毛 の 抜け にくい 犬 種。 毛が抜けない猫種のオススメのご紹介

毛が抜けない、抜けにくい犬種ランキング10選!

毛 の 抜け にくい 犬 種

しかし、顔だけで選んでしまうと後でこんなはずではなかった後悔するかもしれません。 子犬を選ぶときは顔だけではなく、絶対に確認をした方がいいポイントをご紹介したいと思います。 飼いにくい犬種のポイント: そもそも飼いにくい犬にも色々なポイントがあり、ある人からしたら飼いにくいですが、ある人からしたら飼いやすい犬種になります。 そのため、飼いにくいと思われるポイントを挙げていきます。 抜け毛があるのと抜け毛がない違い: 小型犬から大型犬までいろいろな犬がいるかと思いますが、まず大事なポイントは 抜け毛がある犬種がいいか、抜け毛はない犬種ほうがいいかということを選びましょう。 二択の場合はたいてい抜け毛が無い犬種のほうがいいと考えがちですが、両方にメリット・デメリットがあります。 抜け毛がある犬種: 参考犬種: 沢山の犬種がいますが、ほんの一例を紹介します。 ダックスフンド フレンチブルドッグ ゴールデンレトリーバー ポメラニアン ペキニーズ コーギー キャバリア パピヨン チワワ 柴犬 など メリット: 抜け毛がある犬種は、ある程度の長さまで毛が伸びると、自然に毛が抜けてしまうので、 カットの必要がなく毎月かかるトリミング代が抜け毛のない犬種に比べ半分程で抑えられます。 家でもシャンプーすればトリミング代がかからないので、毎月のトリミングの費用は抜け毛がない犬に比べとても安いです。 デメリット: 抜け毛があることがデメリットです。 抜け毛は年中あり、服にも靴にもスーツにも抜け毛が油断をしているとついてしまい、粘着のコロコロが欠かせなくなってくると思います。 そして、特に抜ける季節が、夏から冬、冬から春の季節の変わり目がぬけ毛のピークです。 これは、夏毛や冬毛になる過程で毛量を自分で増やしたり減らしたりしているからです。 特にぬけ毛が多い犬種は、柴、ポメラニアンなどの犬種です。 柴やポメラニアンを飼おうとされている方は、ぬけ毛は想像以上に多いので覚悟が必要です。 抜け毛がない犬種: 参考犬種: こちらも沢山の犬種がいるのでほんの一例です。 トイプードル ミニチュアシュナウザー ビションフリーゼ マルチーズ ヨークシャーテリア シーズー など メリット: ぬけ毛がないことがメリットです。 また、 毛に反応するアレルギーを持っている場合でも、犬を飼うことが出来る場合もあり、実際にトイプードルなどのぬけ毛がない犬種を飼われているかたもいます。 犬を飼うことを諦めていた人でも飼うことが出来るかもしれないという希望が持てるのは最大のメリットかもしれません。 デメリット: 抜け毛がないということは、毛が伸び続けるということなので、毎月のトリミング代が抜け毛がある犬種に比べ倍近く掛かってしまいます。 地域によりますが毎月4,000〜8,000円ほどカット代が掛かります。 カットを楽しめるというのが逆にメリットという方もいるとは思いますが、トイプードルを都内でカットをした場合、毎月トリミングに出すと年間10万近く掛かってしまいます。 性別の違いによる飼いにくさ: 人間の子供と一緒で男の子と女の子の性格は異なることが多いです。 全員が全員そうだとは言いきれませんが、今まで何千頭と見てきましたがそういう風な傾向が強いです。 男の子: メリット: 飼い主に対して 甘えん坊で子供っぽい傾向があり、活発で一緒に遊んだりすることが楽しくなると思います。 体格も女の子より 大きくなる可能性が高く、ガッチリとした子がいいといった人には男の子がオススメです。 デメリット: 縄張り意識が強く、自分からケンカするタイプの犬も多いです。 