がに股 直し 方。 ゴルフスイングと手打ちについて。原因と直し方のポイントとは?

注目!がに股の原因:がに股歩きを治す筋トレ・ストレッチ方法を紹介

がに股 直し 方

O脚の矯正はコツをつかめば、その場で簡単に直すことも可能です。 正しいO脚矯正とは曲がっている脚を、 無理やり真っ直ぐにするのではありません。 骨盤のゆがみから元に戻さなければならないのです。 身体の柔らかい人であれば、 以下に紹介する至って簡単な方法を実践すれば、 すぐにでも効果が実感できると思います。 O脚と内股の関係とは? 治し方に移る前に、まずその根拠となる O脚の仕組みについて、 さらに説明をしたいと思います。 O脚は、X脚やXO脚と同様に内股の一種です。 それぞれに両膝がくっついている、 離れているといった違いはありますが、 いずれの状態も膝が内側を向いているからです。 膝と膝が離れていても、 膝関節が内向きにねじれていれば、内股とみなします。 O脚で膝が外側を向いている状態をいわゆるガニ股といいますが、 ここでは膝が内向きの内股O脚を取り扱います。 内股O脚の場合は、反り腰になって骨盤が前に傾いています。 骨盤が前傾すると、骨盤の上部分にある腸骨は閉じますが、 その逆に一番下部にある坐骨部分は外側に開いてしまいます。 (骨盤は、上部から順に仙骨・腸骨・恥骨・坐骨で構成されています。 ) こうして、骨盤が開いている状態になります。 すると、坐骨とすぐ隣に位置している股関節も外側に広がり、 太ももの間も離れてしまい、O脚が出来上がります。 股関節の広がりと内側に向かった重心によって太ももは内旋し、 その結果膝も内側を向きます。 内股を治すには 内股を治す方法ですが、 内側に向いている膝を外側にねじるというのがポイントです。 難しい動作は必要なく、思い立ったらすぐできる、 簡単なO脚矯正体操を次に紹介します。

次の

内股は膝にも負担がかかる? デメリットと治し方|整体・骨盤ジャーナル|整体・骨盤矯正(骨盤調整)のカラダファクトリー

がに股 直し 方

街をサクサクと背筋良く歩く女性はカッコいいですよね。 きれいな足をした女性はうらやましく思います。 そういう筆者も、もともとややがに股気味だったのがコンプレックスで、頑張って治したという経緯があります。 がに股だとやはり歩き姿が美しくないよね。。 やっぱり男性は引いちゃうよね。。 なんて被害妄想も手伝い、ずっと悩んでいました。 今となってはちょっと異常なカタチであると知ったのですが、当時は内股気味に歩く女の子を見て、「なんて女の子らしいの!」なんて羨ましく思ったり笑 これは女性特有の悩みだとは思いますが、同じくがに股で悩んでいる方のために、筆者も実践して実際に効果的だったものに限定して、がに股の治し方をお届けしようと思います。 足の筋肉(ももとふくらはぎ)は、内側と外側の筋肉に分かれています。 そして、内側の筋肉は主に走るとき(速筋)、外側の筋肉は主に歩くとき(遅筋)に使われるのですが、 年齢と共に歩くことはあっても、日常的に走る機会は圧倒的に少なくなりますよね? その事で内側の筋肉は細く衰えるのに対して、外側の筋肉は現状維持するため、徐々に筋肉が外へ外へと引っ張られるようになります。 そして時間をかけて引っ張られ続けると、骨も同時に外側へと変形していき、がに股になるのです。 また、若い人にがに股が増えているのは、運動不足や足を細く見せたいという願望から、筋力の衰えを気にしない傾向にあるためです。 O脚との違い がに股とよく比べられるのが、O脚です。 がに股とO脚を一緒に考える方も多いですが、正確にはまったく違うものです。 ざっくりと違いを並べると• 姿勢を正す がに股は猫背など姿勢の悪さによって背骨の固くなり、筋肉が弱くなる事も原因になります。 日頃から姿勢が悪いなと感じている方は、肩甲骨に意識を向けて、胸を若干張りながら正しい姿勢を保つクセをつけるようにしましょう。 ジョギング 内側の筋肉(速筋)を鍛えて、内と外の筋肉バランスを整える必要があります。 女性の場合筋肉をつけると足が太くなるから嫌!という方もいますが、よっぽどアスリート並に鍛えない限り足が太くなることはありません。 むしろ程よく筋肉量を増やすことで、脂肪燃焼力がアップして痩せやすい体作りにもつながるので一石二鳥ですよ。 週に1度でも、無理のないジョギングをして筋力アップを図ることをおすすめします。 スクワット 足の筋肉を鍛えるのに、スクワットがとても効果的です。 1日20~30回程度でよいので、習慣的に行う事がおススメです。 またスクワットは短時間に筋肉が鍛えられるため、がに股改善はもちろん足腰のスタイルバランスを整えるのに最適です。 ペットボトルばさみ運動 これは女優の釈由美子さんが、実際にがに股改善対策としてやられていた運動です。 ペットボトルがあれば簡単にできるので、1日3セットを目安に運動します。 両方とも足の外側が厚く、内側に傾斜しているため、自然と内側に重心がいくので内側の筋肉が鍛えられます。 ちなみに筆者は、サンダルを自宅のスリッパとして利用していました。 膝のストレッチ がに股を治すには、足を真っ直ぐのばすクセをつけるのが効果的です。 そのためには、膝のストレッチをすることで真っ直ぐにするクセがつきますよ。 整骨院に行く 長年のがに股生活で、骨盤や骨の位置ががに股仕様に変形している場合があります。 その場合は、整骨院で徐々に骨盤から歪みを矯正してもらうのが、一番早い方法になります。 整骨院といってもボキボキと骨を鳴らすような施術ではなく、これで矯正されているの?と思うほど優しい施術です。 ですが少しのバランスの崩れが長年にわたって大きくがに股を作るように、整骨院でのちょっとした矯正方法だけでも確実にがに股は治っていくものです。 またできれば、がに股改善を得意としている(HPなどでうたっている)整骨院に通うことをおススメします。 がに股は明日明後日ですぐに改善するものではありませんが、治らないものでもありません。 ですが人間の身体は固定されたまま、もう動かず治らないということは決してありませんので、上記の方法を取りいれて徐々に改善していってくださいね。

