クラリネット。 クラリネットの始め方|初心者向け基礎知識と演奏方法

【楽天市場】クラリネット用品:管楽器専門店 永江楽器

クラリネット

休業中のご注文は翌営業日以降、順次対応致します。 何卒ご理解頂けますよう、よろしくお願い申し上げます。 商品合計金額1,000円よりご利用頂けます。 代金引換・クレジットカード・オリコ分割からお選び頂けます。 [代金引換] お買上1万円以上の場合、手数料無料です。 1万円未満の場合は代引手数料330円がかかります。 商品到着時に現金にてお支払いください。 (現金指定のシールを貼っております) [クレジットカード] 各社の「一括」もしくは「リボ払い」がご利用頂けます。 ご本人様名義のクレジットカードをご利用ください。 ご利用内容についてお電話等で確認させて頂く場合がございます。 他の決済方法へ変更をお願い致します。 3回〜最大72回まで。 インターネット上で分割契約の審査申込みをして頂きます。 ご注文頂いた後、弊社より在庫状況と併せてお申込み専用URLをご連絡致します。

次の

クラリネット

クラリネット

この、あふれだすクラリネット愛を全部まとめて記事にします。 ここが好き!とかここがすごい!って思うところをたーくさん書いてみる! 一般的にクラリネットの短所とも言われる部分も見方を変えていいところにしちゃってるよ! なんと、5000文字を超える超大作!! 正直こんなになると思ってなかったw それでは、恋は盲目と言わんばかりのクラリネット愛をとくとご覧あれ!! びっくりするくらい音域が広い クラリネットの特徴のひとつですね。 音域が広い。 だいたい3オクターヴ半くらいの音域。 すごい。 他の管楽器は広くても2オクターヴ半くらいの中、1オクターヴリードしてる!笑 調べてみたらファゴットもクラリネットと同じくらいの音域が出るみたいだけど、クラリネットのあの華奢な見た目から3オクターヴ半以上でるなんてもう ギャップ萌え。 アンビリーバボー クラリネットは移調楽器といって、 楽譜に書いてある音と実際に鳴らした音が一致しない楽器です。 もうこの時点で はい???って感じですよね。 ちょっと何言ってるかわかんないwってなると思います。 すごくないですか?意味わかんないけどすごいですよね? ね? この現象、絶対音感を持ってる人には非常に吹きにくいそうです。 まさに アンビリーバボー。 クラリネットファミリーは最強。 かっこいいもかわいいもクラリネットなら叶えてくれる。 A管クラリネット• アルトクラリネット• バセットホルン• バスクラリネット• コントラアルトクラリネット• コントラバスクラリネット• メタルクラリネット ざっとあげただけでも10種類!!ただ、この中でよく使われるのは太字のもので、他のものはあんまり使われません。 圧巻ですよ。 おすすめ記事: メロディも伴奏もいける 基本的にクラリネットはメロディ楽器といわれますが、音域が広いので伴奏のように支える演奏もできます。 メロディのときはキラキラと輝くような演奏ができるし、伴奏のときはあたたかく包み込むような演奏ができる。 クラリネットはこの音型が得意なのでいろんな曲でアルペジオがでてきます。 だから基礎練でもアルペジオが大事なんですよねぇ…(遠い目) クラシックもジャズもポップスも!基本的になんでもいける口 クラリネットは吹奏楽でメインに使われるイメージがあるけど、オーケストラやジャズでも活躍できる楽器です! オーケストラでは重要なソロを受け持つこともあるし、ジャズもムーンライトセレナーデやシングシングシングなど、クラリネットがおいしい、活躍する曲がたくさんあります! クラシックとジャズの融合、シンフォニックジャズとも言われるガーシュウィン作曲の 『ラプソディー・イン・ブルー』冒頭のクラリネットソロはほんとにしびれますヨ。 え!!すご!!!!! クラリネットがどんどん短くなってる!!! なのに曲として成立してる!!! なんとも衝撃的な曲ですね。 クラリネットはリードを振動させることで音が出るので、リードを外さない限り音がでます! 管体がだんだん短くなってるので音もだんだん高くなってるけど、指を工夫したり、アンブシュアを緩めたりすると音が変わるんです😲 こんな視覚的にも面白いことできちゃうなんてクラリネットの可能性無限大。 モーツァルトに愛された楽器クラリネット 晩年のモーツァルトがこよなく愛したと言われるクラリネット。 モーツァルトが作曲したクラリネット協奏曲は本当に美しく、クラリネットへの愛をひしひしと感じます。 2楽章なんて涙が出るほど美しい。 天才モーツァルトが愛しちゃうくらいクラリネットは最高なんですねぇ。 嬉しいなぁ 😳 クラリネットは繊細な楽器だからこそ愛着がわく クラリネットは湿気に弱く、乾燥にも弱く、急激な気温の変化にも弱い、太陽光にも弱い、いわゆる もやしっ子です。 