また、足を上げてオシッコをマーキングと言って、自分の臭いをつけるので アチラコチラにオシッコをするので、初めて行く場所はオシッコを頻繁にするようになります。 他人の家に遊びに行く時などは、マナーベルトやオムツなどでオシッコを防ぐことが必要です。 女の子: メリット: 男の子に比べ大人びている子が多く、 行動が落ち着いています。 マーキングもあまりしないため、オシッコをアチラコチラでする心配が男の子よりないのは、精神的にヤキモキしなくてすむのでメリットになります。 男の子より小さめの子が多いので、大きい子よりは小さい子の方がいいと思う人には女の子がオススメです。 デメリット: 半年に1度生理があり、1〜2カ月程続くのでオムツなどで対処する必要が出てきます。 女の子は妊娠のリスクも出てくるので、男の子と遊んでいるだけで目が離せません。 子供産ませないようなら、早めに避妊手術をして回避したほうが、後の病気になるリスクも軽減されるのでオススメです。 また、 女の子の方がペットショップの金額が高いです。 なぜなら、女の子は子供を産むことが出来るので、ブリーダーが手元に残して置く確率が男の子より高いため、全体の頭数が少ないので値段が高くなります。 飼いやすい犬種、飼いにくい犬種: なにをもって飼いやすい・飼いにくい犬種ということになりますが、しつけのしやすさや性格の良さなどが挙げられると思います。 飼いにくい犬種でもそれ以上に魅力を感じれば、しっかりをしつけをするばどんな犬種でも飼いやすい犬種になると思います。 何も知らないで飼うことが一番怖いことです。 飼いやすい犬種: トイプードル: 人気犬種上位の犬種はやはり飼いやすさもトップクラスです。 基本的に性格が明るい子が多く、飼い主に忠実でお利口さんな犬種です。 周りの犬達とも仲良く出来るこも多く、言うことなしに飼いやすい犬種になります。 トリマー目線でも、噛んできたりする割合は低く、トリミングしやすい犬種です。 抜け毛も少ないので抜け毛が気になる方にもオススメですし、 カットで個性を出していきたいという方には最高な犬種です。 シーズー: 人気犬種10位以内にいは入ってくる犬種のシーズーですが、 ムダ吠えもほかの犬種に比べ少なく、性格も温和ななので非常に飼いやすい犬種です。 高齢者の方が犬を飼い始めるとしたら、私が一番オススメする犬種はトイプードルではなくシーズーをオススメします。 シーズーはのんびり屋さんが多く、散歩も長い時間いく必要はないのでとても書いやすい犬種です。 多少頑固な一面も持ちあわせているので、小さい時のしつけが大事になってきます。 カットも1〜2カ月位に一度は必要なので、プードルと一緒でランニングコストは掛かってしまいます。 パグ: 意外と思う方もいるかもしれませんが、パグは飼いやすい犬種の一つです。 性格はとても明るく、人にもよくなつくので最高のパートナーになると思います。 デメリットをあげるとしたら、鼻の短い犬は、暑さに弱いので夏場の散歩は朝型や夕方以降の多少涼しくなる時を狙って散歩をしてあげまたり、顔の皺にゴミが溜まりやすいので、1週間に1回は濡れティッシュ等で拭いてあげることが必要になってきます。 小さい時から慣らしておかないと、大きくなってから皺のゴミが取れなくて皮膚病になってしまう可能性もあるので、小さい時からのしつけが肝心です。 キャバリア: イギリスが原産国のキャバリは、パグと一緒でとても 性格が明るい子が多く、人好きなので飼いやすい犬種です。 トリマー目線でも悪い子を見るほうが少ないくらい、性格が明るく人なつっこいです。 少し甘えん坊な部分もあるので、あまり飼い主に依存し過ぎないようにしてあげたほうがいいでしょう。 キャバリは心臓病が他の犬種より多いので、異常があった際はすぐに獣医に連れて行きましょう。 