三井住友ゴールド 還元率。 三井住友ANAゴールドカードのVポイント(旧ワールドプレゼント)をANAマイルに交換する方法とマイル交換率を解説【2020年版】

【マクドナルド・コンビニ利用者必見!】三井住友カードでポイント5倍を獲得しよう。

三井住友ゴールド 還元率

ゴールドカードとは? ゴールドカードとは、一般カードに比べてさまざまな特典や優待サービスが利用できるクレジットカードです。 具体的には、空港ラウンジの利用サービスがついていたり、付帯保険が充実していたりします。 ゴールドカードは、かつては会員となるためのハードルが高いイメージがありました。 しかし、近年はより多くの人に利用してもらうことを目的に、中には年会費無料というゴールドカードも存在するほど所有しやすくなっています。 ゴールドカードのおもなメリットは以下のとおりです。 ステータス性が高い 一般カードよりもランクが高いゴールドカードは、お店やホテルなどで支払いをするときに、ステータス性を示すことができるでしょう。 カードデザインも高級感があります。 利用限度額が高めに設定されている クレジットカードには月々の利用限度額が設定されており、それを上回る金額を利用することはできません。 ゴールドカードは、この限度額が一般カードよりも高めに設定されています。 特典・付帯サービスが充実している ゴールドカードには、さまざまな特典やサービスが付帯しています。 例えば、特定のお店で利用すると割引が受けられたり、空港ラウンジが無料で使えたりします。 また、国内・海外旅行傷害保険や、ショッピング保険も付帯されているものも少なくありません。 なお、付帯保険については、無条件で自動的に適用される「自動付帯」と、カード利用などの条件付きで適用される「利用付帯」があります。 ゴールドカードの場合、その多くが自動付帯となることも、一般カードとの大きな違いといえるでしょう。 ゴールドカード 3つの比較ポイント せっかくゴールドカードを所持するのですから、自分に合ったカードを選びたいもの。 ここからは、ゴールドカードを比較するときに注目したい3つのポイントについて見ていきましょう。 1 特典やサービス内容から選ぶ クレジットカードの特徴が最も出やすいのが、特典やサービス内容です。 ポイントの還元率については多少の差があるくらいで、大きな比較ポイントにはなりにくいでしょう。 しかし、特典やサービス内容には大きな差が出ます。 例えば、空港ラウンジを利用する場合、A社のゴールドカードであればご本人のみ無料となっているのに対し、B社のゴールドカードであれば同伴者も無料となっているケースがあります。 ほかにも、カード会社によって提携している飲食店や宿泊施設が異なっており、そこで利用できる割引サービスが違う場合もあります。 海外旅行や出張で飛行機をよく利用される人は、マイルが貯まりやすいゴールドカードがいいでしょう。 自分が頻繁に利用できそうな特典やサービスは何かを想定すれば、選択肢を絞ることができるはずです。 2 国際ブランドの違いにも注目する クレジットカードには、国際ブランドの違いがあります。 VisaやMastercardといった国際ブランドによって、使える店舗や地域にも差が出てきます。 当然のことながら、広く普及している国際ブランドのほうが利便性は高くなります。 特に、Visa、Mastercardは、世界中で使用されている国際ブランドになりますので、海外旅行や海外出張で積極的にクレジットカードを使用したいと思っている人におすすめです。 3 年会費を把握しておく ゴールドカードは、一般カードよりも特典や付帯サービスの内容が手厚い分、年会費がかかり、サービスの質が高いほどその金額も高くなります。 そのため、ゴールドカードを比較する際には、どのくらいの年会費がかかるのかも把握しておきたいところです。 年会費のことを考えずにゴールドカードを所有してしまうと、いたずらに支出が増えてしまうケースもあります。 年会費はランニングコストとなりますので、比較材料として考えておかなければなりません。 三井住友カードのゴールドカードを比較 それでは、三井住友カードが提供するゴールドカードの特徴を比較してみましょう。 それぞれ特徴があるため、どのゴールドカードが自分に適しているか参考にしてみてください。 三井住友カード ゴールド 「三井住友カード ゴールド」は、一流のサービス、そしてステータス性が伴ったゴールドカードです。 新デザインは2種類あり、1種類はゴールドを基調にした高級感のあるカードデザインとなっています。 また、インビテーション制(招待制)ではなく申し込み制ですので、三井住友カードを所有していない人や初めてゴールドカードを所有したいという人でも所有することができます。 年会費は1万1,000円(税込)ですが、インターネットからのお申し込みで初年度年会費が無料になります。 「WEB明細」のご利用で、翌年度年会費最大1,100円(税込)が割引となります。 また、「マイ・ペイすリボ」に登録かつ1回以上の利用があれば、翌年度の年会費が無料または半額になります。 ただし、2021年2月以降の年会費の支払い分からは、前年のリボ払い手数料の支払いが条件となります。 さらに、カードの利用金額に応じて、翌年度の年会費が無料または半額になるサービスもあります。 空港ラウンジサービスを無料でご利用いただけますし、最高5,000万円までの海外・国内旅行傷害保険、最高300万円までのショッピング保険などが付帯されています。 一流旅館・ホテル宿泊予約プランなど、おトクに旅が楽しめる特典もご用意しています。 三井住友カード プライムゴールド 「三井住友カード プライムゴールド」は、20代専用のゴールドカードです。 満20歳以上30歳未満の人が所有できるカードです。 三井住友カード ゴールドと同様のサービスを受けられますが、年会費は5,500円(税込)です。 年会費は1万1,000円(税込)ですが、インターネットからのお申し込みで初年度年会費が無料になります。 「WEB明細」の利用で、翌年度年会費最大1,100円(税込)が割引されます。 また、「マイ・ペイすリボ」に登録かつ1回以上の利用があれば、翌年度の年会費が無料または半額になります。 ただし、2021年2月以降の年会費の支払い分からは、前年のリボ払い手数料の支払いが条件となります。 さらに、カードの利用金額に応じて、翌年度の年会費が無料または半額になるサービスもあります。 満30歳になった後は、更新時に自動的に「三井住友カード ゴールド」へとランクアップします。 20代で初めてゴールドカードを利用したいという人におすすめです。

