アドセンス 複数サイト 審査。 Googleアドセンスでサイトを追加しようとしたら「お客様のサイトで複数のポリシー違反が確認されたため、サイトを承認できません」となったときにやってみたこと

Googleアドセンスでサイトを追加しようとしたら「お客様のサイトで複数のポリシー違反が確認されたため、サイトを承認できません」となったときにやってみたこと

アドセンス 複数サイト 審査

いきなりですが、アドセンスのサイト追加方法が変わりました。 今まではアドセンスアカウントを持ってさえいれば、審査など必要なくサイト追加できアドセンス広告を表示できたのですが、今回の仕様変更で、サイト追加の際も1サイトずつ審査が必要になりました。 そこで今回は、新しいサイト追加のやり方と、アドセンスの審査を通過するポイントについてお話していこうと思います。 また、実際に私が個人的に作成したサイトを審査に出して見事に合格しましたので、その詳細についても記載しています。 サイト追加の審査は、アドセンスのアカウント作成時の審査と変わらないと言われていますので、アドセンスアカウント申請の審査にお困りの方にもぜひ見ていただければと思います。 アドセンスのサイト追加方法が変更になった! 2018年10月下旬くらいから、アドセンスの管理画面が変更されたという報告がネット上でちらほら見られました。 本ブログでも、アドセンス広告を掲載しているので、アドセンスの管理画面を確認してみると・・・・・・ なんと!!!管理画面が変わっているじゃありませんか!!! 以前までは[サイト]なんていうメニューはなかったのですが、当社のアドセンス管理画面は12月の頭くらいに、変更されました。 また、私は個人でも、アドセンスアカウントを持っているのですが、そちらは変更されるのが早く、11月の中旬には、管理画面が変更されていました。 これに合わせて、サイト追加する方法も変更になりました。 では、新しくサイト追加をする際は、どのようにしたらいいのでしょうか? アドセンスにサイト追加する方法 それでは、サイト追加をする方法を見ていきましょう。 アドセンスの管理画面に入り、まずは新しい仕様になっているかを確認してください。 先程もお伝えしましたが、新しい仕様になっている場合は、左のメニューバーに[サイト]というメニューが追加されています。 これが追加されていない場合は、まだ仕様変更が行われていないため、以前のサイト追加方法で追加する事ができます。 [サイト]をクリックすると、所有しているアドセンスアカウントに追加されているサイトの一覧が表示されます。 アドセンスアカウント申請時に、1つサイトを申請しているはずなので、新しくサイト追加を行っていない場合は、サイトのドメインが1つだけ表示されているはずです。 ここから、右上の[サイトを追加]をクリックし、サイト追加の画面に移動します。 サイトURLの入力ができますので、追加したいサイトのURLを入力して、審査用のコードをサイトのheadタグ内に埋め込めば、サイト追加の申請は完了です! アドセンスのサイト追加に審査が必要になった よーし!これでサイト追加完了だー!!! と思ったら・・・ あれ?なんか変だぞ・・・ 審査の文字が・・・ えっ!? そうなんです。 今回の仕様変更から、サイト追加の際も審査が必要になりました。 そこで試しに、作ったばかりの私の個人サイトで申請をしてみました。 アドセンスサイト追加の審査結果は!? 私も最近個人的にサイトを作成して、どうせならアドセンス掲載したいなぁと思い、サイト追加から審査の申請を出しました。 特にネットで情報も調べずに申請したので、「多分前と一緒で、サイトがあれば普通に通るっしょ!」と軽い気持ちでいたのですが・・・ これが甘かった!!!! 審査は通らず、翌日Googleから「問題を解決してください」メールが届きました・・・ ですよね、簡単に通したら、わざわざ審査をする意味ないですもんね・・・ ちなみに、私が審査に落ちたときのメールがこちらです。 残念ながら審査に落ちてしまっても、再審査のリクエストを送れるので、そこまで落ち込む必要はありません。 ただし、再審査に出すときはメールにも記載があるように、に違反していないかしっかりと確認してから、再審査のリクエストを送ってください。 私の場合は、ほとんどコンテンツが入ってない状態で審査に出したので、「そもそもユーザーに見せれる状態じゃないよね!こんな状態じゃアドセンス広告載せれるわけないじゃん!?」という理由で落とされました。 恐らくですが、サイト追加の審査も、アドセンスのアカウントを取得するときと同じくらいの基準で審査されていると予測されます。 