滅相 も ない 語源。 「滅相もない」 の意味と敬語、謙遜の使い方、類語「とんでもない」との違い、英語表現も

「滅相もない/ございません」の使い方!返し方やとんでもないとの違い

滅相 も ない 語源

「滅相もない」の読み方と意味 「滅相もない」の読み方は「めっそうもない」 「滅相もない」は、「 めっそうもない」と読みます。 「滅相もない」の意味は「とんでもない」「あるべきことではない」 「滅相もない」とは、「 とんでもない」「 あるべきことではない」という意味があり、 相手の言っていることを否定をしているニュアンスがある言葉です。 相手に対して自分のことをへりくだって「そんなことはないです」という意味合いで否定をする表現方法になります。 「滅相もない」の語源は仏教の四相 「滅相もない」の語源は、仏教用語からきていると言われています。 仏教では、物事の移り変わりを「四相」という四段階にわける考え方があります。 「四相」は、産まれることを「生相」存在していることを「住相」変化することを「異相」消えてなくなってしまうことを「滅相」としていました。 この消えてなくなってしまうことを意味していた「滅相」という言葉が「滅相もない」の語源です。 「滅相」が尽きると命が消えてなくなってしまうということから転じて、「とんでもない」という意味合いを込めて「滅相もない」」と使用されるようになりました。 「滅相もない」の使い方と例文 謙遜(感謝・お褒めの言葉への返事) 「滅相もない」という言葉は、 自分自身に関することを褒められたというような場合の返事として使用される言葉です。 相手何か褒められたという場合は、謙遜する気持ちがあっても「そんなこないです」とストレートに否定してしまうと失礼にあたります。 だからといって、「そうですよね、ありがとうございます」と肯定的すぎる返答をするのも謙虚さがなく、礼儀がないなと思われてしまう可能性があります。 そういった場面で「滅相もない」と使用すると、 「そんなことないです」という謙遜する意味合いが強くなり、相手に謙虚な姿勢をみせることができて好ましいです。 例文 ・「昨日は大変お世話になりました」「滅相もない。 当たり前のことをしたまでです」 ・「立派な娘さんですね」「滅相もない。 ただの猫かぶりですから」 ・「会社が上場するなんて素晴らしいですね」「滅相もない。 ここからが勝負ですから」 強い否定(他人の意見を否定して返す) 「滅相もない」という言葉には謙遜する意味合いだけではなく、「他人の意見を否定して返す」という「強い否定」のニュアンスでも使用されます。 例えば、絶対にありえない疑いをかけられたといった場面で「そんなことあるわけないです!」という 強い否定の言葉を丁寧に言い表したものが「滅相もない」という表現になります。 謙遜する意味合いなのか、強い否定の意味合いなのかは、場面と前後の言葉で判断しましょう。 例文 ・冗談だなんて滅相もない。 私は本気ですよ。 ・私の息子が出馬するなんて、滅相もない話だ。 ・明日までに沖縄に来いなんて、滅相もないことを言うな。 「滅相もない」の敬語と注意点 「滅相もございません」は誤用という意見も 「滅相もございません」は、「滅相」という言葉に「ありません」という打ち消しの意味がある言葉の丁寧語である「ございません」を使用している言い回しで、 「滅相もない」ということを丁寧に言い表した言葉ですが、この表現は誤用であるという意見もあります。 理由としては、「滅相もない」という言葉は「滅相もない」という言葉が1つの形容詞であり「滅相」という言葉と「ない」という言葉に分けて敬語表現にすることはできないという考えがあることがあげられます。 しかし、文化庁が発表した「敬語の指針」でも「滅相もございません」という表現は問題ないという説明があり、現在では頻繁に見かける使用方法となっています。 