飼いにくい犬種: ダックスフンド: ダックスフンドも明るくいい子が全体としては多いですが、 ムダ吠えが他の犬種に比べて非常に多く、しつけをしっかりできる方ではないと、人が前を通る度にワンワン吠えるような事になりかねません。 人気犬種ですがムダ吠えというところを見れば飼いにくい犬種です。 また、特徴的な見た目の胴長短足のダックスフンドは、 椎間板ヘルニアになりやすく、太らせたりさせてしまうと、最悪うしろ足が動かなくなってしまうこともあります。 体重管理をしっかり出来る飼い主さんではないと飼ってはダメな犬種です。 猟犬として活躍していた犬種でもあるので、 運動量も多く散歩は毎日欠かさず行ってあげる必要があります。 抜け毛がありますが、家でもシャンプーが出来るので毎月のコストはそんなに掛かりません。 ダックスフンドは特に高齢者の方が飼うのはオススメしません。 その理由は以下の記事に書きましたので、興味がある方は読んでみて下さい。 チワワ: チワワは世界一小さな犬とも言われていますが、その小ささと裏腹に非常に気が強い犬種です。 チワワほどトリマー泣かせな犬種はなく、噛み付いてくるのが一番多い犬種です。 飼い主もしつけが出来ずに、頻繁に噛まれるようなケースも少なくはありません。 気が強い分しつけも他の犬種に比べ難しく、怒っても反撃をされたり、かと言って怒らなかったら舐められたり、チワワのしつけは その子に合わせて強すぎず弱すぎずのしつけが出来る人だけが飼ったほうがいい犬種です。 全員が全員と言うわけではありませんが、他の犬種に比べて多い傾向があるというのが、チワワという犬種なので、初めて犬を飼う方にはオススメしない犬種です。 テリア系全般: ミニチュアシュナウザー、ジャックラッセルテリア、ミニチュアピンシャーなどの テリアの血が入った犬種はどれも気が強く、しっかりとしつけを出来る人ではないと飼うのはオススメしません。 なぜなら、テリアはもともと狩猟犬として改良された犬種なので、闘争心がとても強く、攻撃性の高いテリアはプロでも途中からしつけを入れることは難しいと言われています。 最近では、人になつっこいテリアも多くはなってきてますが、それでもテリアの気質が強い犬もいるので、飼うとしたらしつけのことをしっかりと勉強をして、強い意志で実践する強い意識が必要な犬種です。 危険犬種: 危険犬種とは、闘犬用に改良されて作られた犬種の事を指します。 日本だと土佐犬、秋田犬、紀州犬が危険犬種として扱われており、ここ数年でも土佐犬の咬傷事件で人が亡くなった事件も発生しています。 シェパードやドーベルマンもテレビで良く警察犬や訓練所でしつけがされている姿を見ますが、あれはしっかりプロがしつけをしているからいいのであって、素人があそこまでしつけることは現実的に難しいです。 当店のお客様で世界最強の犬と言われている、アメリカンピットブルを闘犬で飼っている方がいらっしゃいます。 その子はしつけがしっかりされていたので口輪をつけてシャンプーをしたことがありますが、犬に対しての攻撃性が非常に高く、犬を見た瞬間に噛み付こうとしたことがありました。 素人が危険犬種を飼うことは自殺行為に等しいので絶対にやめましょう。 以下の記事に危険犬種について書いたものです。 まとめ: 犬を飼う前には自分のライフスタイルに合った犬種を探すためにも、必ず3つのポイントを確認しておきましょう。 ・抜け毛があるかないか ・男の子か女の子か ・飼いやすい犬種、飼いにくい犬種 性別一つ取ったとしても、細かな部分は色々違い、犬種による性格はある程度分かっている部分が多いです。 プロから見た飼いやすい犬種、飼いにくい犬種は初めて飼う方には参考になる部分もあると思います。 飼ってからこんなはずではなかったと思っている飼い主の方を多く見てきたので、1人でもおおく理想的な子に巡り会えることを願っています。 以上、プロが教える!犬を飼う前に絶対に確認した方がいい3つのことでした。 dog1111.

