バーネット ニューマン。 バーネット・ニューマン

「アンナの光」を探して・・・

バーネット ニューマン

川村記念美術館で開催中の 開館20周年記念展「アメリカ抽象絵画の巨匠 バーネット・ニューマン」に行って来ました。 昨年2009年に「 」展を開催し大注目を浴びた川村記念美術館が、同じくアメリカで抽象表現主義とカラーフィールド・ペインティングの担い手として活躍したバーネット・ニューマンの展覧会を開催しています。 川村記念館には常設展示として「 」と「 」という、それぞれの作品の個性を最大限に引き出す特別室が用意されています。 これだけ立派なパーマネントコレクションルームを有する美術館は日本では大変珍しいこと。 ましてやある種伝説化しているロスコとニューマンの作品を上下1階と2階に配置された特別室で鑑賞できるのは非常に贅沢なことです。 自分がアメリカ現代美術作品に興味を持つ契機となったのは、川村記念美術館と軽井沢セゾン美術館のお陰。 いつ訪れてもその充実したコレクションに直に目にする事が出来るのですから。 「ニューマンルーム」(「バーネット・ニューマン展」は閉鎖。 作品は特別展示室へ) バーネット・ニューマン「 アンナの光」 1968年 アクリル、カンヴァス 276. 0 x 611. 0cm マーク・ロスコ(1903-1970)とバーネット・ニューマン 1905-1970 には幾つもの共通項があります。 1970年に突如この世を去ったことや、二人とも活躍の場はアメリカであってもルーツはユダヤ人であること。 (ロシア生れのユダヤ人移民の息子)そして何といってもその作風。 実生活でも友人であった二人。 しかし、一見似ているような二人の作品ですが、実は大きく方向性が違うこと分かります。 昨年のロスコ展と今年のニューマン展において、川村記念美術館がそれぞれの特別展会場入ってすぐの展示室に示した一枚だけを見比べてもそれは明らか。 昨年のロスコ展まず会場内に入るとこちらの一枚が。 マークロスコ「 赤の中の黒」1958年 東京都現代美術館所蔵 今年のニューマン展ではこちらの作品がお出迎え。 バーネット・ニューマン「 存在せよ I」1949年 メニル・コレクション、ヒューストン 「 ロスコが感性に信頼をおいた画家だとすれば、ニューマンはむしろ知性の画家であった。 」木島俊介氏はその著『アメリカ現代美術の25人』の中でこの似通った二人の画家の違いを僅か40文字で単刀直入に言い表しています。 とりわけロスコに比べ難解とされるニューマン作品を鑑賞するにあたり「ニューマンは知性の画家であった」との指摘はまさに言い得て妙。 共に「崇高」さをその大きな画面から感じ取れる二人でありながら、本質から明らかに違い表わさんとしたことも別な方向性を示していたことを理解する上での貴重な提言かと。 バーネット・ニューマン「 異教的空虚」1946年 ワシントン・ナショナル・ギャラリー しかし、ロスコがそうであったように、ニューマンもいきなり単調で明快な画面を描いていたわけではありません。 初めはのうちは、カンデンスキー崩れのような所謂抽象画を描いていたそうです。 今回の展覧会ではその時代の貴重な作品も4点ほど拝見することが可能。 ニューマンは後にこの時代の作品を処分してしまった為現存する作品は極めて少ないそうです。 元々40歳を過ぎてから描き始め、一枚を仕上げるのに時間がかかったニューマン。 作品数はロスコに比べ圧倒的に少なく回顧展を開くのは至難の業。 バーネット・ニューマン「 18の詩編」1963-64年 富士ゼロックス株式会社 ニューマン唯一の色刷り版画18点が理路整然と並べられた空間自体、彼の作品のようにも見えます。 この版画にはニューマン作品に不可欠な「zip(ジップ)」と呼ばれる潔い縦線が登場。 「zip(ジップ)」が初めて本格的な作品に登場したのも同じ頃。 1948年。 ニューマン実に43歳の時でした。 以下の文章は川村記念美術館にて2010年9月4日に開催されたイヴ=アラン・ボワ氏による講演会「ニューマンにおけるユダヤ性」配布資料からの転載です。 【バーネット・ニューマン、未公刊のインタヴユー録音、1963年8月】 1948年の誕生日だったと思いますが、ひとつ絵を描きまして、そこで初めて、何というか……空気感のないものをつくることができたんです。 それまでの作品では、はじめのころの、46年の《異教的空虚》という名前をつけた絵画なんかでは、空虚を否定するということに取り組んでいたんです。 大きな黒い円がある絵画で、わたしにとっては、この円から何かしら生命が発散してくるような、生命が創造されたような、そんな感じがしてたんですが……。 48年にこの《ワンメントI》という名前をつけた絵をつくったとき、ああ、それまで自分がやってたのは、ある意味では彩でもって空虚を満たすってことだったんだなと気がついたんですね。 ある面では空想に取り組んでたわけです。 そうして、直接的でリアルなことが言えるようになったんです。 同時に人間的なことが言えるようになったんです。 Barnett Newman「 Onement I」 1948 (この作品は展示されていません) これからこのキャンバスに「何か」を描く予定だったものが、「完成」してしまった。 それも非の打ちどころがないほど完璧に。 後の作品と比べればまたひ弱な赤子のような「zip(ジップ)」が作り出す世界。 ニューマンが千万言尽くしても表現出来なかった芸術の頂点が突然神から贈り物のように目の前に現われた瞬間。 丁度その日(1月29日)はニューマン自身の誕生日でもありました。 ここから過去のカンデンスキーやマティスもどきの作品とは一切決別し崇高な「zip(ジップ)」が作り出すニューマン独自の作風に大きく転換。 そしてその後は推して知るべし。 右より、バーネット・ニューマン「 ここ II」1965年 ダロス・コレクション、スイス、「 そこではないーここ」1962年 国立近代美術館ポンピドゥー・センター、「 原初の光」1954年 メニル・コレクション、ヒューストン この展示室の後に「アンナの光」が待ち受けています。 1970年、心臓発作により突然この世に別れを告げることになる僅か2年前に描かれた作品が、ニューマンが手掛けた中で最大の作品であり、ここ川村記念美術館所蔵の「 アンナの光」です。 通常のニューマンルームで見るよりも数倍迫力あるように感じさせる展示となっています。 かといって気を衒った展示では全くありません。 お楽しみに!! 因みに、一般的には大きな作品の場合距離を置いて拝見するのが良しとされますが、ニューマン自身が語っていたように彼の作品に限っては近付いて観るのが正しい?鑑賞法だそうです。 この資料を見ると、ニューマンは大学で専攻した哲学・鳥類学・植物学はもちろん、宗教から自転車、競馬まで実に幅広い興味を持っていたことがわかります。 当館ミュージアムショップでは、展覧会開催にさきがけて、邦訳されているニューマンの愛読書(おもに哲学)と、関連洋書を取り揃えたコーナーを展開しています。 東京駅から川村記念美術館へ便利な高速バスが運行スタート! 裏面に東京駅バス乗り場の地図がついています。 jugem. 一色に塗られた画面に「ジップ」と呼ばれる垂直線を配し、力強い色面の構成による独自のスタイルを確立しました。 単純で明快、ごく限られた要素で構成された作品は冷厳さに満ち、人間味を一切排した印象がありますが、その奥には深い感情があふれています。 ときに畏怖の念を感じさせ、ときに優しさの感情で包み込む彼の作品は、究極的には、芸術とは何かという根源的な問いを差し出します。 本展は開館20周年を記念し、当館が所蔵する晩年の大作《アンナの光》を中心に、絵画・彫刻・版画など約30点を紹介するニューマンの国内における初個展です。 果てしない自問自答を繰り返しながら、絵画の意味を伝えようとした芸術家の、その真摯な探求の軌跡をたどります。