よくよく考えると、以前までのサイト追加方法っておかしかったかなと思います。 アドセンスアカウント作成時にあれだけ厳しいサイトの審査を行っているのに、別サイトに広告を掲載する場合は、なんの審査もないっておかしいよなぁと。 なので、今まではアドセンスアカウントの審査に通すためだけのサイトを作って、対応している人が多くいましたが、それも今後は全く意味がなくなりますね! Googleがこのような変更を行ったのも、多くの価値の低いサイトにアドセンス広告が掲載されていたからだと思います。 そう考えると今回の変更は、至って正常な変更だと思います。 アドセンスのサイト追加審査に合格するポイントは? 現段階で、考えられるポイントは、アドセンスアカウントの申請時と大きく変わらないと思ってもらえば大丈夫です。 ユーザーに有益な情報を届けられているサイトで、Googleがアドセンス広告を載せる価値があると判断してくれれば、審査に合格することができます。 ネット上では、20記事ないといけないとか、ある程度PVがないといけないとか、毎日記事を更新しないといけないとか言われていますが、正直関係ないと思います。 審査に合格するためにに1番重要なポイントは、ユーザーに有益な記事を書くことです。 とは言え、これだとどうしたら審査に合格するか分かりづらいと思いますので、私の考えるGoogleが審査時に見ているんじゃないか?というポイントをお伝えしたいと思います。 アドセンスのサイト追加審査に合格するための3つのポイント 私が考える重要なポイントは、以下の3つです。 文字数• プライバシーポリシーのページ• 問い合わせページ・運営者情報 ただし、アドセンスのに違反していないことが大前提となりますので、こちらは必ず確認してからサイトの作成を行ってください。 文字数 まず1つは「文字数」です。 に記載があるように、アフィリエイトプログラムに参加する際は、「ユーザーに付加価値を提供する独自のコンテンツを持つウェブサイトを作成」しなくてはいけません。 付加価値を提供するためには、記事のテーマ 設定しているキーワード に対して、詳しく書く必要があると思いますので、100文字とか200文字では間違いなく足りないと思います。 何文字あればOKという基準はありませんが、ユーザーのために詳しく書こうと思ったら、ある程度の文字数は必要になるのではないでしょうか。 あくまでも、記事のテーマ 設定しているキーワード に対して、ユーザーに有益な情報を提供することが重要です。 単純に文字数が多ければいいという訳ではないので、気をつけてください。 プライバシーポリシーのページ 次に、「プライバシーポリシーのページ」があることです。 これはGoogleが、で必須と位置づけているページになりますので、このページがない場合は、審査に通りません。 問い合わせページと運営者情報 最後に「問い合わせページ」と「運営者情報」です。 これは必須と定められている訳ではありませんが、サイトの利便性と信頼性と言う意味で、作成しておいた方がいいページだと言えます。 に「検索エンジンではなく、ユーザーの利便性を最優先に考慮してページを作成する。 」と「ユーザーをだますようなことをしない。 」と記載があります。 利便性という観点で言えば、困ったときに問い合わせを行えるサイトの方が、ユーザーにとって便利なサイトですよね。 また、だますようなことをしないと言うことは、だましリンクなどを設置しないと言うことも必要ですが、サイトの信頼性を高めると言うことも必要だと私は考えています。 ユーザーから「だまされている」、Googleから「だましている」と思われないようなサイトにすることは重要だと思いますので、その点で、運営者情報を載せておくというのは、私は効果があるのではないかと思っています。 メールのサイト運営者ID下4桁と一致しています。 ということで、アドセンスの審査に合格したサイトの詳細について書いていこうと思います! アドセンスのサイト追加審査に合格したサイトの詳細を紹介! 早速私が個人で作成したサイトで、アドセンスのサイト追加審査に合格したサイトの詳細をお伝えしていきます。 ちなみに、サイト追加の審査はアドセンスのアカウント申請時の審査と見られている部分は変わらないと言われています。 なので、アカウント申請時の審査につまずいている人にも参考になる内容だと思います。 ただし、アドセンスのアカウント申請時の審査は独自ドメインでないと申請が行えないので、その点は注意が必要です。 審査に合格した私のサイト詳細は、以下のようになります。 