サイコ ガンダム mk iv g ドアーズ。 ムーンガンダムのアニメ放送はいつ?可能性の検証とあらすじ解説

サイコガンダムのバリエーション

サイコ ガンダム mk iv g ドアーズ

サイコ・ガンダム PSYCHO GUNDAM は、「」に登場する架空の兵器。 有人操縦式の機動兵器である (MA)のひとつ。 初出は1985年放送の『』。 「 サイコガンダム」となしで表記されることが多いが、設定画や公式ウェブサイトでは「サイコ・ガンダム」である (ただし、Mk-II以降設定されたバリエーションはほぼ「サイコガンダム」表記である)。 作中の敵側勢力であるに配備される機体で、人型の MS 形態への変形機構を備える可変MA TMA。 MS形態時の全高は40メートルに達し、標準的なMSの倍に相当する巨体をもつ。 による操縦を前提としており、で制御される強力な武装を多数備えている。 強化人間の女性であるが搭乗し、主人公のが所属するの前に立ちはだかる。 デザイン [ ] 案のとしてがデザインしたものを流用し 、第2稿をもとに がクリーンアップをおこなった。 村上によれば、飛行形態(MA形態)は小説『』に登場するパワードスーツ用の降下カプセルをモチーフとしている。 設定解説 [ ] 諸元 サイコ・ガンダム PSYCHO GUNDAM 型式番号 MRX-009 全高 40. 0m 30. 2m(MA形態) 頭頂高 40. 0m 32. 4m(MA形態) 214. 1t 全備 388. 型式番号の "M" はムラサメ研究所をあらわす。 一年戦争後、が搭乗したMSに関する調査団が結成され 、が搭乗したにの搭載が検討されたことが、開発の起点とされる。 機体はを皮切りに、ティターンズからの提供を受け、の開発を経てU. 0087年6月にロールアウト。 しかし、人工ニュータイプであるのニュータイプ能力の低さによって サイコミュ・システムは大型化し 、さらに脳波伝導フィールド形成のための変形機構や、の採用により、その全長は40メートルにも達した。 もっともなぜかガンダムタイプの外観は保たれている。 これについては、軍の意向からガンダムタイプとして開発することで予算を捻出したともされる。 形状はRX-78に似ているが、設計思想はMSN-02 がもとになっている。 また、頭部にコックピットがあり、分離して小型MAとしての運用も可能。 火器管制や機体制御すべてをサイコミュで制御する方式をとっており、パターンデータを登録することによって外部からの遠隔操作も可能である。 その戦闘プログラミングは専任パイロットであるフォウ・ムラサメ専用となっている。 本機は可変MSではなく可変MAに分類される。 モビルフォートレス MF とも呼ばれるMA形態に変形可能で、その巨体を飛行させるためにを装備している。 この形態では、成層圏を飛行することも可能。 一方、級の輸送機であっても格納できないため、MF状態で牽引して運用される。 機体は試作1号機と試作2号機が存在。 ホンコンシティの戦闘に投入されたほか、改修機がキリマンジャロ基地での戦いに投入され、大破している。 1号機ではパイロットの感応波を検知した結果、機体がコクピット内の制御を逸脱した動作を行ったことから、2号機においてはサイコ・コントロールシステムを実装し、専用のヘッドセットを利用することで機体外制御を仕様に盛り込んでいる。 武装 [ ] 3連装拡散 腹部に搭載され、1門あたりの出力は4. 8メガワット(合計14. 4メガワット)。 エネルギー直結型で高い威力を発揮する。 射程はそれほど長くないため、おもに中・近距離用として位置付けられる。 ビーム砲 両手指先に1基ずつ、計10基搭載され、出力2メガワット。 ジオングのものを踏襲した装備。 エネルギーCAP方式で 、腕部にはこのビーム砲のためのパワージェネレーターが存在する。 小型メガ・ビーム砲 頭部(額)に2門装備。 シールド ガンダリウム合金をはじめとした複合材でできており、実弾・ビーム双方に対して高い堅牢性をもつ。 MF形態時は上下二分割し機体両側面に装着し直し、ミノフスキーフライトのサブデバイスや安定翼として機能する。 Iフィールド によってメガ粒子砲を遮断する。 機体の重装甲も相まって鈍重さをカバーする防御性能を発揮する。 劇中での活躍 [ ] ムラサメ研究所出身の強化人間フォウ・ムラサメの乗機として登場。 1号機は戦力を失ったスードリ隊にムラサメ研からの増援として配備される。 における襲撃作戦に参加した際に暴走し、ニューホンコンの街に大きな被害を与える。 その後、をかけようとしていたスードリに体当たりを敢行し、その爆散と共に失われる。 2号機は基地防衛隊に配備され、に赴いたカラバの部隊を相手に圧倒的な性能を見せるが、の攻撃からを庇った際にコクピット内のフォウが死亡し、活動を停止する。 スードリ特攻の際にフォウが死亡するため、2号機は登場しない。 漫画『』では、オーストラリアの旧ティターンズ系の武装組織の本拠地「デビルズ・ネスト」に秘匿されていた、初期型のシステムを搭載した機体が登場する。 