次の

バーネット・ニューマン

バーネット ニューマン

こうした視線で眺めるとき、世界が美で覆い尽くされていることが理解できる。 ぼくが今いるここも、あたなが今いるそこも、隙間なく美に満たされている。 現にグルスキーはどこにでもあるような川面からバーネット・ニューマンやワシリー・カンディンスキーの美を表現した。 きっとグルスキーならここでも、そこでも、美しい写真を撮影して見せるだろう。 「世界の存在は美的現象としてのみ是認される」(ニーチェ著、秋山英夫訳『悲劇の誕生』岩波文庫より) 世界というのは写真のようなものだ。 ちょうどフィルムを現像して写真が焼き上がるように、人は五官を通して感じた色や味や香りや音や肌触りといった「感じ」、つまり「美」を加工してこの世界を描き出す。 ぼくらが見ている映像は美という素材を人の思考が現像した「作品」であって、世界という「客観」ではない。 思考を経たあとのその「作品」は地域や時代や民族や国ごとの文化の影響を大きく受けていて、それぞれの世界観に彩られている。 同じものを眺めても、ぼくの見ている世界はあなたが見ている世界とは似ても似つかぬものなのだろう。 生きるということは、こうして美から世界を描き出すということだ。 そして。 アートは生きることと反対に、世界を削り、人の思考を廃してもとの美を抽出すること。 あらゆる先入観を廃し、主観を消し、思考を止め、「私」をどこまでも透明にして、その奥底に潜む「人間」にたどり着くこと。 これをするために、写真はとても幅広い表現法であることがよくわかる。 グルスキーは場面を選ぶことで写実画も印象画も抽象画も描き分けてしまう。 彼は写真を加工することでしばしば批判されてきたが、彼にとってそれが写真であるか否かはたいした問題ではないのだろう。 問うているのはその色と形がもたらす感覚なのだから。 こういう写真を見ていると、無性に写真が撮りたくなる。 ぼくが今まさに見ているこの空間のこの美。 これをなんとか表現したくなる。 うーん、しばらく撮影していなかったけれど、また写真はじめようかな。 <関連記事&サイト> ・All About 世界遺産 新記事 ・ Bizコンパス 世界の名言 ・Bizコンパス 国際情勢連載 ・Bizコンパス 世界遺産連載 ・その他 『朝日新聞 世界の扉』記事執筆。 『Fine』自然遺産特集執筆。 『地球の歩き方 MOOK 世界のビーチBEST100』『ノジュール』に旅のスペシャリスト・達人として参加。 『PEN』でアフリカの世界遺産執筆。 『MONOQLO』世界遺産特集取材協力。 『女性セブン』で日本の世界遺産を解説。 エクスナレッジ『聖地建築巡礼 世界遺産から現代建築まで、73の聖地を巡る旅』、洋泉社ムック『負の世界遺産』執筆。 RKBラジオ、FM TOKYOで世界遺産特集出演。 その他企業・大学広報誌等。 <旅論:たびロジー> 1. <エロス論:エロジー> 1. <絵と写真の話> 8. <哲学的探究:哲学入門> 1. 以下続く。 <哲学的考察:ウソだ!> 7. <世界遺産NEWS> ・ <世界遺産ランキング集> ・ ・ ・ ・ ・ <UNESCOリスト集> ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ <世界遺産の見方> ・ ・ ・ ・ ・ <味わう世界遺産> 1. <世界遺産で学ぶ世界史> 01. 以下続く。 <世界遺産で学ぶ世界の建築> 01. 以下続く。 <世界遺産写真館> 1. 以下続く。 <世界遺産攻略法> 1.