次の

三井住友ANAゴールドカードのVポイント(旧ワールドプレゼント)をANAマイルに交換する方法とマイル交換率を解説【2020年版】

三井住友ゴールド 還元率

1 ステータス性が高い大人のゴールドカード 三井住友ゴールドカードは、他のゴールドカードに比べ、歴史と社会的信用を持つカードとされます。 三井住友カードは、日本で最初のVISAカード(当時は「住友VISAカード」)です。 まだ一般に浸透していなかった「クレジットカード」のしくみや利便性を伝え、一般利用が普及するきっかけを作った背景があります。 さらに、三井住友カード会社は創業50年を迎え、ゴールドカードのサービスも35年以上続いているという歴史は、社会的な信用を高めています。 そして、これからご紹介する 手厚いサービスの提供も含めて、カード自体のステータスを押し上げていると言えるのです。 こうした信用度の高いカードを持つことこそ、あなたがワンランク上であることの証明の1つになります。 2 ポイント優遇サービス ここからはカードの機能とサービスについてメリットをご紹介していきます。 まずは、ポイント優遇サービスについてです。 三井住友カードは、利用金額に応じてもらえるポイントを貯めて、景品と交換したり、他社のポイントプログラムに移行したりできるサービスを行っています。 通常では、原則1000円につき1ポイントがつきます。 交換する商品やサービスによっても変動しますが、 1ポイント4~5円相当ですので、還元率は0. 5%です。 優遇サービスでは、 特定のお店で、いつでもポイントが5倍(ポイント還元率2. 5%)になるサービスを受けられます。 コンビニの利用が多い人にはうれしい特典と言えるでしょう。 さらに、前年度(2月~翌年1月)お支払いの買い物累計金額によって、「V1」「V2」「V3」の各ステージが設定され、そのステージと今年度の買い物累計金額に応じて 基本還元率(0. 5%)にボーナスポイントが付与されます。 アメリカ・中国・韓国・イギリス・ドイツ・ブラジルなどはもちろん、フィリピンやトルコ、メキシコなどでも利用可能です。 日本での支払いももちろんOK。 街を歩いていれば、VISAのマークをよく見るでしょう。 三井住友カード ゴールドを1枚持っていれば、支払いに困ることはほとんどありません。 利用可能な国はこちらでチェックできます。 カードを提示すれば、国内28ヵ所の空港ラウンジを無料で利用できます。 これはゴールドカード会員だけの大きなメリットです。 さらに、一流ホテルや旅館の予約優待も利用可能。 宿泊予約サービス「Relux(リラックス)」が提供している価格(最低価格を保証)から、さらに初回7%(2回目以降:5%)が割引されます。 こちらも併せてチェックしてみてください。 5 最高額5000万円の旅行保険など補償が充実 三井住友カード ゴールドには、トップクラスの旅行傷害保険が付帯されています。 まとめると以下のようになっています。 傷害死亡・後遺障害 合計最高:5000万円 自動付帯:1000万円 カード利用条件分:4000万円 傷害治療費用 (1事故の限度額) 最高300万円 疾病治療費用 (1疾病の限度額) 最高300万円 賠償責任 (1事故の限度額) 最高5000万円 携行品損害 [自己負担:1事故3000円] (1旅行中かつ1年間の限度額 最高50万円 救援者費用 (1年間の限度額) 最高500万円 海外旅行傷害保険 家族特約 あり 家族特約があるので、 家族にも海外旅行傷害保険が付帯されます。 自分自身を守るだけでなく、家族も守ることができるのが三井住友カード ゴールドのポイントです。 いざというときのために、こうした保険に入っていると安心できるでしょう。 また、旅行のたびに旅行保険に加入するよりお得というメリットもあります。 ただし、以下の点には気をつけてください。 傷害死亡・後遺障害補償は、事前に旅費などをゴールドカードで支払った場合、最高5000万円。 支払いがない場合は最高1000万円となります。 すべての担保項目について、事前に旅費などを当該カードでクレジット決済することが前提となっています。 自動付帯分については、旅行開始から3ヶ月間(かつ旅行期間中)が補償対象期間です。 家族特約の対象となる家族の範囲:家族特約は、海外旅行の目的をもって住居を出発した時点や事故発生時、発病時または費用発生時に、会員と生計をともにする19歳未満の同居親族か別居の未婚の子が対象になります。 