サイトのジャンル:健康系の特化型サイト• 記事数:14記事• 1記事あたりの文字数:2000~3000文字• 「プライバシーポリシー」「問い合わせページ」「運営者情報」のページは作成 では、気になる項目を見ていきたいと思います。 アドセンス審査の合格に必要な記事数 私のサイトは14記事で審査に出して、合格することが出来ました。 巷では、20記事くらい必要だという噂も目にしますが、そこまでの記事数は必要ないということが分かりました。 ちなみに調べてみたところ、記事数8記事でアドセンスの審査に合格した人もいるみたいです。 記事数よりは「サイトのコンセプトにあった質の高い記事」を意識して書くことが大切です。 アドセンス審査の合格に必要な文字数 「アドセンスのサイト追加審査に合格するための3つのポイント」でもお伝えしましたが、ユーザーに付加価値を提供するために、ある程度の文字数が必要です。 単純に審査に合格するだけであれば、一般的には、1000文字程度あれば問題ないと言われています。 私の場合、文字数はあまり気にせずに記事を投稿していたのですが、しっかりとタイトルの内容を伝えようと思うと2000~3000文字は必要でした。 記事の内容や狙うキーワードにもよりますので、必ず2000文字以上必要と言う訳ではありません。 しかし、普段SEOの仕事をしていて、記事の作成に慣れている私でもユーザーにしっかり伝えようと思って記事を書くと2000文字は必要だったということです。 なので、記事や文章の構成作成に慣れていない人であれば、もう少し文字数が多めになってくるのではないかと思います。 アドセンス審査の合格に必要な更新頻度 実はこの「更新頻度」に関しては、1つ実験的な意味も込めて、敢えて記事の最終投稿日から期間を空けてアドセンスの審査に申請してみました。 ネット上では、毎日更新が必要とか、更新の期間はあまり空けないほうがいいと書いてある記事もありましたが、今回の審査結果で、関係ないことが分かりました。 しかし問題なく合格できたので、必要なのは「記事の更新頻度」ではなく、「記事の質」だと考えられます。 アドセンスの審査申請時に気になっていたこと 実は、私が作成したサイトはGoogleにサイトの情報を正しく伝えるために必要と言われている、「sitemap. xml」が送信できていません。 「sitemap. xml」はSEO対策に重要だと言われているので、アドセンスの審査にも影響があるのかなと思っていましたが、全く関係ありませんでしたwww また、PV数ですが、審査に申請する時点で、1日1PVとか2PVでした。 ネット上ではある程度のPV数は数が必要と書いてある記事もありますが、今回の結果から、アドセンスの審査に合格するためにPV数も全く関係ありません。 あとはデザインですが、正直そこまでしっかとしたデザインにはなっていません。 ワードプレスでサイトは作成しているのですが、無料のテンプレートを使って、2時間位微調整をしただけです。 コンテンツが見やすいようにや、ヘッダーやフッターのナビゲーションは表示してありますが、全体的にはかなりシンプルなサイトデザインになっています。 結局アドセンスの審査に合格するために必要なことは? 今回の審査結果で、なんとなく分かったと思いますが、審査に合格するために必要なのは、「サイトのコンセプトにあった質の高い記事」と「Googleで必須と定められているページ」だと考えます。 先程お伝えした3つのポイントを踏まえつつ、私は健康系の特化型サイトを作成し、そのサイトのコンセプトにあった記事を書いていきました。 恐らく、サイトのコンセプトと関係のない記事を同じような文字数で書いていっても、アドセンスの審査には合格できなかったと思います。 のユーザーの利便性という部分を考えると、これは必須かと思います。 あとは「Googleで必須と定められているページ」ですが、Googleは「プライバシーポリシー」のページを必須と定めていますので、このページは必ず作成してから、アドセンスの審査に申請する必要があります。 最後に最も重要なことは、に違反していないことです。 これに違反していると、どんなにサイトのコンセプトに沿った質の高い記事を作成して、プライバシーポリシーのページを作ったとしても、審査に合格することはありえません。 なので、アドセンスを利用するサイトに関しては、作り始める時に必ず、AdSenseプログラムポリシーを確認してから、サイトを作成していきましょう! より詳しくアドセンスの審査について知りたい方は、以下の記事を一度ご覧ください。 