羽鳥 慎一 モーニング ショー アシスタント。 『羽鳥慎一モーニングショー』宇賀なつみアナの後任に元乃木坂・斎藤ちはる

羽鳥慎一モーニングショー

羽鳥 慎一 モーニング ショー アシスタント

乃木坂46の元メンバーでテレビ朝日の斎藤ちはるアナウンサーが、12月23日放送の情報番組「羽鳥慎一モーニングショー」(同局系)に出演。 MCを務めるフリーの羽鳥慎一アナに衝撃のひと言を放った。 番組では、年賀状を出さない〝年賀状スルー〟の人が増えていることについて、トークを展開。 番組スタッフが街頭アンケートを行い、「住所を知らない」「はがき代が高い」といった年賀状を出さない人の理由などを紹介した。 これを受けて、年賀状を出すか、出さないかを聞かれた斎藤アナは「私、出します。 今まではずっと出してなかったんですけど」と回答。 どうやら社会人になったので年賀状を出すことにしたようだ。 出演者の俳優・石原良純は「社会人として年賀状を出すのは、年賀状に対して意識がある」と、斎藤アナを評価した。 そこで、同局社員でコメンテーターを務める玉川徹氏は「斎藤さん、たとえば羽鳥さんに年賀状出すときに、羽鳥さんの住所知っているの?」と、素朴な疑問を投げかけた。 斎藤アナは「知らないです」と、まさかの返答。 玉川氏は「えー、そうなの!一番大事なとこじゃん」と驚きの声。 羽鳥アナは肩をすぼめながら「外れてました、私は。 さっき、聞いたんですけど、私は出す範囲に入っていないと」と告白。 羽鳥アナによると、「私は入ってるの?」と聞いたところ、「うーん、まあ、入ってません」と斎藤アナが答えたようだ。 「同番組の新年の放送でも顔を合わせるようですし、あえて年賀状を出す必要はないとの考えでしょう。 羽鳥アナと斎藤アナの仲がギクシャクしていることもありません。 8月1日の放送では、羽鳥アナが乃木坂46の歌とダンスを披露してほしいと無茶振りをしたところ、斎藤アナは拒むことなく、見事に応えていましたからね。 2人の息は合っていると思います」(女子アナウォッチャー) もしかすると、無茶振りなどが原因で、羽鳥アナには年賀状を出したくなかったのかも。 (石田英明).

次の

『羽鳥慎一モーニングショー』宇賀なつみアナの後任に元乃木坂・斎藤ちはる

羽鳥 慎一 モーニング ショー アシスタント

乃木坂46の元メンバーでテレビ朝日の斎藤ちはるアナウンサーが、12月23日放送の情報番組「羽鳥慎一モーニングショー」(同局系)に出演。 MCを務めるフリーの羽鳥慎一アナに衝撃のひと言を放った。 番組では、年賀状を出さない〝年賀状スルー〟の人が増えていることについて、トークを展開。 番組スタッフが街頭アンケートを行い、「住所を知らない」「はがき代が高い」といった年賀状を出さない人の理由などを紹介した。 これを受けて、年賀状を出すか、出さないかを聞かれた斎藤アナは「私、出します。 今まではずっと出してなかったんですけど」と回答。 どうやら社会人になったので年賀状を出すことにしたようだ。 出演者の俳優・石原良純は「社会人として年賀状を出すのは、年賀状に対して意識がある」と、斎藤アナを評価した。 そこで、同局社員でコメンテーターを務める玉川徹氏は「斎藤さん、たとえば羽鳥さんに年賀状出すときに、羽鳥さんの住所知っているの?」と、素朴な疑問を投げかけた。 斎藤アナは「知らないです」と、まさかの返答。 玉川氏は「えー、そうなの!一番大事なとこじゃん」と驚きの声。 羽鳥アナは肩をすぼめながら「外れてました、私は。 さっき、聞いたんですけど、私は出す範囲に入っていないと」と告白。 羽鳥アナによると、「私は入ってるの?」と聞いたところ、「うーん、まあ、入ってません」と斎藤アナが答えたようだ。 「同番組の新年の放送でも顔を合わせるようですし、あえて年賀状を出す必要はないとの考えでしょう。 羽鳥アナと斎藤アナの仲がギクシャクしていることもありません。 8月1日の放送では、羽鳥アナが乃木坂46の歌とダンスを披露してほしいと無茶振りをしたところ、斎藤アナは拒むことなく、見事に応えていましたからね。 2人の息は合っていると思います」(女子アナウォッチャー) もしかすると、無茶振りなどが原因で、羽鳥アナには年賀状を出したくなかったのかも。 (石田英明).

