シミを消すクリーム。 シミ対策クリームの人気おすすめランキング20選【乳液も紹介!】

市販シミ消しクリームのおすすめ10選!効果が出る順人気商品まとめ【プチプラからハイドロキノン配合まで】

シミを消すクリーム

この記事の目次• シミを消すといわれる人気の化粧品を使っても消えない よく聞く話ですが、シミを消すための化粧品を使っているけど全く効いていないということ。 薄くもなっていない。 口コミでは人気の商品なのになぜ効かないんでしょうか? シミを消すための商品には、シミができないように予防するタイプとできてしまったシミを薄くしたり、シミを消すタイプがあります。 シミを消す化粧品っていろいろありますが、ほとんどが予防を目的とした商品なのです。 つまり今使っている化粧品を続けても出来てしまったシミはなくならないってことになります。 ではシミを消す成分は何でしょうか!? シミを消す成分 シミを消すのに最も効果的と言われている成分は、「 ハイドロキノン」という成分です。 皮膚科で処方するシミ治療薬の成分がこれです。 この成分は、シミの元となるメラニンを淡色化する作用があるとの研究結果が出ています。 シミを消すには最強の成分と言われています。 そしてもうひとつの成分が「 トレチノイン」です。 トレチノインはビタミンA誘導体の一つで肌のターンオーバーを促進し、肌内部からシミを排出させる働きがあるとされます。 シミを消すために効果を重視するなら現在最強の成分と言われている「ハイドロキノン」の使用でしょう。 その上で「トレチノイン」を併用するのが、自宅で行える最短の方法と言えるでしょう。 ただその効果が高い分、副作用のリスクも認識する必要があります。 国内でおススメと言われているシミ消しクリームを見てみると 口コミで人気の商品やランキングなどでシミを消す化粧品やクリームの主要成分や価格を見てみましょう。 【アスタリフト】ホワイト クリーム 30g シミに効く成分:アルブチン、ビタミンC誘導体 参考価格:5,400円(30g) 【アンプルール】ラグジュアリーホワイトクリームAO シミに効く成分:ハイドロキノン 参考価格:19,440円(30g) 【ディセンシア】サエル ホワイトニング クリーム クリアリスト シミに効く成分:アルブチン、ビタミンC誘導体 参考価格:5,400円(30g) 【ビーグレン】QuSomeホワイトクリーム1. 9 シミに効く成分:ハイドロキノン 参考価格:6,480円(15g) 【リソウコーポレーション】リペアジェル シミに効く成分:アミノ酸生命体、ビタミンC生命体 参考価格:16,200円(32mL) 【HAKU】メラノフォーカス3D シミに効く成分:トラネキサム酸、4-メトキシサリチル酸カリウム塩 参考価格:10,800円(45g) 【エピステーム】HQブライトコンセントレイト シミに効く成分:ハイドロキノン 参考価格:14,040円(12g) これらの商品で「ハイドロキノン」を使っている商品はあります。 もし上記から商品を選ぶなら【ビーグレン】QuSomeホワイトクリーム1. 9がおススメです。 ハイドロキノンの効果 ハイドロキノンは、シミの原因であるメラニン色素の産生を抑えるだけでなく、メラニン色素をつくる細胞 メラノサイト そのものを減少させる作用があると報告されています。 ハイドロキノンは肌の漂白剤とも呼ばれています。 美白成分として有名なビタミンCやプラセンタなどは、シミ予防にはなりますが、沈着したメラニン色素を取り除く作用はありません。 ハイドロキノンはビタミンCやプラセンタなどの10~100倍の効果があると言われていて皮膚に沈着したメラニン色素にまで働きかけることから注目の成分となっているのです。 またシミを作り出す酵素を抑制することで今あるシミを抑え、シミを作らないようにするという効果も期待できます。 以前は医師の処方のみでしたが、2001年の薬事法の規制緩和により、市販の商品にハイドロキノンの使用が許可されるようになりました。 ハイドロキノンの副作用 ハイドロキノンの強力な効果がある反面、副作用にも注意が必要です。 主な副作用としては「 肌の赤み」「 肌の色素が白く抜ける白斑(はくはん)」などがあります。 特に濃度が濃い商品ほど出やすくなります。 そこで副作用の被害を受けないようにまずは目立たない肌の部分にちょっとだけ塗ってみるとよいでしょう。 もし皮膚に変化が現れたら使用を止めるべきです。 