海外fx 手数料 経費。 税理士が教えるFXの確定申告で経費として計上できるものとは?

海外FXの出金方法を総まとめ!出金手段(カード/bitwallet/Sticpay/銀行送金)別にメリットやデメリット、手数料などを解説

海外fx 手数料 経費

海外FX業者で発生するコストは、 スプレッド(取引手数料)です。 FX会社は取引を仲介する代わりに、スプレッドを手数料としてもらいます。 海外FXはトレーダーの注文を、市場にそのまま流す方式が主流です。 そのため 取引価格に隠れた手数料もなく、明朗会計です。 そしてトレードが増えるほど、会社の売上も上がります。 そのため 正当な利益を確保する代わりに、本気でサポートしてくれます(カスタマーやボーナスなど)! スプレッドは決済損益に含まれているので、経費にはなりません。 またスプレッドが狭い特別口座や、一定期間取引のない休眠口座は手数料が発生することがあります。 手数料が取引と別にかかる場合は、二重計上にならないので経費にできます。 スプレッドが国内FXより広い理由 スプレッドは海外FX業者の方が、国内業者より広い傾向にあります。 理由は 取引方法(注文処理)の違いです。 FX会社は為替取引を仲介する代わりに、取引手数料(スプレッド)をもらいます。 海外FXはトレーダーの注文を市場にそのまま流す、 NDD方式(No Dealing Desk)が主流です。 そのため コストは基本スプレッドのみでシンプルです。 その代わりトレーダーが取引するほど会社の売上が上がるので、サポートやボーナス・キャッシュバックで本気で応援してくれます! 対して国内FXはトレーダーと直接取引をする、 DD方式(Dealing Desk)が主流です。 注文処理に自社の裁量(判断)を加えて、スプレッドを原則固定で狭くもできます。 ただしメインの売上を減らす分、取引価格に事務手数料(マークアップ)が含まれていたり、相場が急変動するとスプレッドが大きく広がるリスクもあります。 取引方法の違いは、こちらの記事も参考ください。 また海外FXのスプレッドは変動が一般的ですが、固定口座を作れる業者もいます。 さらにボーナスとキャッシュバックで実質スプレッドは狭くなり、 スプレッドが狭い専用口座(0pips〜)を開設することもできます! 詳細は、こちらの関連記事にまとめました。 スプレッドや手数料は経費になるのか? 買値と売値の差であるスプレッドは、 取引の損益に含まれているので経費になりません。 特別口座(スプレッドが狭いなど)で発生する手数料も、1ロットあたりの金額設定であれば取引に含まれます。 そのため同じく経費にできません。 休止口座などにかかる管理手数料は、月額制などトレードと関係なければ経費にできます。 つまり 二重計上にならず、取引に直接関わるものは経費に基本できます(顧問税理士に確認しました)。 海外FXの確定申告で、経費にできるものと判断基準はこちらの記事に書きました。 まとめ 海外FXはオープンです。 過度なコストカットはありませんが、代わりに仕組みもメリットも、分かりやすく公開されています。 国内FXはクローズな部分があります。 原則固定で狭いスプレッドは魅力的ですが、 レートに手数料が含まれていたり、スリッページが広めに確保されていることがあります。 スリッページは、こちらの関連記事も参考ください。 変動で広めのスプレッドが気になるなら、 固定口座を開設できる業者を使ったり、スプレッドが狭い特別口座で対応できます。 そのため海外FXにおいて、スプレッドの広さはデメリットには感じていません。 むしろ正当な対価を払った分、キッチリサポートしてくれるので安心で気持ちが良いです!.

