に の 結婚 相手。 結婚相手の見極め方のポイント!本当にその人と結婚していいの?

どう見極めるべき?「結婚相手にピッタリ」な男性の特徴

に の 結婚 相手

1:結婚相手を選ぶのは大変!みんなはどう選んだ? 結婚したいと考えても、結婚はひとりではできません。 絶対に相手が必要になるわけですが、この相手探しが簡単ではないんですよね。 相手を見誤ってしまうと、結婚後の生活は地獄にもなりえます。 そこでまずは、結婚相手を選んだ理由を色々な人に聞いてみました。 「私はこの人と結婚するんだ!」という決め手とは一体なんだったのでしょうか? 2:女性目線で「男性を選ぶ決め手」10個 まずは女性陣の意見を。 彼を夫に選んだのは何故ですか? (1)尽くしていて幸せ 「私は彼がちょっと大変な病気になったときに、2週間くらいつきっきりで看病したことがあるんです。 彼はいつでも私のことを見ていてくれて、仕事で失敗して落ち込んでいることとかもすごく敏感に気づいてくれてたんです。 結婚してから長い間一緒にいるなら、言わなくてもこういうことに気づいてくれる人じゃないとムリじゃないかと思います」(Kさん/34歳) (3)失敗しても一緒に笑ってくれる 「私本当に不器用で、料理とかも全然うまくないんですね。 ドジだから、色々失敗もしちゃうし。 こういうのって大事ですよね」(Uさん/29歳) (4)守ってもらえると信じられる 「彼と結婚しようと決めた理由のひとつは、私があるとき、痴漢にあってすごく怖がっているときに、ずっと心配してくれたからです。 しばらくは電車に乗るのも怖かったんですけど、それを伝えたら、彼は遠回りしてでも一緒に電車に乗って会社の近くまで来てくれてたし。 女ってやっぱり弱いから、守ってもらえるかどうかって重要だと思うんです。 自分だけじゃなくて、子供のこともしっかり守ってもらえるだろうなって思えたから、結婚を決意できたんだと思います」(Hさん/31歳) (5)なんでも受け止めてもらえそう 「私、実は、過去に色々嫌な経験をしてるんですね。 男の人が聞いたら引きそうなこととかも結構あって。 だから付き合った男性にもほとんどの人に、秘密にしてきたんです。 でも彼には理解してもらえるかもって思ったので、それを伝えてみたんです。 あぁ、この彼となら一生一緒にいても傷つけあうことはないだろうなって思えました」(Tさん/28歳) (6)おばあちゃんになっても愛してくれる 「男の人ってなんだかんだ言っても、やっぱり顔で女を選ぶことも多いでしょ?でも彼だけは絶対にそういうことなさそうだって感じたから。 だから結婚することにしました」(Eさん/29歳) (7)絶対に浮気をしない 「私の場合は絶対に浮気とかする人とは付き合っていけないってハッキリ思ってたので、そこですね。 でも今の夫は私に一途なことがすごく伝わってきたんですよね。 何でって言われてもわかんないんですけど。 とにかく私以外には本当に興味がないんだなってわかったから。 もちろん趣味だけが会う人なら他にもたくさんいるんですけど、たとえば読書でも同じ作家が好きとか、映画も同じモノが好きとか。 あと、食べ物の趣味もピッタリで。 だからこの人と一緒にいたら、ずっと自分の趣味を一緒に楽しめるんだなって思って」(Iさん/27歳) (9)嫌いな人や許せない行為が一緒 「たぶんですけど、私結構バサバサ人を切るタイプなんですよね。 だから、嫌いな人とは話したくもないし、嫌われてもいいって思ってて。 男を選ぶときでもそうなんです。 なので、嫌いな人とでも合わせようとする人とかもダメで。 今の夫は、そういうところが一緒でした。 それに彼と私の嫌いなタイプも一緒だし、許せない行為も一緒で。 