クラリオン 郡山。 【被災】パナソニック郡山工場の水害を詳しく解説【基板材料を製造】

フォルシア、クリーンモビリティ事業部門の製造工場を福島県に設立

クラリオン 郡山

, Ltd. )は、車載音響機器メーカー。 社名は高音域の巻管の楽器クラリオン()に由来する。 本社は新都心に所在する。 概要 [ ] カーAV(や)、用の放送装置などが主力商品である。 やを始めとする日本の各自動車メーカーや、日本国外では・等へ純正ナビ・オーディオを納入している。 にはのと連携したカーオーディオ、「VRX755VD」(北米向け)を発売し、引き続き日本国内でも同様のカーオーディオやカーナビを発売した。 日産純正カーナビでのiPod対応型も発売した。 には、多様なメディアの再生機能や高い耐久性が評価され、米国で販売していた「VRX935VD」と「VCZ625」の2製品がに採用された。 カーAV機器としては世界で初めて、自動車と同じ12V電源を持つ内に取り付けられる。 2012年6月には、自動車向け情報ネットワークサービス「Smart Access」を開始する。 バス用機器も事業の柱のひとつで、音声合成放送装置や運賃表示機、行先表示機、など多岐に亘る。 特に国内路線バス向け音声合成システム市場においては、約7割のシェアを持つ。 (2007年現在) かつては家庭・施設向けのも手掛け、この販売・楽曲配給は(現:)が行っていた。 現在も等でクラリオン製スピーカー等が設置されているのを見ることができる(なお、クラリオン製スピーカーが接続されているアンプおよびコマンダーは旧BMBのに限らず、引き継いだの(主にUGAからの交換)やのもある)。 からコンテンツ事業を開始した。 Webサイト・携帯公式サイトも運営している。 「Movieum」「Smart Access」「おなまえ鑑定団」。 キャンペーンガール「」を主催していたことでも有名である。 同社のガイド音声役でもある。 に装着されているクラリオン製カーオーディオ 2010年発売のカーナビゲーションから、経路誘導時の音声を好みで変更することができる「」を展開。 現在では、、、、といった人気声優を起用している。 2015年のフランクフルトモーターショーで、新Full Digital Sound システムを発表し、2016年春より日本、北米、欧州、オーストラリアで発売開始した。 2018年10月26日、日立製作所(クラリオンは2006年12月、TOBにより日立製作所の連結子会社化)は東京都内で決算会見を開き、フランスの大手自動車部品サプライヤーである(Faurecia)にクラリオンを899億円で売却すると正式に発表した。 これによりクラリオンは日立製作所の連結子会社から外れる。 日立製作所は子会社であるエナップ シス エスエーエスが行うに、保有するクラリオンの普通株式を全て応募し、2019年3月1日にエナップ シス エスエーエスによる株式公開買付けが成立。 クラリオン株式は、同年3月25日付で上場廃止となった。 ブランド [ ]• 1980年代前半、カーオーディオ「City Connection」シリーズを発売し、が出演するCMが話題になった。 1990年から2005年まで、日本国内でのカーAVのアフターマーケット用のブランドに「アゼスト」( ADDZEST)を使用していた(晩年期のCMにはが出演)が、2006年から再び「クラリオン」に統一した。 ちなみにノイズフィルターなどのアクセサリーパーツなどは「アゼスト」を冠することは無かった。 2007年からブランドイメージキャラクターとしてを起用。 イメージムービーの中ではボーカルの「ジェイ・ケイ」がイタリア・デザインのコンセプトカー「モレー」で街を疾走するシーンが見られる。 沿革 [ ]• (昭和15年)12月 - 東京都文京区白山前町21番地に 白山無線電機株式会社を設立、電池式家庭用ラジオの製造を開始。 (昭和18年)11月 - 瀧澤無線電機工業を合併、商号を 帝国電波株式会社に変更。 (昭和23年) - 日本初のを開発、発売。 (昭和26年) - 日本初 クラリオン初の純正ラジオ 日野ルノー「ル・パリジャン」発売。 2月、日本初のカーラジオを発売。 (昭和33年)6月 - カーラジオのアメリカ向け輸出に成功、今日のカーオーディオ輸出の基盤を築く。 (昭和34年)6月 - カーラジオが日産自動車より純正部品指定を受ける。 (昭和37年)8月 - 市場第二部に株式上場。 (昭和38年)10月 - 日本初のを開発。 翌年発売。 (昭和43年)3月 - 日本初のカセットカーステレオを発売。 (昭和44年)8月 - 市場第二部に株式上場。 (昭和45年)2月 - 東京証券取引所・大阪証券取引所市場第一部に指定替。 (昭和45年)12月 - 商号を クラリオン株式会社に変更。 (昭和50年6月 - クラリオンガールをスタートさせる。 アグネス・ラムが初代グランプリ。 (昭和51年)8月 - 業務用カラオケ「カラオケ8」及びカセット編集デッキ「ダビングX」を発売。 (昭和56年) - カーステレオ「City Connection」発売。 (平成4年)2月 - 日本初の音声誘導式ナビゲーションを発売。 (平成10年) - 社と共同で、世界初の車載コンピューター「Clarion AutoPC」を開発、発売。 (平成17年)5月 - 業界初、国内向けにiPod対応AV一体型HDDナビ MAX950HDを発売。 (平成18年)12月 - がにより株式63. (平成19年)1月 - 日立製作所より同業のの全株式の譲渡を受ける。 (平成19年)8月 - 本社事務所をへ移転し、名称を「本社事務所・技術センター」に変更。 (平成19年)12月 - 同社のDVDセンターユニットが、カーAV機器として世界で初めてに採用されることを発表。 (平成21年)4月 - 子会社のザナヴィ・インフォマティクスを吸収合併。 (平成22年)10月 - 本社所在地をさいたま新都心へ移転し、名称を「本社・技術センター」に変更。 (平成23年)3月 - 世界初の車載用フルデジタルスピーカーを開発。 (平成24年)6月 - 自動車向け情報ネットワークサービス「Smart Access」を構築。 北米、日本でサービスを開始。 (平成25年)5月 - の音声認識・検索サービスを活用し「Smart Access」のサービスを拡充• 2013年(平成25年)10月 - 次世代の音声認識技術「自然対話型音声認識」(Intelligent VOICE)を開発• (平成26年)4月 - 商用車向け2. 4GHzデジタルワイヤレスカメラシステムを発売。 (平成27年)2月 - セントケア・ホールディング(株)と高齢者向けの服薬支援装置「服薬支援ロボ」を共同開発し、発売。 (平成28年)4月 - 新Full Digital Sound システムを開発、発売。 (平成30年)10月 - 日立製作所がフランスの大手自動車部品会社(Faurecia)にクラリオンを899億円で売却すると正式に発表。 (平成31年)• 3月1日 - フォルシアの子会社であるエナップ シス エスエーエスによるが成立。 3月25日 - 東京証券取引所市場第一部。 3月28日 - 株式売渡請求により、エナップ シス エスエーエスの完全子会社となる。 主な取引先 [ ]• 鉄道関連• (子会社やも含む)• (鉄道だがバス用機器を使用している)• バス関連• CA-2010・CK-4000• CA-2010(音声合成の系統設定器はなく、運賃箱の操作盤から各機器を一括設定)• (非装着車(高速バス・空港連絡バス・急行バス等)の放送機器・運賃表示器を装着。 NORUCA装着の一般路線車は製の放送機器・運賃表示器を装着)• (子会社含む)• 2007年度より(以下、レゾナント)製への装置切替を行っており、2008年に取引終了(LED案内装置はクラリオン製を過半数の営業所で継続使用)• (小平・立川・大宮・所沢の各営業所のみ、他はレゾナント製)• CA-6000のみ• グループ• 2009年度に代替採用された車両は、レゾナント・システムズ製の機器を使用している。 また、傘下の西東京バスはレゾナント製を採用。 ()旧型車のみ。 新型車はレゾナント製を採用。 (製の機器交換進行中)• 尼崎市内線(旧の路線で使用する車両。 阪神線車両はレゾナント製を使用)• (岡山電気軌道)• (下電バス)• (大阪、鳥取、島根)• (鳥取)• (一部の高速バス車両スピーカー)• その他の車両は製またはレゾナント製を使用。 (子会社含む)• 2010年度末頃より順次製の機器装置に切替を行っている。 その他多数• パワーアンプ・スピーカー• 警察()• 脚注 [ ] [].

