黒い 羽 の トンボ。 黒いトンボを神様トンボという名前で呼ぶ由来は?縁起/スピリチュアル

スピリチュアルな観点でのトンボの色や場所、行動による意味や解釈、メッセージ

黒い 羽 の トンボ

黒い羽を持つカワトンボの仲間 羽黒 ハグロ トンボ 新鮮で澄んだ空気に綺麗な川の流れ。 渓流には街中では見ることのできない生き物がたくさんいます。 綺麗な水域でしか見られることが出来ないと言われるトンボもその一つです。 カワトンボと呼ばれる種類のトンボがいます。 羽の色は褐色だったり透明なものもいますが特徴的なのはその体です。 体はものすごく細く色は金属のような光沢のあるエメラルドグリーンをしています。 玉虫のような色といったほうがわかりやすいでしょうか。 そしてそのカワトンボの仲間に羽の黒い羽黒 ハグロ トンボと呼ばれる種類がいます。 羽黒トンボの雄は黒い羽にカワトンボと同じようなエメラルドグリーンの体をしています。 対して雌は黒い羽に体も黒いため全身が黒で統一されています。 このカワトンボの種類の持つもうひとつの特徴としてその飛び方にあります。 トンボは主にその場に滞空するホバリングと滑空で空を飛びます。 対してカワトンボは蝶々のようにヒラヒラと飛びます。 そして羽を休める際にも蝶々のように4枚の羽をたたむのも特徴の一つです。

次の

トンボの種類25種まとめ!日本に生息する最大・最小・綺麗なトンボ

黒い 羽 の トンボ

飛翔の40倍 実時間0. 55秒 のは 57-67mm、長 35-44mm ほどで、トンボとしてはやや大型。 の方がより若干大きいが、大差はない。 が黒いのが特徴で、斑紋はなく、雄は体色が全体的に黒くのがあるのに対し、雌はである。 他のトンボのように素早くしたりしたりせず、のようにひらひらと舞うように羽ばたく。 その際、パタタタ……と翅が小さな音を立てる。 どこかに留まって羽根を休める際もチョウのように羽根を立てた状態で、四枚の羽根を重ねて閉じるという特徴がある。 幼虫 [ ] ()は体長22~26mmほどで、体色は淡いである。 生態 [ ] 成虫は5~10月頃まで見られ、とくに7~8月に多い。 主にからのなどのや、、などのなどが茂る緩やかな流れに生息する。 幼虫は、おもに夜半から早朝にかけて、挺水植物などに定位して6~7月頃にする。 羽化後の若い個体は薄暗いところを好み、水域から離れての中で生活するが、成熟すると再び水域に戻り、明るい水辺のやなどに止まりを張る。 後、雌は水面近くの水中植物に産卵する。 類似種 [ ] 奄美大島、徳之島、沖縄本島には本種によく似た Matrona basilaris japonica があるが、この種はタイワンハグロトンボの亜種であり、属のレベルで異なる。 ギャラリー [ ] 雄、腹部が緑色をしている 雌、腹部が黒い色をしている 羽を広げたところ 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキスピーシーズに に関する情報があります。 ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 青木典司 2008年8月19日. 神戸のトンボ. 2010年12月19日閲覧。 この項目は、に関連した です。 などしてくださる(/)。

次の

神様トンボとも呼ばれる羽黒(ハグロ)トンボ

黒い 羽 の トンボ

オニヤンマはアブやハチを捕らえて食べることもあるぐらい、トンボが食べるとは思えない大きなムシでも捕えて食べてしまうことがある。 それだけ顎の力も強くて、噛まれると出血することもあるから虫取りで採ったときは念のため気を付けてね。 シオヤアブやオオスズメバチといった獰猛な昆虫を捕らえて食べることまであります。 もっともこれらの昆虫に関しては、逆に捕らえられたという例もあるようですが。 関連記事: 日陰になり、涼しい水辺などに生息しています。 開発によって生息地が減少しているイメージがあるかもしれませんが、ほかのトンボに比べると影響は比較的少ないようです。 ギンヤンマ ~ヤンマ、とつくトンボの中でも、よく見かける種類です。 オニヤンマよりは小さいですが、全長7cmほどになる 大型のトンボです。 名前からして灰色のトンボなのかと思うかもしれませんが、頭、胸の部分は緑色、腹の部分は黄色と黒の2色で構成されています。 オスとメスを見分けるには、 胸と腹の境界部分を見て目立った水色があればオス、なければメスとなります。 出典: その通り。 ちなみに右側のメスはお尻を水中に突っ込んでるよね。 このメスはオスに繋がったまま産卵しているんだね。 アキアカネ 赤とんぼ 全長は 40mmほどで、赤い体が特徴的です。 成虫になって少しすると高い山へと移動をはじめます。 6月ごろヤゴから成虫となりますが、アキアカネは暑い夏は苦手なので、羽化して気温が上がっていくにつれ、涼しい高山など山の中へ移動していきます。 夏は比較的涼しい高い山の中で過ごし、秋になると平地や低い山へと再び下りてきます。 降りてくる間に、 体の色はオレンジ色から綺麗な赤へと変化します。 出典: 人間との結びつきも大きく、「夕焼け小焼けの赤とんぼ~」の歌いだしで始まる童謡「赤とんぼ」はご存知の方が多いのではないでしょうか。 様々な言い伝えも残っており、捕まえると災いが起こるという伝説も各地で残っています。 また、これとは矛盾するようですが解熱剤として利用されることもあります。 俗に赤とんぼといわれるトンボは、このアキアカネであることがほとんどだね。 実は赤とんぼは、ずっと体が赤いわけじゃなくて、秋に平地に下りてくるころにあの綺麗な赤色になるんだ。 シオカラトンボ 最も身近なトンボの1つで、黒色と青っぽい灰色の2色で構成される体が特徴的です。 この体色を塩に見立てて シオカラトンボという名前が付きました。 一方メスは黄色っぽい色をしており、その色から ムギワラトンボという別名がついています。 オスも未成熟な場合メスのような色になります。 出典: 体長は5cm強で、主として低地に棲むため我々の周りでもよく見られるトンボです。 成熟したオスは綺麗な色をしているので、すぐにわかると思います。 イトトンボ イトトンボはイトトンボ亜目に分類されるトンボの総称です。 腹の部分が糸のように細く、前後の翅の大きさが等しいなどの特徴があります。 水辺近くに多く生息しており、飛び方もゆったりしていてあまり水辺付近を離れることもありません。 イトトンボに関しては、詳しくは以下の記事で解説しています。 関連記事: ウスバキトンボ 出典: 世界の広範囲に分布するトンボです。 体長は5cmほどで、赤とんぼと混同されることもありますが、体は 黄色~オレンジ色でアキアカネ 赤とんぼ とは別種です。 8月~9月ごろによく見られますが、寒さに弱いため冬が近づくとみることはできなくなります。 ショウジョウトンボ メスは茶色ですが、オスは眼まで 全身真っ赤な体色をしていてとても見ごたえのあるトンボです。 体長は5cm程度となり、アキアカネよりは少し大型になります。 攻撃的なトンボで、オスは単独で縄張りを持つなどしています。

次の