だから彼の交友関係の中に私の嫌いなタイプがひとりもいないんですよ。 こんなの初めてで。 だから結婚できるって思ったのかなぁ」(Tさん/34歳) (10)金銭感覚が同じ 「金銭感覚が同じことが重要だと思いますね。 収入がいくらとかってことじゃなくて、どのくらい将来のために貯金が必要だから、今はちょっと我慢しようとか。 ここにはお金を使って良いけど、ここに使うのはもったいないとかっていう金銭感覚です。 すごく年収がよくても浪費癖がある人だったら、絶対に一緒にいてストレスになっちゃうと思うし。 キレイごとだけで結婚生活を長く続けるのはムリだと思うので」(Yさん/30歳) 3:男性は女性をどう選んでる? その決め手5個 女性たちに相手との結婚を決めた決め手を聞いてみましたが、一方で男性たちはどうなのでしょうか? 今度は男性たちに相手を選んだ決め手を聞いてみましょう。 (1)家のことが無理なくできる 「僕は料理がすごく上手とかではなくてもいいので、家庭のことをムリせずにこなしてくれる女性がいいなと思っていたんです。 そんなときに、家事がすごく好きという彼女と出会えて、結婚を考えましたね。 僕が家のことをするのが苦手なので、家のことは奥さんに任せたいと思っていたんですけど、それが相手の負担になるようならイヤだと考えていて。 だから、好きで家のことをしてくれる人がピッタリだと思いました」(Wさん/36歳) (2)一緒にいて楽 「感覚でしかないので、言葉で伝えるのは難しいんですけど、とにかく今の妻とは一緒にいて楽だったんですよね。 男ってやっぱり女性といるとどこか気を張るところがあるでしょ? そういうのが全然なくて最初から居心地がよすぎるくらいよかったんですよ。 こんな人はめったにいないだろうな」(Eさん/31歳) (3)お金の管理をしっかりしてくれそう 「彼女として付き合う女性なら、顔とか雰囲気で選んでました。 でも結婚を考えだしてからは、しっかりとお金の管理をしてくれるかってことを重点的にチェックするようにしましたね。 自分があんまりそういうの得意じゃないので。 お金って使ったらすぐに出て行ってしまい、なくなるってわかってるから、ちゃんと節約しながら将来のために貯めてくれるようなしっかり者じゃないと奥さんには選べませんでした」(Iさん/33歳) (4)仕事に理解がある 「今の妻と出会って、すごくほかの人と違うなって思った点があって。 そこが結婚の決め手だったと思います。 俺は仕事がすごく好きで残業とか休日出勤とかもしちゃうんですね。 それまでの彼女は、それでデートがキャンセルになるとたいていヒステリックに怒ってたんですけど、今の妻はそういうことが一切なくて。 仕事から帰ってきて疲れてるときにはそっとしておいて、ご飯だけ作ってくれるし。 そういう気配りに本当に感動してプロポーズしました」(Uさん/34歳) (5)自分を立ててくれる 「男としてはやっぱり自分を立ててくれるかどうかって重要なポイントだと思ってます。 今の妻はその点パーフェクト。 俺の友達に会わせても絶対に俺が恥ずかしくなるようなことは言わないししない。 だから、どこに連れて行っても俺が恥をかかされるようなことはないんですよ。 ちっちゃなプライドかもしれないけど、そこがすごく大切で、なかなかできる女性がいないところだと思います」(Wさん/30歳) 男性たちが結婚相手として選ぶポイントの多くは、「自分にないところを補ってくれるかどうか」なのかもしれません。 女性たちと比べて、感情の面ではなく現実的な面を重要視しているのも大きな違いかもしれませんね。 この記事を書いたライター 大山奏 K. Ohyama スピリチュアルと運動が好きなアウトドア系ライター。 整体師、カラーセラピスト、アロマテラピーインストラクター。