次の

抜け毛が多い犬種と抜けにくい犬種の違いとは?

毛 の 抜け にくい 犬 種

しかし、顔だけで選んでしまうと後でこんなはずではなかった後悔するかもしれません。 子犬を選ぶときは顔だけではなく、絶対に確認をした方がいいポイントをご紹介したいと思います。 飼いにくい犬種のポイント: そもそも飼いにくい犬にも色々なポイントがあり、ある人からしたら飼いにくいですが、ある人からしたら飼いやすい犬種になります。 そのため、飼いにくいと思われるポイントを挙げていきます。 抜け毛があるのと抜け毛がない違い: 小型犬から大型犬までいろいろな犬がいるかと思いますが、まず大事なポイントは 抜け毛がある犬種がいいか、抜け毛はない犬種ほうがいいかということを選びましょう。 二択の場合はたいてい抜け毛が無い犬種のほうがいいと考えがちですが、両方にメリット・デメリットがあります。 抜け毛がある犬種: 参考犬種: 沢山の犬種がいますが、ほんの一例を紹介します。 ダックスフンド フレンチブルドッグ ゴールデンレトリーバー ポメラニアン ペキニーズ コーギー キャバリア パピヨン チワワ 柴犬 など メリット: 抜け毛がある犬種は、ある程度の長さまで毛が伸びると、自然に毛が抜けてしまうので、 カットの必要がなく毎月かかるトリミング代が抜け毛のない犬種に比べ半分程で抑えられます。 家でもシャンプーすればトリミング代がかからないので、毎月のトリミングの費用は抜け毛がない犬に比べとても安いです。 デメリット: 抜け毛があることがデメリットです。 抜け毛は年中あり、服にも靴にもスーツにも抜け毛が油断をしているとついてしまい、粘着のコロコロが欠かせなくなってくると思います。 そして、特に抜ける季節が、夏から冬、冬から春の季節の変わり目がぬけ毛のピークです。 これは、夏毛や冬毛になる過程で毛量を自分で増やしたり減らしたりしているからです。 特にぬけ毛が多い犬種は、柴、ポメラニアンなどの犬種です。 柴やポメラニアンを飼おうとされている方は、ぬけ毛は想像以上に多いので覚悟が必要です。 抜け毛がない犬種: 参考犬種: こちらも沢山の犬種がいるのでほんの一例です。 トイプードル ミニチュアシュナウザー ビションフリーゼ マルチーズ ヨークシャーテリア シーズー など メリット: ぬけ毛がないことがメリットです。 また、 毛に反応するアレルギーを持っている場合でも、犬を飼うことが出来る場合もあり、実際にトイプードルなどのぬけ毛がない犬種を飼われているかたもいます。 犬を飼うことを諦めていた人でも飼うことが出来るかもしれないという希望が持てるのは最大のメリットかもしれません。 デメリット: 抜け毛がないということは、毛が伸び続けるということなので、毎月のトリミング代が抜け毛がある犬種に比べ倍近く掛かってしまいます。 地域によりますが毎月4,000〜8,000円ほどカット代が掛かります。 カットを楽しめるというのが逆にメリットという方もいるとは思いますが、トイプードルを都内でカットをした場合、毎月トリミングに出すと年間10万近く掛かってしまいます。 性別の違いによる飼いにくさ: 人間の子供と一緒で男の子と女の子の性格は異なることが多いです。 全員が全員そうだとは言いきれませんが、今まで何千頭と見てきましたがそういう風な傾向が強いです。 男の子: メリット: 飼い主に対して 甘えん坊で子供っぽい傾向があり、活発で一緒に遊んだりすることが楽しくなると思います。 体格も女の子より 大きくなる可能性が高く、ガッチリとした子がいいといった人には男の子がオススメです。 デメリット: 縄張り意識が強く、自分からケンカするタイプの犬も多いです。 また、足を上げてオシッコをマーキングと言って、自分の臭いをつけるので アチラコチラにオシッコをするので、初めて行く場所はオシッコを頻繁にするようになります。 