次の

『羽鳥慎一モーニングショー』転覆危機! 新アシスタントに“ド新人”の元乃木坂46・斎藤ちはる起用|日刊サイゾー

羽鳥 慎一 モーニング ショー アシスタント

テレビ朝日系『羽鳥慎一モーニングショー』公式サイトより テレビ朝日系の朝の情報番組『羽鳥慎一モーニングショー』が、3月いっぱいで降板、退社する宇賀なつみアナに代わり、4月1日より新人の元乃木坂46・斎藤ちはるアナウンサーを、新アシスタントに起用することが明らかになった。 斎藤アナは昨年7月16日まで乃木坂に在籍。 3月に明治大学文学部を卒業予定で、同局入社が内定している。 現在アシスタントを務める宇賀アナも、入社日当日から、『報道ステーション』の気象キャスターに大抜擢を受けているが、さすがに入社早々、情報番組の進行担当に起用されるのは異例中の異例だ。 「民放局の場合、入社後、最低でも3カ月は研修期間に充てるのが通例。 早ければ、7月から担当番組をもつケースもありますが、一般的には徐々に慣らしていき、改編期の10月から本格的にデビューさせる場合が多いです。 宇賀アナのケースは天気担当でしたから、用意された原稿を読めばよかったわけですが、研修を吹っ飛ばして番組進行をド新人に任せるというのは前例がないんじゃないでしょうか。 話題性はもちろんだが、場慣れしている点やルックスのよさは大きな魅力だ。 日本テレビは斎藤と同じ元乃木坂の市來玲奈アナを昨年4月に採用。 いきなり、『行列のできる法律相談所』、『news zero』といった人気、注目番組の担当に起用したが、それでも6カ月間の研修期間をしっかり経てのものだった。 入社日に『モーニングショー』担当となる斎藤アナの場合は、放送終了後、ほかの新人アナと共にトレーニングに参加すると思われるが、アナウンサーとしての基本ができていないまま、番組進行にチャレンジすることになる。 「『モーニングショー』は羽鳥アナと宇賀アナの人気に支えられています。 そのうちの一人である宇賀アナがいなくなるわけですから、相応の新担当を付けるべきだったのですが、テレ朝は話題性、人気重視に走ってしまいました。 アイドルをやっていたからといっても、番組進行なんて未経験ですから、羽鳥アナに過剰な負担がかかるのは目に見えています。 若年層が見る番組ならともかく、この時間帯の主たる視聴者層は主婦、高齢者。 元アイドルのネームバリューは、ほとんど通用しないと思います。 まして、斎藤アナの知名度は、市來アナより劣りますし、視聴者的には『誰?』ってことになりかねません。 宇賀アナ目当てで見ていた視聴者は、裏番組に乗り換える可能性も高いでしょうね」(テレビ関係者) 『モーニングショー』は、同時間帯の民放横並びで、2017年、18年と2年連続でトップを取っている人気情報番組で、真の王者『あさイチ』(NHK総合)の視聴率を上回る日もあるほど。 しかし、こんな人事をしていたのでは、自ら転覆するようなもの。 他局にとっては、『モーニングショー』を追い抜くビッグチャンス到来といえるかもしれない。 (文=田中七男).

次の