お肌につけて24時間問題なければ副作用が発生することはないと言われています。 ただ、副作用が出なかったとしても別の化粧品(化粧水や乳液、クリーム、美容液)との併用で相性がわるく赤みや痒みが出ることもありますので注意しましょう。 また妊娠中の人や授乳中の人は使用しないようにとされています。 トレチノインの効果 ハイドロキノンはシミ生成に働きかけますが、トレチノインはできてしまった肌内部のシミの排出を促進する働きがあります。 皮膚は表面の角質層の下に表皮、その下に真皮という層があり、肌の奥部にできたシミに対して表面から塗る有効成分は届きにくく、対策しにくいものです。 トレチノインの最大の特徴は、古くなった細胞を排出を活発化させる所にあります。 つまりターンオーバーを促進させる作用があります。 通常は28日間の周期で皮膚は代謝を繰り返しますが、トレチノインは、皮膚のピーリング作用があるので肌の新陳代謝を促進させ、約20日間でターンオーバーを1周させると言われています。 皮膚が角質となってボロッと剥がれ落ちてきます。 特に加齢とともにその周期が遅くなりますのでトレチノインの代謝促進は有効です。 ビタミンA誘導体なども同様の効果がありますが、トレチノインは特に優れた働きをします。 市販の商品にビタミンA誘導体であるレチノール配合の化粧品がありますが、トレチノインの働きはその100倍とも言われています。 またトレチノインは、シミを排出するだけでなく、体内で生成されるコラーゲンやヒアルロン酸などをも活性化させ、肌全体を生まれ変わらせるとされます。 シミ解消に対して圧倒的な効果が出るとは言えませんが、シワやハリ、キメなど肌の若返り全般にも効果が期待できます。 トレチノインの入手に関しては国内では医師の処方が必要となります。 一方、個人輸入であれば、海外から入手できます。 トレチノインの副作用 トレチノインは肌のターンオーバーを促進するので不要になった古い角質を体外に排出します。 なのでクリームを塗った部分の肌がポロポロと剥がれ落ちてきます。 角質が剥がれ落ちた肌は敏感になっています。 すると一時的に 肌のバリア機能が弱まりますので紫外線などの影響を受けやすくなります。 この時期に日光を浴びると日焼けなどで色素沈着が起こり、かえって色が黒くなってしまうことにもなりかねません。 使用時期や紫外線対策をしっかり行いましょう。 また火照ったような赤みが出てかゆくなったり、肌が乾燥することがあります。 皮膚の赤みが何日も続いたり、ヒリヒリするようなら使うのを止めましょう。 妊娠中や妊娠の可能性のある人、授乳中の人は使用しないようにとされています。 試してみたいハイドロキノン製品 上記のアンプルールやビーグレンを使っても良いでしょうが、続けるには価格が高い。 そこでいっそ海外の製品をおススメします。 こららは、海外では評価が高く、しかも圧倒的に安い。 参考価格:1本20g 1,263円 参考価格:1本20g 2,530円 試してみたいトレチノイン製品 国内では、トレチノインは病院での処方が必要となります。 薬局では販売していません。 健康保険は適用されず、相場で1ヶ月で3万円~5万円ほどかかります。 そこでおススメは個人輸入代行で海外から取り寄せることです。 購入方法は通販と同じです。 参考価格:1本20g 1,550円 参考価格:1本20g 3,260円 ハイドロキノンとトレチノインの併用 ハイドロキノンとトレチノインは併用することができます。 むしろ併用することで相乗効果が期待できるのです。 まず トレチノインでシミのある場所を剥がしてハイドロキノンでメラニン色素を漂白して抑えていくのが狙い。 原理としては、トレチノインでターンオーバーを促進し、色素沈着を起こしているメラニンの排出を早めます。 そこにハイドロキノンを導入することでメラニンの生成を抑制することでシミをブロックするのです。 つまりシミを排出しながらこれからできるシミを予防するということです。 また単体の使用では浸透が悪いハイドロキノンをトレチノインと併用することで肌内部に浸透させることで高い効果を得ることが期待できます。 のセット ハイドロキノンとトレチノインの正しい使い方 ハイドロキノンとトレチノインは、使い方を間違えると赤みが引かなかったり、逆に色素が沈着してしまうなどトラブルの原因になります。 特にトレチノインを使うためには十分な知識を身に付けておく必要があります。 1.洗顔後、化粧水を付け、乾かします。 (化粧水はビタミンC誘導体が含まれるものが好ましい。 ) 2.シミの部分にトレチノインをピンポイントで薄く塗り乾かします。 (シミ部分からはみ出さないように注意。 綿棒などを使うと良い。 ) 3.ハイドロキノンをその上に一回り大きく薄く塗ります。 ・基本的には朝晩1回ずつ行います。 ・治療期間は1~1. 5ヶ月程度を1クールとします。 ・ 最大1. 5ヶ月経過したら必ずトレチノインの使用を止めること。 ・1クール終了、最低1. 5ヶ月はクールダウンの期間とし皮膚を自然回復させます。 ・ハイドロキノンは終了後も1ヶ月ぐらいは塗り続けます。 ・クールの回数はシミの状態によって2回から3回行います。 ・トレチノインにより敏感になった皮膚は紫外線の影響で色素の沈着が起こりやすいので紫外線対策を徹底しましょう。 通常、医師の指導の元で治療するものですので、個人で行う場合は十分な知識と注意が必要です。 \ SNSでシェアしよう! / ジェネリック医薬品トレンドの 注目記事を受け取ろう•

次の

シミ消しクリームランキング☆人気&おすすめ シミ消し化粧品

シミを消すクリーム

シミ消しクリームをおすすめする理由 シミを消す方法として、レーザー治療や、ピーリング、食生活の改善、クリーム、サプリ等色んな対策方法がありますね。 その中でも手軽で1番即効性のあるのがシミ消しクリームとされています。 厚生労働省が認可した 美白有効成分(トラネキサム酸・ハイドロキノン・アルブチン・プラセンタエキスetc)を含んだクリームがメラニン色素に浸透し、早い段階でシミが薄くなっていくというのを実感されてる方もたくさんいらっしゃいます。 シミ消しクリームで効果の「ある」シミと「ない」シミの種類が存在 美白有効成分を配合したシミ消しクリームを使っても 薄くなるシミと効果のないシミの種類があるのをご存知ですか? その事を知らずにシミ消しクリームに前のめりになってもいけません。 シミ消しクリームで効果のないシミの種類の方は レーザーでの治療がおすすめになります。 主に頬骨の高い部分に1cmくらいの丸い色素斑ができるのが特徴。 初期段階は薄い茶色、次第に濃くなっていきます。 数年経過すると隆起してくることもあり、脂漏性角化症になっていくのもあります。 時間が経てば消えることもあるようです。 ただ消えるまでに2~3年かかることもあるそうで、その間に日焼けしてしまうと消えなくなることもあります。 鼻の下や額にでることもある。 女性ホルモンのバランスが悪い時にできるとされています。 妊娠中・ピル服用時・更年期の方に多く見られるようです。 10代の頃からでき始め、小さい色素斑が鼻の周りにできるのが特徴です。 色白の方に多く見られます。 手の甲にできる茶色いシミも、この症状に該当するものが多いと言われてます。 花びらのようなシミの形をしてるのが特徴です。 シミ消しクリームの効果を高める選び方 単刀直入に言うと 「美白有効成分」を含んだクリームを選ぶのが大切です。 シミに対して効果のある種類は上記であげた、• 炎症性色素沈着• 効果のあるシミの種類を認識された上で、シミ消しクリームを選ぶ際は 厚生労働省が認可した「美白有効成分」を配合したクリームを選ぶのが大事になってきます。 成分を選ぶのが面倒、難しいという時は、美白有効成分を配合してますよ~という意味の 「医薬部外品」「薬用」表記のものを選びましょう。 パッケージ表か裏に記載されているはずです。 厚生労働省が認可した美白有効成分• アルブチン• ハイドロキノン• エラグ酸• ルシノール• ビタミンC誘導体• プラセンタエキス• カモミラET• トラネキサム酸• t-AMCHA(t-シクロアミノ酸誘導体)• リノール酸• 油溶性甘草エキス(グラブリジン) 上記にあげた 「ハイドロキノン」は特にシミ消し効果が高い(アルブチンの100倍とも…)とされていますが、濃度が高いと刺激が強いので、 敏感肌の方は注意が必要です。 美白有効成分によって段階的な選び方も重要 美白有効成分の働きは一括りにシミを消してくれる成分と単純に考えるのは早計です。 基本的には 「メラニンが生成される際の肌内での反応」をどこかの段階で抑えてくれるのが美白成分の働きです。 どの段階でどの美白有効成分が有効なのか下記にまとめました。 【段階1】メラニン生成の指令が出る段階 紫外線が表皮細胞にあたってしまうと肌内部を守ろうとして エンドセリン等の情報伝達物質が出されます。 