他人の家に遊びに行く時などは、マナーベルトやオムツなどでオシッコを防ぐことが必要です。 女の子: メリット: 男の子に比べ大人びている子が多く、 行動が落ち着いています。 マーキングもあまりしないため、オシッコをアチラコチラでする心配が男の子よりないのは、精神的にヤキモキしなくてすむのでメリットになります。 男の子より小さめの子が多いので、大きい子よりは小さい子の方がいいと思う人には女の子がオススメです。 デメリット: 半年に1度生理があり、1〜2カ月程続くのでオムツなどで対処する必要が出てきます。 女の子は妊娠のリスクも出てくるので、男の子と遊んでいるだけで目が離せません。 子供産ませないようなら、早めに避妊手術をして回避したほうが、後の病気になるリスクも軽減されるのでオススメです。 また、 女の子の方がペットショップの金額が高いです。 なぜなら、女の子は子供を産むことが出来るので、ブリーダーが手元に残して置く確率が男の子より高いため、全体の頭数が少ないので値段が高くなります。 飼いやすい犬種、飼いにくい犬種: なにをもって飼いやすい・飼いにくい犬種ということになりますが、しつけのしやすさや性格の良さなどが挙げられると思います。 飼いにくい犬種でもそれ以上に魅力を感じれば、しっかりをしつけをするばどんな犬種でも飼いやすい犬種になると思います。 何も知らないで飼うことが一番怖いことです。 飼いやすい犬種: トイプードル: 人気犬種上位の犬種はやはり飼いやすさもトップクラスです。 基本的に性格が明るい子が多く、飼い主に忠実でお利口さんな犬種です。 周りの犬達とも仲良く出来るこも多く、言うことなしに飼いやすい犬種になります。 トリマー目線でも、噛んできたりする割合は低く、トリミングしやすい犬種です。 抜け毛も少ないので抜け毛が気になる方にもオススメですし、 カットで個性を出していきたいという方には最高な犬種です。 シーズー: 人気犬種10位以内にいは入ってくる犬種のシーズーですが、 ムダ吠えもほかの犬種に比べ少なく、性格も温和ななので非常に飼いやすい犬種です。 高齢者の方が犬を飼い始めるとしたら、私が一番オススメする犬種はトイプードルではなくシーズーをオススメします。 シーズーはのんびり屋さんが多く、散歩も長い時間いく必要はないのでとても書いやすい犬種です。 多少頑固な一面も持ちあわせているので、小さい時のしつけが大事になってきます。 カットも1〜2カ月位に一度は必要なので、プードルと一緒でランニングコストは掛かってしまいます。 パグ: 意外と思う方もいるかもしれませんが、パグは飼いやすい犬種の一つです。 性格はとても明るく、人にもよくなつくので最高のパートナーになると思います。 デメリットをあげるとしたら、鼻の短い犬は、暑さに弱いので夏場の散歩は朝型や夕方以降の多少涼しくなる時を狙って散歩をしてあげまたり、顔の皺にゴミが溜まりやすいので、1週間に1回は濡れティッシュ等で拭いてあげることが必要になってきます。 小さい時から慣らしておかないと、大きくなってから皺のゴミが取れなくて皮膚病になってしまう可能性もあるので、小さい時からのしつけが肝心です。 キャバリア: イギリスが原産国のキャバリは、パグと一緒でとても 性格が明るい子が多く、人好きなので飼いやすい犬種です。 トリマー目線でも悪い子を見るほうが少ないくらい、性格が明るく人なつっこいです。 少し甘えん坊な部分もあるので、あまり飼い主に依存し過ぎないようにしてあげたほうがいいでしょう。 キャバリは心臓病が他の犬種より多いので、異常があった際はすぐに獣医に連れて行きましょう。 飼いにくい犬種: ダックスフンド: ダックスフンドも明るくいい子が全体としては多いですが、 ムダ吠えが他の犬種に比べて非常に多く、しつけをしっかりできる方ではないと、人が前を通る度にワンワン吠えるような事になりかねません。 