塾 バイト。 塾講師専門求人サイト【塾講師バイト ドットコム】

「塾講師バイトの面接」で聞かれる質問と採用までの流れ

塾 バイト

塾講師バイトを始めるベストタイミングTOP3 塾講師のバイトはいつから始めるのがベストなのでしょうか。 塾講師を始めるのにベストなタイミングは3つあります。 3月 春期講習・新学期入学生 4月は新しい年度が始まる月です。 新入生が入ってくる時期でもあります。 生徒はもちろん、職場の塾講師も異動や入退職が落ち着き、一緒に働く仲間が揃ったところから始まります。 生徒も講師も打ち解けやすい 生徒とも職場の塾講師とも「お互い関係がまだできあがっていない 」時期です。 しかし、すでに生徒や講師同士の関係ができあがってしまっているところへ新人として入職するよりは、打ち解けやすく、関係づくりがしやすいというメリットがあります。 生徒と打ち解けることで、生徒からの質問を引き出しやすくし、生徒の塾講師への信頼感や勉強のやる気向上にもつながります。 友達が作りやすい また、個別指導であっても集団指導であっても、同じ職場の塾講師と「 連携を図らなくてはいけない 」場面もあります。 塾講師同士の 関係づくりができていると、そうした連携がスムーズに行なうことができます。 1年間を通したイベントを経験できる もう1つのメリットとしては、4月から入職して1年経てば、1年間において「一通りのイベントが経験できる」ことです。 それに伴う仕事の内容や仕事量の増減などを実際に経験することで、次年度以降も継続して塾講師のアルバイトを続ける場合に仕事の見通しがたてやすくなります。 4月に働き始めるためにも、 3月には求人に応募することをおすすめします。 7月 夏期講習 夏期講習は塾にとっても、生徒にとっても特に力を入れて取り組む講習です。 夏期講習は、夏休みが始まる7月下旬から、夏休みが終わる8月下旬にかけて行われます。 夏期講習は、 通塾生だけでなく夏期講習のみを受講する生徒も多いのが特徴です。 短期の塾講師でお試ししてみる価値あり そのため、 「 塾講師の人手が不足する時期 」でもあります。 この時期は塾講師の求人数も増え、 短期の塾講師バイトの募集も出てきます。 気になる塾があれば塾の雰囲気を探るのにまずは短期で入職し、働きやすければ長期バイトとして雇用してもらえるよう交渉してもよいでしょう。 夜だけでなく、昼も働ける また、夏期講習は夏休み中に行われるので、普段は16時から22時しか授業がない学習塾も 昼の12時頃から開校するところが多くなります。 夜間に働くのは難しいけれど塾講師のバイトをしたい主婦や、普段は夕方からバイトをしていて、 夏休み中だけ昼間もバイトを掛け持ちしたい大学生にはおすすめの時期です。 11月 冬季講習 冬季講習は 12月の冬休み頃に行われることが多いです。 受験前に慌てて通いだす 冬季講習の時期には受験生の部活動も終わっており、夏期講習には来なかった生徒も参加したり、 受験を意識して 駆け込み的に参加する生徒もいます。 そのため、 人手が足らず、塾講師のバイトを募集する塾もあります。 短期でやってみたい人におすすめ 塾によっては年末年始返上でバイトをする覚悟はいるものの、夏期講習と同様に、短期でバイトしたい人や、気になっていた塾の様子を探りたい人、昼間に塾講師のバイトをした人はチャンスです。 早めに応募して、講習前に研修を終わらせておく 夏期講習にもいえることですが、受講生の募集を締め切ったあとすぐに講習する講師の編成が組まれることがあります。 確実に講習を担当させてもらうためには、「 講習が行われる前の月には応募したい 」です。 応募して2週間後から働き始める 塾講師の求人に応募して採用された場合、「 2週間後くらいから働き始める」ことになるパターンが多いです。 塾講師の求人に応募しても、 すぐに採用試験や面接が受けられるとは限りません。 どうして? まずは、 採用試験や面接のためにスケジュールを塾側が調整する必要があります。 採用試験と面接を同時に行う塾もありますが、採用試験と面接が別の日程で行われる塾もあります。 採用試験の採点で合否判定を出すのにも数日かかるでしょうし、そこから面接の日程を調整…としていると応募から1週間前後はかかるとみておいたほうがよいでしょう。 即採用されることは難しい 採用試験や面接をクリアして採用が決まっても「明日から来てね」ということは、よほど人材が不足していないか、小さな規模のフランクな塾でない限りほとんどありません。 働き始めるまでにも数日~1週間かかると想定しておきましょう。 採用試験や面接で1週間程度、採用後の勤務開始日までの1週間程度、合計で2週間程度ですね。 結局、いつから始めるべき? 塾講師をいつからはじめるか 自分にとってベストなタイミングが決まったら、「 すぐに応募に取り掛かる 」べきです。 応募から実際に働き始めるまで2週間程度かかることから、始めたい時期に応募したところで出遅れてしまう可能性があります。 求人が打ち切られることに注意しよう また、自分よりも先に他の人が応募して採用された場合、「 求人自体が打ち切られる 」こともあります。 特に、 人手不足の場合は塾側も早く人材を確保したいので、早く応募した人が採用に有利になります。 求人がでたらすぐにでも応募しなければ、採用試験や面接すら受けられないかもしれません。 もし、 行事や他のバイトなどで都合が悪い日などがある場合でも、初勤務日を遅らせたり勤務初月だけは都合の悪い日を休ませてもらったり、面接でいくらでも 交渉する余地があります。 まずは採用試験や面接を受けるためにも、いかに早く求人に応募するかは重要なポイントです。 参考リンク オススメの塾講師応募サイトはこちら.

