ひさ ひと さま 奇行。 悠仁様の発達障害の噂を調査!低い学力や補聴器の噂の真相は?つり目な影武者画像との比較も!

「皇室」の運命が変わり始めている[札幌占いブログ]

ひさ ひと さま 奇行

北海道・東北• 東海・甲信越• 近畿・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• 秋篠宮家の長男悠仁(ひさひと)さまが通う東京都文京区のお茶の水女子大付属中学校に何者かが侵入し、悠仁さまの机の上に刃物が置かれた事件で、警視庁は29日、住居、職業不詳、自称・長谷川薫容疑者(56)を建造物侵入の疑いで逮捕した。 「中学に入ったのは間違いない」と容疑を認めているという。 捜査1課によると、逮捕容疑は26日午前11時ごろ、文京区大塚2丁目の同校内に正当な理由がないのに侵入したというもの。 捜査関係者によると、26日昼ごろ、同校の教室内の悠仁さまの机の上に、棒状のものにテープで巻き付けられた刃物2本が置かれているのが見つかった。 刃の部分はピンク色に塗られていた。 同校周辺の防犯カメラを確認したところ、26日昼ごろ、青色っぽい作業着でヘルメットをかぶった中年の男が工事関係者を装って正門から入り、中学校に侵入する姿が映っていた。 この時間帯、悠仁さまの学級は教室の外で授業を受けており、教室は無人だった。 警視庁は防犯カメラ映像などを分析して捜査。 警視庁は29日、男を神奈川県平塚市内で発見し、逮捕した。

次の

悠仁親王

ひさ ひと さま 奇行

同級生にぞんざいな言葉遣いをされることも(写真/JMPA) 秋篠宮家は、昨年来、眞子さま(27才)と小室圭さん(27才)の結婚を巡る問題をきっかけにして、ご夫妻の教育方針にも疑問の声が上がるほど、強い逆風の中にある。 「小室さんの問題があって以降、紀子さま(52才)は、悠仁さま(12才)をしっかりとお育てになることにますます躍起になられているように見受けられます。 宮内庁関係者はこう語る。 「今の紀子さまと悠仁さまの関係は、当時の雅子さまと愛子さまのお姿に重なるところもあります。 ただ、雅子さまがあくまで愛子さまをお側で見守られていただけなのに対し、紀子さまは悠仁さまが皇位継承者としての見識を深められるように積極的に行動に関与されたり、ずっと横についてお世話をされるなど、『過干渉』のようにも見えます。 「昨年の運動会の帰りのことです。 悠仁さまは背負っていたリュックを、当たり前のように紀子さまにお持たせになり、自分は足早に送迎車に乗り込まれたそうです。 紀子さまもそれをごく自然に受け取っていらっしゃった。 もちろん同級生たちは保護者が近くにいても、自分で背負って歩いていました。 皇室関係者はこう話す。 「悠仁さまが天皇陛下のすぐお側にいて、陛下のなさりようを間近で学ばれた方がよいという声があります。 まずは、陛下も悠仁さまも登山がお好きですから、一緒に山に登られることから始められるのもいいのではないでしょうか。 思春期を迎えて、人格形成が重要な時期に、紀子さまと少し距離を置かれてもいいのではないかということでもあるのです」 今の紀子さまのあり方が、将来の皇室を大きく左右することは間違いない。

次の

紀子様が怖いし正体がやばい…結婚の真の理由や堕胎と浮気の噂に震える…

ひさ ひと さま 奇行

8月25日、ブータンへのご旅行から帰国された悠仁さま。 そのご表情は、今回の旅が充実したものであったことを物語っていた。 付き添われた紀子さまも笑顔を見せられたが、このブータン旅行の陰には秋篠宮ご夫妻のとある心配があったと語るのは宮内庁関係者。 「実は、最近になって悠仁さまは、秋篠宮ご夫妻に反発する姿勢を見せられるようになっていたのです。 たとえばコンサートを鑑賞された際、休憩時間になった途端に悠仁さまが席を立ち、紀子さまの制止を振り切って歩きだされる場面がありました。 紀子さまは慌てるように悠仁さまを追いかけていらっしゃったのです。 「小室圭さんとの結婚が延期となっている眞子さまは、いまだに秋篠宮ご夫妻と会話を避けていらっしゃるようです。 佳子さまも、今年3月の文書で《姉の一個人としての希望がかなう形になってほしい》と記されたとおり、眞子さまの恋を応援されています。 小室さんとの結婚を阻止したい秋篠宮ご夫妻は、頭を悩まされています」(前出・皇室担当記者) 眞子さま・佳子さま姉妹と秋篠宮ご夫妻の対立は、悠仁さまにも影響することが懸念されると前出の宮内庁関係者は語る。 「佳子さまは3月の文書で《私は、結婚においては当人の気持ちが重要であると考えています》と、ご自身の考えを綴られました。 ただ、悠仁さまの場合はそこまで割り切って考えることができない事情もあります。 悠仁さまがご両親への反発から、眞子さまや佳子さまのお考えに近づいてしまうのは、避けなければならないことなのです」 現在、皇位継承順位第2位である悠仁さまは、皇室典範が大幅に改正されない限り、将来は天皇となられる。 《一個人としての希望》《当人の気持ち》だけではご結婚は難しいということを、悠仁さまには納得していただく必要があるのです」 一方で、元宮内庁職員で皇室ジャーナリストの山下晋司さんは、こう指摘する。 「悠仁親王殿下のご結婚が難しくなるのは、現在の天皇陛下の次の世代ではただお一人の男系男子だからです。 皇統は男系男子で継いでいくとされている現状では、悠仁親王殿下とお妃には男のお子さま誕生という周囲の期待が大きくのしかかります。 困難を極めるお妃選びを成功させるためにも、親子の良好な関係は必要不可欠と言えるだろう。 「悠仁さまが面会されたブータン国王夫妻は、ワンチュク国王が17歳のとき、なんと当時7歳だったジェツン王妃にプロポーズ。 その14年後にめでたく結婚式を挙げました。 秋篠宮ご夫妻も、悠仁さまには仲睦まじい国王夫妻のような幸せな結婚をさせてあげたいと思われたかもしれません」(前出・皇室担当記者) なんとしてもブータンご旅行での親子関係修復を……。

次の