「滅相もないことです」が正しい敬語表現 「滅相もない」は、自分と同等の立場の人間や、目下の人に対しては「滅相もない」という一言で謙遜している表現として使用できます。 しかし、上述したように「滅相もない」という言葉で1つの形容詞であるため、この一言では敬語表現になりません。 そのため、目上の人に対して使用する場合は「滅相もないことです」といったような敬語表現に言い換える必要があり、「 滅相もないことです」というような敬語表現を使用します。 「ございます」は、「〜だ」「〜です」を丁寧に言い表した表現です。 さらに、「滅相もない」と「ございます」の間に「こと」という名詞を入れています。 「滅相もない」は形容詞で、他の名詞を修飾する必要があるため 「滅相もない」の後に名詞「こと」をつけることによって、形容詞の役割を果たすことができます。 例文 「私が政治家に立候補するなんて滅相もないことでございます」 「大役をまかせると、彼女は滅相もないことでございますと言って首を横にふった」 「入社したばかりで連休をいただくなんて滅相もないことでございます」 「滅相もない」と「とんでもない」の違い 「とんでもない」の意味は「そんなことないです」で、ほぼ同じ意味 「とんでもない」の意味は、 ・とても考えられない、思いがけない、途方もない、意外である ・そんなことはない、冗談ではない、滅相もない(相手の言葉を強く否定して言う) ・もってのほかである、大変なことだ、けしからん(非難の気持ちを込めて言う) の3つになります。 「とんでもない」は目上の人から褒められたときや、お客様にお礼を言われたときなどに、謙遜の意味も含めて軽く否定するときに相応しい言葉であるため、「滅相もない」とほぼ同じ意味で使用されている類語になります。 「滅相もない」の方が堅い表現なので、目上には「滅相もない」を使うべし 「滅相もない」と「とんでもない」は類語表現ですが、「滅相もない」の方が堅い言葉なので上司や取引先などの目上の人には「滅相もない」を使った方がベターでしょう。 「とんでもないです」などの敬語(丁寧語)表現を使えば目上の人に使うことも可能ですが、それならば上記でご紹介した「滅相もない」の敬語表現を使った方がよりフォーマルになります。 「滅相もない」の類語表現と言い換え 決してそんなことはない 「決してそんなことはない」の意味は「 絶対にそんなことはない」という意味で使用される言葉です。 「決して(けっして)」は、後に「〜ない」という打ち消しの言葉を伴って「絶対に」「断じて」というニュアンスになります。 つまり、「決してそんなことはない」は、 相手が述べたことに対して「絶対にそんなことはない」というニュアンスで否定をする表現です。 例文 「いえいえ、私だけの実力だなんて決してそんなことはないですよ」 「1人欠けても大丈夫なんて決してそんなことはないですよ、皆さんの力が必要です」 「彼女が人を裏切ったなんて決してそんなことはない」 濡れ衣 「濡れ衣(ぬれぎぬ)」は「 見に覚えのない罪」という意味の言葉です。 無実の罪を着せられることを「濡れ衣」と表現します。 例文 「いつの間にかお店のものを盗んだという濡れ衣を着せられてしまっていた」 「見に覚えのない濡れ衣を着せられ、腹が立たので会社を退職した」 「自分の罪なのに人に濡れ衣を着せるなんて最低の行為だといえる」 冤罪 「冤罪(えんざい)」の意味は、「 罪がないのに罰せられること」です。 一般的には、 刑事事件において、無罪なのにも関わらず法律で罰せられてしまうといったことを「冤罪」といいます。 例文 「冤罪で捕まってしまった人の恨みは計り知れないものである」 「私は、父が冤罪であると今でも信じて帰りを待っている」 「冤罪を証明するために、証拠をかき集めて必死に捜査した」.