次の

時々、友達に「がに股で歩かないの!」と言われます。直し方...

がに股 直し 方

うまく走れる子はボールが弾むように前に体を弾ませている 空気がパンパンに入ったボールと、抜けてしまったボールをイメージしてみてください。 足の速い子は前者です。 うまく走れない子は後者です。 うまく走れる子は着地した瞬間に脚の付け根にある大切な筋肉にスイッチが入り、ボールが弾むように前に体を弾ませています。 地面を蹴って進んでいるのではないのです。 筋肉を収縮させる(縮ませる)ことで後方にかくように蹴って走るのではありません。 むしろ、筋肉に力は入っていても縮みません。 その代わりに腱(けん)がゴムのように伸ばされては縮む。 そんなバネの力を使っているのです。 カーボン製の義足を見たことがありますか。 義足自体に蹴る力はなくても、着地時の荷重でしなり、バネの役割を果たしています。 一方でうまく走れない子は、空気が抜けて潰れたボールのような走り方。 一歩一歩の着地時に、大切な筋肉にスイッチが入らない状況です。 片足で体重を的確に支えることができず、崩れるように腰が落ちます。 「地面をつかむ」。 短距離アスリートはそんな言い方をしますが、その意味においては、毎歩で地面をつかみそこねている走り方といえます。 最も力がかかってくる局面では、つま先が外を向き、膝が内側に入り、腰が外側に流れます。 「外・中・外」のねじれ。 一旦、体が沈んだ後で地面を押して蹴ることで前に進むことになります。 バネは使えず、筋肉の伸縮によるキックに依存した走り方です。 こちらの方がよほど力を使っているのですが、うまく前に進めない効率の悪い走り方です。 見ている人には腰が落ちて沈む印象。 着地音は「ポンッ」でなく「グニュッ」という風に聞こえます。 これらが「パタパタ走る」「腰が落ちる」という表現につながるのではないかと考えます。 ここでやってはいけないのは、動きの現象だけを見て修正をかけること。 何事も原因と結果があります。 つま先が外を向いてしまう原因は脚の付け根にあります。 ありがちなアドバイスに「つま先をまっすぐ前に向けて」「もっと速く足を出して」というものがありますが、突き詰めるべきは原因の方。 結果である、つま先(体の枝先)だけに修正をかけるようなことはすべきではありません。 では、原因についてどう修正をかけるか。 私の場合は脚を振り子のように捉えます。 振り子の基点になるのは脚と胴体がつながる部分、すなわち骨盤です。 この骨盤の回りに何らかの刺激を入れるべきだというのが、修正についての私の考えです。 体が硬いためにうまく動かせないということもありますので、ストレッチもしてください。

次の