トランプ マジック やり方。 トランプマジックのやり方、これはすごいかも

【カードマジックのテクニック解説】簡単なボトムコントロールのやり方・コツ |トランプ手技法解説

トランプ マジック やり方

技法はカットフォースという簡単なトリックのみです。 (このマジックを行う場合は後ろが赤いトランプの方が良いと思います。 ) 2 トランプをテーブルに置き、上半分位をお客様に取っていただき テーブルに置いていただきます。 残りの下半分をテーブルに置いた上半分に少しずらして重ねます。 ) 3 トーク、「今回のマジックはトランプを当てるマジックです。 お客様に好きなところで分けていただきました。 その分け目のトランプを覚えて下さい。 あらかじめ選んでいただくトランプをマジシャンによって決まっている状態です。 分けていただいてからトークで30秒~1分程度間があるとお客様も記憶が濁るので 「これ一番上のトランプだったじゃん!」なんていうツッコミは来ないと思います。 4 覚えていただいたらトランプを好きなところに戻していただきます。 どこにあるのか分からなくするためにトランプを混ぜます。 5 指を鳴らすと上から15枚目くらいに上がってきますと言い、 上から順にトランプを縦に3枚、横に5枚、計15枚並べます。 6 「今から当てます」と言い、 お客様から見て左から2列目、真ん中のトランプをめくります。 違うトランプなので端にななめにして裏向きで置きます。 7 「次は当てますよ!」と言い、 お客様から見て左2列目上のトランプをめくります。 違うトランプなので先に端に置いたトランプに重ねて置きます。 8 「次こそは当てます!」と言い お客様から見て右から2列目、真ん中のトランプをめくります。 違うので先に端に置いたトランプに重ねておきます。 9 「ラストチャンス、本気で当てます!」と言い、 お客様から見て左から2列目、下をめくります。 以上が種明かしになります。 やり方は解説を見てご理解いただけていると思います。 本当にテクニック一切不要の簡単なマジックです。 技法はカットフォースのみなので、 ある程度トーク力があれば全く問題なくいけると思います。 長いとお客様のマジック中の空気が悪くなりますし、 短すぎると「それ一番上のトランプじゃん!」とツッコミを受けます(笑) 最初は30秒を目安にしてみて下さい。 出来るだけ山札の上には来ないよう混ぜましょう。

次の

トランプマジック 簡単ですごいやり方は?種明かしを紹介♪

トランプ マジック やり方

技法はカットフォースという簡単なトリックのみです。 (このマジックを行う場合は後ろが赤いトランプの方が良いと思います。 ) 2 トランプをテーブルに置き、上半分位をお客様に取っていただき テーブルに置いていただきます。 残りの下半分をテーブルに置いた上半分に少しずらして重ねます。 ) 3 トーク、「今回のマジックはトランプを当てるマジックです。 お客様に好きなところで分けていただきました。 その分け目のトランプを覚えて下さい。 あらかじめ選んでいただくトランプをマジシャンによって決まっている状態です。 分けていただいてからトークで30秒~1分程度間があるとお客様も記憶が濁るので 「これ一番上のトランプだったじゃん!」なんていうツッコミは来ないと思います。 4 覚えていただいたらトランプを好きなところに戻していただきます。 どこにあるのか分からなくするためにトランプを混ぜます。 5 指を鳴らすと上から15枚目くらいに上がってきますと言い、 上から順にトランプを縦に3枚、横に5枚、計15枚並べます。 6 「今から当てます」と言い、 お客様から見て左から2列目、真ん中のトランプをめくります。 違うトランプなので端にななめにして裏向きで置きます。 7 「次は当てますよ!」と言い、 お客様から見て左2列目上のトランプをめくります。 違うトランプなので先に端に置いたトランプに重ねて置きます。 8 「次こそは当てます!」と言い お客様から見て右から2列目、真ん中のトランプをめくります。 違うので先に端に置いたトランプに重ねておきます。 9 「ラストチャンス、本気で当てます!」と言い、 お客様から見て左から2列目、下をめくります。 以上が種明かしになります。 やり方は解説を見てご理解いただけていると思います。 本当にテクニック一切不要の簡単なマジックです。 技法はカットフォースのみなので、 ある程度トーク力があれば全く問題なくいけると思います。 長いとお客様のマジック中の空気が悪くなりますし、 短すぎると「それ一番上のトランプじゃん!」とツッコミを受けます(笑) 最初は30秒を目安にしてみて下さい。 出来るだけ山札の上には来ないよう混ぜましょう。