なお、ナイトロはもともとサイコ・ガンダムを「よどみなく」動かすためのものであったとされる。 ムラサメ [ ] 漫画『』に登場。 ムラサメ研究所付近にある、旧世紀に造られた海底都市「リュグージョ」に秘匿されていたサイコガンダムのひとつ。 MA形態時に頭頂部を覆うユニットと、シールドが失われているために完全な変形はできないが、それ以外の性能は保たれている。 また頭部の「口」に当たる部分が原型機と異なる。 リュグージョは宇宙世紀0153年にサイド1コロニー「ムーンムーン」の居住者が移民しており、本機はMA形態で「神」として崇められている。 木星との政略結婚から逃れるために失踪していたムーンムーンの姫であるが0169年に帰還したことから、姫の座を狙う司祭長が姫にふさわしい「能力」の高さを競うため、本機を遠隔操作させる「神立たせの儀」を挑む。 エラゾが本機の左腕を動かし彼女の勝利に見えたが、実は彼女が強化人間であることが露呈する。 エラゾが搭乗するはのに行動不能にされ彼女は気絶するが、彼女の感情が乗り移った状態となった本機は無人でMS形態に変形し、天井を破壊して海上に出て暴れ回る。 カグヤはオーテングーのサイコミュを利用してエラゾの精神に「サイコ・ダイブ」することで本機の動きを止め、その隙にアンカーが頭部を破壊することで活動を停止する。 リュグージョでは、本機の携行武装としてスラスター内蔵の大型「イカリマル」を開発しているが、結局本機では使用されていない。 カグヤをリュグージョまで送り届けた代金の一部としてアッシュに譲渡され、アンカーの武器となる。 3m 77. 4t 全備 130. 初出の『』第8号での名称は「プロトサイコガンダム」。 「連邦・系双方の技術を結集した最強のガンダム」というコンセプトの基に開発された機体。 をベースにしており 、ビーム砲を搭載した前腕部は同様有線でのが可能(ただし地上では直線的な動作しかできない )。 胸部中央には拡散メガ粒子砲が搭載されており、ジェネレーターが増設されているものの出力不足のためメガ粒子砲発射後は10秒間行動不能となる。 またバックパックにサイコミュ・システムが収納され大型化、機体重量は倍増し運動性は劣悪なものとなっている。 機体制御と火器管制はすべてサイコミュでおこなうことが可能となっているが 、一般兵もマニュアルで操作可能。 望月正雄の小説『モビルスーツコレクション・ノベルス Act. 1「破滅の機体」』では、初代パイロットのムラサメ研究所の強化人間が重度の精神障害で入院し、代わりにサード・ムラサメ少尉が派遣される。 とによる中隊(無人機を含む)と模擬戦を行った際に本機は暴走、多大な犠牲を払いながらもパイロットを含めた本機の破壊をもって事態を収拾する。 ザナドゥ [ ] 諸元 ザナドゥ XANADU 型式番号 MRX-007X 頭頂高 19. 3m 74. 3t 全備 132. のバックパックを、・ユニットに換装した機体。 ナイトロ・ユニットには本体とは別にコックピットがあり、分離が可能となっているが、複数のケーブルで繋がれたままであるため独立機動はできない。 「掌」に当たる3連装ハイメガ粒子砲は戦艦の砲塔のような外観をしており、有線式のサイコミュ端末として切り離すことができ、各砲門はビーム・ソードとしても転用可能。 「肩」にはT字型の「ディフェンサー・バインダー」を装備、ウィング基部には・ジェネレーターを内蔵し、背面の防御が固められている。 下部のスラスター・ユニットは「脚」のようにフレキシブルに可動し、上部のメイン・センサーは分離時には「頭部」として展開する。 本体側の外観は原型機と大差ないが、前腕部のサイコミュ・ハンドを強化するため「サイコミュ・」が追加装備されている。 これはメリケンサック状の(の運用データからフィードバックされている)に給弾ベルトが伸びているほか、Iフィールド・ジェネレーターが内蔵されており、さらに原型機からの武装であるビーム・ガンにもケーブルが伸びている。 なお、本体の塗装はティターンズ・カラーに近くなっている。 宇宙世紀0096年、サイド1コロニー「シャングリラ」近傍でのロック麾下のと「袖付き」のとの戦闘中に突如出現、「」が搭乗し圧倒的な力を見せつけ、連邦軍の中尉らをMSのコックピットごと連れ去る。 その後の「袖付き」・連邦軍混成部隊との決戦では、の中核としてナイトロ・ユニット側にロックも搭乗して出撃するが、の乗るにケーブルを切断され、によりナイトロ・ユニットのみ撃破されロックは戦死。 本体は確保される。 の設計をベースに大型化されたが、可変機構導入のためメイン・フレームのみで製作中止になり廃棄、登録抹消されたとされる。 しかし完成した機体が登場する。 頭頂高は40メートル近くあり、前腕はジオングのように有線サイコミュ式のロケット・アームになっている。 また、ミノフスキー粒子の散布も可能となっている。 宇宙世紀0088年に月の裏側の試験演習場でテストをおこなっていたと交戦、ハイ・メガ・キャノンによって消滅する。 なお、本機のパイロットは白骨化しており、無人の状態で稼働していた。 