次の

塾講師バイトに必要な学歴は?テストや塾講師バイトの探し方について

塾 バイト

塾講師のバイト面接落ちました 大学一年生です。 先日、個別指導塾の面接に行きました。 初めてのバイト面接でしたが 面接開始直後、自分の性格に関するマークシートを埋めさせられ、そのまま後日連絡という形でその場を後にしました。 面接場所には面接時刻の10分前には来ていましたし、スーツ姿で髪も染めていません。 相手の話はしっかり目を見て聞きましたし、正直落ちる要因はなかったと思います。 ただ、埋めさせられたマークシートは正直に答えました。 そこで落とされたのかなと思います。 そこで、みなさんに質問です。 こういったバイトの面接って やはり多少のウソはついた方がいいのでしょうか? こう言うと叩かれるかもしれませんが、 面接中の一挙一動をとれば採用だろうと思っていました。 マークシートで少しウソというか盛ったりするだけで違ったのでしょうか? 駄文失礼しました。 補足ちなみに 今回の面接は、塾のバイトサイト内での 塾側からのスカウトメールがきっかけです。 ですので、自分の条件等がダメだったわけではないとおもうのですが… 落ちてよかったですよ。 塾講師はブラックですから。 時間外労働ばっかで稼げません。 理系講師が欲しいから募集かけたのに、文系講師がきた場合は落としますよ。 土曜日に入れる人が欲しいのに、土曜日がダメという人がうけに来たら落とします。 あと、私の教室はある大学の近くにあるのですが、特定の大学に講師が偏ると、そこの大学が学園祭などの行事で講師が一斉に休むと困るので、そこの大学生が応募してきても落とします。 など、落とす理由は様々なので、気にしない方がいいと思います。 スカウトメールは、一定の条件の人に一斉送信みたいな感じです。 特にあなたを採用したいというわけではないと思います。 教育業界は慢性的に人手不足なので、とりあえず応募して!というアピールはしてきます。 こんな事を書くと私も批判を受けそうですが、多少の嘘はアリだと思います。 勿論 学歴詐称などのシャレにならない嘘はダメですが、気持ちがどうであれ、こっちに丸をした方が良いかなぁ〜と思う方に丸を付ける方が良いと思います。 例えば、今回の面接は学習塾なので、そんなに子供は好きではなくても、好きです と答えたり、お金のためのバイトだとしても、教育に興味があります と答えたりといった具合に、うまく答えるんです。 実際、面接をうまく乗り越えている人は そうしています。 そして採用側は、正直者を求めているのではなくて、いざという時、臨機応変に対応できる人物なのかどうかを見ています。 嘘も方便ですよ。 うまく乗り切って行きましょう。