家族特約では、子ども以外の家族に対する記載がありません。 でも安心してください。 家族カードを申請していれば、最高5000万円の国内・海外旅行傷害保険やお買い物安心保険などの会員サービスを受けることができます。 定期的な家族旅行や夫婦で旅行に出かけることが多いときなどには重宝しますので、「家族カード(1人目年会費無料)」についてもチェックしておきましょう。 【あわせて読みたい記事】 6 盗難&紛失時にも安心 もし三井住友カード ゴールドを紛失したことに気づいても、慌てなくて大丈夫。 仮に三井住友カード ゴールドを他人に不正利用されたとしても、被害額を負担する必要はありません。 その場合、カード紛失・盗難を届け出た日から60日前にさかのぼり、それ以降の不正利用について補償してもらえます。 また、カード紛失・盗難以外の不正利用の場合も、同様の補償を受けることができるのです。 さらに偽造防止のため、カードにはICチップがついているので安心できるでしょう。 7 キャンペーン利用で年会費がお得になる インターネット入会なら 初年度の年会費は無料ですが、次年度以降は1万円の年会費がかかります。 だいたい他社のゴールドカードも同じくらいの年会費ということが多いです。 しかし、条件によって年会費が安くなることが、三井住友カード ゴールドのメリットです。 キャンペーンを利用すれば、年会費を4000円まで下げることができます。 年会費をお得にできる条件は以下のとおりです。 年会費も安く抑えられて、色々な優遇を受けられるゴールドカードがすぐにほしい、来週から海外に行くので持っていきたいといった方もご安心ください。 <最短翌営業日で発行できない場合>• 入会申し込みと同時に引き落とし口座を設定しない場合• 対象とならない金融機関を支払い口座に指定した場合• 各銀行のウェブサイトがメンテナンス中の場合• 書面での手続きが必要となる場合• キャッシングを希望する場合• 申し込みに不備などがある場合• 19:30以降に申し込みした場合• 交通系IC機能付きカードを申し込んだ場合 三井住友カード ゴールドのデメリット ここまでメリットをご紹介してきましたが、「本当に三井住友カード ゴールドを選んでいいの?」と疑問に思う方もいるかもしれません。 続いて、三井住友カード ゴールドのデメリットについても解説します。 ゴールドカードの申し込み前に、デメリットも知って納得しておけば、契約後に後悔することも少なくなるでしょう。 三井住友カード ゴールドの主なデメリットは以下のとおりです。 基本のポイント還元率が低い• 他のゴールドカードに比べてユニークな特徴が少ない 1 基本のポイント還元率が低い 三井住友カード ゴールドの基本ポイント還元率は0. 5%です。 近年は1%超の還元率というカードも出ている中で、特に還元率は高いと言えないでしょう。 付帯サービスが多いぶん、ポイントについては少々控えめのようです。 ただし、メリットでご紹介した優遇サービスを利用する機会が多ければ、還元率は最大2. 5%になりますし、カード利用金額が多ければ、次年度の基本ポイントの還元率を上げることができますので、メリットになる可能性が高いです。 三井住友ゴールドカードの利用金額が多ければこちらを選択し、基本ポイント還元率を優先したいのであれば、他のカードを検討してもいいかもしれません。 2 他のゴールドカードに比べてユニークな特徴が少ない 色々なサービスを網羅している三井住友カード ゴールドですが、これといって個性的な部分はないと言えるでしょう。 もし、ポイントやマイルを貯めたいなど特定の目的があるなら、他のカードを選んでもよいかもしれません。 しかし突出した特徴がないということは裏を返せば、信頼できる王道のクレジットカード、と考えることができます。 自分は申し込める?三井住友カード ゴールドの基本情報 さて、ここまで三井住友カード ゴールドのメリット・デメリットを見てきたうえで、ぜひ申し込みたいと思った方は、このカードの基本情報を一度チェックしておきましょう。 申し込み対象 原則として、満30歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方を対象としています。 30代であっても収入が安定していない方は申し込めません。 アルバイトやパート、派遣社員の方などは作成が難しいでしょう。 