次の

フォルシア、クリーンモビリティ事業部門の製造工場を福島県に設立

クラリオン 郡山

・基板の材料(基材)を作っているパナソニック郡山工場が浸水被害 ・2019年12月17日時点で、 一部生産再開されている模様 ・但し郡山工場の本格的な復旧は年明け以降となる模様 ・現在パナソニック海外材は一部納入されている状況 ・現在、他の基材への切り替えが 進んでいる パナソニック郡山工場では、基板の材料を製造しております。 今回の浸水被害により、生産が滞っており他社基材への切り替えが進んでおります。 詳細は以下の通りです。 パナソニック郡山工場の被害の概要 パナソニック郡山工場の被害の状況は以下の通りです。 阿武隈川が氾濫。 パナソニックがある工業団地が冠水 今回の台風19号の影響で、阿武隈川が氾濫しました。 その影響で近くにある郡山中央工業団地が冠水、パナソニックの工場に被害が発生しております。 郡山中央工業団地とは、郡山駅や市街地の近いロケーションで、すぐ近くを阿武隈川が通っております。 また10月15日時点でのニュースでは、一部を除いて水が引いたとの情報が入ってきております。 郡山中央工業団地にある企業一覧 郡山中央工業団地には、150社以上の企業が存在しております。 主要な企業は以下の通りです。 主な立地企業(50音順) 株式会社アサカ理研 クラリオンマニュファクチャリングアンドサービス株式会社 株式会社幸楽苑 信越石英株式会社郡山工場 東北アンリツ株式会社 パナソニックデバイスマテリアル郡山株式会社 株式会社日立製作所通信ネットワーク事業部 ホーコス株式会社 株式会社ライフフーズ パナソニック以外にも、幸楽苑の郡山工場も稼働を停止しております。 東北・北関東・甲信越地方中心に約150店舗が当面の間、臨時休業すると明らかにした。 麺やギョーザをつくる郡山市の工場が停電しているためで、復旧の見通しはたっていない。 このようにパナソニック以外にも大きな被害が発生しております。 郡山中央工業団地は過去にも同様の被害があった 実はこの工業団地は昔、同じように水害で冠水したことがありました。 過去の反省を踏まえて、対策を講じている企業も多かったのですが、今回それ以上の浸水だったため、被害を防げなかったようです。 同工業団地は1986年8月にも台風による集中豪雨で約1メートル冠水した。 近くを流れる谷田川、逢瀬川の堤防が決壊したためだ。 その後、国や自治体は各河川の堤防の強化、ポンプ場の整備などを進め、現在も治水事業が継続しているさなかの出来事だった。 パナソニック郡山工場での生産品と現状 パナソニックの郡山工場では基板の材料(基材と言います)を生産しております。 台風19号による影響で、パナソニックでは、福島県郡山市のプリント基板材料を製造する郡山工場の復旧が見通せない状態にある。 同社の広報担当者は「まだ被災状況を確認中で、生産拠点を切り替える必要があるかどうかについても、現段階では分からない」としている。 やはり被害は大きかったようで、当面の間は郡山工場での生産・供給はストップする見込みです。 またようやくパナソニックの公式HPにも情報が載るようになりました。 足元で従業員が工場内の清掃や生産設備の確認・整備などを進めており、2カ月以内での復旧を目指す。 生産する部品材料が幅広い電子機器に組み込まれることから、早期に国内外の工場での代替生産の可能性を精査する考えだ。 ただ代替生産とありますが、本当に実現するかはちょっと疑問です。 確かに中国工場では同じ基材を生産しておりますが、中国工場は中国向けに需要がひっ迫しており、日本に供給できる余力があるのかはっきりしていません。 また日本国内には、三重の四日市工場がありますが、郡山とは別の種類の基材を作っております。 代替生産するにしてもこれからの検証となります。 更には四日市工場を使う場合は、恐らく基板メーカーでも品質的に問題無いか評価を行うと思われるので、相当の期間がかかる見込みです。 なので、個人的には郡山工場の復旧(最短で2か月)が一番早いのではないかと考えています(メーカーの公式見解ではありません)。 現状、パナ材の候補となりそうなメーカーは以下の通りです。 ・住友ベークライト ・日立化成 ・南亜(台湾の企業) など 各社他社材への切り替えを進めており、今後上記基材メーカーの供給がひっ迫してくる可能性もあるので、注意が必要です。 ただ、本格的な生産は年明け以降となりそうで、年内の基材納入は期待でき無さそうです。 また、パナソニックが海外工場での基材を日本へ輸入することを検討しているようです。 ただ海外工場の供給もひっ迫しており、日本へ基材を回す余力があるのかは疑問です。 恐らく、郡山工場で生産していた全量は到底賄えないので、他社材への切り替えは必須となると思います。 実際に他社材(日立・住友・南亜など)の供給もひっ迫しているとの情報が入っております。 影響が出ている人は早めに他社材への切り替えを進める必要があります。 ただ10月の生産が止まっていた影響で、基板メーカーでの製造納期が長期化しております。 基板メーカーの混乱はもう少し続きそうです。 そしてパナソニック郡山の復旧状況は、徐々に設備の復旧を進めているようです。 ただ、12月頃から徐々に復帰する最初の計画からの前倒しは無さそうです。 生産が復帰するのはやはり12月末頃からとなりそうです。 12月末から復帰となりそうですが、元の量産ペースに戻るのにはもう少し時間がかかりそうです。 ただ一部の設備なので、本格的な量産は年明け以降となりそうです。 パナソニック工場稼働停止に伴う調達品への影響 今回のパナソニック郡山工場の稼働停止による調達品への影響を、資材調達目線で整理していきます。 郡山工場の基材を使用している基板の供給が少なくとも2か月停止 パナソニック郡山工場で生産している基材は、生産がストップしております。 復旧は12月以降の見込みで、基材で構成されている「基板」の供給が停止しております。 間接的に購入している場合でも影響が出る可能性がある 直接基板を購入していないケースでも、基板が搭載されている機器を購入している場合は、同じように影響が出る可能性があります。 基板は色々な機器に搭載される材料です。 「基板は直接買っていないから安心」とはなりませんので、注意が必要です。 資材部員が取るべき対応 パナソニック郡山工場の被災を受けて、資材部員・設計部員が取るべき対策を以下の通りまとめました。 在庫の確認 直近の影響を調べるためには、在庫の確認が必要です。 以下のポイントを早急に確認していきましょう。 自社の在庫数+基板メーカー供給可能数=自社の生産可能数量 他社の基材への切り替え推進 パナソニックの供給停止が長期間に及ぶ場合は、在庫だけでは不足する可能性があります。 そういう場合は、パナソニック以外の基材へと切り替える必要が出てきます。 基材は基板の性能を決める重要な材料であるため、場合によっては切り替え前に評価が必要になるケースもあります。 基材メーカーの変更を行う場合は、自社の切り替え期間と手順を事前に確認しておきましょう。 もし自社でパナソニック以外の基材を使用している実績があれば、比較的容易に切り替えが出来る場合もあります。 自社でパナソニック以外に、どのメーカーの基材を使っているかを一緒に確認することをおすすめします。 パナソニック郡山工場被災についてのまとめ 本記事のまとめです。 ・基板の材料(基材)を作っているパナソニック郡山工場が浸水被害 ・2019年12月17日時点で、徐々に復旧してきている ・但し郡山工場の本格的な復旧は年明け以降となる模様 ・まずは自社・メーカー在庫数量を確認しましょう ・当面の間、他社基材への切り替えが必要 郡山工場の復旧は12月以降となる見込みです。 復旧しても本格的に生産して基板メーカーへ納入されるのには時間がかかります。 少なくともそれまでの間は、他社材への切り替えで生産をつなぐより他ありません。 今後もパナソニックからのアップデートがあれば追記していきます。 また今回の案件で、改めてBCPの重要性が高まっています。 BCPについては、以下の記事にまとめていますので参考にしてみて下さい。

