未来 人 予言。 未来人の予言!未来人が明かした地球で起こる8つの出来事

未来人がコロナウイルスを予言?2062年から来たのは本当かフェイクか

未来 人 予言

未来人がコロナウイルスを予言? 未来人がコロナウイルスを予言した!このうわさが止まないのは原因がありました。 実際にネット上の掲示板に書き込みがあり、コロナウイルスを予言したかと思われる言葉がズラッとあったようです。 どのような予言をこれまでしてきたかも掲載しておきます。 未来人の2062年から来た男とは? きっかけは投稿サイトの「2ちゃんねる」皆さんご存じのネット上最大の掲示板です。 投稿サイトに【2062年に来た男】という名前で2010年以降から日本、そして世界の動き、経済について投稿をし始めました。 これまで投稿サイトには未来人だとか予言者という人物が投稿をする時もありましたが、この【2062年から来た男】の投稿は非常に リアリティ、そして明確、最後には的中していると注目されています。 少し怖いくらいですね。 その予言とはどんなものがあるか気になりますよね。 ただ、2062年から調査の為に来たただの男だ。 現代では欠かせなくなったソーシャルネットワークサービスの「ツイッター」2年前から【2062年から来た男】が予言したと言われている。 実際ハッカーの仕業ではないと証明もされこちらの投稿者が【2062年から来た男】と同一人物だということも判明されたみたいです。 これまでも数々の事を予言した真相をもっと知りたい方はこちら これまでの予言の中でも コロナウイルスを思わせる予言が話題になっている様子です。 未来人がコロナウイルスを予言したのか? 現在私たちの暮らしを脅かしているコロナウイルス 【2062年から来た男】はそれを思わせることをすでに予言していたそうです。 2062年から来た男 ウイルスのパンデミックを予言? この書き込みをした【2062年から来た男】は今を思わせる内容と考えられそうです。 恐らく ウィルスのパンデミックが原因なのではないでしょうか。 「ウイルスで人類は滅びる」ともよく言われますが、あまりにもリアリティある書き込みに恐怖感を覚えますね。 世界的に広まり続けているコロナウイルスですが2024年にまた大事件が起きるのであれば、これ以上のことが起こると思うと恐ろしくて仕方ないですね。 この予言を信じるか信じないかはあなた次第ですが、話題となっているのでこんな事実があったのかと思っていただければ良いかと思います。 未来人が2062年から来たのは本当かフェイクか 未来から来たと言われている【2062年から来た男】 本当に未来から来たのか?フェイクではないか?なんだか胡散臭いと思う方もいるはずです。 ですがこれまでの予言をみると信じがたいようで信じることをせざる負えない気もしますね。 未来人2062年から来た男を名乗るフェイクは存在する 注意したいことが世の中にはなりすましをする人物もいるということです。 同じ予言者を名乗って適当に予言をしている人物もいます。 2062年から来たと思わせる発言が多数 今からそんな遠くもない2024年の予言を以下に掲載しておきます。 移民は増えない。 なぜなら、2024年に大事件が発生する。 2030年代に予定されている第三次世界大戦なんかも情報あればよろしく。 第三次世界大戦は2030年ではない。 もっと早いぞ。 続いて、2024年の大事件がきっかけとなり日本が大きく変わる。 2020年代後半。 ・251ページで 『エイズウィルスの遺伝子操作研究で得た発見により、2025年に先立って新たな一連の問題が発生する。 』と述べ、 ・196ページでは 『遺伝子レベルでの生殖機能上の問題が、2035年までに人類存亡の危機に発展する。 』と言っているんだ。 なぜなら、2024年に大事件が発生する。 マクモニーグルの予言と【2062年から来た男】の予言が一致していてびっくりますね。 人口問題でも男性がかなり少なってくるのは、たばこが原因でウイルスに抵抗力がなくなるからではないかという声もありました。 未来人2062年から来た男にネットの反響 これ今の状況をぴったり出してる。 10年前に2062年から来た男がの2chに残したとされるスレッド。 信じるか信じないかは。。。 ですね。 リアルで起きてから思い出したんだけど前に2chのオカルトかどこかで書き込まれた2062年から来た男っていたじゃん?南海トラフのこととか言ってなかったっけ? — もちもち白もち🦊 クズなー🌸 motimotisiromot いままた2062年から来た男の予言ってヤツ見てみたけど、面白半分で見てみたとはいえ興味深い部分があるよね、やっぱり。 — とも hyamgsk4200tmhk コロナウイルスの感染がどんどん拡大している今、更に【2062年から来た男】は注目されているようです。 意味深な予言をするからどうしても興味をもってしまいますよね。 本当に第三次世界大戦が始まるのなら、今後、2062年から来た男の言う事を信じざるを得ないでしょう。 再び原子力によるダメージ。 魚が食べられなくなる。 人間瞬殺生物の発見。 海からバケモノ登場。 その最中で私はインドの株を購入。 — 伝説のおタツ tatsuhikokimura 2062年から来た男の書き込みをまとめたサイトにあった2062氏の直接の言及以外の事を以前ツイートでホントに当たるのかなぁ?という事でツイートしていたがほとんどハズレたな。 次の元号も令和になったし、2018年12月に南海トラフ地震もなかったしな。 — 勇者けんた bravekenta.