次の

海外FXの税金対策。海外FXで経費にできそうなものを徹底的に洗い出してみました。

海外fx 手数料 経費

FXトレーダーであれば、誰もが少しでも税金を安く抑えたいと考えるもの。 それは国内FXでも、海外FXでも同じです。 ただし、国内のFX口座と海外のFX口座では申告する税が異なってきます。 国内FXは申告分離課税で税率は一律20%ですが、海外FXの税金は「雑所得(総合課税)」に分類され、利益額によって税率が変化する累進課税となります。 確定申告書に記載する際の利益分とは、FX取引で年間に得た利益から必要経費を差し引いた額。 これが最終的な課税対象額で、そこに税金が発生することになります。 ですので、税金を減らすには必要経費を上手に活用することがとても重要なのです。 そこで、海外FXの確定申告で必要経費として計上できるものには、何があるのかを具体的に紹介したいと思います。 もくじ• すでにスマホのFX取引は、PCを完全に上回っている可能性が高まっています。 それだけに確定申告時に、スマホ関連の経費が参入できるのかどうかは、かなり大きな問題で、海外FXも例外ではない状況ということができます。 PCの経費算入のことよりも、スマホのほうが断然重要であることが非常に理解できますのでスマホを利用して海外FX取引をした場合の費用の確定申告時経費算入の可否について、まずは詳しくご説明することにします。 まずはスマホでの話を詳しく解説していきます。 ・基本的にデバイス代、通信料ともに認められる これまでスマホの料金というのは、デバイス代(電話機本体購入費)と通信料が混然一体となって非常にわかりにくいものとなっていましたが、政府からのかなり厳しい要請で通信料金も安くなりましたし、本体価格も明確になってきていますので、ある意味で確定申告はしやすくなってきています。 ただし、税務署の職員ではなくても誰しもがイメージするのは、スマホというものが特定目的だけに利用されるものではないということで、PCがどちらかというと専門利用を想定しやすいのに対して、スマホは多角的利用の一部にすぎないと認識されやすい点には、かなり注意が必要にありそうです。 ・デバイス価格は10万円未満なら単年での経費処理 スマホのデバイス価格というのは、想像以上に高いものですが、10万円以内のものであれば単年度の経費処理が可能になります。 厳密には購入月で割って、1年のうち利用した月分のみ初年度に計上、残りは翌年というやり方が税務署でも文句を言われないやり方ですが、3万とか4万という金額のものであれば、一括計上でも文句を言われることはありません。 また最新のiPhoneのように、15万といったものの場合には、4年を限度として毎年分割して減価償却を行う形になります。 この場合、初年度が3. 75万円で、翌年以降も同額を減価償却として4年に分けて計上するやり方になります。 冷静な視点で見た場合、高機能端末を1台持つよりはFX専門のスマホを揃えるほうが、より安全で効率的に取引ができるということもあります。 さらに、後々税務署から査察のお伺いがきた場合でも、FXのために明確に分けて使っているものは計上しやすくなりますので、専用機を利用するのも一考です。 価格としても、アンドロイド端末ならば4~5万円以下で調達可能ですから、徹底的に使っては3年程度で新しいものに変更していけば、その都度経費として落とすことができます。 もし調査の時に、色々と聞かれて時間を取られるよりも賢明かと思います。 ・データ通信料のみ通信費として計上可能 スマホの通信料は、データ通信の部分のみ計上が可能ですが、日常的にいろいろ使っている場合には、使用時間から判断して按分した金額を経費計上していきます。 専用機で売買している場合には、こうした経費は非常に算定しやすくなりまうので、やはり定常的にFXで利益を出していくのなら、専用機でのデータ通信なりWiFi利用料なりを計上するのが非常に公明正大といえます。 最近では、MVNOのデータ通信なら使い放題でもかなり安く利用できますので、そうしたものを率先して選ぶという工夫も必要です。 一般的には、月額2000円から3000円程度がほとんどですから、年間で4万円前後を計上してもおかしいという話にはなりません。 