これらの物質がシミの原因になるメラノサイトに対し、 メラニンの生成を促す指令を出してしまうのが初期段階になります。 カモミラET• トラネキサム酸• t-AMCHA(t-シクロアミノ酸誘導体) 【段階2】メラニンの生成が始まってしまう段階 段階1であげた エンドセリン等の伝達物質がメラノサイトに届いてしまうとその中でメラニン色素が生成され始めます。 最初に生成されるのが チロシンというアミノ酸になり、次にメラノサイトだけに存在する チロシナーゼという酸化酵素が働き、メラニン色素へと変化してしまいます。 チロシナーゼの働きを抑制するのが…• アルブチン• エラグ酸• コウジ酸• ルシノール• ビタミンC誘導体• プラセンタエキス• トラネキサム酸• 油溶性甘草エキス(グラブリジン)etc チロシナーゼを減らしてくれるのが…• リノール酸 段階1と2の時点で友好的な成分を選ぶ シミを表面化させないためには 普段の予防が欠かせません。 段階2を超えた段階で放置してしまうと メラニン色素が肌に残りシミの原因になってしまうわけです。 普通はターンオーバーとともにメラニンが排泄されますが、何らかの影響によりメラノサイトの活動が収まることなくメラニン色素が生成され続けるとシミとなり残ってしまいます。 またターンオーバーが遅くなることでメラニン色素が残ってしまうということもあります。 肌で試しながら自分に合う美白有効成分を選ぶ 上記であげた美白有効成分のうち、効果があるかどうかという点では人によって違いますし、 肌に合う・合わない、または合わずに肌がかぶれてしまうなんてこともあります。 まずは自分の肌で試していきながら選んでいくのがベストですね。 美容皮膚科でよく使われる美白有効成分• ビタミンC誘導体• カモミラET• 油溶性甘草エキス シミ消しクリーム【市販】人気おすすめランキング8選 アマゾンや楽天など大手通販サイトの人気商品や、 売上・注目度・コスパの良さ・口コミ・アットコスメ等の口コミ評価を参考に厳選。 効果があって皆が認めるシミ消しクリームをおすすめランキングとして集計しました。 美白有効成分もチェックし、貴方に合いそうなシミ消しクリームを選んでくださいね。 【8位】薬用 フィスホワイト美白クリーム 参考価格:2,000円 容量:50g 美白有効成分:プラセンタエキス 洗い流せるタイプのシミ消しクリームになり、美白有効成分のプラセンタエキスを配合してます。 また、ヒアルロン酸も含んでるので保湿性にも優れてるのが特徴です。 おすすめポイント! お顔だけでなく、 肘のくろずみや、お尻、乳首などデリケートな部分にお悩みな方にもおすすめです! フィスホワイト美白クリームの口コミ たいへん満足です。 使い始めてまだ10日ほどですが、両こめかみにあるシミが明らかに薄くなってきています。 これからも、根気強く使っていこうと思っています。 口コミ引用元: ワントーン明るく 2回目の購入です。 どうだろう?と思いつつ、前回使い始めましたが、使用するとワントーン肌が明るくなっていると感じます。 製薬会社が開発し美容皮膚科等医療機関で行われるシミへの対応策にいち早く着目した本格的なシミ対策クリームです。 おすすめポイント! シミ対策だけでなく、保湿性にも優れてるのが特徴。 加齢による黄ぐすみに着目した成分、ルイボスエキスも配合してます。 トランシーノの口コミ 目のクマに効いてます 嫁さんが使用中です。 半年以上ずっと使ってます。 これと、ビタミンCの錠剤を飲んでるみたいですが目の下のクマはだいぶ薄くなったような気がします。 昔の写真を見ても今の方がクマは薄くなってるので効果はあるかと思います。 また、肌も明るくなったような気もします。 しっとりとした使い心地で、たっぷり入っているので続けやすいと言っています。 個人差はあると思いますが、そこまで高くないし、結構もつようなのでまずは半年くらいお試ししてはいかがでしょうか? 口コミ引用元: 肝斑が薄くなった 1つ使い切りました。 頬の下にあった肝斑がだいぶ薄くなり嬉しいです。 肌の状態もよくなりました。 私には合っているようです。 口コミ引用元: 【6位】ランテルノ ハイドロキノンクリーム 参考価格:2,990円 容量:10g 美白有効成分:純ハイドロキノン 濃度:1. 頑固なくすみの点を何とかしたい!という方に重宝されてるそうです! おすすめポイント! 