次の

コロナウイルスとバイトについて。塾バイトをしている大学生です...

塾 バイト

「塾講師バイトの面接」で聞かれる質問と採用までの流れ 塾講師のアルバイトは、小学校中学校、あるいは高校での自分の経験を活かすことができ、未経験からでも働くことができます。 塾講師のアルバイトを志望する際に押さえておきたい「面接から採用までの流れ」をご紹介します。 一度に教える人数が多いため、生徒をまとめる力が求められ、面接日に模擬授業を行って応募者の指導力をテストする場合があります。 その分、個別指導より時給が高く設定されている傾向です。 集団指導とは違って黒板を使わずにテキスト上で授業を進めるため、マンツーマンでも間延びせず、計画的に授業を行う力が必要です。 大学の先輩や友人からの紹介で塾講師のバイトを始める人もいますが、事前にしっかりと面接が行われます。 応募時に郵送で履歴書の提出を求められたり、インターネット経由で学歴や自己PRなどを伝える応募フォームを利用したりする場合もあります。 テスト内容は自分が教える教科のほか、国語や数学や英語などの基本科目の筆記試験です。 また、集団指導クラスの場合は、指導希望の教科の模擬授業をテストする場合もあります。 専攻は情報工学で、得意科目は数学です。 受験を終えたばかりなので高校2~3年生を指導したいですが、中学生も教えられると思います」 面接では履歴書をもとに学歴や得意科目について質問されたり、「簡単に自己紹介をしてください」と言われたりします。 ここでは自分がどのような科目が得意で、実際に塾講師のバイトを始めるとしたら何の教科を、誰に教えたいのか話しましょう。 大学受験を目指す高校生を指導する場合は、国立・私立のどちらを受験したか、具体的にどこの大学を受験・合格したのかを詳しく聞かれるケースもあります。 志望動機 <回答例> 「生徒一人ひとりのことを思いやり、コミュニケーションを大事にすることが重要だと考えています。 ただ苦手な部分を教科書通り教えるだけでなく、なぜその子が苦手意識を持っているのかを引き出すために、普段から積極的に会話をして相談しやすい講師を目指したいと思っております」 応募者の思考を試す質問です。 塾講師の仕事は「生徒に勉強を教えること」が基本ですが、どのように生徒に勉強を教えることが重要なのかが問われ、熱意ある姿勢が求められます。 ここまでが塾講師のバイト応募~面接までの流れです。 筆記試験と面接を終えたら、数日中に電話などで採用の合否連絡があります。 合格したのちは最初の授業を行う前に研修を受ける場合が多く、授業見学や模擬授業などを経て塾講師デビューとなります。 講師がスーツを着用している塾に応募する人は、面接当日はスーツもしくはジャケットを着用した方がきちんとした印象を与えられます。 女性の場合もジャケットを着用し、化粧は清潔感のあるナチュラルメイクにして、髪が長ければ目立ちにくい色のヘアゴムなどでまとめておきましょう。 携帯電話は時計代わりとして使用できません。 また、面接後すぐに説明会を兼ねている場合に備えて、ノートやメモ帳も用意しておきましょう。 このほか顔写真入りの履歴書やスリッパなど、事前に言われた持ち物があれば忘れずに持参します.

次の