白井 家 やばい。 白井家の不適切飼育(馬の解体等)の理由は収入の低さ?骨格標本が目的との情報も

(3ページ目)【志村どうぶつ園のタブー告発】白井家が死んだ愛馬を庭でバラバラに違法解体「フルハートは2度死んだ」

白井 家 やばい

なかでも長男・鴻明氏、次男・迅氏は「イケメン大学生兄弟」としてファンも多い。 「不適切飼育」や「近隣トラブル」、「疑惑の蹄鉄販売」など、その飼育姿勢には疑問を禁じ得ない。 白井家をよく知るAさんが、ショックを隠せない様子で語る。 「由紀子さんに呼び出されたボランティアの人々が白井家に着くと、あたり一帯に異臭が漂っていたそうです。 そして彼らの目の前にあったのは白井家の愛馬のバラバラ死体。 由紀子さんの指示で、ボランティアがその遺体を運搬させられたそうです」 その死体は白井家で長年飼育されていたオス馬のフルハートだという。 「元々競走馬だったのですが、引退して殺処分寸前だったところを10年前に白井家に引き取られました。 フルハートは30歳で、人間で言うと100歳以上の高齢馬でした。 白井家の動物の中でも古株で、白井家を象徴するような存在です。 人懐っこい性格で子ども好きの優しい馬でした。 白井家のみなさんも『志村どうぶつ園』で『家族のようだ』とたびたび語り、可愛がっているようにみえました」(同前) しかしフルハートは転倒して負った複雑骨折が原因で、1月17日に死亡。 フルハートが天国へ旅立つ様子は、2019年2月16日の「天才!志村どうぶつ園」でも放映された。 自分たちの成長を家族のように見守ってくれたフルハートの死を、長男の鴻明氏や次男の迅氏がカメラに向かって涙ながらに語っている。 由紀子氏自身も「フル君には相当お世話になった。 いろんなことがあったときに悩みを聞いてもらってフルの前で泣いたこともある。 母子家庭だったし、色々決めるのにフルに相談したよね」と、まるで自身のパートナーを亡くしたかのようにその死を悼んでいた。 だが、その愛馬の弔い方に、同家の運営に関わるボランティアから疑問の声が挙がっているという。 白井家には、動物の飼育や壊れた設備の修繕などを手伝うボランティアが複数人いる。 彼らは既報の通り、交通費なども支払われず、無償で白井家に尽くしているのだ。 別の白井家の知人Bさんによると、フルハートは馬房で亡くなり、その後、扉を締め切った状態でしばらく放置されていた。 そして、死後4日が経った頃、白井家を手助けするボランティアに由紀子氏から声がかかったのだという。 フルハートの傍らで佇む、ナタを手にした年配の男性 「1月21日、由紀子さんは『フルハートを運びたいので力のある人に手伝ってほしい』とボランティア数人を呼び出しました。 ボランティアらも生前のフルハートの優しさを知っているし、フルのためならと駆けつけたそうです。 そこで彼らは衝撃の現場を目の当たりにしました」 ボランティアらが白井家に到着すると、見知らぬ2トントラックが駐車されていた。 傍らでは素手でナタを持った年配の男性が1人で何やら作業をしていたという。 「白井家に入ると、あたりには異臭が漂っていました。 そしてフルハートらがのんびりと歩いていた砂利の庭に、頭や四肢、尻尾が切断された状態の馬の胴体だけが横たわっていたのです」(同前) ボンティアらは、その現実離れした光景に言葉を失ったという。 フルハートの生前の姿を知る彼らにとっては耐え難い状況だった。 「胴体からは、まだ血が滴っていたそうです。 ボランティアの人々は『まさかそんな状態だとは思ってもみなかった。 顔も足もないフルハートを直視できなかった』と憔悴した様子で話していました」(同前) 立ち尽くすボランティアに、男性は「馬の脚にロープをくくりつけて馬房から引っ張り出して、1人で解体したんだ」と語ったという。 荷台には切り離された頭や四肢、尻尾がすでに積み込まれていた。 男性はフルハートの胴体をトラックの荷台に積み込むように指示したという。 5ch.

