ゆうゆう窓口できること。 ゆうゆう窓口とは何?郵便窓口との違いは?営業時間や簡易書留、速達についても!

郵便窓口とゆうゆう窓口の違いで分かる業務内容と利用の便利度

ゆうゆう窓口できること

土曜・日曜・祝日にも開いている• 夜も開いている( 24時間のところもあり)• ほとんどの通常業務に対応している• 大きな郵便局のみにある といった感じです。 何と言っても一番うれしいのが、土日祝でもやっていること! また、仕事の後に行ける夜間にも開いているのがとっても便利です。 真夜中でもやっているところがあるので、当日消印が必要な書類なども安心ですね。 ゴールデンウィークも基本はやっていますが、その年によって変わる可能性がありますので確認してくださいね。 ゆうゆう窓口があるのは、大きな郵便局のみです。 また、開いている時間は郵便局によって違います。 あなたの家の近くのゆうゆう窓口は公式サイトから探せます。 営業時間などもチェックしてくださいね。 ゆうゆう窓口でできること 普通に郵便局でやれることはたいていできます。 たとえば以下のようなことです。

次の

ゆうゆう窓口とは?何が違うの?営業時間と何ができる場所かをわかりやすく!

ゆうゆう窓口できること

郵便物やゆうパックを送る• はがきや切手の購入• 収入印紙の購入• 不在留置郵便物などの受け取り 郵便物はポストで送れるはがきや定形内はもちろん、 定形外郵便や速達・書留・レタックスも送ることができます。 ゆうパックはチルドのものでも発送可能です。 通常の郵便窓口で受け付けてくれるものはほとんど受け付けてくれると考えて良さそうです。 国際郵便物も送れますし、局留めで送られた荷物を受け取ることなどもできます。 もちろん 土日の受付も可能です。 休日にゆうパックを発送したい時は役に立ちそうですね。 提携しているコンビニは以下のとおりです。 ローソン• ローソンストア100• ミニストップ• セイコマート どのお店でも通常ゆうパックや着払いでの発送が可能。 ゴルフ・スキーゆうパックも送れます。 郵便局と同じように複数口割引サービスもあります。 ただし、コンビニからはチルドゆうパックは送れません。 荷物用の冷蔵庫の確保が難しいのでこれは仕方ないですね。 それと代金を切手で支払うこともできません。 また、発送料金にはポンタやワオンなどカードのポイントも付きません。 (ポイントでの支払いも不可) これは残念。 ですが注目したいのが、 ローソンだけクレジットカードや電子マネーで支払いができる点です。 クレカのポイントはゆうパックでも加算されますからね。 ポイント貯めている人はどうせならローソンから送りましょう。 ゆうゆう窓口ではできないサービス 大抵のことは受け付けてくれるゆうゆう窓口ですが、一部できないこともあります。 ですが残念なことに、 お年玉年賀はがきの景品交換はゆうゆう窓口では受け付けていないんです。 暑中見舞いなどで使われるかもめ~るにも同じようにくじが付いていますが、こちらもゆうゆう窓口での引き換えはできないので気を付けてくださいね。 ゆうゆう窓口ではこの交換も受け付けていません。 新しいものを買うことはできますよ。 このグッズをポスタルグッズというのですが、これはゆうゆう窓口で購入することはできません。 ゆうちょ銀行とは別会社なので、振込・外貨両替・ローンなど お金のサービス受け付けはできません。 同様に 保険サービスの受け付けも不可です。 ゆうゆう窓口はどこにある? ゆうゆう窓口はどこの郵便局にもあるわけではありません。 町の小さな郵便局にはなく、その地域で一番大きな郵便局に設置されていることがほとんどです。 日本郵便のサイトの中にゆうゆう窓口の有無を検索できるページがあります。 利用したいときにはこちらで確認するのがいいでしょう。 郵便局の名前、郵便番号、地図のクリックといった方法で探すことができます。 自宅や勤務先などから最寄りのゆうゆう窓口を探すには、郵便番号を入力する方法がいちばん探しやすいですよ。 ハイフン(横棒)なしで郵便番号を入力すれば近くのゆうゆう窓口がある局がすぐ出ます。 ゆうゆう窓口の営業日・営業時間は? 営業日や営業時間は窓口によって異なります。 土日祝日関係なく24時間開いているところもあれば、午前中のみという窓口もあります。 紹介した検索サイトで営業日も営業時間も確認することができます。

次の

ゆうゆう窓口では何ができるの?営業時間は何時から何時?