成分・濃度・製法(安定性)にこだわりぬき、専門機関レベルで開発された大注目のハイドロキノンクリームです! ランテルノ ハイドロキノンクリームの口コミ すごく良いと思う 2本目に突入です! もともと美容皮膚科でフォトフェイシャルをやっていたけど、シミは完全に消えず。 ハイドロキノンが良いとは聞いていたのですが、これは美容皮膚科に置いてあったハイドロキノンクリームより配合量が多くて、試しに使ってみました。 結果、頬のシミが大分薄くなってきて、コンシーラーの厚塗りがなくなりました(笑) その下の大きいシミはまだ時間がかかりそうですが、こちらも気持ち薄くなってきた気がします。 口コミ引用元: 匂いがちょっと気になるけど、私には効いた 36歳です。 ハイドロキノン特有の匂いが気になります。 が、効果は本物。 塗り始めて10日目くらいで効いてきます。 コンシーラーいらずになりそうな予感。 口コミ引用元: 【5位】シミウス【医薬部外品】 参考価格:4,743円 容量:60g 美白有効成分:プラセンタエキス メビウス製薬から販売している医薬部外品指定のシミ消しクリームです。 2019年6月時点での累計販売数1,000万個を突破した大人気商品で、一過性のものでなく人気も根強くリピート率も高い商品です。 おすすめポイント! シミ対策に特化した美白クリームで、ケアが手軽なので忙しい方に重宝されてるようです。 乾燥などの肌荒れ対策にも優れ、出産後の肌質の変化で悩まれてる方にもおすすめです。 敏感肌な私でも使えました! 口コミ引用元: 効いてるみたいです 顔にできたシミを消したいとのことで、嫁さんに頼まれて購入。 即効性はないものの、一ヶ月ほど続けたところで、頬のシミが若干薄くなってることに気付き、半年でほぼ分からないくらいになりました。 ただし、止めてしまうと再びシミができはじめるので、継続が必要みたいです。 口コミ引用元: 【4位】ビーグレン QuSome ホワイトクリーム 1. 9 参考価格:6,480円 容量:15g 美白有効成分:ハイドロキノン 濃度:1. おすすめポイント! 独自技術の効果が凄く、肌に馴染みやすく浸透力は抜群!安定的に効果を発揮するだけでなく、しっかり留まってくれることで持続性も高いとされています。 夜1度で済むので、最終的にはコスパは悪くないかもしれません。 毎晩すりこんでいたら、目の下の点々が薄くなってきました。 手の甲のシミも同様です。 かなり期待できるコスメだと思います。 口コミ引用元: ちょっとだけ、薄くなってきたきがします。 両頬に頑固にくっきり浮き出ていた、シミが、以前より薄くなったようにおもいます。 使い始めて、2ヶ月ですが、メイクのときに、コンシーラーを使わなくてもよくなってきました。 ベタつかず、さっぱりとしてボディにも適しているのが特徴です。 おすすめポイント! アメリカをはじめとした世界各国で販売されてる唯一のシミ消しクリームです。 他にも美肌成分のビタミンE、パンテノール、紫外線吸収剤・紫外線カット剤も含まれています。 デルミサ スキンフェイドクリームの口コミ 使用感がとてもいいです。 最近 年齢のせいか昔引っ掻いた所とか虫刺されの痕がしみになってきてしまい、とても気になっていていました。 アレルギーも色々あるので購入に中々踏み切れませんでしたが、他の方のレビューを見て購入した所 私の肌には合ったようでかぶれも無く、匂いもそれ程気にならず使用感はとてもいいです。 顔だけではなく 手のしみにも使っていますが 使用して3日位でしみが薄くなって来ました。 一部消えてきた所もあり今後がとても楽しみです。 口コミ引用元: シミがうすくなりました 左のこめかみに五百円ほどの大きなしみがあります。 レザーでの処置までの勇気はなくいろいろな化粧品を試しました。 今までで、一番、効果がありました。 消えた訳では、 ありませんが、コンシーラーで、隠せる程度になりました。 一度は、試してみる価値あります。 口コミ引用元: 【2位】ケシミンクリームEX 参考価格:1,451円 容量:12g 美白有効成分:ビタミンC誘導体・アルブチン 小林製薬から発売中のケシミンクリームEX。 既にケシミンクリーム(ビタミンC誘導体)がアマゾンでもバカ売れしてますが、EXではさらにアルブチンをプラス配合しW美白有効成分でパワーアップ!シミ対策だけでなく、血行促進にも役立つビタミンEも配合されてます! おすすめポイント! 