ただ、10万も20万も計上するのは、さすがに使用実態からみても不自然ですから注意が必要です。 ・VPSを借りて携帯でチェックする場合もコスト参入可能 税務署への申告ではわかりづらいものではありますが、VPSを利用してサーバーを借り、それにアプリを入れてスマホからアクセスするのであれば、こうしたVPSの費用ももちろん経費として利用できます。 デバイスに依存せずに、安定的に売買ができるという点では、こうしたサービスの利用もありうるといえます。 VPSも月額では、ほぼ3000円弱ぐらいからの利用となりますので、こちらも年間で4万円程度の経費計上はそれほどおかしいものではありません。 ・公明正大な利用履歴の開示を準備することが必要 この手の通信料の場合には、常軌を逸した高額な計上以外は指摘を受けることはあまりありませんが、だれが見てもわかりやすいような利用料金の控え等、正直な申告を心掛けることが重要です。 一か八かで、少しでも経費に算入してやろうという雰囲気が感じられる申告は、できるだけ避ける必要があります。 そうでなくても海外FXの利益についての確定申告はとかく目の仇になりやすいものですから、妙に疑われる存在にならない謙虚な申告が重要です。 何等かの査察が後日入った場合にも、しっかりと対応できるようにデータだけは揃えておくことが肝要です。 明確な理由があれば、経費として認められるので準備が一番大切です。 PCメインのトレーダーの方も、同じような考え方で経費として認められることになります。 ・海外FXのトレードに必要なプロバイダー料金などの通信費 電話料金、携帯料金も海外FX業者との専用回線であれば、全額経費として認められ可能性は高いですが、仕事やプライベートなどの個人使用がある場合は、その利用の度合いに応じて、経費として判断される割合は異なってきます。 また、モニター、プリンター、マウス、メモリー、記録メディアといった付属系の商品も必要経費として認められるでしょう。 ・海外FXに関する書籍・新聞図書費 海外FX市場の情報を収集するための有料メルマガや、有料ニュースサイトなども、必要経費として計上できます。 ・海外FX関連のセミナー受講費 セミナー会場までの交通費も、経費として認められます。 ・FXトレーダーとの情報交換(市場の動向や取引方法など)の際に要した飲食費 トレーダーとの面会場所までの移動手段(交通費)も必要経費です。 また、少し状況は違いますが、海外FX会社の担当者と直接打ち合わせをする機会などがあれば、それは出張旅費と言えるでしょう。 ・EA(自動売買)、インジケーターの購入費 海外FXに利用する目的で購入した取引システムであれば、問題なく必要経費となります。 売買シグナル受信費も認められます。 ・海外FX取引するために海外送金した際の手数料 取引手数料やスプレッドも必要経費ですが、海外FX業者の方で自動的に差し引かれるため改めての計上は不要です。 ・文具・事務用品 文具・事務用品といっても幅広いですが、海外FXの取引環境に必要なものであれば経費として認められます。 ・家賃・光熱費 自宅で海外FX取引をする場合、その家賃の一部を必要経費として認められる可能性があります。 また、FX専用オフィスをレンタルしている場合は、その家賃全額が必要経費の対象となります。 光熱費の考え方も同じです。 少し特殊ではありますが、海外FXの口座開設や取引き、サポート面などで英会話のスキルが必要であれば、英会話教室の費用も必要経費として認められる可能性があります。 トレーダーとしてのスキルUPには、こういった経費をうまく使っていきましょう。 各税務署でも、こうしたネットを利用した売買益の申告には、エキスパートが増えてきていますので、説明してもわからないといったことはなくなりつつあります。 しかし、経費にあまり法外な金額を参入させることは、いろいろな意味で目を付けられやすくなりますので、ごく当たり前の申告を心掛けることが大切です。 FX確定申告が初めてで不安な方は、税務署の担当者に直接確認してもいいですし、税理士に相談するのもいいと思います。 海外FXの税金を少しでも減らすために、節税に繋がる努力は惜しまずにやっておきましょう。