また本機が従えていた、鹵獲されたエゥーゴのや、のいずれのコックピットも無人であった。 サイコガンダムの8番目の試作機で、サイコミュ制御機能に未完成の点があり、実験中にサイコミュシステムの暴走によりパイロット(など)が死亡する事故が数件発生している。 真っ白な外見から、開発者たちには「冷蔵庫」と呼ばれていた。 この機体で収集したデータにより、最終的にサイコガンダムは完成を見た。 量産型サイコガンダム [ ] 諸元 量産型サイコガンダム PSYCHO GUNDAM MASS-PRODUCTION TYPE 型式番号 MRX-011 頭頂高 27. 2m 83. 0t 全備 136. エゥーゴとの短期決戦に備え、ティターンズのエースパイロット用に急造された。 サイコガンダムMk-IIの小型化をコンセプトに開発され 、通常MSの1. 5倍程度のサイズにまで縮小されている。 胸部には拡散メガ粒子砲3門に加えて収納式の「ハイメガバスター」を搭載しており、これはハイメガランチャー以上の威力を発揮する反面、発射時はほかの全火器が使用不能となる欠点をもつ。 サイコミュシステムに代わり、インコムが導入されている。 作中での活躍 『』第15号・第16号に掲載された、たけばしんごの漫画『シークレット・フォーミュラー フルアーマー百式改』では、エゥーゴを名乗る一団により月面工業都市「イプシロン」にあるアナハイム・エレクトロニクス第4開発局より2機が奪取され、宇宙船ドックに停泊中のエゥーゴのアイリッシュ級「クークスタウン」を狙うが、1機はハイメガバスターの暴発により自壊し、もう1機はによって頭部を破壊される。 漫画『』では、大佐麾下のの所属機が多数(少なくとも10機)登場する。 サイコガンダムMk-II [ ] 諸元 サイコガンダムMk-II PSYCHO GUNDAM Mk-II 型式番号 MRX-010 全高 40. 74m 33. 53m(MA形態) 頭頂高 39. 98m 全幅 31. 78m(MA形態) 187. 8t 全備 283. 当初は一部媒体で「サイコガンダムMk-III」と表記されている()。 開発はムラサメ研究所が担当。 サイコガンダムの実験データをベースに、再度宇宙用に開発された機体。 基本的な設計はサイコガンダムから引き継ぎつつも、武装と駆動系には改良が加えられた。 完成時の予想として、サイコガンダムを凌駕する機動性と火力を有する機体として完成するはずだったが、ミノフスキークラフト用シールドの完成が間に合わず、モビルフォートレス形態に変形できなかったほか、パイロットのロザミアが情緒不安定だったためにそのサイコミュ機能は使用できなかった。 その後、グリプス戦役終盤に中破した本機はネオ・ジオンによって密かに回収される。 地球降下作戦の際に占領した元ティターンズのキリマンジャロ基地に運び込まれてオーバーホールされ、同時に同基地でティターンズの強化人間のデータも調査、サイコミュの連動における問題点のチェックなどが急ピッチで進められた。 コクピットは頭部に存在し、後頭部には分離用のスラスターを3基有する。 搭乗者不在であっても半自律式プログラムで起動可能。 武装 メガ・ビーム砲 機体各部に計20門装備。 出力6. 3メガワット。 メガ拡散ビーム砲 胸部中央に3門装備。 出力10. 7メガワット。 出力は抑えているとした資料 と、サイコガンダムから倍増したとする資料が存在する。 さらに手首を折りたたみ、巨大なビーム刃を発生させる(出力1. 7メガワット )。 大口径ビーム砲としての転用も可能。 また、サイコガンダム同様指先はビーム砲となっている。 小型メガ・ビーム砲 サイコガンダム同様、頭部に2門装備。 レフレクター・ビット 「レフ・ビット」と呼称する資料 、「リフレクター・ビット」と呼称する資料もみられる。 Iフィールドジェネレーターを有した無線誘導端末で 、それ自体に攻撃能力はないが、磁気フィールドを発生させることによってビームを反射させ、敵の死角からの攻撃や障害物を迂回しての攻撃を行う。 この装備はビーム砲が固定されるモビル・フォートレス形態において、射線を変更する役割を持つ。 一方で、ビームの偏向は複雑なコントロールを必要とするため、パイロットの精神に多大な負担を発生させる。 大気圏内でも使用可能。 不使用時は背部に収納されているが、MS形態時はメイン・スラスター・ユニットが射出口を塞ぐ形となる。 シールド シールド・アーマーと呼称する資料もみられる。 ミノフスキークラフトを兼ねる。 サイコガンダム同様、MF形態では上下二分割されるが、MS形態でも結合せずに両肩部側面に装着が可能で 、これを再現したイラストや立体物もある。 なお、プルツーはMFからMSに変形する際にパージしている。 Iフィールド 戦艦の主砲を弾くバリアを展開可能。 パイロットは強化人間のロザミア・バダムで、精神不安定な彼女には、刷り込み操作で兄と思わせてあるがで随行し、指示を出していた。 