美白有効成分を2種類配合した医薬部外品ですが、1,500円を下回るコスパの良さが凄いです! ケシミンクリームEXの口コミ とても良いです。 使い続けていたら、シミが薄くなりました。 だけど、朝塗ると、テクスチャーが濃くて硬いので、 化粧崩れします。 夜寝る前に使うのがおススメです。 口コミ引用元: 時間はかかるけど少しずつ薄くなっている 40代女です。 リピートして4本目を使用中です。 シミが今以上濃くならないように、増えないようにとの願いから使い始めましたが、シミが少しずつですが薄くなっている効果を実感しています。 頬に2箇所ある大きなシミ(1. 5〜2cm)に、1日一回の使用で1本約3ヶ月もつのでコスパも良い。 浸透力がとても良く、有効成分が肌にギュッと浸透している感じも良いです。 長年かけてできたシミは、やはりターンオーバーの関係からか薄くなるまでに時間がかかるのはあたりまえだと考えています。 使い始めてから確実にシミが薄くなっているので、今後もっと薄くなることを願ってこれからも使い続けていこうと思います。 口コミ引用元: 【1位】メラノCC 参考価格:988円 容量:20ml 美白有効成分:活性型ビタミンC アスコルビン酸 ロート製薬が「効果」にこだわって開発したという医薬部外品のクリーム。 シミ消し効果だけでなくニキビ痕や毛穴対策にも効果を期待できます。 メラノCCの美白有効成分は活性型ビタミンCになります。 おすすめポイント! コスパ優秀!医薬部外品指定でこのお値段というのはさすが大手企業の成せる業ということでしょう!アマゾンでのコメント数も1,000件超えてます! メラノCCの口コミ 驚きの効果 目尻に1cm大のシミが目立ち始め使用を開始。 最初の2ヶ月ほどはぜんぜん効果が無く使用をやめていましたが、3ヶ月ほどしてからどんどん薄くなり始め、半年後には全くシミが消えました。 効果には数ヶ月程度のタイムラグがある様ですが結果は満足です。 口コミ引用元: ビタミン塗ってる感があります ほかの商品も併用しているので正直効果のほどは分かりませんが、肌に塗るときいかにも「ヨッ!!!!ビタミンだぜ!!!!」ってかんじがしてビタミン塗ってる実感が湧いて謎の安心感があります。 紫外線に弱くしみが増えやすい体質なのですが、これを塗るようになってから増えたなという感覚もないのでおそらく多少は効いているのだと思います。 なくなったらまた買います。 口コミ引用元: シミ消しクリームを使ってるけど効果がでないという方。 見直すべきは洗顔? 冒頭でも解説してる通り、 「美白有効成分」が配合されたシミ消しクリームを選ぶのがまずは大前提になります。 しかし、いくら使ってもシミが薄くならない…美白効果を感じられない…という方は 「洗顔」を見直してみてはいかがでしょうか? お肌から古い角質さえ取り除ければ、美白有効成分もしっかり浸透してくれますので前より効果を実感しやすくなるはずです。 【まとめ】シミ消しクリームを使用していく上で重要なことは3つ recomediaがおすすめするシミ消しクリームを紹介してきましたが、いかがだったでしょうか? シミ消しクリームをこれから購入する方で効果をより実感するためには以下の点に気を配り選んでいただければと思います。 シミには効く・効かない「シミの種類」が存在• 美白有効成分が配合されたクリームを選ぶ• クリームでは全く効果がなく、後で調べたらレーザー治療じゃないと解決しないシミの種類だった…なんていうトラブルは避けたいところですし、 「今の貴方の状態」を把握することは何よりも大事です。

次の

シミ消しクリーム人気ランキング2020!【最新】シミを防ぐ美白クリームBest5を発表

シミを消すクリーム

この記事の目次• シミを消すといわれる人気の化粧品を使っても消えない よく聞く話ですが、シミを消すための化粧品を使っているけど全く効いていないということ。 薄くもなっていない。 口コミでは人気の商品なのになぜ効かないんでしょうか? シミを消すための商品には、シミができないように予防するタイプとできてしまったシミを薄くしたり、シミを消すタイプがあります。 シミを消す化粧品っていろいろありますが、ほとんどが予防を目的とした商品なのです。 つまり今使っている化粧品を続けても出来てしまったシミはなくならないってことになります。 ではシミを消す成分は何でしょうか!? シミを消す成分 シミを消すのに最も効果的と言われている成分は、「 ハイドロキノン」という成分です。 皮膚科で処方するシミ治療薬の成分がこれです。 