次の

日本の未来の予言9つ!地震や災害などの恐ろしい予言まとめ

未来 人 予言

Contents• 未来人の予言する第三次世界大戦について 未来人たちは、第三次世界大戦について何と予言しているのでしょうか。 大戦の構図、その原因や理由は。 そして、 どんなシナリオ・結末が待っているのか。 全世界を巻き込む第三次世界大戦。 まずは、 多くの未来人の予言の中から、いくつかピックアップして解説します。 突如として現れた彼は、 2011年の東日本大震災や 2016年の熊本地震を的中させました。 彼がいうには、第三次世界大戦は 2030年より前から始まり、一部の地域には核兵器が使用されるようです。 化学兵器も多く使用されるとのこと。 公安庁からの派遣の彼は、 2015年の中国株式市場急落や 2020年の東京オリンピックを的中させました。 2058年から来た未来人がいうには、 第三次世界大戦の開戦は2021年。 期間は3年半で、やはり一部地域で核兵器が使用されるようです。 2021年・・・ 第三次世界大戦の開戦はもうすぐなのでしょうか。 2058年から来た未来人は、なかなか多くの予言を残しており、 第三次世界大戦に関係するものも多数みられました。 後々ご紹介します。 英国国防省のタイムマシンでやってきた彼も、第三次世界大戦に関する予言を残していきました。 彼がいうには、 第三次世界大戦の開戦は2020年。 核は限定的に使用され、 3年間で数百万人もの犠牲者がでるそうです。 世界各地に、 放射能によって荒れ果てた荒野が広がるとのこと。 放射能による土壌の汚染はかなり尾を引くことでしょう。 うまく除染する方法ができているといいのですが・・・ ところで、ここに挙げた未来人はみな、 核戦争について言及しています。 やはり、 核戦争は避けられないものなのでしょうか・・・ 第三次世界大戦はいつどのような原因・理由で勃発すると予言されているのか 第三次世界大戦はいつ起こってしまうのか。 先ほどの予言で挙げられていたのは 2030年より前 2021年 2020年 期間については 3年~3年半 つまり、 第三次世界大戦は2020年~2024年の間に起こるといえるでしょう。 次に、第三次世界大戦について。 これについて言及している予言は少なかったのですが、1つ、面白いものを発見しました。 「 メギドの丘」というところが該当します。 この丘は イスラエルにあり、そこでの 最終決戦とは核戦争だといわれています。 2020年現在、 アメリカと中東との空気はよくないですよね。 もしここで戦争が始まってしまったら・・・ 中東での戦争は全世界に飛び火、第三次世界大戦が勃発。 最終的には核兵器が使用されることでしょう。 と、ひそかに噂されています。 ヨハネの黙示録、すなわち 聖書の実現を望むキリスト教福音派はアメリカ国民の実に30%を占めています。 2020年の大統領選に向けて、福音派の票は押さえておきたいところ。 予言された第三次世界大戦の構図 予言で多く言われていた構図は、 中国とロシアの同盟関係 vs アメリカやイギリスを中心とした国々 でした。 2020年現在の情勢を見ても、納得のいく構図となっています。 また、予言の中には「 中国は自滅しており、アジアのほとんどはインドになっている」といったものもありました。 中国の自滅・・・ インドは勢いがある国の一つだとはいえ、アジアのほとんどを占めるとは、にわかに信じがたい話ですが・・・ スポンサーリンク 未来人以外の予言について 未来人以外による予言として有名なのは、やはり 聖徳太子ではないでしょうか。 彼の遺した予言は、 2019年~2030年の間に東の都へ「クハンダ」が訪れる というものです。 「 クハンダ」は仏教用語。 末世、すなわち この世の終わりに訪れる鬼のことを指します。 東の都とは東京のことでしょう。 第三次世界大戦に 東京も巻き込まれるーー彼は予言にそう遺したのでしょう。 また、カトリックのローマ教皇も 「 すでに第三次世界大戦は始まっている」 と明言しています。 これは 米中での貿易戦争を指していたそうです。 しかしながら、 先の第二次世界大戦を先駆けたのは、全世界を巻き込んだ大恐慌でした。 経済と戦争との関係はとても深いもの。 ローマ教皇は、米中貿易戦争が第三次世界大戦へとつながる原因になることを、心配したのではないでしょうか。 ちなみに2020年現在、 例のコロンの関係で、次々と連鎖倒産。 恐慌の始まりと捉えられませんかね・・・ スポンサーリンク 【シナリオ】第三次世界大戦の結末〜日本はどうなる 第三次世界大戦において、日本はどうなってしまうのか。 これについては、先ほどお伝えした「 2058年から来た未来人」が詳しく予言しています。 第三次世界大戦は核戦争になるーー先ほどから何度も目にした言葉ですね。 日本に核は落とされるのでしょうか。 予言した彼がいうには、 日本への核の使用はないとのこと。 とりあえずは、安心ですね。 核が使用されるのは、 中東地域とインド、南北中国など。 核による被害はしばらく残るそうです。 なお、 日本の国防軍からは3500人の死者がでます。 宮古島、石垣島、西表島、与那国島などが一時的に占拠され、 沖縄が最前線となりますがそこは無事なようです。 同盟国は東南アジアの国々とインド、欧米諸国の多国籍軍で、 敵国は北中国。 ロシアは日和見だったそうです。 「ロシアが日和見」というのは、 ほかの予言にある構図とは異なっていますね。 また、 尖閣諸島は北中国の空挺部隊が占領しました。 竹島は戦中に国防軍が上陸し奪還、 北方領土については歯舞と色丹が戦後に返還されたそうです。 皮肉なことに、 戦争の特需によって雇用問題は一気に解決したそうです。 核が落とされなかった分、被害はましなほうだったのでしょう。 最前線が沖縄なら、本土のダメージも少なかったはず。 技術と経済を成長させるのは、いつの時代も「争い」なのですね・・・ 【まとめ】第三次世界大戦の予言・未来人の語る恐怖のシナリオ〜日本はどうなる 未来人の予言に共通していたのは、 2020年代での戦争勃発 一部地域への核兵器の使用 といったものでした。 構図としては 中国・ロシアの同盟 vs アメリカ・イギリスを中心にした勢力 といったものが多かったものの、 中国は自滅している ロシアは日和見する などの予言もありました。 2020年のコロン流行を考えると、 中国の自滅も現実的かもしれません。 日本には核は落ちない、とした予言もあったので、そうなることを願いたい限りです。 考えるだけで恐ろしい話ですね・・・ できれば起きてほしくない第三次世界大戦。 今後を予言する未来人は、またいつか、現れるのでしょうか。