また、小説版では名称が「サイコガンダムII」になっており、アクシズでの戦闘で離脱した後にグリプス2での戦闘で意識が協調したカミーユをかばってゲーツのバウンド・ドックと相討ちになる。 本機には前パイロットのロザミアの癖が残っており、それに対してプルツーは不快感を示すもののこれを一蹴し、リフレクタービットによる攻撃や防御を自在にこなすなど、ロザミア以上に本機の能力を存分に引き出す。 キュベレイMk-IIの特攻で装甲にダメージを被るも、その攻撃力は衰えなかった。 なお、小説版ではのによって撃墜される。 漫画『』では、「デビルズ・ネスト」に秘匿されていた、初期型のを搭載した機体が登場する。 サイコガンダムとともに圧倒的な力を見せつけるが、少尉が搭乗するのハイ・メガ・キャノンによって撃破される。 用ソフト『』の2人用モード全5ステージのうち、最終ステージ5の最終ボスは本機である。 名称 本機の設定画での名称は「サイコガンダムMk-III」とされており 、側頭部にも"PSYCO-GUNDAM MK-3"と記されている。 『』1986年1月号でもこれを踏襲し、「Mk-II」は第35-36話でフォウが搭乗した機体、すなわちサイコガンダム2号機であるとされた。 サイコ・ガンダムMk-IV G-ドアーズ [ ] 諸元 サイコ・ガンダムMk-IV G-ドアーズ PSYCHO-GUNDAM Mk-IV G-DOORS 型式番号 MRX-013-3 全高 19. 3m 57. 同作の主役機であるの原型となった機体のひとつ。 メカニックデザインは形部一平。 サイコ・ガンダムMk-IVの3号機。 (強奪前)やと同じ配色のティターンズカラーと、各部の装甲の隙間からのぞく緑色の発光ユニットが特徴。 従来のサイコ・ガンダム系列のような大型火器や変形機構をもたない標準サイズのMSとして設計されており、重火力の系列機と連携することで真価を発揮する。 のちのやなどに搭載されるのコンセプトモデルであり、後発機体のようにフレームを内装するのではなく、自体にフレームを組み込んだ16枚の「サイコプレート」を外装することで、機体を大型化することなくフレームの搭載量を増やしている。 これは開発当時にはまだサイコプレートを小型化して操縦席に組み込む技術が確立されていなかったためであり 、サイコプレートは単なる武装ではなく、機体本体の操作系に作用して反応速度を上げる役割を兼ねている。 「G-ドアーズ」は扉状に見えるサイコプレートの形状からつけられた3号機の名称で、他にサイコフレームの効率的な運用を模索していたMk-IVの1号機、2号機が存在するとされる。 武装としてのサイコプレートは、のを発展させた装備で、射撃機能を排した代わりにサイコフレームの硬度を活かした直接打撃や防御シールドとしての機能をもつ。 通常は16枚を連結した一枚板の状態でバックパックのアーム2本に懸架され、パイロットの工夫次第で多彩な合体パターンや運用法を生み出すことができる。 そのほかの武装は、頭部左右のバルカン砲2門、短銃身に改造されたフォア・グリップ付きのビーム・ライフル。 バックパック上部に収納されたビーム・サーベル2基。 機体はミスター・エンキドゥなる人物の支援のもとで完成したとされているが 、実際にはが偽名を用い、後に連邦軍を追われたティターンズ残党にサイコフレームのアイデアを提供して設計させたというのが真相である。 当時のネオ・ジオンにはサイコフレームを独自に開発する能力がなかったため、利用した後に裏切って始末することを前提に、強化人間の運用ノウハウを持つティターンズ残党に開発や実証を行わせたのである。 完成した機体はサイド1宙域にあるティターンズ残党の拠点に秘匿されていたが、宇宙世紀0091年、シャアによる匿名の通報を受けた 連邦軍外郭部隊「」との戦いで、が搭乗するに撃破される。 このとき通報者であるシャアの正体や真意まではロンド・ベルに知らされていなかったため、サイコプレートは単なる残骸として見逃されてしまう。 1年後の宇宙世紀0092年、残存した頭部と8枚のサイコプレートが、辺境コロニー「ムーン・ムーン」に漂着し、ネオ・ジオン軍のサイコミュ搭載MS「」の補修パーツとして再利用され、バルギルは「」として生まれ変わる。 そのほかの関連機体 [ ] ゲミヌス [ ] OVA『』に登場するティターンズの試作巨大可変MA。 劇中では「サイコシップ」と呼ばれている(型式番号:QRX-006)。 八面体のMA形態から巨大なMS形態へと変形する。 多数のニュータイプ(あるいは強化人間)が搭乗し、「」と呼称されるサイコミュ誘導型のビットMSによってオールレンジ攻撃をおこなう。 また、サイコミュ遠隔操作の腕部も武器である。 その腕部はとの交戦中にサイコミュ遠隔操作を乗っ取られ、自身に向けて使用された結果、ゲミヌスは破壊される。 MAでは初めて宇宙から地球への超長距離ビーム狙撃に成功する(MSでこれに成功したのはが初)。 型式番号に「Q」を冠する研究所は存在しないという設定が書籍『ガンダム・ファクトファイル』に掲載された が、後に書籍『データガンダム キャラクター列伝[宇宙世紀編II]』において同機はチャクラ研究所による開発で、ティターンズを裏切った同研究所を破壊するために攻撃をしかけていたと記載されている。 