いくらクラリネットが好きだからって、ぎゅって握ったらキーが曲がっちゃいます。 いくらクラリネットが好きだからって、新しい楽器を長い時間吹き続けたら割れちゃいます。 徐々に徐々に、時間をかけて心を開いてくれるのを待つかのように、新しいクラリネットとお友だちになるには時間がかかります。 彼、繊細なんです。 でも、繊細で手のかかる子ほど愛着がわきません?ダメな子ほどかわいいみたいな。 クラリネットは見た目が黒くて渋い。 かっこよ。 黒いボディ、光る銀メッキ もしくは金メッキ シュッとしたスマートな出で立ちでありながら、絶妙な曲線美。 複雑なキーがいいアクセント。 なんともいえないバランス。 吹奏楽で金属製でキラキラした楽器が多い中、黒く輝くクラリネットはなんだか一味違う。 渋くてかっこいい。 クラリネットのレジスターキー近辺が顔に見える。 かわいい。 黒くて渋い見た目でありながら、よーーく見るとレジスターキーのあたりと、ラのキーのあたりが顔に見えます。 これ伝わるかなぁ…マニアックすぎてちょっと心配… 笑 顔になんて見えないよって人、よーーーく見て! レジスターキーが鼻で、それを支えるネジのあたりが目、キーの真下のトーンホールが口なの。 …ほら、だんだん顔に見えてきたでしょ?? これが顔に見えることを発見したのは私が世界でいちばん最初なんじゃないかと自負してます。 笑 ちなみに顔に見える!と思ったのは高校生の頃。 こいつがまたマヌケな顔に見えてかわいいのなんの… 難しい連符の練習に疲れたときにこの顔を見ると癒されます。 本番前の緊張してるときにこの顔を見ると力が抜けます。 ね?あなたもだんだんこの顔に惹かれてきたでしょ? この子、いい表情してますでしょ? クラリネットはカスタマイズができる クラリネットはマウスピース、タル、上管、下管、ベルの5つに分解することができます。 だから、上管と下管は基本的に変えないけれど、他の部分は自由に カスタマイズできるんです! 一番みんながカスタマイズするのはマウスピース。 『そだよ~!すごいだろ~!』っていつも鼻高々なのです。 笑 最近、わたしが愛用してるのがクランポンのコンパクトケース。 一般的なケースでも十分小さいし、持ち運びに困らないんだけど、さらにコンパクトなこのケースはとにかく軽い! リュックの中にもすっぽり入るし、とーっても便利!もう昔のシングルケースには戻れないかも…笑 いいリードを見つける、育てる楽しさがある クラリネットをやってる人なら必ず一度は言うセリフ。 「ああ~いいリードないわ~」 これを読んでいるあなたがクラリネット吹きでなかったとしても、一度は耳にしたことのあるセリフなんじゃないかな? いいリードがなくて嘆いているリード難民はいっぱいいるけど、ここはあえてそれを一旦やめて、ゲーム的な視点に変えてみる。 すると、いいリードを見つける、または育てるっていうことが楽しくなっちゃうような気がしませんか? ほんと気休めですけどね、いいんです、気の持ちようです。 たとえるならば、リードの箱を開けたときは10連ガチャに挑戦したかのような… (と言いながら実はガチャやったことない笑) リードを育てるときはペット育成ゲームをもくもくとプレイしているかのような… そんな感覚でリードと向き合うとちょっと楽しくなってくる。 そんな気がします。 お試しあれ。 クラリネットの歌がある クラリネットの歌といえばアレですよね。 みんな知ってるあの歌です。 🎶ぼくのだいすきなクラリネット パパからもらったクラリネット🎶 『クラリネットをこわしちゃった』っていうタイトルはクラリネット吹きとしては不吉なんだけど、ここの歌詞はなんてすばらしいの。 ほんと、ぼくのだいすきなクラリネットを紹介するのに使える。 この歌うたったらクラリネット知らない人でも 「ああアレね、パパからもらったやつでしょ?」 って話が弾むから好き。 他の管楽器にはこういう歌はないからちょっと自慢できるというか、クラリネットにはみんな知ってる歌があるんだぞ~ってちょっと得意気になれます。 そして、この記事を書いてるときに見つけた『クラリネットをこわしちゃった』が最高に笑えるのでツイートと共に載せておきます。 笑 この『クラリネットをこわしちゃった』はやばい。 笑 — 三浦こと美 Clarinet kotoclarinet さいごに いかがでしたでしょうか。 オンライン上で、路上ミュージックが盛んに行われれば演奏技術に関わらず演奏がもっと価値に変わるのではないかと考えています。 その活動中に三浦さんのブログに偶然出会い、すごくご活動内容に興味を持ちましたのでご連絡しました ! 想いの部分に共感する点も多かったので、一度お話ししてみたいです。 お返事お待ちしております!.