年会費 三井住友カード ゴールドの通常年会費は1万円です。 しかし、以下のようなサービスを受けることもできます。 時期によって実施内容は変わるので、こまめにサイトをチェックしてみてください。 海外によく行く• 充実したサポートがほしい• ステータスの高いゴールドカードがほしい• 支払いをカード1枚で完結したい 海外によく行く VISAカードは利用できる国や地域が多いですし、海外での旅行保険もバッチリ付いてきます。 また、出発前にラウンジでゆったりと休んだり、予定を確認できたりするのもポイントです。 充実したサポートがほしい 三井住友カード ゴールドは、カードを紛失した場合や盗難にあった場合のサポートサービスが充実しています。 また、カード全般の疑問に答えてくれるゴールドデスクが利用できることも強みです。 ステータスの高いゴールドカードがほしい 三井住友カード ゴールドは30代でかつ安定した収入がなければ持つことができず、一定の審査をクリアしなければならないため、持っていると高いステータスの象徴となります。 また、三井住友カード会社は創業50年を迎えゴールドカードのサービスが35年以上続いているという歴史も、確かなステータスの裏打ちとなっているでしょう。 支払いをカード1枚で完結したい 対応店舗が多く、非常に使いやすいVISAカード。 支払いはこれ1枚で終わらせたいという人におすすめです。 契約時に設定すれば、追加カードや電子マネーも利用することができます。 財布を必要以上に太らせたくない人や、各支払いの確認をWEBで完結させたい人にぴったりです。 迷ったときは他のカードと比べて検討しよう ここまで読んでいただいて、他のカードと申し込みを迷っているという方もいるかもしれません。 そんな方のために、代表的なゴールドカードの特徴をまとめましたので、参考にしてみてください。 カード名 基本のポイント還元率 補償 その他 JCBゴールド 貯まるポイント:Oki Dokiポイント 還元率:0. 5% 死亡・後遺傷害保険が最高1億円、航空機遅延保険金も最高10万円程度。 年会費に対して補償が手厚い。 主要都市には、JCB会員専用で自由にくつろげる「JCBプラザ ラウンジ」を設置 Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD 貯まるポイント:オリコポイント 還元率:1. 0% 入会後6ヶ月間はポイント加算率が2% 海外旅行傷害保険:最高2000万円 国内旅行傷害保険:最高1000万円 国内外の有名ホテルなどの宿泊施設や遊園地、映画館など、オフタイムを充実させる様々なメニューを優待価格で利用できる「Orico Club Off」が利用できる dカード GOLD 貯まるポイント:dポイント 還元率:1. 0% 海外旅行保険:最高1億円 国内旅行保険:最高5000万円 ドコモの携帯電話およびドコモ光の利用金額1000円(税抜)につき100ポイントが貯まる。 貯まったdポイントは、携帯料金の支払いやデータ通信追加料金への充当も可能 楽天ゴールドカード 貯まるポイント:楽天スーパーポイント 還元率:1. 0% 海外旅行傷害保険:最高2000万円 楽天ゴールドカードを使って楽天市場で買い物をするといつでもポイント5倍 国内外各空港のラウンジが無料で利用可能 ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード ポイント・プログラム:メンバーシップ・リワード 還元率:1. 0% 海外旅行傷害保険:最高1億円 国内旅行傷害保険:最高5000万円 ポイントの有効期限は無期限。 ANAグループでのカード利用でポイントが通常の2倍 まとめ• 三井住友カード ゴールドは 歴史・信用のステータスが高い• 所持するステータス以外にも年会費を払ってでも 得たいメリットが多い• 「海外によく行く」「ステータスの高いカードが持ちたい」といった人に適している ゴールドカードを持つことは、高いステータスの象徴となり、保有したいと考えている方は多いでしょう。 三井住友カード ゴールドを利用すると、主に空港ラウンジの無料利用や海外保険といった特典を受けることができるだけでなく、その他にもメリットがたくさんあります。 自動付帯の旅行保険では、万が一のことがあった際、会員自身のみならずその家族も補償を受けられます。 このように安心と信頼の三井住友カード ゴールドの申し込みをぜひ検討してみてください。