この成分は、シミの元となるメラニンを淡色化する作用があるとの研究結果が出ています。 シミを消すには最強の成分と言われています。 そしてもうひとつの成分が「 トレチノイン」です。 トレチノインはビタミンA誘導体の一つで肌のターンオーバーを促進し、肌内部からシミを排出させる働きがあるとされます。 シミを消すために効果を重視するなら現在最強の成分と言われている「ハイドロキノン」の使用でしょう。 その上で「トレチノイン」を併用するのが、自宅で行える最短の方法と言えるでしょう。 ただその効果が高い分、副作用のリスクも認識する必要があります。 国内でおススメと言われているシミ消しクリームを見てみると 口コミで人気の商品やランキングなどでシミを消す化粧品やクリームの主要成分や価格を見てみましょう。 【アスタリフト】ホワイト クリーム 30g シミに効く成分:アルブチン、ビタミンC誘導体 参考価格:5,400円(30g) 【アンプルール】ラグジュアリーホワイトクリームAO シミに効く成分:ハイドロキノン 参考価格:19,440円(30g) 【ディセンシア】サエル ホワイトニング クリーム クリアリスト シミに効く成分:アルブチン、ビタミンC誘導体 参考価格:5,400円(30g) 【ビーグレン】QuSomeホワイトクリーム1. 9 シミに効く成分:ハイドロキノン 参考価格:6,480円(15g) 【リソウコーポレーション】リペアジェル シミに効く成分:アミノ酸生命体、ビタミンC生命体 参考価格:16,200円(32mL) 【HAKU】メラノフォーカス3D シミに効く成分:トラネキサム酸、4-メトキシサリチル酸カリウム塩 参考価格:10,800円(45g) 【エピステーム】HQブライトコンセントレイト シミに効く成分:ハイドロキノン 参考価格:14,040円(12g) これらの商品で「ハイドロキノン」を使っている商品はあります。 もし上記から商品を選ぶなら【ビーグレン】QuSomeホワイトクリーム1. 9がおススメです。 ハイドロキノンの効果 ハイドロキノンは、シミの原因であるメラニン色素の産生を抑えるだけでなく、メラニン色素をつくる細胞 メラノサイト そのものを減少させる作用があると報告されています。 ハイドロキノンは肌の漂白剤とも呼ばれています。 美白成分として有名なビタミンCやプラセンタなどは、シミ予防にはなりますが、沈着したメラニン色素を取り除く作用はありません。 ハイドロキノンはビタミンCやプラセンタなどの10~100倍の効果があると言われていて皮膚に沈着したメラニン色素にまで働きかけることから注目の成分となっているのです。 またシミを作り出す酵素を抑制することで今あるシミを抑え、シミを作らないようにするという効果も期待できます。 以前は医師の処方のみでしたが、2001年の薬事法の規制緩和により、市販の商品にハイドロキノンの使用が許可されるようになりました。 ハイドロキノンの副作用 ハイドロキノンの強力な効果がある反面、副作用にも注意が必要です。 主な副作用としては「 肌の赤み」「 肌の色素が白く抜ける白斑(はくはん)」などがあります。 特に濃度が濃い商品ほど出やすくなります。 そこで副作用の被害を受けないようにまずは目立たない肌の部分にちょっとだけ塗ってみるとよいでしょう。 もし皮膚に変化が現れたら使用を止めるべきです。 お肌につけて24時間問題なければ副作用が発生することはないと言われています。 ただ、副作用が出なかったとしても別の化粧品(化粧水や乳液、クリーム、美容液)との併用で相性がわるく赤みや痒みが出ることもありますので注意しましょう。 また妊娠中の人や授乳中の人は使用しないようにとされています。 トレチノインの効果 ハイドロキノンはシミ生成に働きかけますが、トレチノインはできてしまった肌内部のシミの排出を促進する働きがあります。 皮膚は表面の角質層の下に表皮、その下に真皮という層があり、肌の奥部にできたシミに対して表面から塗る有効成分は届きにくく、対策しにくいものです。 トレチノインの最大の特徴は、古くなった細胞を排出を活発化させる所にあります。 つまりターンオーバーを促進させる作用があります。 通常は28日間の周期で皮膚は代謝を繰り返しますが、トレチノインは、皮膚のピーリング作用があるので肌の新陳代謝を促進させ、約20日間でターンオーバーを1周させると言われています。 皮膚が角質となってボロッと剥がれ落ちてきます。 