更に本質的な部分を説明しております。 すでにアドセンスにサイト追加されているものはどうなるのか? それでは、今までアドセンスに追加してきたサイトはどうなるのでしょうか? これについては、検証していないのでなんとも言えないのですが、私の個人アドセンスアカウントに追加していた無料ブログのサイトは、アドセンス広告が掲載できない状態になっていました。 なので今後、すでに追加されているサイトに関しても、定期的に審査が行われて、Googleの基準を満たしていな場合は、アドセンス広告を掲載できなくなり、再審査を行う必要が出てくると考えられます。 ただ、通常通りユーザーに有益なサイトを目指して運営していれば、特に問題はないかなとも思いますので、あまり気にせずサイト運営をしていけばいいかと思います。 1つ疑問は、私のサイトが「無料ブログ」だから掲載できなくなったのか、「ガイドラインに沿っていないサイト」と判断されて掲載できなくなったのかということです。 アドセンスアカウント申請の際は、無料ブログでは申請できなくなっています。 アドセンス審査の場合は、独自ドメインが必須だったため、無料ブログでは申請できませんでした。 しかし、新しいサイトの追加では独自ドメインが必須でないため、無料ブログでもサイトの追加は可能です。 ただし、サイト追加の条件が「はてなブログ」などの、知名度の高いサブドメインでなければいけないようです。 確認方法としては、実際にURLをサイト追加すると確認ができます。 アドセンスを利用できない無料ブログの場合は、URLが追加できないので、その場合は独自ドメインかもしくは知名度の高いブログサービスでサイト追加の申請を行う必要があります。 つまり、以前登録していた無料ブログに、アドセンスが掲載できなくなった場合は、「利用できない無料ブログ」か「ガイドラインに沿っていない」かの、どちらかということになります。 私としては、アドセンスで長期的に収入を得たいと思っているのであれば、独自ドメインでサイトを構築することがおすすめではありますので、無料ブログでアドセンスが利用できなくなってしまった人は、一度独自ドメインを検討してみた方がいいかもしれません。 以前に、「知名度の高いブログでサイト追加の申請が必要」と伝えましたが、ある程度の知名度があれば、サイト追加は可能なのではないでしょうか。 ただ、無料ブログのサイトに関しては、特に再申請などは行っていないので、以前から追加していたサイトに関しては、Googleが定期的にサイトの審査を行っているかもしれません。 私がSo-netブログを使っていた理由は、こちらの記事をご覧ください。 アドセンスにサイト追加をする際も審査が必要になった• 審査に落ちても再審査のリクエストを送れる• 追加済みのサイトも定期的に審査され、広告が表示できなくなる恐れがある• 審査に合格するポイントは「文字数」「プライバシーポリシーページ」「問い合わせページ・運営者情報」• 審査に合格に最も必要なのは「サイトのコンセプトにあった質の高い記事」と「Googleで必須と定められているページ」 以上になります。 サイトを追加する際にも、審査が必要になったということで、特に個人で複数サイトを運営している人には、厳しい仕様変更かもしれません。 また、今回実際にアドセンスのサイト追加の申請を受けてみて、正直そこまで難しくないなと感じています。 しっかりとサイトのコンセプトに沿って、質の高い記事を書いていって、ユーザーに有益なサイトにすれば、問題なく審査は通ると思います。 どちらにせよ、アドセンスである程度稼ごうと思ったら、検索結果で上位表示する必要があるので、しっかりとユーザーに有益なサイトを構築していきましょう! 以下アドセンス関連の記事になりますので、気になる方は是非確認してみてください! うさ様 コメントありがとうございます。 記事作成者の二宮と申します。 あくまでも、審査の内容はサイトのコンテンツ 中身 がGoogleのガイドラインに沿っているかどうかだからです。 アドセンスのサイト追加審査に通るためのポイントは?に記載されていますガイドラインを参考に、一度サイトのコンテンツを確認してみてはいかがでしょうか。 また、リダイレクトをかけているとの事ですので、そのリダイレクトが正常にできているかも一度確認をしてみてください。 リダイレクトが正常に行われておらず、ページが表示されない場合は、審査に影響することもございます。 進みましたら内容を記事に追加いたしますので、追加後コメントに返信する形で、ご連絡いたしますね。 お待ちいただけますと幸いです。 よろしくお願いいたします。