次の

滅相もないの意味や語源由来とは?正しい使い方も解説。

滅相 も ない 語源

4月8日はお釈迦様の誕生日です。 この日の朝、テレビ朝日系列で放送中の「グッドモーニング」の「ことば検定」で林修先生が、生まれてすぐのお釈迦様が「」と仰ったことにちなんで、仏教の言葉について解説していました。 (問題)仏教に由来する言葉は? 1、めっそうもない 2、みっともない 3、ペットの鳥に泣き言 答えは、1の「めっそうもない」です。 「めっそうもない」とは「とんでもない」「あるべきことではない」という意味です。 漢字で書くと「滅相もない」です。 「とんでもない」と比べて、目上の人に使われることが多いのが「滅相もない」です。 この「 滅相」が仏教から来た言葉なのです。 「滅相」とはどんな意味で、どうして「滅相もない」が「とんでもない」という意味になったのでしょうか。 滅相とは 「滅相」とは「四相(しそう)」の中の1つで、「四相」とは「生相」「住相」「異相」「滅相」の4つをまとめた言い方です。 仏教では「」と教えられています。 平家物語の冒頭に「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり」とありますから、聞いたことのある方も多いと思います。 「 諸行無常」とは、「諸行」=すべてのもの、「無常」=続かない、ということで、 どんなものも続かない、やがては必ず無くなっていくということです。 どれだけ大事にしている物でも、いつまでもあるわけではなく、物ならばやがては壊れてしまいます。 どんなに大切な人とも、永遠に一緒にいることはできません。 「 生相」とは、因と縁が合わさって生じた状態 「 住相」とは、その状態でとどまっている状態 「 異相」とは、変化する状態 「 滅相」とは、消滅した状態 世界を明るく照らす太陽も、約46億年前に生まれ、今は明るく輝いていますが、だんだんと変化していき、109億年後には光を失うと言われています。 私たちも生まれた時があり、生きている内に少しずつ変化し、やがて死ぬ時がやってきます。 一期(いちご)の四相も教えられています。 一期とは人間の一生のこと。 人間の一生を四相でいうと、「生」「老」「病」「死」と教えているのです。 ですから 「滅相」は死ぬことでもあります。 「滅相もない」と「とんでもない」 「滅相」は人間の一生でいえば「 死」です。 私たちは、元気な時は、死を忘れています。 いつ死んでもよいと口で言っている人もあります。 しかし、本心では、誰もが死にたくないと思っています。 「新型コロナウイルスが怖い」というのは感染した場合に死亡する可能性が高いからです。 感染者数で言えば、ふつうの風邪のほうが多いでしょうが、ただの風邪ウイルスに感染しても死ぬことは稀ですから怖がられることはありません。 「新型コロナウイルスが怖い」とは「死が怖い」のであり、死にたくない本心の吐露なのです。 それだけ忌み嫌っている死は、私たちにとっては、あってはならないこと、とんでもないものであるので、死を表す「滅相」は「とんでもない」という意味で使われるようになり、さらに滅相などころではない、「滅相もない」という言葉になりました。 それで、今日では「とんでもない」と言う時に、目上の方には「滅相もない」と言うようになったのです。 仏教で教えられる諸行無常について、こちらの記事で解説しています。 メール講座のご案内 今なら仏教界でも評価の高い浄土真宗の月刊誌『とどろき』の内容をメールでお送りします。 メールですので場所も取らず、毎日少しの時間で学ぶことができます。 さらに今ならとどろきの内容のPDFデータを登録後のページで無料配布しています。 毎月先着100名様の限定です。 (メール講座はいつでも解除できます) サンプルPDFをこちらから閲覧できます。 登録は こちらから 仏教がやさしく分かる 冊子と解説CDプレゼント 「仏教を学んでみたい」と思われたあなたへ。 受講者20万人を突破した仏教講座が、自分のペースで繰返し学べる6回完結型の仏教通信コースとなりました。 今なら、無料体験版「お釈迦さまってどんな方?」をまとめた冊子と解説CDをプレゼント中。 無料プレゼント! 応募は こちらから.

次の

「滅相もない」の語源由来〜滅相もないの語源とは?語源由来辞典

滅相 も ない 語源

目上に対しては敬語表現にして使う 「滅相もない」は 「滅相もないです」「滅相もないことでございます。 (あります)」と語尾を変化させ、敬語表現にしていきましょう。 なぜなら、「滅相もない」だけでは敬語表現にならないため、目上の人にそれだけで伝えるには不十分です。 「滅相もない」の一言でも、相手には「謙遜」である意味は伝わりますが、場合によっては失礼に値します。 ビジネスの場などで特に使うことが多い言葉なので、きちんと「滅相もないです」などと敬語表現を使ってください。 「滅相もございません」は間違い 「滅相もない」は「滅相もございません」と使われる場合があります。 しかし、これは間違った使い方です。 なぜなら、「滅相もない」はそれ一つで使える「形容詞」とされているから。 「滅相もない」の「ない」を「ございません」に変換すると、単語として成り立たなくなるのです。 そのため、前述したように「滅相もないことでございます。 」「滅相もないです。 」のように「滅相もない」に丁寧な語尾をつけて、敬語として扱われます。 「滅相もございません」は間違った使い方なので、敬語として扱わないようにしましょう。•

次の