次の

【最新版】海外FXの税金・確定申告まとめ!これだけ覚えればOK

海外fx 手数料 経費

FXの経費は細かく決まっているものではない 個人口座でFXをしておられる方の基本的な税金対策方法としては「FXの経費をいかに適切に計上できるか」ということがまずあげられます。 非常に基本的なことですが、実際に相談に来られた方の資料を拝見していると、きちんと適切に必要経費を計上できている方や、資料も含めて税金対策がしっかりできている方というのはほとんどおられません。 まず経費とは何かですが、結論から申せば、実は税法上、FXの経費として認められるのはコレとコレですといった、細かい決まりはありません。 税法で経費とは 「収益(FXの場合は売買益やスワップ金利が考えられます)を得るために直接使った費用」 と定められていますので、 ある費用を使ったことにより、FXの収益が直接成り立っているのであれば、それはFXの経費と考えられるでしょう。 具体的にFXの経費として計上できるものは? 経費として考えられるものとして、具体的には、• 研修費(FX セミナーの受講費など)• 研修を受けるためにかかった交通費や宿泊費• 新聞図書費(FXや投資に関する書籍や雑誌など。 また投資に関するE-BOOK や配信サービス等の費用も可)• 売買手数料や入出金に関する振込手数料• 通信費(FX 取引にかかった分のインターネット接続費用や、口座開設時の郵送代など)• 事務用品費(FX に使った分の、コピー代や筆記用具、プリンタのインク代など)• FXトレードに関する器具・備品・消耗品費 などが考えられるでしょう。 但しここで問題となってくるのは、 それを計上したからといって必ずしもすんなり認められるとは限らないのです。 同じものを経費計上しても認められる時と認められない場合がある? 予め知っておかなければならない事として、それらの指摘を受けるのは、主に税務署からの行政指導か税務調査の時ですが、経費に対しての指摘を受けた場合、調査官を納得させられるかどうかは、その時の対応の仕方によって変わってきます。 よって同じものでも経費となるかどうかの結果が変わってくるということが実際には多々起こりえます。 つまり、Aさんが調査対応をしたら調査官を納得させることができたが、Bさんが調査対応をしたら調査官を納得させることができなかったという具合です 最終的に税務調査官に決定権があるかどうかは別として。 これは税理士や会計士が対応した場合にも当てはまることで、あまり一般には知られていないことですが、その税理士さんの税務調査対策スキルや対応の違いによって、追徴される税額が大幅に違ってくることはよくあります。 税金対策や税務調査対策というのは、税法の試験に出るものではありませんので、同じ有資格者であっても、要は資格をとった後に、その方がどれだけ日々研究、実践をされているかでスキルは全く異なってきますので、言い換えると、どの税理士と契約するかの時点で既に結果が変わってくるということです。 例えばパソコンをFXの経費として計上する場合 例えば非常によく聞かれるパソコン代などは、プライベートでも使われているのであれば、全額を経費として落とすことは難しいでしょう。 なので税務調査官は否認してくることもよくありますが、税務調査を理解できていない税理士さんにお願いしていると、反論の仕方が分からず受け入れてしまわれます。 実際には、何割かでもそれを使って利益を上げていることを客観的に証明できれば、按分して計上することはもちろん可能です(よく、税務署や他の税理士へ事前に聞いたところ、パソコンは経費にならないと言われましたと相談して来られる方がいらっしゃいますが、弊社へ依頼をいただいたものについては、過去にもちゃんと計上させて頂き、税務調査で否認されたこともありませんので、結論としては充分可能です)。 経費を否認するために税務署がよく使う手段とは? 余談ですが、「税務署に聞いたらFXに経費はないと言われました」と、あまりにもご相談をいただきますので、試しに税務署へ同様の質問をしに行ったことがあるのですが、実は全く同じことを言われました……。 その際、私が 「例えばFX関連の本で勉強をして利益を上げたのなら、その書籍代は経費にできると本で読んだのですが……」 と尋ねると、 「じゃあ、その本を読んだことによってFXの利益が上がったと証明してください。 」 と一蹴されました。 実はこれ、 税務署が否認するときによく使う常套文句です。 実際には法律上、それを証明する必要は納税者側にはありませんので、税務調査対策が分かっている税理士にとっては、簡単に反論可能なものですが、その時は、税務署の対応を確認しに行っただけでしたので、「そうですか。 わかりました。 」と言って帰りました。 なので鵜呑みにしてはいけません。 領収書などの保管の仕方で経費に出来るかが変わってくる? ただ、税務署側の言う事にも実は一理あり、経費とはFXで利益を上げるために【直接】要した費用のことです。 そのため、経費の根拠となる、領収書や通帳、クレジットカード明細などの資料を保管しておく際に、一手間加えておくことで、後々お尋ねや税務調査があった際にも結果が変わってくることが大いにあります。 具体的には、 使った費用が【直接】FXに関わっていることを説明できるよう、それらにメモしておいたり、一緒に証拠を残しておくことが大事です。 例えば、セミナー関連の支出であれば、どのような内容のセミナーだったのか、案内メールを一緒に保管しておいたり、書籍の領収書であれば、本の題名などをメモしておくのも良いでしょう。 よく領収書などはキレイに保管しておく必要があると思われている方がおられますが、そんなことはなく、むしろ保管方法は、空箱でもひとつ用意して、その中にポンポンと入れていくだけでも構いませんが、何に使ったのか、どう利益に繋がっているのか等の具体的な内容については、ドンドン書き込んでいくべきなのです。 なのでご自身で確定申告をされる方は、日頃からそのように証拠を残しておきましょう。 FXの経費を年末までに使ってしまおうは要注意? あとよく聞くのが、 「年末までに経費を使わないといけないと思ってパソコンを買いました」 というような話です。 ただこの場合、注意しないといけないポイントは、 どんなものでもすぐに経費として差し引くことが出来るとは限らないということです。 例えば10万円以上のモノを購入した場合には減価償却資産となり、全額を一括で経費とすることができず、定められた耐用年数に応じて、少しずつ経費にしていくことになります。 つまり、近々購入しようか迷っているものを、年内に購入して経費にしようと考えておられる方は、 「10万円未満」というラインを考えておかないと、思ったほどの節税効果が得られないということになってしまうので注意が必要です。 実際にあった強者の話 笑 最近ではパソコンもかなり手軽な価格になってきましたが、このようなお話をさせていただくと、過去には 「トレード用にカスタマイズされたパソコンを購入しようと思うけれど、高額になってしまうと減価償却のため今年の経費に計上できる金額が減ってしまうから、パーツ単位で購入しようと思っています。 」 という強者がおられました 笑。 パーツ単位で購入すれば1つ1つは10万円未満ということなのでしょうが、 この考え方は実はアウトです。 残念ながら パソコン1台という単位で初めてその機能を果たすモノの取得価格を、パーツ単位に分解して考えることはできません。 通常1単位として取引されるものは、その単位ごとに取得価格を判定することになりますので、この場合には、パソコンの機能を果たすパーツの合計額で考えなければならないことになりますので注意しましょう。 その他、FXの経費として勘違いされるものとは? その他にも、いただく質問としてあるのが 「FXのスプレッドや手数料は経費として引けますか?」 というものです。 これは別途まとめましたので、以下の記事をご確認下さい。 関連記事: 2012. あなたの応援クリックが更に情報発信をしていく励みになります。

次の