人気犬種ですがムダ吠えというところを見れば飼いにくい犬種です。 また、特徴的な見た目の胴長短足のダックスフンドは、 椎間板ヘルニアになりやすく、太らせたりさせてしまうと、最悪うしろ足が動かなくなってしまうこともあります。 体重管理をしっかり出来る飼い主さんではないと飼ってはダメな犬種です。 猟犬として活躍していた犬種でもあるので、 運動量も多く散歩は毎日欠かさず行ってあげる必要があります。 抜け毛がありますが、家でもシャンプーが出来るので毎月のコストはそんなに掛かりません。 ダックスフンドは特に高齢者の方が飼うのはオススメしません。 その理由は以下の記事に書きましたので、興味がある方は読んでみて下さい。 チワワ: チワワは世界一小さな犬とも言われていますが、その小ささと裏腹に非常に気が強い犬種です。 チワワほどトリマー泣かせな犬種はなく、噛み付いてくるのが一番多い犬種です。 飼い主もしつけが出来ずに、頻繁に噛まれるようなケースも少なくはありません。 気が強い分しつけも他の犬種に比べ難しく、怒っても反撃をされたり、かと言って怒らなかったら舐められたり、チワワのしつけは その子に合わせて強すぎず弱すぎずのしつけが出来る人だけが飼ったほうがいい犬種です。 全員が全員と言うわけではありませんが、他の犬種に比べて多い傾向があるというのが、チワワという犬種なので、初めて犬を飼う方にはオススメしない犬種です。 テリア系全般: ミニチュアシュナウザー、ジャックラッセルテリア、ミニチュアピンシャーなどの テリアの血が入った犬種はどれも気が強く、しっかりとしつけを出来る人ではないと飼うのはオススメしません。 なぜなら、テリアはもともと狩猟犬として改良された犬種なので、闘争心がとても強く、攻撃性の高いテリアはプロでも途中からしつけを入れることは難しいと言われています。 最近では、人になつっこいテリアも多くはなってきてますが、それでもテリアの気質が強い犬もいるので、飼うとしたらしつけのことをしっかりと勉強をして、強い意志で実践する強い意識が必要な犬種です。 危険犬種: 危険犬種とは、闘犬用に改良されて作られた犬種の事を指します。 日本だと土佐犬、秋田犬、紀州犬が危険犬種として扱われており、ここ数年でも土佐犬の咬傷事件で人が亡くなった事件も発生しています。 シェパードやドーベルマンもテレビで良く警察犬や訓練所でしつけがされている姿を見ますが、あれはしっかりプロがしつけをしているからいいのであって、素人があそこまでしつけることは現実的に難しいです。 当店のお客様で世界最強の犬と言われている、アメリカンピットブルを闘犬で飼っている方がいらっしゃいます。 その子はしつけがしっかりされていたので口輪をつけてシャンプーをしたことがありますが、犬に対しての攻撃性が非常に高く、犬を見た瞬間に噛み付こうとしたことがありました。 素人が危険犬種を飼うことは自殺行為に等しいので絶対にやめましょう。 以下の記事に危険犬種について書いたものです。 まとめ: 犬を飼う前には自分のライフスタイルに合った犬種を探すためにも、必ず3つのポイントを確認しておきましょう。 ・抜け毛があるかないか ・男の子か女の子か ・飼いやすい犬種、飼いにくい犬種 性別一つ取ったとしても、細かな部分は色々違い、犬種による性格はある程度分かっている部分が多いです。 プロから見た飼いやすい犬種、飼いにくい犬種は初めて飼う方には参考になる部分もあると思います。 飼ってからこんなはずではなかったと思っている飼い主の方を多く見てきたので、1人でもおおく理想的な子に巡り会えることを願っています。 以上、プロが教える!犬を飼う前に絶対に確認した方がいい3つのことでした。 dog1111.

