新型 コロナ 都 道府県。 新型コロナ:ICU、43道府県で不足の恐れ コロナ重症者ピーク時 (写真=ゲッティ共同) :日本経済新聞

「コロナを甘く見ている」5都府県、医療崩壊の危機直面 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

新型 コロナ 都 道府県

net 新型コロナウイルス感染症(COVID-19) 2020年05月08日 10時02分 JST アベノマスク届いていますか?東京都以外の46道府県で「準備中」と発覚。 厚生労働省が公表【新型コロナ】 466億円もの予算をかけた布製マスク。 大量の不良品が判明した上に、未だほとんどが「準備中」だ。 ハフポスト日本版編集部 新型コロナウイルスの感染拡大防止策として政府が打ち出し、全世帯に2枚ずつ配布するとした布製マスクの都道府県別の配布状況を厚生労働省が公表している。 それによると、大型連休が明けた5月7日の時点で、東京都以外の46の全ての道府県で「準備中」となっていて、ほとんどの国民に未だ届いていないことが分かった。 厚生労働省が公式サイトで公表している『布製マスクの都道府県別配布状況』には、東京都以外の46の全ての都道府県で「準備中」と表示されている。 また、「準備中」の都道府県については、「日々、生産・配達状況が変動するため、お届け予定日程は前後いたします」「感染者数が多い都道府県から順に配布いたしますので、地域によって配布の時期が異なりますが、ご理解とご協力のほどよろしくお願い申し上げます」とお断りが書かれている。 net これ、なんで法人にまで届くんだ?会社の規模関係なしに届くぞ。 それも拠点ごとにきてるし。 net 安くなってきたし、もう不要だよね。 備蓄しておけばいいよ。 net 住所があるところに配達されるんだよ 5000万住所にくばられる。 君の質問は、R4と同じレベルだよ。 net 地方だけどホームセンターに布マスクもけっこう売られてたよ。 生保家庭にだけ市のケースワーカーが置きにいったらいいのでは。 net もういらんよ、その辺で沢山の手作りマスクが200〜300円で売られている。 net マスクって毎日コンビニを2、3店回れば見つかるようになったな。 net 東京だけが日本、東京だけ助かればいい、をありがたくちょうだいいたしました。 net もういらない、感染したら、アビガンだの大村先生の薬だの、しっかりそろえて欲しい。 net もうダイソーにもあるじゃん 一家族一箱だけど 引用元:.

次の

「コロナを甘く見ている」5都府県、医療崩壊の危機直面 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

新型 コロナ 都 道府県

北海道版の新型コロナウイルス対策サイト が有志によりさっそくフォーク(別のプロジェクトにコピーすること)され、北海道バージョンが制作されました。 他府県で転用するのもまったく問題ありません。 北海道は日本でもっとも多く新型コロナウイルスの感染が報告されている都道府県なので、危機感があったのでしょうか。 東京都の動きにすばやく反応し、いち早くそれを活用しています。 先ほどの知事会見で知事からも正式に話がでましたが、ほかの自治体のみなさまが同様の都道府県版や市区町村版のサイトを作りたいときに、このプログラムは再利用可能です。 ご活用ください。 — 宮坂学 Manabu Miyasaka miyasaka この週末、東京都が出してくれた、「新型コロナウイルス感染症対策サイト」を北海道でも使おう! と有志が立ち上がり、週末物凄いスピード感で進み、ついに本日、みなさんに公表できることになりました!! — Takuya Yamagata howmori みんなができることを持ち寄って、社会を少しずつよくする。 先日のといい、オープンソースの力は偉大だなと再認識させられますね。

次の

「コロナを甘く見ている」5都府県、医療崩壊の危機直面 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

新型 コロナ 都 道府県

一部地域で小・中学校が再開する中、新型コロナウイルスの影響で在庫が積み上がる牛肉などを学校給食に活用する動きが出てきた。 農水省によると、17道府県が2020年度第1次補正予算の関連対策を活用し、学校給食に牛肉などを取り入れる。 今後、25府県も予定しており、合わせて42道府県が活用する見通し。 各地とも、需要の確保に加え、児童・生徒が地元産に親しむことで、家庭での利用を増やす契機にもしたい考えだ。 地元産消費増に期待 インバウンド(訪日外国人)や外食の需要が冷え込む中、同省は第1次補正予算に「国産農林水産物等販売促進緊急対策事業」1400億円を計上。 このうち食肉向けの対策では、在庫が前年同月比20%以上増えた牛肉や地鶏を対象に、学校給食に提供するための経費を補助する。 牛肉は100グラム当たり1000円、地鶏は同296円を補助の上限に設定。 牛肉の提供は各校で年3食、一人1食当たり100グラムまでとした。 食肉流通業者らによる協議会や都道府県の畜産担当課、教育委員会などが連携し、各校の要望や必要経費をまとめ、実施主体が補助を申請する。 現在、17道府県が対策を活用するための予算を計上している。 そのうち、宮崎県は、5月に計5市町村の小中学校の延べ6900人に提供する予定。 6月以降も続ける。 同県高原町立高原小学校では15日、「宮崎牛」を使ったビーフストロガノフが提供された。 県は「お代わりをする児童もいて、好評だった。 県産牛肉の消費拡大につなげたい」(農業連携推進課)と期待する。 北海道は早ければ7月からの提供を目指す。 現在、道内の小・中学校などからの要望を集めており、対象1800校のうち、半数ほどが希望しているという。 来年2月までで、道産牛肉を計26トン程度提供する見込みだ。 道は「給食で食べたことがきっかけになり、スーパーなどでの道産牛肉の購入にもつながれば」(畜産振興課)と展望する。 長野や兵庫、鳥取などでも、県内各校の要望調査を進める。 これらとは別の25府県でも予算計上を予定している。

次の