次の

未来人の予言コロナウイルスと中国/2062年の予言には関連性はある?【2020最新版】

未来 人 予言

Contents• 未来人の予言する第三次世界大戦について 未来人たちは、第三次世界大戦について何と予言しているのでしょうか。 大戦の構図、その原因や理由は。 そして、 どんなシナリオ・結末が待っているのか。 全世界を巻き込む第三次世界大戦。 まずは、 多くの未来人の予言の中から、いくつかピックアップして解説します。 突如として現れた彼は、 2011年の東日本大震災や 2016年の熊本地震を的中させました。 彼がいうには、第三次世界大戦は 2030年より前から始まり、一部の地域には核兵器が使用されるようです。 化学兵器も多く使用されるとのこと。 公安庁からの派遣の彼は、 2015年の中国株式市場急落や 2020年の東京オリンピックを的中させました。 2058年から来た未来人がいうには、 第三次世界大戦の開戦は2021年。 期間は3年半で、やはり一部地域で核兵器が使用されるようです。 2021年・・・ 第三次世界大戦の開戦はもうすぐなのでしょうか。 2058年から来た未来人は、なかなか多くの予言を残しており、 第三次世界大戦に関係するものも多数みられました。 後々ご紹介します。 英国国防省のタイムマシンでやってきた彼も、第三次世界大戦に関する予言を残していきました。 彼がいうには、 第三次世界大戦の開戦は2020年。 核は限定的に使用され、 3年間で数百万人もの犠牲者がでるそうです。 世界各地に、 放射能によって荒れ果てた荒野が広がるとのこと。 放射能による土壌の汚染はかなり尾を引くことでしょう。 うまく除染する方法ができているといいのですが・・・ ところで、ここに挙げた未来人はみな、 核戦争について言及しています。 やはり、 核戦争は避けられないものなのでしょうか・・・ 第三次世界大戦はいつどのような原因・理由で勃発すると予言されているのか 第三次世界大戦はいつ起こってしまうのか。 先ほどの予言で挙げられていたのは 2030年より前 2021年 2020年 期間については 3年~3年半 つまり、 第三次世界大戦は2020年~2024年の間に起こるといえるでしょう。 次に、第三次世界大戦について。 これについて言及している予言は少なかったのですが、1つ、面白いものを発見しました。 「 メギドの丘」というところが該当します。 この丘は イスラエルにあり、そこでの 最終決戦とは核戦争だといわれています。 2020年現在、 アメリカと中東との空気はよくないですよね。 もしここで戦争が始まってしまったら・・・ 中東での戦争は全世界に飛び火、第三次世界大戦が勃発。 最終的には核兵器が使用されることでしょう。 と、ひそかに噂されています。 ヨハネの黙示録、すなわち 聖書の実現を望むキリスト教福音派はアメリカ国民の実に30%を占めています。 2020年の大統領選に向けて、福音派の票は押さえておきたいところ。 予言された第三次世界大戦の構図 予言で多く言われていた構図は、 中国とロシアの同盟関係 vs アメリカやイギリスを中心とした国々 でした。 2020年現在の情勢を見ても、納得のいく構図となっています。 また、予言の中には「 中国は自滅しており、アジアのほとんどはインドになっている」といったものもありました。 