次の

Googleアドセンス審査に通過する方法【10のチェックリスト付き】

アドセンス 複数サイト 審査

ワザ94 複数のサイトに広告を表示しよう 申請したサイト以外でもすぐに広告を掲載できる 企業においては、すでに自社や関連会社で複数のサイトを運営していることもあるでしょう。 また、新規にサイトを立ち上げて、そのサイトでも広告による収益を得たいという声もあると思います。 Google AdSenseでは、アカウントの管理者が運営しているサイトであれば、最初の申請時にURLを入力したサイト以外でも、自由に広告を配置できます。 新しいサイトのURLを申請したり、あらためてGoogleの審査を受けたりする必要はありません。 広告ユニットは既存のものを複数のサイトで使い回すこともできますが、レポートの見やすさなどを考えると、新しい広告ユニットを作成したほうがいいでしょう。 カスタムチャネルやプレースメントターゲットの設定も、新しいサイトに合わせて作成します。 サイト別の収益額は、下の手順で解説するようにパフォーマンスレポートの[サイト]画面から見られるようになっています。 サイトごとに個別のブロック設定も可能 などで解説した広告の許可とブロックに関する設定についても、管理画面からサイトのURLを追加するとサイトごとに個別の設定が行えます。 すでに広告を配置しているサイトであれば、[未申請]の一覧から追加することもできます。 Googleの審査がないとはいえ、当然ながら 新しいサイトでもAdSenseのポリシーに沿った運用が求められます。 万が一、新しいサイトで発生したポリシー違反によってアカウントが停止された場合、 ほかのサイトでもいっせいに広告の配信が停止します。 特に企業では、同一のAdSenseのアカウントで複数のサイトを運営し、サイトごとに担当者が分かれているケースがあると思います。 担当者間でポリシーに関する情報を密に共有するようにしましょう。 close 閉じる.

