幅:1475mm 全高:1650mm 2020. 01- 5BA-MH85S-WFAE 全長:3395mm 全幅:1475mm 全高:1650mm 2020. 01- 5AA-MH95S-WFXB 全長:3395mm 全幅:1475mm 全高:1650mm 2020. 01- 5AA-MH95S-WFXB 全長:3395mm 全幅:1475mm 全高:1650mm 2020. 01- 5AA-MH95S-WFZB 全長:3395mm 全幅:1475mm 全高:1650mm 2020. 01- 5BA-MH85S-WFAQ 全長:3395mm 全幅:1475mm 全高:1650mm 2020. 01- 5BA-MH85S-WFAJ 全長:3395mm 全幅:1475mm 全高:1650mm 2020. 01- 5BA-MH85S-WFAQ 全長:3395mm 全幅:1475mm 全高:1650mm 2020. 01- 5AA-MH95S-WFXP 全長:3395mm 全幅:1475mm 全高:1650mm 2020. 01- 5AA-MH95S-WFXP 全長:3395mm 全幅:1475mm 全高:1650mm 2020. 01- 5AA-MH95S-WFZP 全長:3395mm 全幅:1475mm 全高:1650mm 2019. 10-2020. 01 DBA-MH35S-WFAF 全長:3395mm 全幅:1475mm 全高:1650mm 2019. 10-2020. 01 DBA-MH35S-WFAE 全長:3395mm 全幅:1475mm 全高:1650mm 2019. 10-2020. 01 DAA-MH55S-WFXB 全長:3395mm 全幅:1475mm 全高:1650mm 2019. 10-2020. 01 DAA-MH55S-WFXB 全長:3395mm 全幅:1475mm 全高:1650mm 2019. 10-2020. 01 DAA-MH55S-WFZB 全長:3395mm 全幅:1475mm 全高:1650mm 2019. 10-2020. 01 DAA-MH55S-WFZB 全長:3395mm 全幅:1475mm 全高:1650mm 2019. 10-2020. 01 DAA-MH55S-WFXB 全長:3395mm 全幅:1475mm 全高:1650mm 2019. 10-2020. 01 DAA-MH55S-WFZB 全長:3395mm 全幅:1475mm 全高:1650mm 2019. 10-2020. 01 DBA-MH35S-WFAJ 全長:3395mm 全幅:1475mm 全高:1650mm 2019. 10-2020. 01 DBA-MH35S-WFAQ 全長:3395mm 全幅:1475mm 全高:1650mm 2019. 10-2020. 01 DAA-MH55S-WFXP 全長:3395mm 全幅:1475mm 全高:1650mm 2019. 10-2020. 01 DAA-MH55S-WFXP 全長:3395mm 全幅:1475mm 全高:1650mm 2019. 10-2020. 01 DAA-MH55S-WFZP 全長:3395mm 全幅:1475mm 全高:1650mm 2019. 10-2020. 01 DAA-MH55S-WFZP 全長:3395mm 全幅:1475mm 全高:1650mm 2019. 10-2020. 01 DAA-MH55S-WFXP 全長:3395mm 全幅:1475mm 全高:1650mm 2019. 10-2020. 01 DAA-MH55S-WFZP 全長:3395mm 全幅:1475mm 全高:1650mm 2018. 09-2019. 09 DAA-MH55S 全長:3395mm 全幅:1475mm 全高:1650mm 2018. 09-2019. 09 DAA-MH55S.