次の

美術手帖

バーネット ニューマン

こうした視線で眺めるとき、世界が美で覆い尽くされていることが理解できる。 ぼくが今いるここも、あたなが今いるそこも、隙間なく美に満たされている。 現にグルスキーはどこにでもあるような川面からバーネット・ニューマンやワシリー・カンディンスキーの美を表現した。 きっとグルスキーならここでも、そこでも、美しい写真を撮影して見せるだろう。 「世界の存在は美的現象としてのみ是認される」(ニーチェ著、秋山英夫訳『悲劇の誕生』岩波文庫より) 世界というのは写真のようなものだ。 ちょうどフィルムを現像して写真が焼き上がるように、人は五官を通して感じた色や味や香りや音や肌触りといった「感じ」、つまり「美」を加工してこの世界を描き出す。 ぼくらが見ている映像は美という素材を人の思考が現像した「作品」であって、世界という「客観」ではない。 思考を経たあとのその「作品」は地域や時代や民族や国ごとの文化の影響を大きく受けていて、それぞれの世界観に彩られている。 同じものを眺めても、ぼくの見ている世界はあなたが見ている世界とは似ても似つかぬものなのだろう。 生きるということは、こうして美から世界を描き出すということだ。 そして。 アートは生きることと反対に、世界を削り、人の思考を廃してもとの美を抽出すること。 あらゆる先入観を廃し、主観を消し、思考を止め、「私」をどこまでも透明にして、その奥底に潜む「人間」にたどり着くこと。 これをするために、写真はとても幅広い表現法であることがよくわかる。 グルスキーは場面を選ぶことで写実画も印象画も抽象画も描き分けてしまう。 彼は写真を加工することでしばしば批判されてきたが、彼にとってそれが写真であるか否かはたいした問題ではないのだろう。 問うているのはその色と形がもたらす感覚なのだから。 こういう写真を見ていると、無性に写真が撮りたくなる。 ぼくが今まさに見ているこの空間のこの美。 これをなんとか表現したくなる。 うーん、しばらく撮影していなかったけれど、また写真はじめようかな。 <関連記事&サイト> ・All About 世界遺産 新記事 ・ Bizコンパス 世界の名言 ・Bizコンパス 国際情勢連載 ・Bizコンパス 世界遺産連載 ・その他 『朝日新聞 世界の扉』記事執筆。 『Fine』自然遺産特集執筆。 『地球の歩き方 MOOK 世界のビーチBEST100』『ノジュール』に旅のスペシャリスト・達人として参加。 『PEN』でアフリカの世界遺産執筆。 『MONOQLO』世界遺産特集取材協力。 『女性セブン』で日本の世界遺産を解説。 エクスナレッジ『聖地建築巡礼 世界遺産から現代建築まで、73の聖地を巡る旅』、洋泉社ムック『負の世界遺産』執筆。 RKBラジオ、FM TOKYOで世界遺産特集出演。 その他企業・大学広報誌等。 <旅論:たびロジー> 1. <エロス論:エロジー> 1. <絵と写真の話> 8. <哲学的探究:哲学入門> 1. 以下続く。 <哲学的考察:ウソだ!> 7. <世界遺産NEWS> ・ <世界遺産ランキング集> ・ ・ ・ ・ ・ <UNESCOリスト集> ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ <世界遺産の見方> ・ ・ ・ ・ ・ <味わう世界遺産> 1. <世界遺産で学ぶ世界史> 01. 以下続く。 <世界遺産で学ぶ世界の建築> 01. 以下続く。 <世界遺産写真館> 1. 以下続く。 <世界遺産攻略法> 1.

次の