次の

クラリネットとは

クラリネット

そもそもクラリネットってどんな楽器? 呼吸法や運指の方法を知る前に、少しだけクラリネットという楽器についての知識を紹介いただきたいと思います。 楽器について深く知ると愛着が生まれ、練習のモチベーションになったり、長く続けられるようなります。 短くまとめましたのでクラリネットのことを知って好きになってください! クラリネットとは|歴史と特徴 管楽器には金管楽器と木管楽器がありますが、クラリネットは木でつくられているので木管楽器に分類されます。 フランスで生まれたシャリュモーというリコーダーのような楽器がその始まりで、最初は現在のクラリネットの半分ほどの大きさしかなく、その後ドイツの楽器職人が改造したといわれています。 特徴としてはクラリネットの音域は管楽器の中で一番広いく、その音域の広さから、様々なジャンルの音楽で活躍しています。 吹奏楽やオーケストラでは木管パートの中間音域として主旋律も伴奏も演奏し、ジャズではソロの演奏をすることもある楽器です。 クラリネットの音色|やさしくてあたたかみのある音 クラリネットは音色は全体的にあたたかみがあり、 やさしい音色をしていると言われます。 文章だけでお伝えするのは難しいので、まずは聴いてください。 ドラマ『のだめカンタービレ』を見ていた方は聴いたことがあるのではないでしょうか。 ほかにもCMや映画にも使われ、世界的にとても有名な曲です。 今回はクラリネットの音色を聴いていただくために4重奏バージョンをご紹介しました。 オーケストラバージョンで聴いてもクラリネットは冒頭のメロディでとても目立っています。 知っておきたいクラリネットの基本の4種類 クラリネットには代表的な4種類の同属楽器があります。 それぞれ音域や使われ方も異なるので、特徴を理解して自分に合ったものを選びましょう。 マウスピースとリードの選び方|種類によって音色が変わる クラリネットやサックスなどの管楽器はリードを使って演奏するので、「リード楽器」とも呼ばれます。 さらにクラリネットはリードだけでなくマウスピースも使用し、このリードとマウスピースによって音色や吹きやすさに大きく影響される楽器でもあります。 正しい演奏方法でもうまく音がでない時は、変えてみるのもひとつの手段です。 リードを育てたりと非常に奥が深いので、今回は初心者の方におすすめの定番マウスピースとリードを紹介します! クラリネットのパーツの名称 リードとマウスピースを選ぶ前に、画像で各パーツの名前をご説明します。 基本的に覚えるのは4つのパーツだけで問題ありません。 練習やリード、マウスピース選びでも使うことがある言葉なので最小に覚えておくと便利です。 初心者におすすめのマウスピース2選 数あるマウスピースの中でも、初心者の方におすすめしたいマウスピースをご紹介します。 Vandoren 5RV 定番中の定番です。 クラリネットを始めるときに最初に使う方も多いと思います。 初心者の方でも楽に吹くことができるので、多くの方からも永く愛されているモデルとなっています。 クラリネットはリード選びが肝心! リードとは木で出来た薄片で、このリードの振動により音が出ます。 