奈良 県 コロナ 感染 者 今日。 神奈川県のコロナ新規感染者が77日ぶりゼロに 黒岩知事がツイッターで県民へ「心から感謝」(スポニチアネックス)

新型コロナウイルス感染者数の推移:朝日新聞デジタル

奈良 県 コロナ 感染 者 今日

日本の感染者数の推移()内は死亡者数 2/1 20(0) 2/4 23(0) 2/6 45(0) 2/8 90(0) 2/10 161(0) 2/13 252(1) 2/15 339(1) 2/17 521(1) 2/19 706(1) 2/20 729(3) 2/21 741(3) 2/24 849(3) この数字は、クルーズ船・チャーター機を含みます この数字は、あくまでも検査の結果、 感染が確認された人数です。 現状はご存じの通り、 疑わしい人を全て検査する態勢ができていませので、 実際の感染者数はこの数倍から数十倍になる 可能性があります。 中国は一党独裁だからこそ 都市封鎖のような荒業を敢行しましたが、 それでもあれだけの被害を出しています。 しかし、日本の対応を見てみると、 中国とは比較にならないほどお粗末なやり方ですので、 これからは予想も出できないレベルで被害が 拡大する事が考えられます。 武漢では医療機関がパンクして、 不眠不休の対応により疲弊し免疫力の低下した 医療従事者たちも次々と感染いていき、 さらに医療従事者が不足するという事態に 陥っています。 隔離病棟のベッドが完全に不足したために、 体育館のような不衛生な環境に感染者が 大量に詰め込まれ、 非感染者まで感染していく始末だそうです。 しかし、 日本もやがて同じ状況になる可能性があるのです。 現在、日本には感染者をキチンと隔離できる病床は 1825床しかありません。 武漢と同じようになってしまうのでしょうか・・・ アメリカの対応 アメリカが日本の警戒レベルを「2」に引き上げました。 警戒レベルが2というのはどれくらいかというと、 日本がベネズエラに対して設定しているレベルと 同等です。 ベネズエラは世界トップクラスの治安の悪さで、 「危険なのでタクシーに乗ったら、そのドライバーに 身ぐるみを剥がされた」 「刑務所が機能しておらず、 刑務所で囚人がストリップ嬢とパーティーを開催」 こんな感じの危険な国ですが、日本は今、 それと同じレベルでアメリカから警戒されている という事です。 各国が次々と日本からの入国を拒否するのは 時間の問題だと思います。 この状況はいつまで続くのか? 「暖かくなれば自然とウイルスは死滅する」 「アビガンという薬が効くらしい」 そうなれば、本当に嬉しいのですが、それはあまりにも 楽観的だと思います。 SARSは終息まで8ヶ月を要しました。 ですから、少なくても数ヶ月はどんどん悪化していくと 考えるべきでしょうね! 奈良県の感染者数は下から調べられます! あなたの住んでいる地域の感染者数を知りたい場合は 下のURLをクリックして、 「コロナウイルス速報」というサイトに入って下さい。 国際オリンピック委員会は、 「5月24日くらいまでに新型コロナウイルスの感染が 終息しなければ、東京オリンピックを中止する」 と発表しています。 今の状況を見る限り、3ヶ月で終息するのは 難しいような気がするのです。

次の

新型コロナウイルス感染症について/奈良県公式ホームページ

奈良 県 コロナ 感染 者 今日

85 0. 91 2 突発性発しん 0. 56 0. 56 3 A群溶連菌咽頭炎 0. 53 0. 18 4 手足口病 0. 12 0. 12 5 咽頭結膜熱 0. 09 0. 03 発生状況 : 大流行 流行 やや流行 少し流行 散発 (疾患毎に、基準値を定めています。 新型コロナウイルス感染症は、第23週(6月1日~6月7日)には県内で感染者の報告はありませんでした。 流行状況は落ち着いているため、社会経済活動が再開しつつあり感染拡大防止と社会経済活動の両立が課題となっています。 職場や学校での感染拡大を防ぐために、職員、学生に出勤、登校前の体温測定してもらい、体調不良者は自宅で静養させるようにしましょう。 そのために、職場、学校において体調不良者が休みやすい雰囲気づくりをしていきましょう。

次の

神奈川県のコロナ新規感染者が77日ぶりゼロに 黒岩知事がツイッターで県民へ「心から感謝」(スポニチアネックス)

奈良 県 コロナ 感染 者 今日

「第2波」止める行動を 県内ではこれまで新型コロナウイルスに87人の感染が確認されたが、5月28日以降、新たな感染者は出ていない。 県などは再度の感染拡大防止と社会・経済活動活性化の両立を進めている。 「コロナとの共存」が求められる今、最前線で対応にあたってきた医療従事者はどう考えるのか。 県立医大付属病院感染症センター長の笠原敬医師(46)が毎日新聞の取材に応じ、「第1波」での対応や「第2波」への備えについて語った。 疑いのある人も入院しましたが、通常の診療体制を変え、専用病床を150床まで広げていたので対応できました。 SARS(重症急性呼吸器症候群)のアジアなどでの流行を受け、付属病院には2003年に感染症センターができ、保健所などと連携した感染症対策の訓練も毎年実施してきました。 そうしたことが迅速な対応につながりました。 感染防止の徹底は欠かせませんが、フェースシールドやN95(医療用高機能マスク)が不足し、同じ物を何度か使う状況の時もありました。 アルコール消毒液などは不足気味ですが、シールドやマスクは今は余裕があります。 一般患者との接触を避ける動線も確保でき、情報のやりとりもスムーズにできています。 また、普段から保健所と「顔の見える関係」を築いて連携し、自治体とも情報共有を徹底するなど「院内感染防止は奈良全体の問題」との認識で構えていたことが大きいと思います。 しかし今後、再び感染者が出てくる可能性がある。 今のうちに経済や教育などは戻せるところまで戻しておくべきです。 医療機関や福祉施設での集団感染を防ぐための対策、シミュレーションも今のうちにしっかりとしておかなければなりません。 「新しい日常」の中で、感染が拡大しないための工夫を、余裕のある今しておくことが大切です。 少しでも体調が悪ければ休む、密を避けるなど人々の行動形態も変わり、PCR(遺伝子)検査の体制も拡充されました。 なので、「気づいたら『第2波』」ということにはならないでしょう。 では、患者が徐々に増えた時にどうするか。 外出自粛や休業要請などでまた完全にシャットダウンするのか。 そこまですれば患者を減らせることは経験から分かっていますが、再び経済や社会に大きな影響が出る。 「第1波」の時よりも皆が考え、社会も強くなっている。 経験を生かして「第2波」を止められるかどうかは、私たちの行動次第だと思います。

次の