次の

ゴールドカードを比較する際のポイントとは?|三井住友VISAカード

三井住友ゴールド 還元率

30歳を超えて最初の更新時にゴールドカードへ切替がされる• 旅行傷害保険が最高5,000万円付帯• 全国28の空港で空港ラウンジが無料で利用可能• 年会費は初年度無料 30歳を超えて最初の更新時にゴールドカードへ切替がされる 三井住友VISAプライムゴールドカードは簡単に言うと20代の人向けのゴールドカードです。 30歳を超えて最初の更新時にゴールドカードへ切り替えが行われます。 旅行傷害保険が最高5,000万円付帯 20代向けのゴールドカードと言っても中身はゴールドカードと遜色ない内容になっています。 付帯保険はゴールドカードと同じく海外旅行傷害保険・国内旅行傷害保険ともに最高5,000万円が補償され、さらに家族特約も付帯しご家族も付帯保険の補償対象となります。 (補償内容は異なる) 全国28の空港で空港ラウンジが無料で利用可能 全国28の空港で空港ラウンジが無料で利用可能になる空港ラウンジサービスも利用可能です。 さらに前年度の利用金額に応じてもらえるボーナスポイントもゴールドカード同様一般カードの2倍もらうことができます。 年会費は初年度無料 年会費は初年度無料、翌年度以降はゴールドカードの半額の5,250円。 WEB明細書とリボ払いコースの「マイ・ペイすリボ」に加入すると、なんと最大1,350円まで割引されます。 ゴールドカードへの切り替え時にはポイントやグルメクーポンがもらえるなどの特典も盛りだくさん。 ゴールドカードは将来必要になる時がでてきますので、20代のうちに三井住友VISAプライムゴールドカードを作って特典で得してしまいましょう。 カードの使えない点、悪い点• 還元率は高くない 還元率は高くない 三井住友VISAプライムゴールドカードはステータス重視のカードですので、還元率は0. 5%と一般的なクレジットカードと同程度となっており、還元率重視の人には向いていないカードです。 結論(おすすめできるか) 結論:ゴールドカードへの入り口としておすすめ 三井住友VISAプライムゴールドカードは安い年会費でゴールドカード同等のサービスが受けられるゴールドカードの入門版ともいえるカードです。 見た目もゴールドカードとほぼ変わらないのでゴールドカードを保有するステータスも味わうことができ、今後ゴールドカードを持ちたい人は作ることを検討すると良いカードといえます。 当サイトのおすすめクレジットカード.

次の