次の

志村どうぶつ園の長男,白井鴻明(しらいこうめい)と次男,迅(じん)がイケメンと話題

白井 家 やばい

yahoo. しかし、12月7日に文春により報じられた文春砲がとても信じられない内容で…。 志村動物園での放送中止や打ち切りの可能性も考えられる状況になってきました。 その文春報道の内容はこうです。 「元々競走馬だったのですが、引退して殺処分寸前だったところを10年前に白井家に引き取られました。 フルハートは30歳で、人間で言うと100歳以上の高齢馬でした。 白井家の動物の中でも古株で、白井家を象徴するような存在です。 人懐っこい性格で子ども好きの優しい馬でした。 白井家のみなさんも『志村どうぶつ園』で『家族のようだ』とたびたび語り、可愛がっているようにみえました」 しかしフルハートは転倒して負った複雑骨折が原因で、1月17日に死亡。 フルハートが天国へ旅立つ様子は、2019年2月16日の「天才!志村どうぶつ園」でも放映された。 「由紀子さんに呼び出されたボランティアの人々が白井家に着くと、あたり一帯に異臭が漂っていたそうです。 そして彼らの目の前にあったのは白井家の愛馬のバラバラ遺体。 由紀子さんの指示で、ボランティアがその遺体を運搬させられたそうです」 その遺体は白井家で長年飼育されていたオス馬のフルハートだという。 しかし、今回は動物たちの命に直接関わるような報道内容です…。 ntv. 少なくとも、騒動が収まるまではかなり高い可能性で 直近の放送は中止をすると思います。 私もこの文春の報道内容は過信してはいませんが、世間のイメージはそうはいかないでしょうからね…。 この文春の報道による騒ぎが収まってくれることも重要ですが、 何より白井家のみんなの精神的ダメージが心配です…。 時間が解決してくれればいいのですが、 人一倍動物に対する思い入れが強い方々でしょうから、そこが心配ですね…。 以前から、志村動物園の動物たちの扱いを疑問視する声もありましたから、いずれ復活させるにしてもかなり難しい道のりになるのは間違いないと思います。 今後の詳細については続報を待とうと思います。 白井家のこれまでの文春報道まとめ• 撮影関係者の車が路上駐車• 週末にはファンも車で詰めかける• 近隣の車のナンバーや洗濯物などが全部映っていた(問い合わせ後モザイクに)• 動物の糞尿によるハエの大量発生• 脱走したヤギが畑の農作物を食べてしまう 動物を保護する活動には私も大賛成です。 ただ、こういった近隣への被害がもし本当で管理しきれていないのであれば、管理できる範囲での活動に留めるべきでは、とも思ってしまいますね…。 もちろん、テレビ出演に保護施設のやりくりだったり、やらないといけないことは山積みだとは思います。 でも、そんな状況だからこそ管理できる範囲で出来る限りのことをする、という判断も必要なのかもしれませんね…。 おそらく、あれほど動物たちへの思い入れが深い白井家なので、そんな理屈よりも「動物たちの命」を優先してしまうのかもしれません。 蹄鉄販売に疑惑• 馬の使用済み蹄鉄の販売• 動物のお世話体験会• 馬との撮影会 この3つがチャリティー活動のメインとなっていたそうです。 最初は3000円で販売されていた蹄鉄。 2019年の春頃からラッピングやお礼の手紙などを添えることも始めて注文が増えました。 その後 価格が1万円になりました。 《【幸運の蹄鉄チャリティー販売】「白井家」の馬達のとても貴重な馬蹄を、チャリティー販売することとなりました! 多くの方に知っていただきたいので、シェアしていただけると嬉しいです。 白井家の馬の命とも言われる蹄鉄を、鴻明が一つ一つ磨き、特殊加工でデザインしたもので、時間だけでなく想いがいーっぱい詰め込まれたものです。 この売り上げは、白井家の動物達のための資金に活用させていただきます。 メールの届いた順番で、1件ずつ必ず返信をいたしますので、申し訳ありませんが、お待ちいただけると嬉しいです。 では、疑惑を持たれたのはどこなのか。 「蹄鉄は馬のヒヅメに釘で打ち付けたU字型の保護具です。 白井家の乗馬用の馬は40日ごとに装蹄師が交換しています。 白井家の家で飼育されている馬は現在2頭。 ということは、使用済み蹄鉄が出るのは多くて1カ月に8個、1年で96個。 しかし少なくとも今までに300個以上は売れています。