リードは厚さがそれぞれ異なり、自分の唇とリードの厚さがマッチしたときに、綺麗な音色が出ます。 またマウスピースとの相性もあるため、自分にあっているリードを見つけることがポイントです。 薄すぎると、リードミスが多くなり、厚すぎると音が出にくくなります。 またおすすめのリードはやはり 「Vandorenのトラディショナルシリーズ」です。 世界でトップのシェアをもっており、最もスタンダードなシリーズとして有名です。 いよいよ演奏|演奏方法を順番に解説します ここまでクラリネットの基礎知識をご紹介してきましたが、いよいよ、どうしたら音を出すことができるのかをご説明します! 演奏の準備をしよう クラリネットの組み立て クラリネットを演奏する前にまずはパーツの組み立てが必要です。 難しくありませんので動画を参考にして組み立てを行ってください。 演奏時のフォームを知ろう 組み立てが終了したら、次は構え方とマウスピースの正しいくわえ方についてです。 こちらも文章で説明させていただくより、動画を見ていただくとスムーズに理解できると思います。 練習慣れるまで少し唇が痛いかもしれませんが、少しずつ練習していきましょう。 クラリネットの運指を覚えよう 運指とは、指づかいのことです。 楽譜を見て、出したい音を出せるようになるためにも運指を覚えましょう。 運指についてはこちらのというサイトがわかりやすく解説をしています。 覚えるコツとしては、自分の練習したい曲の楽譜を見ながら演奏できるようにしていくことです。 また、実際にクラリネットがないところでも構えて指を動かしながら覚えていくのが良いでしょう。 まさにエアークラリネットです! いつも手元に運指表を持っておきたいという方は運指本がおすすめです。 クラリネットを吹くなら1冊は持っておきたいですね。 クラリネットで音を出してみよう 運指を覚えたら音を出してみましょう。 綺麗な音を出すためには姿勢を意識して、息を吸ったときに頬が膨らまないようにすることです。 初めから綺麗な音は出せないかもしれませんが、慌てず、ゆっくりと練習していきましょう。 初心者の方が注意するべきポイント クラリネットには上達のコツがあります!初心者の方はとくにうまく音が出ない、音程がおかしいという問題に直面しがちです。 あきらめる前に基本やコツを覚えて練習していきましょう! マウスピースを正しくくわえる 初心者の方はマウスピースをくわえすぎてしまっていたり、口の力を入れすぎてしまっていることがあります。 マウスピースは約1センチ程度軽くくわえる程度です。 また鏡を見ながら正しいくわえ方ができているかチェックしてみましょう。 正しい呼吸法を身につける クラリネットは腹式呼吸を使います。 腹式呼吸とは横隔膜を上下させて呼吸することです。 お腹を意識するよりは横隔膜を意識を向けましょう。 そして吐く息によってクラリネットの管を振動させることをイメージしましょう。 演奏したら必ずお手入れをしよう! クラリネットは木管楽器です。 木管楽器は湿度や温度に敏感で痛みやすいため、練習後は必ずお手入れをして清潔な状態を保ちましょう。 お手入れ方法や必要なお手入れグッズはこちらの記事で詳しく解説しているので、参考にしてくださいね。 大切な楽器なので必ずお手入れをするクセをつけましょう。

次の