次の

ワゴンR、ワゴンRスティングレー。結局何が違うの?をわかりやすく比較・解説

ワゴン アール

ワゴンRとデイズのスタイリングデザイン比較 ワゴンRには3つの顔がラインアップされています。 標準ボディとカスタムの位置づけの「スティングレー」に加えて、標準ボディの上級グレードに「FZ」もラインアップされています。 良くも悪くも変わらないスタイリングは結構賛否両論でもありますが・・・。 が、正直必要かな?と個人的には思いますが・・・。 メッキを多用した迫力のあるフロントフェイスがカスタムの人気条件のようになっていますが、スティングレーはバッファロー顔の珍しいデザインになっています。 次にデイズのスタイリングです。 ワゴンRスティングレーよりも、上質感があって軽自動車っぽくない感じがします。 スッキリとして解放感があります。 特にハイウェイスターは黒を基調としてピアノブラックパネルやシルバー加飾によって、上質感が向上しています。 インテリアの評価がデイズは高くなっています。 ワゴンR デイズ 全長 3395mm 3395mm 全幅 1475mm 1475mm 全高 1650mm 1620mm ホイールベース 2460mm 2430mm 車重 770kg 830kg ボディサイズはほぼ同等ですが、全高はワゴンRが30mmほど高くなっています。 さらに、直進安定性や室内スペースに影響のあるホイールベースはワゴンRが30mm長くなっています。 ボディサイズとしてはワゴンRが若干大きいのですが、車重はデイズの方が重くなっています。 ワゴンRは2017年のモデルチェンジで、徹底したボディの軽量化実施しているので、ハイトワゴンの中でも軽いボディになっています。 次いで、室内スペースの比較です。 ワゴンR デイズ 室内長 2450mm 2085mm 室内幅 1355mm 1295mm 室内高 1265mm 1280mm 室内の高さは、全高の高いデイズが上回りますが、室内長と室内幅はワゴンRが圧倒的に大きくなっています。 ワゴンRは、軽自動車って狭いと感じる「幅」が非常に広いのが特徴です。 室内の長さもかなり大きいので、後席の足元スペースも広く、室内スペースの広さはワゴンRがおすすめです。 ワゴンR デイズ 自然吸気 26. 8-33. 軽自動車として初めてEV走行が可能になっています。 が、モーターでの走行はクリープ走行だけで、あくまでもエンジンの補助的な役割で燃費向上を助けているようです。 試乗や口コミでの実燃費を紹介します。 特に運転の仕方です。 よって実燃費は参考程度にお願いします。 燃費はマイルドハイブリッドに軽量ボディのワゴンRが実燃費も良いです。 一番大事なのは車重です。 車重はワゴンRが圧倒的に軽いので、加速性能はワゴンRがおすすめです。 ワゴンR:770kg(NA) 800kg(ターボ)• デイズ:840kg(NA) これだけの重量差があれば、加速性能も大きな差が出ると思います。 さらに、ワゴンRにはモーターによるエンジンの補助があります。 ちなみにモータの出力は以下の通りです。 最高出力:3ps• 最大トルク:4. 1kgm どれだけプラスになっているかわかりませんが、少なくとも加速性能にプラスに働いているのでは?といった口コミや試乗評価も見られます。 乗り心地を「硬い」か「柔らかい」かで表現するなら、ワゴンRは「硬い」、デイズは「柔らかい」といったイメージです。 ワゴンRの乗り心地に関する口コミを紹介します。 ボディ剛性が非常に高く、サスペンションがしなやかに動いてボディの揺れを最小限に抑えている。 下手な普通車以上の乗り心地。 市街地は全く快適で、出来の良い普通車並みに段差をクリアする。 硬めのシートも腰痛持ちの自分には良好で、乗り心地と相まって疲れにくい。 しなやかという表現がピッタリ。 路面の凸凹を見事に吸収している。 軽さのせいか若干跳ねるけど、後輪側があまり硬くないので、後席の子供にやさしい乗り心地。 ワゴンRの乗り心地評価は高いです。 「しなやか」といった表現が使われているのが特徴的ですね。 乗り心地は個人によって感じ方は変わるので、軽くて硬い乗り心地という評価も見受けられますが、概ね乗り心地評価は高くなっています。 次いで、デイズの乗り心地評価です。 軽ターボの中では一番ソフトな乗り心地。 走り重視の人には物足りないかもしれない。 シートの作りが上質で、デイズの乗り心地にゆったりとした上質感を感じる要因では。 リアシートの乗り心地も良いが、フワフワした感じがあって、人によっては酔いやすいかもしれない。 あまり疲れたり腰が痛くならない。 シートの出来がかなりいい。 最近の軽自動車は硬めのサスが多い中、ソフトなサスを使っているのはN-BOXとデイズだと思う。 シートが素晴らしく乗り心地に貢献している。 デイズはワゴンRと違ってソフトな乗り心地となっています。 また、「シートの厚みがあって出来が良い」と評価がとても高くなっています。 このシートの良さとソフトなセッティングが乗り心地の評価となっています。 ワゴンRは「しなやか」で、デイズは「ソフト」といった乗り心地ですが、高速道路を運転することが多いのならワゴンRの方がおすすめです。 反対に、街乗り中心で、ゆったりと走行したいのであればデイズがおすすめになります。 ワゴンRの自動ブレーキは、近距離や夜間の検知に優れたレーザーレーダーと、歩行者認識する単眼カメラを組み合わせた「デュアルセンサーブレーキサポート」が採用されています。 自動ブレーキの作動条件は、ワゴンRの方がより幅広い速度域で対応してくれます。 ワゴンRの予防安全装備の機能• 誤発進抑制機能(前方のみ)• 車線逸脱警報機能• ふらつき警報機能• 先行車発進お知らせ機能• ハイビームアシスト デイズに関しては、「ふらつき警報機能」が装備ありませんが、「誤発進抑制機能」は前方と後方に対応しています。 誤発進抑制機能はアクセルとブレーキの踏み間違い事故を防ぐ重要な機能なので、デイズのように前後方に対応しているのがおすすめです。 他のグレードは、予防安全装備搭載の価格です。 デイズの予防安全装備は全車標準となっているので、車両価格はデイズの方が安くなっています。 両社ともに標準ボディにはターボエンジンのラインアップがありません。 スティングレー・ハイウェイスター価格比較(FF) ワゴンR 価格 デイズ 価格 HYBRID X 148万円 X 144万円 HYBRID T 165万円 G 150万円 Gターボ 152万円 スティングレーとハイウェイスターの車両価格比較でもデイズの方が安い設定になっています。 ターボを購入するなら13万円もの価格差があります。 安さで選ぶならデイズがおすすめです。 ワゴンRとデイズ比較のまとめ N-BOXに代表される、全高1700mm以上のスーパーハイトワゴンに人気を奪われた、全高1600mmクラスのハイトワゴンですが、ワゴンRもデイズもそれぞれ個性があって選びやすい軽自動車です。 ワゴンRは高速道路での長距離移動も多い方にはおすすめです。 しなやかな乗り心地で高速走行性能に優れている• マイルドハイブリッドで燃費もよく、加速性能も高い• 高性能な自動ブレーキとふらつき防止機能などの予防安全装備が搭載されている デイズは街乗り中心で、ゆったりとしたドライブが中心の方におすすめです。 厚みのあるシートとソフトなセッティングによる上質な乗り心地• 品質の高い室内空間• 安い車両価格の設定 スーパーハイトワゴンよりも全高が低い分、ふらつきやカーブでのロールが抑えられていて、安全性は高いと思います。 また、乗り心地もスーパーハイトワゴンはロールを抑えるために、特に後席は硬めのセッティングになっているので、乗り心地でもハイトワゴンはおすすめです。

次の