サイコガンダムMk-III [ ] 宇宙世紀世界ではない別の世界観を舞台とした対戦型格闘ゲーム『』シリーズに登場するオリジナルMA(一部資料では型式番号:MRX-012 )。 軍の研究機関によって開発された機体で、マリア・ニコルスが搭乗する。 武装は肩や脚、胸に多数のメガ粒子砲、両腕部の大型ビームソードと、その手足から放たれる格闘技で、変形機構やサイコミュなどの要素は見当たらない。 そもそもこの機体には設定画以上の詳しい設定がほとんど存在せず、武装類はゲーム中に確認できるもののみである。 ゲーム中では、ダウン時以外攻撃を受けても怯まない・攻撃中の割り込み不可能(このゲームの大型機共通の特徴)なうえに、通常MSと同様に防御動作も可能で、振り向き動作も含めた十分な機動力と、数発で敵の装甲を削り取る圧倒的な攻撃力も持ち合わせている。 登場キャラクターをアニメ版のものに置き換えた北米版『Gundam Battle Assault』では、パイロットがに変更されている。 また、続編の『Gundam Battle Assault 2』、およびその日本移植版の『機動武闘伝Gガンダム THE バトル』『新機動戦記ガンダムW THE バトル』ではパイロットがになっている。 サイコロガンダム [ ] ゲーム『』シリーズに登場。 初登場はバンダイのゲーム『』。 白地の六面体にドットが刻まれた一般的なに、サイコガンダムの頭部が付いているというコミカルな外見。 非常に高い戦闘力を誇り「 四角い死神」と呼ばれている。 サイコロの目から無数のビームやミサイルを発射し、『SDガンダム ガシャポンウォーズ』では胴体(サイコロ)を巨大化させての格闘攻撃も備わった。 誕生の経緯は、の性能では、サイコガンダムの全身を描くことは不可能であったため、苦肉の策として胴体をサイコロにしたことによる。 その後、ゲーム『』にて「サイコロガンダム」として再登場、以後同シリーズや『SDガンダム ガシャポンウォーズ』にも登場した。 これとは別に、バンプレストから発売されたゲーム『』では、サイコガンダムのモビルフォートレス形態がサイコロになっている。 通常はサイコロ形態で、プレイヤーキャラが近づくと徐々にMS形態に変形する。 変形が完了すると攻撃を行い瞬時にサイコロ形態に戻る。 サイコガンダムのカラーリングに合わせ、サイコロ形態は黒地に赤いドットが刻まれており、画面から見て1、4、6の順に目が変化する。 サイコロガンダムMk-II [ ] サイコロガンダムに似た姿をしている。 顔はサイコガンダムMk-IIである。 1991年にに連載された漫画『』では、くろすぼ〜ん族の兵器として巨大なサイコロからサイコガンダムMk-IIの頭部に手足のついた形態(同作におけるキャラクターの一般的な形態)へ変形する「サイコロガンダム」が登場した。 劇中描写はサイコガンダム MRX-009 に類似しているが、MA形態ですら全高40mのと同サイズと、ほぼ倍近い巨体になっている。 また、強化人間どころか本職のMSパイロットですらないグエンでも平然と操縦できることから、本当にサイコガンダムだったのかは不明。 これを受け、アニメ『』を題材にしたゲーム作品(おもに『』『』シリーズ)では、小説版にならって「サイコガンダムに乗るグエン」という演出がなされるようになった。 また、アニメ『』には、サイコガンダム MRX-009 仕様に塗装されたのガンプラが登場する。 フルバースト・サイコ・ガンダム [ ] 『』に登場するオリジナル機体(型式番号KRX-001、頭頂高40. 0m、本体重量228. 9t )。 上記のニューホンコンでフォウが搭乗したサイコガンダムをが鹵獲、用に改修したものとされる。 カラーリングをに近いパターンに変更。 サイコミュには調整が加えられ、背部に「ハロファンネル」と呼ばれるビットを収納したコンテナを、右肩にを流用したビーム砲を、左腕にはキャノン砲2門を内蔵したシールドを追加している。 MA形態は飛行姿勢とカラーリングを変更、さらに上記シールドが翼に変形して、のような外見になっている。 機体デザインは。 プロト・エプシィ・ガンダムもしくは プロト・エプシィとも呼ばれるが、との関連性は不明。 設計はアナハイム・プラントのナガノ主任が担当した。 武装は機体各所のビーム砲17基で、さらに機体各部を切り離してのも可能となっている。 また、本機ののちには形態を大きく変えた サイコガンダムMk-V改が開発されたほか、以前にもサイコガンダムMk-IIIおよびMk-IVの試作がおこなわれたとされている。 サイコガンダムシステム001/002号機 [ ] 「」の雑誌企画『ソロモンエクスプレス2 THE MYSTERY OF PSYCHOMMUN-SYSTEM』に登場する機体。 地球連邦軍とによってサイコガンダム以前に試作された機体で、001号機と002号機の2機が製造されている。 