次の

毛が抜けにくい犬種 毛の無い犬種5選!抜け毛が心配なら是非チェックを!

毛 の 抜け にくい 犬 種

抜け毛の少ない犬種 愛玩犬の代表 「プードル」 最初にご紹介する抜け毛の少ない、毛の無い犬種は、お馴染みの犬種「プードル」です。 ここで少し犬の毛の抜ける理由をご紹介したいと思います。 犬にはオーバーコート(上毛)とアンダーコート(下毛)という2種類の被毛があり、ダブルコートの犬はアンダーコートが抜けていく換毛期があります。 毛が抜けにくいシングルコートの犬はもともとアンダーコートがたくさん生えているため、換毛期はありません。 オーバーコートも少なく、抜けづらいので毛が伸び続ける犬種が多くなっています。 ダブルコートの犬種なのか、シングルコートの犬種なのかで、毛の抜け具合が変わってくるのですね。 プードルは毛の抜けにくいシングルコートの犬種です。 トリミングをしないとどんどん毛が伸びてきてアフロのようになります。 プードルの大きさにはスタンダード・ミディアム・ミニチュア・トイの4種類があります。 良く見かける小さなプードルはトイ・プードルになります。 一時期人気だったとても小さなティーカッププードルは、残念ながら犬種登録されていない犬種です。 今は愛玩犬として飼われることが多いですが、元々は狩猟犬の血を引いている犬種なので、好奇心旺盛で、頭が良く、元気いっぱいな性格の子が多いと思います。 抜け毛の少ない犬種 凛々しい眉毛とヒゲが特徴 「シュナウザー」 2番目にご紹介する抜け毛の少ない、毛の無い犬種は、一度一緒に暮らしたら虜になる飼主さまが多い「シュナウザー」です。 シュナウザーはドイツ原産の犬種です。 シュナウザーはダブルコートの犬種なのですが、比較的毛が抜けにくい犬種です。 トリミングをすると、シュナウザー特有の眉毛とヒゲで、キリッっとした面持ちになるのですが、毛をそのまま伸ばして行くと、もじゃもじゃになります。 どちらも可愛いのでおすすめです。 シュナウザーの大きさは、ジャイアント・スタンダード・ミニチュアの3種類で、家庭で良く飼われるシュナウザーは小型のミニチュア・シュナウザーが多いですね。 ミニチュア・シュナウザーは元々ねずみ駆除をする為に農場で仕事をしていた犬種です。 性格は、従順で賢く、しつけがしやすい犬種だと思います。 ただ、飼主さま以外の人には甘えたりせず、とてもそっけない所もあります。 度胸が座っている子が多く、時に、攻撃的な面も持ちあわせており、勇敢なので、番犬としても優秀な犬種です。 小型犬と暮らしたいけれど、肝の座った犬らしい犬種がいい、という方にぴったりの犬種なのではないでしょうか? ドッグスポーツなども一緒に楽しめるアクティブな一面も持った犬種です。 抜け毛の少ない犬種 その姿はまるでぬいぐるみ 「ラブラドゥードゥル」 3番目にご紹介する抜け毛の少ない、毛の無い犬種は、まるでぬいぐるみのような「ラブラドゥードゥル」です。 この犬種の歴史はまだ浅く、1989年にオーストラリアでラブラドールレトリーバーとスタンダードプードルの交配に取り組み始め、生れた犬種です。 オーストラリアン・ラブラドゥードルと呼ばれたりもします。 この犬種は残念な事にまだ、公認犬種とは認められていません。 では、何故ラブラドールレトリーバーとスタンダードプードルを交配させ、ラブラドゥードゥルを誕生させたのでしょうか? ラブラドゥードゥルはセラピードッグや、盲導犬、介助犬として働くために作られた犬種なのです。 