次の

結婚相手の顔を誕生日占い!性格、容姿、特徴を占います

に の 結婚 相手

世の中には「性格の不一致」が原因で離婚する夫婦が多いですが……一致しているべきは、性格なんでしょうか? もっと共通しているべきポイントがあるんじゃないかと思います。 結婚するなら、性格や好みが同じだといいな……と思う人は多いでしょう。 そもそも親密な仲で付き合う相手には、誰もが自分と似た部分を求めるものです。 そして、似た部分を持ち合うからこそ、関係がうまくいくというのは、間違っていないといえます。 ただし、結婚相手に本当に望むべき共通点は、「性格」や「価値観」なのでしょうか? 別居や離婚をせず、円満夫婦で居続けられる男女の間には、どんな「同じもの」があるのか、詳しく見ていきたいと思います。 恋人とはデートをするときにしか一緒に食事をしないかもしれませんが、配偶者とは毎日朝晩、食卓を囲むことになります。 日常生活における基本的な部分が大きく違ってくると、夫婦の不仲に繋がりやすいでしょう。 ですので、食べ物の好みは絶対に同じであるべきです。 例えば……筆者の友人女性は辛いものが好きで、麻婆豆腐を作ると見るからに辛そうな色をしていたりするんですが、彼女はなぜか甘党で辛いものが苦手な男性と結婚しました。 職場で知り合い、一緒に仕事をする中で意気投合したんだそうです。 けれど、結婚して3年も経たないうちに、二人は残念ながら離婚しました。 理由はいくつかありましたが、「アタシが作るものを旦那がおいしいって言わなくて、ほんとにムカついた」というのも大きな原因だったようです。 夫婦という関係性に置いて、食べ物の好みは同じであるべきです。 そんなものにこだわるなんて、時代錯誤も甚だしい……と思います。 人を好きになるのに、家柄や学歴なんか関係ない! と、筆者もずっと思っていました。 しかし、結婚適齢期を迎えて、自分や周りの女性たちが続々と結婚し、リアルな家庭生活を目の当たりにすると、「教養レベルが同じということは、結構大事なことかも」と考えるようになりました。 何気なく使う単語が夫や妻には難解で通じないとか、自分は当たり前に正しく読める漢字が結婚相手には読めないなどという状況は、夫婦関係を白けさせます。 新婚時代はちょっとバカっぽいところが魅力だったりもしますが、3~5年も経てば教養レベルが高いほうが、低いほうを完全に見下すようになるでしょう。 かつて筆者の上司だった男性で、両親、親族がほとんど東大、京大という方がいらっしゃいましたが、他愛無い雑談のレベルが全然違いました。 自分は特におバカキャラを演じていたわけではないのに、「そんなことも知らないのかー」なんて、よく笑われたものです。 尊敬すべき上司でしたが、彼と結婚したら疲れそうだな……と、思ったことがあります。 とんでもない不幸に見舞われることだってあるでしょう。 また、どんなに仲の良い夫婦であれ、一度は離婚しそうなけんかを経験するものです。 そうしたとき、笑いのツボが同じであるということは、救いになります。 落ち込んだ気持ちが上がったり、仲直りのきっかけになったりするはずです。 あるいは、夫婦仲が苦しく、ぎくしゃくしたものでないとしても、同じポイントで大笑いできるということは、結婚生活を明るく楽しいものにするでしょう。 配偶者とは、ぜひ同じでありたいところです。 おわりに 筆者は結婚も離婚も経験していますが、個人的には「仕事観」だとか「当然するべき努力のレベル」が同じであることが大事かなと思います。 夫婦はギブアンドテイクで対等であるべきだと考えるので、一方だけが努力してもう一方をひたすら支える、というのは疲れちゃいます。 頑張っているほうに、頑張らないほうがつねに『おんぶに抱っこ』というのは、不公平でストレスがたまるのです。 離婚の原因一位は、つねに「性格の不一致」ですが、それは単に性格が合わないだけではないでしょう。 夫婦間では絶対に共通していたい感覚、好みがあるのだと思います。 (沙木貴咲/ライター) (愛カツ編集部).