機体形状はサイコガンダムMk-IIに近いが可変機構は有さず、長い手足や大きくくびれた腰部、背部に備えられた巨大な翼などから構成される独特なフォルムを持つ。 搭載された由来のサイコミュシステムの大部分が詳細不明だったため、非常事態用の自爆システムを有しており、機体表面には自爆用のマニュアルボルトが各所に設けられている。 しかし、完成した2機は自爆システムをオフラインにして暴走し、異次元への扉を開き暴走開始から10秒強経過した時点で2機とも消失した。 この暴走事故によってサイド2を中心とする各コロニーでのニュータイプ覚醒・暴走が誘発されており、作中では、ティターンズがコロニーに対して行った毒ガス作戦は、この際に覚醒したニュータイプを抹殺するという目的もあったとされている。 また、サイコガンダムのMF形態はこの事故を受けて設けられた暴走抑制のための拘束形態であるとも設定されている。 脚注 [ ] 注釈 [ ]• 『MS大全集』シリーズでもしばらく84,000kgと表記されていたが、2003年版で168,000kgに改訂された。 オーガスタ・ニュータイプ研究所の協力により、をベースにMRX-002 やMRX-003 が設計・開発されたと言われる。 ガンダム・タイプとされるものの、MS形態は旧軍ののコンセプトを導入していると言われる資料も存在する• 一部"MRX-118"と誤植あり。 公式ウェブサイトでは「サイコ・ガンダムMk-II」表記だが 、設定画には「サイコガンダムMk-III」と書かれている (「」も参照)。 空間戦闘用に再設計された機体とした資料もみられる。 設定画を参照。 のシミュレーションボードゲームでは「Mk-III」表記が見られる。 「MS大全集2009」にのみ型番が掲載されている。 続刊の2013には掲載されていない。 出典 [ ]• 『MJマテリアル4 機動戦士ガンダム』バンダイ、1985年6月、62頁で確認。 68-69. , p. 110. 「証言11 村上克司」『ガンプラジェネレーション』講談社、1999年4月、46頁。 2 機動戦士ガンダム MS大図鑑【PART. 2 グリプス戦争編】』バンダイ、1988年3月、56-57頁。 『ガンダムメカニクスIII』ホビージャパン、1999年3月。 4』講談社、2010年8月、12-15頁。 『ENTERTAINMENT BIBLE. 2 機動戦士ガンダム MS大図鑑【PART. 2 グリプス戦争編】』バンダイ、1988年3月、108頁。 5』講談社、2009年8月、268-269頁、• 『SDガンダムG GENERATION-F 最強MSデータファイル』講談社、2000年8月、54頁。 106-107. 『データコレクション 機動戦士Zガンダム 上巻』メディアワークス、1997年6月、58-59頁。 『ENTERTAINMENT BIBLE 機動戦士ガンダムMS大図鑑 PART. 2 グリプス戦争編』バンダイ、1989年3月、109頁。 『週刊ガンダム・ファクトファイル』第77号、、2006年03月28日、折り込みシート 表紙イラストと同一だが差分になっており、表紙ではシールドを装備していない。 週刊ガンダム・ファクトファイル No. 133、2007年。 『データガンダム キャラクター列伝[宇宙世紀編II]』角川書店、2010年6月、153頁。 トレーディングカードアーケードゲーム『ガンダムトライエイジ』OA1-047「フルバースト・サイコ・ガンダム」• GUNDAM. INFO 2014年5月23日. 2018年6月18日閲覧。 GUNDAM. INFO 2014年10月2日. 2018年6月18日閲覧。 参考文献 [ ]• ムック• 『MJ MATERIAL No. ウェブサイト• 創通・サンライズ 2008年12月25日. 2020年5月28日閲覧。 関連項目 [ ]• - 『GMの逆襲』にサイコガンダムのガンプラを改造した「」が登場する。

次の

サイコガンダムのバリエーション

サイコ ガンダム mk iv g ドアーズ

~『機動戦士ガンダムUC』円盤売上枚数~ BD第1巻 187,006枚 187,006枚。 めちゃくちゃ売れてますね。 3,000枚でヒット作扱いの現代において、異常な数字。 さすが可能性の獣。 「ガンダムNT」や、「ガンダムUC2」の映像化企画も決まり、「ガンダムUC」のヒット以降、福井晴敏氏原案の企画は、更に勢いを増しています。 営利企業として放っておかないでしょう。 (影響力で言えば、もはやプロデューサーレベル?) アニメ化しそうな2つ目の根拠は、 『ムーンガンダム』の設定が、福井晴敏の壮大な宇宙世紀構想の、重要なエピソードになるからです。 どういうことかというと、「機動戦士ガンダムUC」や「機動戦士ガンダムNT」にも登場したサイコフレームは、『ムーンガンダム』で、サイコプレートという形で登場します。 福井晴敏氏いわく、このサイコフレームの存在は、「開けてはいけない禁断の扉」とのこと。 『機動戦士ムーンガンダム』も、ニュータイプが登場する、かなり踏み込んだ設定です。 世界観の関連性から考えても、最初からアニメ化を狙って動いているのではないでしょうか。 