毛の抜けにくいスタンダードプードルの特徴と、穏やかで、トレーニングがしやすい気質のラブラドールレトリーバー、その両方の犬種の良い所、毛が抜けにくく、穏やかでコントロールしやすい気質を持った犬種がラブラドゥードゥルなのです。 セラピードッグは主に病院内で患者様を癒すために働く犬達の事をいいます。 病院は毛が多く抜けてしまうとアレルギーなどの面でも困る場所ですね。 このラブラドゥードゥルは可愛いだけではなく、しっかりとした目的をもって作られた今後にとても活躍すると思われる犬種です。 毛のない犬種 ヘアレスドッグの代表といえば 「チャイニーズ・クレステッド・ドッグ」 出典: 次にご紹介する抜け毛の少ない、毛の無い犬種は、毛の無い犬といえばこの犬種「チャイニーズ・クレステッド・ドッグ」です。 チャイニーズ・クレステッド・ドッグの原産国は名前の通り、中国とされているのですが、他にアフリカが起源と言われていたり、モンゴルの寺院でヘアレス犬が宗教的な意味で、特別にブリーディングされていたなど色々な説があります。 チャイニーズ・クレステッド・ドッグは、毛の無い犬種なのですが、半分だけ毛が生えているのが大きな特徴です。 毛の無い個体(ヘアレスタイプ)だけではなく、全体的に毛が生えている個体(パウダーパプタイプ)もいます。 被毛はシングルコートなので、どちらの種類でも毛は抜けにくいです。 チャイニーズ・クレステッド・ドッグの気質は、人懐っこく、陽気でマイペースな、飼主さまに忠実、家庭犬としてとても飼いやすい気質のようです。 ただマイペースな所がある為、しつけが少ししにくいようですね。 チャイニーズ・クレステッド・ドッグの毛が無いヘアレスタイプは神経質に毛並みの手入れする必要はありませんが、肌には保湿クリームを塗って保護してあげる必要があるようです。 なかなか見かけることがなく残念なのですが、とても興味深い犬種です。 毛のない犬種 とても珍しい犬種 「メキシカン・ヘアレス・ドッグ」 出典: 最後にご紹介する抜け毛の少ない、毛の無い犬種は、全身毛が無い犬種「メキシカン・ヘアレス・ドッグ」です。 原産国は名前の通りメキシコです。 毛の無い犬種ヘアレスドッグは南アメリカに多く存在しているようです。 このメキシカン・ヘアレス・ドッグの他に、ペルーのペルービアン・ヘアレス・ドッグや、アルゼンチンのピラドッグ、ホリビアのボリビアン・カーラ他にもメキシコの野良犬でも毛の無いヘアレス・ドッグは存在しているようです。 このメキシカン・ヘアレス・ドッグは大きさがスタンダード・ミディアム・ミニチュアの3種類があります。 メキシカン・ヘアレス・ドッグを含むメキシコの毛の無い犬達は、悪霊のお守りであったり、ヒーリング効果があると言われていたり、毛が無い身体を生かし湯たんぽとして活躍していたり日本ではなかなか想像しにくい活躍をしているようです。 皮膚のケアがとても大事で、保湿ローションを塗ってあげたり、日差しが強い時は、毛が無く皮膚が守れないので、日焼け止めも必要になるようです。 気質は賢く自立的で攻撃的な面は少なく、用心深い性格なので、番犬としても優れているようです。 ただ他人になかなか慣れないので、子犬の頃からの社会化がとても大切になるようです。 この犬種も残念な事になかなか日本では見ることが出来ない珍しい犬種ですね。 ご家庭に合った愛犬が見つかりますように・・・ いかがでしたでしょうか?毛が抜けにくい犬種は毛が抜けにくい理由があったのですね。 また毛が無い犬種も毛は抜けませんが、ケアはもちろん必要です。 犬を飼いたいけれど、ご家族の誰かがアレルギーなどがあったり、事情があって抜け毛の少ない、毛の無い犬種をお探しの方に少しでも参考にしていただけたら嬉しく思います。

次の