次の

誰でもできる!簡単トランプマジックのやり方

トランプ マジック やり方

ミスディレクションとは英語の「misdirection」のことで、「間違った指導」や「誤認に導くような説明」という意味があります。 ミスディレクションとは、マジシャンが手品に使うテクニックのひとつとして「人の注意をそらして真実を隠す」やり方という意味もあります。 これと同じ意味で、いろいろなスポーツでミスディレクションを使った戦術があります。 また、心理学でもミスディレクションが使われています。 「ミスディレクション」の種類 マジックやメンタリズムでよく使われている「ミスディレクション」にはさまざまなやり方と種類があります。 相手の注意を巧みに操るミスディレクションは、マジシャンやメンタリストだけでなく、普通の生活を送っているわたしたちの日常にも大いに役立つ心理操作のやり方です。 「ミスディレクション」の使い方 ミスディレクションとミスリードは、ほとんど同じ意味と考えて使われています。 英語圏では、ミスディレクションのほうがよく使われています。 日本の場合は、ミスリードの方がたくさん使われている印象があります。 例えばミステリー小説でも、ミスディレクションよりミスリードという言葉が使われることが多いです。 「ミスディレクション」の使い方 「ミスディレクション」の種類 ミスディレクションには、大きく分けて3つの種類があります。 人間の思い込みや集中・錯覚を利用するやり方の「ミスディレクション」、時間を利用してタイム差で人を騙すやり方の「タイムミスディレクション」、人間心理を利用した「サイコロジカルミスディレクション」の3つのやり方です。 1「ミスディレクション」 「ミスディレクション」のやり方で代表的なものが推理小説やクイズ・なぞなぞです。 推理小説は犯人が特定できないように、読者の興味を犯人以外の人物へと導き、あっと驚くどんでん返しを用意してくれています。 クイズやなぞなぞも、人々の思い込みや固定観念を上手く利用した「ミスディレクション」の代表的なやり方です。 2「タイムミスディレクション」 「タイム・ミスディレクション」とは、「人は時間を空けてから結果を提示すると、心を読まれた、超能力みたいだ」と錯覚することを利用したやり方のテクニックです。 例えばタイムミスディレクションを使い、奥さんがほしい物を呟いた時にそれをメモしておき、時間を空けてからプレゼントすれば効果絶大です。 3「サイコロジカルミスディレクション」 「サイコロジカルミスディレクション」は、その名のとおり心理的に人を騙すやり方です。 「サイコロジカルミスディレクション」を悪い方向へ利用した犯罪がオレオレ詐欺です。 思い込みに惑わされないように、注意しましょう。 マジックでのミスディレクション マジックにおいてミスディレクションなしに商売は成り立ちません。 マジックの世界ではミスディレクションのやり方は2つに大別されます。 ・フィジカルミスディレクション:主に観客の目を誘導する、だますというやり方のテクニック。 ・サイコロジカルミスディレクション:心理的な思い込みや常識などを逆手にとるやり方のテクニック。 「フィジカル・ミスディレクション」 「フィジカル・ミスディレクション」のやり方に視線誘導があります。 「フィジカル・ミスディレクション」は文字どおり、人々の意識を他にそらし、その間にコトを行う騙しのやり方です。 コインを持つフリや投げるフリをして人々を惑わす空中コインのマジックは、「フィジカル・ミスディレクション」のやり方を応用したテクニックが使われています。 ミスディレクションに興味のある人におすすめの本 「マジシャンだけが知っている最強の心理戦略」は、マジシャンの心理戦略が学べる本です。 ミスディレクションに精通している職業であるマジシャンの心理戦略のやり方を知ることで、ミスディレクションについてさらに掘り下げていくことができます。 著者はアメリカの超有名手品師です。 ビジネスにも人間関係にもミスディレクションのやり方は応用可能です。 最強の心理戦略のやり方を、学んでみてはいかがでしょうか。 マジシャンは言葉で巧みにわたしたちの心理を誘導して「ミスディレクション」の技術を使っています。 マジシャンの言葉にはひとつひとつ意味があります。 最初の導入部分の文句から、すでに「ミスディレクション」は始まっています。 「タネも仕掛けもないと言われると、人間はタネや仕掛けがあると思い込み、マジシャンの一挙手一投足に目がいってしまいます。 この時点ですでに、マジシャンにマジックを掛けられています。 これは、トランプは1枚しかめくらないという観客の固定観念と、2枚使用しているのに1枚しか持っていないように見せかけるマジシャンのテクニックが上手に融合したミスディレクションのやり方です。 トランプを2枚同時にめくるテクニックは練習すれば簡単にできますが、それを1枚に見せ続けながらマジックを行うには、高度な技が必要です。 有名なマジシャン、ジョン・ラムゼイはこう言っています。 ・もし観客に何かを見てもらいたいと思ったら、あなた自身がそれを見なさい。 ・もし観客にあなた自身を見てもらいたいときは、あなたが彼らを見なさい。 これは、ミスディレクションの本質を言い表した名言として知られています。 マジシャンがショーでよく行うアクションのひとつに、いちど失敗して見せて、あとで大きく成功するという見せ方があります。 実はここにミスディレクションのテクニックが潜んでいて、観客の油断した心と視覚の隙を見て、トリックを仕掛けていきます。 人間は油断したときがいちばん隙ができやすいときです。 あっという間にマジックの仕掛けに騙されてしまいます。 思い込みほど人を翻弄するものはありません。 マジシャンはコップの下にコインがあると見せかけて、とんでもないところからそれを取り出します。 マジシャンは観客がコップを注視している間にトリックを仕掛け、同時にいろいろなことをして困惑させるミスディレクションも行い、あらゆるやり方で観客の死角を突きます。

次の