次の

結婚相手の顔を誕生日占い!性格、容姿、特徴を占います

に の 結婚 相手

胸がときめくのは、感受性が豊かで優れた感性を持っている証拠。 特に「朝がすっきり起きられた」や「道端の花が可愛い」のように、何気ない日常にときめいている姿は、誰の眼にも愛らしく映ります。 このような愛らしい姿に男性は惹かれ、自然と恋が引き寄せられてくるのです。 そうして出会った男性は、あなたの生涯に寄り添うパートナーである可能性が高いでしょう。 子供に懐かれるのは、あなたの母性が開花していることを意味します。 母親のような優しい母性に惹かれて、子供たちが自然と集まって来るのです。 女性にとって子供は、結婚と同じくらい大切な存在です。 両者をイコールで考える人も少なくないため、「子供に懐かれている」と感じたら、結婚の運気が高まっていると言えるでしょう。 それは、運命の人がすぐ近くに来ているサインかもしれませんね。 1人が寂しくなるのは、人肌が恋しい証拠。 自由度の高い独身ライフに終止符を打つ絶好のタイミングとも言えます。 それはあなたが寄り添えるパートナーを探しているということ。 孤独を感じるのは、結婚や家庭への憧れを意味します。 未だ見ぬ運命の人を想い、無意識のうちに相手を求めているのです。 結婚への準備を整えている最中でもあるため、気持ちが不安定になることもよくあるようです。 モテ期には、恋愛運はもちろん結婚運なども上昇傾向にあります。 恋愛感情が大きく働き、運命が動き出すターニングポイントとなるため、結婚相手に出会う日もそう遠くはありません。 これらの運気が上昇している証拠であるため、チャンスを見逃さないようにしましょうね。 たとえこれまでの恋愛に恵まれなかったとしても、新しい恋愛で心機一転を狙いましょう。 失恋は悲しいことではありません。 辛い思いや恋愛経験をした分だけ、人は強くなれます。 そうして得た経験を、次の恋愛に活かすことで幸せをつかみましょう。 特に、結婚適齢期が近づいた時の失恋は、大恋愛がすぐそこまで迫っているサイン。 結婚を考えるほどの運命の人が、すぐ近くにいるかもしれません。 多くの女性は、自分の手料理を結婚相手に振舞いたいと思っているもの。 そして少しでも美味しい料理を食べてもらいたいのです。 そのために、料理の腕を磨きレパートリーを増やして、結婚に備えていきましょう。 特に女性は、ホルモンバランスの変化が体調にあらわれやすいため、無意識のうちにシグナルを受け取っている可能性があります。 今後の躍動に備えて、今は体をしっかり休めるとき。 運命の人にいつ出会ってもいいように、体を万全の状態にしておきましょう。 自分の身の回りが変化している場合、自分自身に変化が訪れることも少なくありません。 また、そのような変化の流れに乗って、恋愛運や結婚運が大きく動き出すでしょう。 たとえこれまでの運気が良くなかったとしても、環境が変化は運命を変えるチャンスです。 新しい環境で新しい自分になることで、思わぬ運命に出会えるかもしれませんよ。 それは、お互いの共通点がある方が、人は仲良くなりやすい傾向にあるからです。 さらに、一心不乱に何かに没頭する姿に、胸を打たれる男性も少なくないはず。 一度恋愛から離れて趣味などに没頭することは、意外と結婚への近道になるようです。 旅は、さまざまな人や自然に触れながら自分を成長させる絶好の機会です。 こうして育まれた豊かな人間性は、結婚生活を送る上でも重要な糧となります。 社交性があり、人の笑顔に囲まれている女性はとても魅力的です。 女性のそのような姿を見て、楽しい家庭を築けそうだと感じる男性も少なくないのではないでしょうか。 旅は出会いの機会でもあるため、旅がしたくなるのは運命の人に出会える前兆とも言えるでしょう。 運命の人に出会う前兆は、ここで紹介した以外にもたくさんあります。 以下の記事では20の前兆を紹介しています。 こちらもあわせて読んでみましょう。 結婚線とは、小指の付け根と感情線の間にあらわれる短い筋のような線です。 一般に、この線が上向きで濃くはっきりと出ている場合は、幸せな結婚をする運気に恵まれています。 特に、線が1本だけしか出ていない場合は、運命の人に出会えるサインです。 生涯において、一世一代の結婚が近づいていることをあらわします。 逆に線が複数本ある場合は、いくつかの離婚と結婚を繰り返し、恋多き人生になる予感です。 このような結婚線の動向をこまめにチェックして、結婚相手に出会う前兆を見つけましょう。 恋愛線とは、感情線下方から生命線を横切るようにして伸びている線のことです。 この恋愛線は、一般に恋愛感情が大きく動いたときにあらわれる手相として知られています。 特に、感情線の上方から貫くようにして生命線を横切っている恋愛線は、人一倍深い縁の相手に出会う予感です。 このように、恋愛線は恋愛の運気が盛り上がっている証拠であるため、出会いや結婚のシグナルがあらわれることを覚えておきましょう。 一般にこの線があると、男性なら男性らしく、女性なら女性らしい魅力にあふれ、異性からモテることを意味します。 しかしこのモテ線は、芸能人やタレントのように「誰からも好かれる八方美人な線」という特性もあります。 誰からも好かれるということは、それだけ運命の人が見分けづらくなるということであるため、せっかくのチャンスを見逃さないよう直感を働かせるようにしましょう。 