次の

審査の申請は不要。AdSense(アドセンス)の広告を複数のサイトに表示しよう

アドセンス 複数サイト 審査

価値の低い広告枠とはどういったブログを指す? 価値の低い広告枠とは言ってしまうと Googleのアドセンス広告を載せるに値しないサイト(ブログ)だよ。 広告を載せても成果が期待できない可能性がある 広告を掲載しているお客様を満足させられるほどのクオリティ だから、Googleアドセンスの広告を載せるに値するサイト(ブログ)にしてね! ということです。 じゃあ何が悪いんじゃー!!! ってなりますよね(笑) なので、価値の低い広告枠(コンテンツが複製されているサイト)と審査結果もらった人が どうやってこの審査を突破したのか見てみたいと思います! コピペのチェック まずはじめに、ないとは思いますが、自分の書いた記事がコピペの記事の疑いがないか確認してみましょう! コピペかどうか確認する方法は無料ツール「CopyContentDetector」を使ってみて下さい やり方は公式サイトにて書かれています。 が、簡単テキストで説明すると以下のようなものになります。 調査対象テキストのところにテキストをコピペ(1回4000字まで)• 改行をすべて削除してチェック• すでに公開されいる記事の場合「除外ドメイン」に自分のドメインを入れる• 「入力された文章のコピペチェックを開始します。 よろしいですか?」と出るのでOKを押す• 完了通知が右上に出たらページを再読み込みボタン「F5」で更新する(windowsの場合) 判定は大きく3段階にわかれます。 「コピーの疑い」「要注意」「良好」に分かれています。 オリジナルで書いていて判定が「良好」であれば問題はありません。 自分の公開しているサイト内で酷似している記事がないか確認する 無料のコピペツールで唯一気づけないのが 自分の現在公開している記事で同じような内容を書いている場合。 こういった記事がないか確認してみましょう。 もし同じ内容を重複するような記事があるなら、どちらか1つに結合するかどちらかを消してしまいましょう! 画像やイラストについて のブログによると、 自分で書いたイラストや写真などを他のSNSやブログと共有している場合 その部分についてコピペを疑われている可能性があるとのことです。 SNS系の入れ込みは少し注意が必要ですね。 またテキストに対して画像が多い場合も 指摘される youtubeについて youtubeの動画投稿に関してもあまりたくさん入れすぎない方が良いと言われています。 デフォルトページの削除 なんと ワードプレスの最初の記事「Hello world! 」消して審査に通った人がいます(笑) 黒沢さんというブロガーさんの記事で紹介されていました。 Hello the World(投稿ページ)• サンプルページ(サンプルページ) を公開した状態で審査に出していたら消しておきましょう。 また、黒沢さんの記事では、 カテゴリーの未分類も審査を落ちてしまった原因なのでは? と書かれています。 詳しく書かれていませんが、もし「カテゴリー未分類」や「デフォルト記事」の調整はしておきましょう! カテゴリー「0」のカテゴリは削除する 続いて、カテゴリーです。 さきほど、カテゴリー未分類を0にするよう伝えましたが アドセンス審査ではカテゴリーページやタグページも見られている可能性があります。 カテゴリーに関しては、意外と記事数が「0」ってありえそう(笑) タグに関しては、「0」があるならけしておきましょう! タグは、SEO的には何も意味ないのでぶっちゃけ全部消しちゃってもいいです。 たとえばカテゴリだけ作って記事が一つも入ってなかったらカテゴリ名のみで何も表示されないページができてしまいます。 したがって記事が0のカテゴリやタグは削除しないといけません。 削除した記事のキャッシュを消す Googleにインデックスされてる記事は削除してもすぐには消えません。 キャッシュという記憶がされている状態になります。 グーグル検索すると普通に出てきてクリックすると「404エラー」になります。 削除した記事をグーグルに認識されないようにする方法として、サーチコンソールでのURL削除があります。 Fetch as Google Fetch as Googleは、Googleサーチコンソールに入っている機能です。 WEBページを新規作成・更新・追加・削除した時にやることでGoogleに最新の状態を伝えることができます。 まとめ とにかくつたえたいのは あなたの記事が価値が低いわけではないということはまず言いたい! あくまでGoogleアドセンスの審査上のことです。 審査に通るために具体的な指示がないため 自分で色々試行錯誤して考える必要があります。 他のメルマガとの違い サラリーマン独自のよくある時間のない悩みから解放されて稼ぐ方法 サラリーマンだからこそ本業を活かして稼くやり方 WEBに全く詳しくないサラリーマンを褒めて伸ばすのが私のブログです。 僕が5年以上積み重ねた作業記録や思考を伝えることでまずあなたに 1円稼いでもらいます。 そのあとはメルマガをしっかり読んで行動してくれれば 1万円、3万円、5万円とステップアップして稼ぐことが可能です。 サラリーマンに読んでもらいアフィリエイト情報満載のメルマガ! 特にブラック企業に務めている人に読んでもらいたいかも。 私もブラック企業勤めで体崩してやめたので、ホント副業で稼げるようになってお金に余裕ができたり自信がついてからホワイト企業に転職するなりしてほしいと思います。 今なら無料プレゼント配布中! 最新情報もGET! <メルマガ登録は2STEPで完了>• 「名前」「メールアドレス」の2点を入力• 「送信」ボタンを押して完了 プレゼントは登録後すぐにGETできます。

次の