今のところネットでは、 やはり「機動戦士ガンダムUC」「機動戦士ガンダムNT」と同様に、OVAか劇場版になるのでは?という声が多数です。 原作のように、線の多いMS作画をアニメで再現すると、TVシリーズではもたなそうですしね。 ネットの声 ネットでもアニメ化に期待が寄せられています。 正直ムーンガンダムはアニメ化して欲しい 普通に面白いんですよムーンガンダム — 蕎. ムーンガンダムのアニメが放送はいつ? 『機動戦士ムーンガンダム』がアニメ化されるとしたら、一体いつ頃になるのでしょう。 これは結論から言うと、 早くても2022年近く、かなりかかりそうです。 というのも、現在の最新刊である3巻は今、ようやくムーンガンダムが起動したところです。 原作の単行本発売ペースはこちら ~ムーンガンダムの舞台設定や主人公~ ・時代:宇宙世紀0091 ・時系列:『ZZ』と『逆襲のシャア』の間 ・舞台:機械禁止のコロニー「ムーン・ムーン」周辺 ・主人公:ムーン・ムーンの少年ユッタ・カーシム 物語の舞台は、『ZZ』に2話だけ登場したコロニー「ムーン・ムーン」が舞台です。 ムーン・ムーンでは「 機械が禁止」で、多くの住民が自然の中で暮らしています。 電気や通信機は使ったことがありません。 その弊害として、医療技術も不十分。 結果、 主人公のユッタ・カーシムの父親は、医療処置ができなかったせいで、亡くなってしまいました。 父が亡くなった経験から、ユッタは「 良い技術は禁止せずに、取り入れるべきだ」という、ムーン・ムーンでは異端の考えを持つようになります。 そして外界の技術に興味を持つようになったユッタは、おきて破りをしつつも、特例として「戦士隊」で働くことになるのです。 そんなときに、宇宙船で事件が発生。 ロンド・ベルとネオ・ジオンの戦いに巻き込まれます。 友達を助けようとしたものの、一緒に宇宙に放り出されてしまうユッタ。 その後、宇宙漂流したり、ジオン軍人のアゴスに助けられたり、ミネバ・ザビを助けたりと、波乱万丈な展開になります。 いよいよピンチのとき。 負傷したアゴスに「ムーンガンダム」を託されたユッタは、ガンダムのパイロットになって戦いに挑む覚悟を決めます。 みたいな流れが、序盤のあらすじですね。 普通に面白いので、原作をオススメします。 ちなみに、 舞台のムーン・ムーンが「機械禁止」になった経緯には、歴史的な陰謀などがあるようです。 『UC』もそうでしたが、福井晴敏さんはキャラクタードラマと、歴史的な設定を同時進行させるのが上手いですね。 キャラクター 『ムーンガンダム』には多くのキャラクターが登場します。 とくに注目のものをいくつか紹介しておきます。 ~ムーンガンダムで注目のキャラクター~ ・主人公:ユッタ・カーシム ・ネオ・ジオンの強化人間:アゴス・ラガート ・ネオ・ジオンの姫:ミネバ・ラオ・ザビ ・伝説のニュータイプ:アムロ・レイ ・伝説の館長ブライト・ノア 一番の注目キャラクターは、やはり主人公です。 テクノロジー禁止のコロニーで育ったものの、父が亡くなった体験からテクノロジー肯定派になった主人公、という立ち位置が面白いですね。 頭に羽をつけたビジュアルが強烈で、ゲームに登場しても大いに目立つでしょう(笑)。 そんな主人公にムーンガンダムを託すアゴスもいいキャラですね。 また、 ミネバ、アムロ、ブライトなどの過去キャラが登場するのも見どころでしょう。 脇を伝説の人物で固めるのは、歴史小説に織田信長が出てくるみたいで、グッとくるものです。 モビルスーツ モビルスーツはこんな感じです。 (結果としてはまたガンダムタイプなのですが。 ) そんなムーンガンダムの一部となった機体は、サイコミュ搭載型モノアイ機の「バルギル」と、サイコガンダムを小型に改良したG-ドアーズです。 どちらも 『Zガンダム』や『ZZガンダム』に登場した機体の系譜です。 「サイコガンダムが小型化されていた」という設定は、『逆シャア』以降に大型MSが登場しなくなっていることとも、整合性が取れます。 アムロのリック・ディジェやシータプラスも、後付設定感がなく、宇宙世紀の機体らしくて、個人的にも好印象でした。 ムーンガンダムのガンプラと漫画の情報 原作3巻では、かなり盛り上がるところで終わってしまった『ムーンガンダム』。 ということで、気になる最新巻と、ガンプラ情報です。 ・ガンプラ、HG『ムーンガンダム』発売中 主人公機である『ムーンガンダム』は既にキット化済みで、今後は他の機体も商品化されていきそうです。 これは、ちょっとした「スピンオフ漫画」にとどまらない気合の入り方ですね。 続いて、クリアカラーバージョンも発売されます。 「BANDAI SPIRITS プラモデルFES in 沖縄」の開催が決定!そして、会期中の10月12日より「HG ムーンガンダム[クリアカラー]」を発売いたします!通常版とは異なり、白を基調としたカラーリングのディスプレイベースが付属いたします! — BANDAI SPIRITS ホビー事業部 HobbySite ムーンガンダムのアニメ化について まとめ では、ここまでのまとめです。 ・ムーンガンダムは、第3巻(第1部)まで単行本化 ・アニメ化の可能性は高く、OVA、劇場版という説が濃厚 ・放送するとしたら、早くても2022年近く ・内容は、「ムーン・ムーン」を舞台にZZから逆襲のシャアの間のエピソードが描かれる ・ガンプラと漫画は正式に発売決定 ということで、原作が順調に進んでいけば、高確率でアニメ化されそうという予測になっています。 まだ可能性の段階ですが、『UC』でも「 人間だけが神を持つ。 可能性という内なる神を」というセリフがありました。 可能性を信じてみましょう。 サイコプレートを展開して動くムーンガンダムは、是非アニメで見たいですね。 「閃光のハサウェイ」「Gレコ」「ガンダムUC2」と、まだまだ先の展開が控えていますが、楽しみに待ちましょう。

次の

ムーンガンダムとは (ムーンガンダムとは) [単語記事]

サイコ ガンダム mk iv g ドアーズ

These Psycho Plates are new psycommu units that can be remotely controlled by the pilot's brainwaves, and due to their door-like look when stored on the back, the mobile suit was named "G-Doors". The design of the G-Doors' main body was simple and it was designed to display its full capabilities when partnered with a heavy firepower-type mobile suit. Armaments• Head Vulcan Gun Mounted in the head, the pair of vulcan guns are typically used for intercepting missiles, destroying mobile suit sensors and the likes. Beam Saber For use during melee combat, a pair of beam sabers are stored on the top of the backpack. Beam Rifle A short barrel version of the beam rifle used by the Titans and New Desides. Psycho Plate A Psycommu unit secretly developed by remnants of the derived from the. It was developed based on the reflector bits of the , but the bits' shooting capabilities were replaced with shield-like sturdiness. Each of the plates are connected during standby and are separated when deployed. New Psycommu technology has been incorporated into their structures and they become both an offensive and defensive unit that can be remote controlled by the pilot's brainwaves. History In U. 0091, the Psycho Gundam Mk-IV G-Doors was used by Titans Remnants to engage 's during a battle with. The G-Doors was destroyed in the battle, and its head along with eight of its Psycho Plates drifted to a year later, where they collided with the space colony's outer wall. The head was recovered by Moon Moon's inhabitants, although the Psycho-Plates remained on the outer wall until they were later activated by and the G-Doors' head. The head and Psycho Plates were then attached to the , leading to the creation of the. Gallery.

次の