次の

白井家

白井 家 やばい

ブログ 2020年 6月 5日 【夢・志】白井陽大 みなさんこんにちは! 最近、 筋トレを異常にしている白井です。 大学生になって運動をしなくなり さらにコロナで家からも出なくなってしまい 流石にやばいと思って始めましたが こんなに筋トレにハマるとは思いませんでした。 気持ちわるって思わないでくださいね(笑) ただ、筋トレにハマって少しの変化は出てきたものの 食べることがとても好きなので 筋トレして消費したエネルギー分食べてしまい なかなか、小さな変化から 大きな変化にすることができていません もっと頑張りたいと思います(笑) さてさて、僕の筋トレ話は置いておいて 本題に入りたいと思います! 前3人に引き続き 志作文について 書いていきたいと思います! 少し鶴田担任助手と内容が似てしまうと思いますが 自分なりに思っていることを書きたいと思うので 是非続けて読んでください! まず最初に、正直に言うと 僕は、夢や志が明確に決まっているわけではありません。 でもこれは今の僕の 最大の悩みです。 ただ、明確には決まっていませんが 少し考えていることはあります。 高校3年までは全く何も考えていませんでした。 そんな僕が何も考えていなかった状態から 少しずつ考えるようになったのは、 去年、担任助手として 志作文を書き、 他の担任助手の将来の夢を聞いたり 生徒から夢・志を聞いたりと 夢や志に関して 自分自身に刺激が多い1年間だったからだと思います。 自分は将来の夢や志を考える上で 1番大変でありながら重要なのは 考え始める時だと思っています。 簡単に言えば 0から1に踏み出す時です。 今このブログを読んでいる人の中には 少なからずまだ何も考えられていない人はいると思います。 そんなみなさんには 僕みたいに大学に入ってから決めるのでは無く、 大学に入る前に自分自身としっかり向き合って欲しいです。 だから、最初の一歩のきっかけとして、 真剣に自分自身と向き合って 志作文を書いてみませんか? 作文は苦手だから書きたくないという人もいると思います。 その気持ちはすごくわかります。 ただ、この志作文は 自分自身に向き合う時間と 夢や志について考える時間、 その時間自体が大切であり、 それを書き出すことで さらに明確にすることが 志作文を書く重要な意味だと僕は思っています。 だから、極端に言えば、 日本語的なことは気にしないで 考えたことを自分が思ったように 1度、 言語化しみてください。 その先に何かが見えてくると思います。 その一歩を踏み出せたみなさんは 僕ができなかったことであり 担任助手という立場でありながら 1人の人間として 単純に尊敬するし、 応援したいです。 志作文をきっかけに 是非最初の一歩を踏み出しましょう!! 担任助手も志作文を書いているので、是非みてくださいね! 最後に、、、 思っていることをそのまま書いたので、 文章がおかしかったり変な部分があると思いますが、 1人でも多くの生徒に伝わればいいと思っています。 東進ハイスクール校舎一覧• 【東京都】• 【神奈川県】• 【埼玉県】• 【千葉県】• 【茨城県】• 【静岡県】• 【長野県】• 【奈良県】• 【近くに校舎がない方はこちら】.

次の