ゆうゆう窓口できること

ゆうゆう窓口とは? 営業時間外でも対応してくれる ゆうゆう窓口とは、 日本郵便株式会社(郵便局)が運営する窓口の一つです。 以前は「時間外窓口」と呼ばれていましたが、1999年(平成11年)よりこの名前に変わりました。 かつての名称からもわかる通り、ゆうゆう窓口は郵便局の 営業時間外でも対応してくれる窓口。 例えば郵便物の不在通知があった場合、再配達までそのまま待っていませんか? 待っていてもよいですが、郵便物をいち早く受け取りたい時は、地域の郵便局にある「ゆうゆう窓口」に行くと受け取りが可能です。 郵便窓口との違いは? 郵便局の一般的な窓口と、ゆうゆう窓口にはどの様な 違いがあるのでしょうか。 その最大の違いは、 ゆうゆう窓口は一部の郵便局にしかないことです。 郵便窓口は全国の郵便局に必ずあり、切手などの販売やゆうパックの受付を行なっています。 一方のゆうゆう窓口は、基本的には 「郵便の仕分けを行う大きな局」にのみ設置されています。 そしてもうひとつの違いとしては、 開いている時間があります。 ゆうゆう窓口は、郵便局が営業していない時間帯でも開いています。 しかし郵便窓口は、郵便局の営業時間にしか開いていません。 ゆうゆう窓口の営業時間は? 営業時間は局によってまちまち 気になる、ゆうゆう窓口の 営業時間ですが、 全国で統一されていません。 大都市の郵便局ですと、24時間いつでも開いている場合がありますが、年々24時間営業のゆうゆう窓口は少なくなってきています。 ゆうゆう窓口によっても違いますが、現在では土日も含めて• 7時~21時• 8時~21時• 8時~20時 あたりの営業時間が多いようです。 どこにあって、何時まで営業しているのか• ゆうゆう窓口はどこの場所にあるのか?• ゆうゆう窓口は何時まで営業しているのか? といったことを調べたいことってありますよね。 そんな時は地域の郵便局に直接電話する方法もありますが、 郵便局のサイトで検索することが可能です。 こちらにアクセスした上で検索して確認してみましょう! 検索方法は次の 3つがあります。 「郵便局の名称」から検索 *地名を入力すると良いですが、ひらがなでもOKです。• 「郵便番号」から検索 *「-(ハイフン)」は不要です。• 「都道府県」から順に辿って検索 *上記2つで上手く検索できない時はこちらが便利です。 検索結果では、ゆうゆう窓口の住所・地図・電話番号・営業時間 平日・土・日祝 が全て表示されるので便利ですよ。 ゆうゆう窓口でできること 郵便物を出せる、受け取れる ゆうゆう窓口では、不在で受け取れなかった郵便物を受け取ることができます。 その際には次の3点が必要です。 不在通知書• 本人確認書類(運転免許証・健康保険証・マイナンバーカード・パスポートなど)• 印鑑(無ければサインでも可) また、 速達・現金書留・レタックスなども、ゆうゆう窓口から出すことができます。 ポストでもいいのですが、 はがきや普通郵便も受け付けてもらえます。 更には ゆうパックを出す事も可能で、当然受け取りも可能です。 はがきや切手も買える 意外と知られていないのですが、ゆうゆう窓口では 切手やはがきも販売しています。 最近ではコンビニでも販売していますが、よく使う種類の切手しか置いていないことも。 また郵便物は重さで料金が変わりますが、コンビニでは重さがわからないこともよくあります。 しかし、ゆうゆう窓口なら重さが測れるので、必要な料金もその場でわかって無駄が省けます。 なお、書き損じのはがきの交換や、当選したお年玉付き年賀はがきの引換は、ゆうゆう窓口では行なっていません。 各種届け出もできる その他にも、ゆうゆう窓口では、 各種届け出の受付も行っています。 引越しなどで住所変更があった場合、郵便局に届け出る必要がありますよね。 忘れがちなこの手続きですが、ゆうゆう窓口でも受付が可能です。 忙しい時にはありがたいですね。 ゆうゆう窓口を有効活用しよう! ゆうゆう窓口のことは知っていても、ただ荷物を受け取るだけの場所と思われがち。 でも意外と知られていないサービスもあるんですね。 切手やハガキが買えたり• ゆうパックが出せたり• 速達や現金書留も出せたり• 住所変更届が出せたり ・・と、 通常の窓口のような利用が可能なんです。 急に必要になった時にはとても役立ちますよね。 ただし、ゆうゆう窓口のない郵便局もあるので、どこにあるのかをあらかじめ確認しておくことも大事です。 コンビニみたいに便利なゆうゆう窓口を、もっともっと活用したいですね!.

次の