中国の自滅・・・ インドは勢いがある国の一つだとはいえ、アジアのほとんどを占めるとは、にわかに信じがたい話ですが・・・ スポンサーリンク 未来人以外の予言について 未来人以外による予言として有名なのは、やはり 聖徳太子ではないでしょうか。 彼の遺した予言は、 2019年~2030年の間に東の都へ「クハンダ」が訪れる というものです。 「 クハンダ」は仏教用語。 末世、すなわち この世の終わりに訪れる鬼のことを指します。 東の都とは東京のことでしょう。 第三次世界大戦に 東京も巻き込まれるーー彼は予言にそう遺したのでしょう。 また、カトリックのローマ教皇も 「 すでに第三次世界大戦は始まっている」 と明言しています。 これは 米中での貿易戦争を指していたそうです。 しかしながら、 先の第二次世界大戦を先駆けたのは、全世界を巻き込んだ大恐慌でした。 経済と戦争との関係はとても深いもの。 ローマ教皇は、米中貿易戦争が第三次世界大戦へとつながる原因になることを、心配したのではないでしょうか。 ちなみに2020年現在、 例のコロンの関係で、次々と連鎖倒産。 恐慌の始まりと捉えられませんかね・・・ スポンサーリンク 【シナリオ】第三次世界大戦の結末〜日本はどうなる 第三次世界大戦において、日本はどうなってしまうのか。 これについては、先ほどお伝えした「 2058年から来た未来人」が詳しく予言しています。 第三次世界大戦は核戦争になるーー先ほどから何度も目にした言葉ですね。 日本に核は落とされるのでしょうか。 予言した彼がいうには、 日本への核の使用はないとのこと。 とりあえずは、安心ですね。 核が使用されるのは、 中東地域とインド、南北中国など。 核による被害はしばらく残るそうです。 なお、 日本の国防軍からは3500人の死者がでます。 宮古島、石垣島、西表島、与那国島などが一時的に占拠され、 沖縄が最前線となりますがそこは無事なようです。 同盟国は東南アジアの国々とインド、欧米諸国の多国籍軍で、 敵国は北中国。 ロシアは日和見だったそうです。 「ロシアが日和見」というのは、 ほかの予言にある構図とは異なっていますね。 また、 尖閣諸島は北中国の空挺部隊が占領しました。 竹島は戦中に国防軍が上陸し奪還、 北方領土については歯舞と色丹が戦後に返還されたそうです。 皮肉なことに、 戦争の特需によって雇用問題は一気に解決したそうです。 核が落とされなかった分、被害はましなほうだったのでしょう。 最前線が沖縄なら、本土のダメージも少なかったはず。 技術と経済を成長させるのは、いつの時代も「争い」なのですね・・・ 【まとめ】第三次世界大戦の予言・未来人の語る恐怖のシナリオ〜日本はどうなる 未来人の予言に共通していたのは、 2020年代での戦争勃発 一部地域への核兵器の使用 といったものでした。 構図としては 中国・ロシアの同盟 vs アメリカ・イギリスを中心にした勢力 といったものが多かったものの、 中国は自滅している ロシアは日和見する などの予言もありました。 2020年のコロン流行を考えると、 中国の自滅も現実的かもしれません。 日本には核は落ちない、とした予言もあったので、そうなることを願いたい限りです。 考えるだけで恐ろしい話ですね・・・ できれば起きてほしくない第三次世界大戦。 今後を予言する未来人は、またいつか、現れるのでしょうか。

次の