また、このモテ線が濃く太くはっきりとあらわれているほど、モテ運気が上昇していると言われています。 感情線は、小指の付け根下方から人差し指と中指の間に向かって上向きに伸びている線で、気力や精神力をつかさどる手相として知られています。 そして、先端が3本に分かれた感情線は、一般にモテ期の到来をあらわしています。 この手相があると、人との絆が深まったり周囲の人を幸せにしたりする魅力があることの証です。 このような人当たりの良さが、結婚につながると考えられています。 金星丘とは、親指の付け根付近の盛り上がっている領域のことです。 この金星丘は、恋愛や情動をつかさどる丘として知られており、あらわれる手相によっては結婚の前兆と捉えることができます。 開運の手相として有名なのは、スター線です。 アスタリスク「*」のようになスター線が金星丘にあらわれたら、恋愛面で幸福に満たされることを暗示しています。 また、魚のような形をしたフィッシュと呼ばれる手相は、これまでにない大恋愛の予感です。 その相手が運命の人となるかもしれないため、ご縁を大切にしましょう。 結婚線という名前は知っていても、手相の見方が分からないという方も多いのではないでしょうか。 結婚線は、本数や向きによっても意味が変わります。 以下の記事を参考にして、結婚線の意味とメッセージを解読しましょう。 そのため、これまでの運命が大きく変化しやすく、思わぬ出会いが待ち受けている可能性があります。 特に、一人暮らしや社会人一年目、転職のように環境がガラッと変わるイベントは、運命の人に出会えるチャンスです。 同じ場所で同じ時期に出会うだけでも奇跡ですが、さらに日常を共にするような間柄であればより運命的な出会いだと感じるはずです。 運命的な出会いをした相手であれば、結婚相手のように特別な存在になる日もそう遠くはありません。 新生活では、新しい出会いを大切にして、運命の人を見つけられるようにしましょう。 仕事やプライベートが上手く行かず不運続きだと感じても、それは決して運に見放されているわけではありません。 不運続きでも、あなたの異変に気付いてくれる人や、あなたの頑張りを見てくれている人が近くにいるはずです。 そして、もしその人があなたを特別に思っていたら、困っている時に手を差し伸べてくれるでしょう。 このように、たとえ不運だとしても運命には人を惹き合わせる力があります。 この場合は、「禍を転じて福と為す」ことを念頭に置いて、注意深く周りを見渡してみましょうね。 女性は、結婚に向けて心も体もさまざまな準備をしますが、結婚適齢期はそれらの準備が整っている時期です。 そのため、結婚のシグナルが最も放たれており、運命を敏感に察知しやすくなります。 特に、相手も結婚適齢期である人と巡り会いやすいでしょう。 この場合、自分だけでなく相手も結婚に対する準備が整っている可能性が高いからです。 結婚適齢期は、人によって最適な時期が異なるため、一度自分の適齢期はいつか診断してみてくださいね。 これまで日常生活における結婚の前兆を紹介してきましたが、夢占いでも結婚の前兆となる場合があります。 告白やプロポーズの夢を見たら、以下の記事を参考にして夢占いをしてみてくださいね。 結婚相手だと感じる人の特徴 初めて会った感じじゃない人 初めて会ったはずなのに初めて会った感じがしない人は、結婚相手になり得る運命の人かもしれません。 初めて会った感じがしないのは、自分の潜在意識の中にある記憶と連動しているか、あるいは前世などで意識的なつながりがあるなど、目に見えない何かでつながっている可能性が高いでしょう。 自分がこのように感じたら、相手も同じように運命を感じているはずです。 そこから関係が発展すれば、親密な仲になることも少なくありません。 初めて会った感じじゃない人がいれば、自分の本能に従ってみるのも良いですね。 タイプじゃないのに惹かれる人 タイプじゃないのに惹かれる人には、不思議な魅力を感じますよね。 女性は本来、自分の好みの人と結ばれたいと思っているはず。 しかし、タイプじゃないのに惹かれる人は、常識や理屈を超えた先にある「運命」でつながっている人かもしれません。 その運命に翻弄されるか、運命をコントロールするかはあなた次第。 一度会っただけで忘れられない人がいたら、あなたにとってかけがえのない存在になることでしょう。 きっと幸せはすぐそこまで来ていますよ。 もし「この人が運命の人だ」と感じる人に出会ったら、自分から行動を起こすことも大切です。 運命は、待っているだけではつかみ取ることはできません。 以下の記事で紹介する恋愛が叶う前兆を参考にして、幸せをつかみ取りましょう。 結婚相手のサインを見逃さずにチャンスをつかもう 結婚相手に出会う前兆はさまざまです。 1人でいるのが寂しくなったり、色恋に敏感になったり。 特に女性はホルモンの影響を受けやすいため、気持ちの持ち方や体の状態によっても運気が左右されます。 結婚とは、2人が運命に引き寄せられることから始まります。 そのためには、まず自分がいつ結婚しても大丈夫なように、料理や趣味などで自分を磨きましょう。 そして何より大切なのは、結婚相手となる運命の人のシグナルを見逃さないこと。 本記事で紹介した前兆を参考にしながら、結婚相手と出会えるチャンスを見逃さないようにしましょう。 きっとその先に、幸せな結婚が待っています。

次の