次の

フォルシア、クリーンモビリティ事業部門の製造工場を福島県に設立

クラリオン 郡山

10月26日、仏自動車部品大手のフォルシアは、日立製作所から、カーナビゲーションシステムなどを手掛ける子会社のクラリオンを1410億円で買収することに合意したと発表した。 写真はフォルシア社ロゴ。 パリで2016年4月撮影(2018年 ロイター/Charles Platiau) [パリ 26日 ロイター] - 仏自動車部品大手のフォルシア は26日、日立製作所 から、カーナビゲーションシステムなどを手掛ける子会社のクラリオン6796. Tを1410億円で買収することに合意したと発表した。 クラリオン株1株当たり2500円を支払う。 クラリオン株の25日終値(2263円)に10.5%のプレミアムを上乗せした。 自動車メーカーは、自動運転車、コネクテッドカー、電気自動車など新技術への移行を進めており、自動車部品メーカーの間でも合併・買収が相次いでいる。 日立は、収益率を高めるため、非中核事業の売却を進めている。 フォルシアは、仏PSA が株式の46%を保有している。 フォルシアは、買収に伴い2020年までに売上高が210億ユーロを超えると予想。 1株利益も増加する見通しという。 同社は、日本を拠点とする新部門「フォルシア・クラリオン・エレクトロニクス・シスムテズ」を設立する計画。 同部門は9200人を雇用し、2022年までに売上高が20億ユーロを超える見通しという。 *内容を追加しました。 0 : 0• narrow-browser-and-phone• medium-browser-and-portrait-tablet• landscape-tablet• medium-wide-browser• wide-browser-and-larger• medium-browser-and-landscape-tablet• medium-wide-browser-and-larger• above-phone• portrait-tablet-and-above• above-portrait-tablet• landscape-tablet-and-above• landscape-tablet-and-medium-wide-browser• portrait-tablet-and-below• landscape-tablet-and-below.

次の