特に加齢とともにその周期が遅くなりますのでトレチノインの代謝促進は有効です。 ビタミンA誘導体なども同様の効果がありますが、トレチノインは特に優れた働きをします。 市販の商品にビタミンA誘導体であるレチノール配合の化粧品がありますが、トレチノインの働きはその100倍とも言われています。 またトレチノインは、シミを排出するだけでなく、体内で生成されるコラーゲンやヒアルロン酸などをも活性化させ、肌全体を生まれ変わらせるとされます。 シミ解消に対して圧倒的な効果が出るとは言えませんが、シワやハリ、キメなど肌の若返り全般にも効果が期待できます。 トレチノインの入手に関しては国内では医師の処方が必要となります。 一方、個人輸入であれば、海外から入手できます。 トレチノインの副作用 トレチノインは肌のターンオーバーを促進するので不要になった古い角質を体外に排出します。 なのでクリームを塗った部分の肌がポロポロと剥がれ落ちてきます。 角質が剥がれ落ちた肌は敏感になっています。 すると一時的に 肌のバリア機能が弱まりますので紫外線などの影響を受けやすくなります。 この時期に日光を浴びると日焼けなどで色素沈着が起こり、かえって色が黒くなってしまうことにもなりかねません。 使用時期や紫外線対策をしっかり行いましょう。 また火照ったような赤みが出てかゆくなったり、肌が乾燥することがあります。 皮膚の赤みが何日も続いたり、ヒリヒリするようなら使うのを止めましょう。 妊娠中や妊娠の可能性のある人、授乳中の人は使用しないようにとされています。 試してみたいハイドロキノン製品 上記のアンプルールやビーグレンを使っても良いでしょうが、続けるには価格が高い。 そこでいっそ海外の製品をおススメします。 こららは、海外では評価が高く、しかも圧倒的に安い。 参考価格:1本20g 1,263円 参考価格:1本20g 2,530円 試してみたいトレチノイン製品 国内では、トレチノインは病院での処方が必要となります。 薬局では販売していません。 健康保険は適用されず、相場で1ヶ月で3万円~5万円ほどかかります。 そこでおススメは個人輸入代行で海外から取り寄せることです。 購入方法は通販と同じです。 参考価格:1本20g 1,550円 参考価格:1本20g 3,260円 ハイドロキノンとトレチノインの併用 ハイドロキノンとトレチノインは併用することができます。 むしろ併用することで相乗効果が期待できるのです。 まず トレチノインでシミのある場所を剥がしてハイドロキノンでメラニン色素を漂白して抑えていくのが狙い。 原理としては、トレチノインでターンオーバーを促進し、色素沈着を起こしているメラニンの排出を早めます。 そこにハイドロキノンを導入することでメラニンの生成を抑制することでシミをブロックするのです。 つまりシミを排出しながらこれからできるシミを予防するということです。 また単体の使用では浸透が悪いハイドロキノンをトレチノインと併用することで肌内部に浸透させることで高い効果を得ることが期待できます。 のセット ハイドロキノンとトレチノインの正しい使い方 ハイドロキノンとトレチノインは、使い方を間違えると赤みが引かなかったり、逆に色素が沈着してしまうなどトラブルの原因になります。 特にトレチノインを使うためには十分な知識を身に付けておく必要があります。 1.洗顔後、化粧水を付け、乾かします。 (化粧水はビタミンC誘導体が含まれるものが好ましい。 ) 2.シミの部分にトレチノインをピンポイントで薄く塗り乾かします。 (シミ部分からはみ出さないように注意。 綿棒などを使うと良い。 ) 3.ハイドロキノンをその上に一回り大きく薄く塗ります。 ・基本的には朝晩1回ずつ行います。 ・治療期間は1~1. 5ヶ月程度を1クールとします。 ・ 最大1. 5ヶ月経過したら必ずトレチノインの使用を止めること。 ・1クール終了、最低1. 5ヶ月はクールダウンの期間とし皮膚を自然回復させます。 ・ハイドロキノンは終了後も1ヶ月ぐらいは塗り続けます。 ・クールの回数はシミの状態によって2回から3回行います。 ・トレチノインにより敏感になった皮膚は紫外線の影響で色素の沈着が起こりやすいので紫外線対策を徹底しましょう。 通常、医師の指導の元で治療するものですので、個人で行う場合は十分な知識と注意が必要です。 \ SNSでシェアしよう! / ジェネリック医薬品トレンドの 注目記事を受け取ろう•

次の