東方ヤンデレss。 東方夜伽話

最近よく耳にする「ヤンデレ」とは?ヤンデレ女子・男子の恋の特徴10個

東方ヤンデレss

概要 の登場キャラクターが誰かを想うあまりにその心を病み、と化してしまった様子を描いた作品に用いられるタグ。 注意 「ヤンデレ」という性質上、流血表現や暴力(身体的・精神的)表現など精神的にショックを与える描写を含むものも少なくない。 またその性質上、R-18やR-18Gの作品も多い。 閲覧の際は充分に注意し、自身の精神状態や健康状態をよく振り返り、その時々で「ヤンデレ」的世界観に耐えられるかをチェックする必要がある。 また、作品を閲覧するときはそれが自己責任のもとで行うものであることを留意しなければならない。 加えて、本ページにも存在するピクシブ百科事典のサービスの一つである、「pixivに投稿された作品」(投稿された作品のランダムピックアップ機能の欄。 記事末尾の項目の一つ)までスクロールするかどうかにも注意が必要である。 加えて作品を作る際にも、自らが描くその狂気性に心を痛めてしまわないよう注意が必要である。 なお、先述の「pixivに投稿された作品」(当記事末尾)含め、当記事の閲覧や編集その他の関与もまた各自の自己責任の範疇であり、それらは閲覧者・編集者個人に帰結する責任である。 作品の傾向 ヤンデレの定義や特性については「」へ。 ヤンデレ特有の生気のない、しかし見開いたようなギラリとした眼差しもあれば、「」をとっている作品もある。 ヤンデレにみられる「」とのコラボレーションでは輝く刃や無骨な太刀を手にした少女たちがこちらを見ている様子などが描かれる他、先述のとおり自身かあるいは誰かの血しぶきを浴びたものもある。 この他にも「 東方ヤンデレ」では、一般の「ヤンデレ」にみられるその完結した狂気性と、清廉なまでの一途さが多様な形で描き出されている。 深まりすぎた想いが溢れて何かが壊れてしまった彼女たちから逃れることはおそらくできないだろう。 関連タグ 病みタグ例 () () () () () () () 他多数 その他関連 関連記事 親記事.

次の

SSキャラ別まとめ

東方ヤンデレss

提督「やぁやぁ皆さん、元気ですか?僕は元気です。 」 提督「さて、突然ですが皆さんは何デレが好きですか?」 提督「ツンデレ、ク-デレなどたくさんの種類があるだろうと思います。 」 提督「僕は、その中でも特にヤンデレというものが好きです。 」 提督「その人が好き過ぎるが故に行き過ぎた愛を謳歌してしまう・・・なんて素敵な事でしょうか!」 提督「・・・おっと、ついつい興奮してしまいました。 話を元に戻しましょう。 」 提督「自分たちの好きなデレの子が中々いない!そう思う人が多いと思います。 」 提督「そこで僕は考えついたのです・・・」 提督「いないなら・・・作っちゃえばいいじゃないか、とね。 」 電「あの、その!・・・ありがとう。 」ニコッ 提督「・・・」 電「どうかしたのですか?・・・あっ!やっぱりやめたは無しなのです!」 提督「はははっ!大丈夫だよ。 ゆっくりお食べ。 」ナデナデ 電「はい、なのです!」 提督「いい返事だ。 」 電「・・・あ、あの司令官さんも一口どうですか?」 提督「ん?・・・そうだな、一口貰えるか?」 電「なのです!・・・はい、どうぞ!」ひょいっ 提督「おぉ、ありがとう。 」ボソッ 提督「早く、俺だけしか映すことのない淀んだ目にしてやらないとな・・・」 ・ ・ ・ 電「あ!司令官さん、どこに行ってたのですか?」 提督「ん~?ちょっと財布を忘れてな取りに行ってたんだよ。 」 電「はいなのです。 」 執務室 提督「・・・おわったぁ!」クタクタ 電「なの・・・ですぅ~」クタァ~ 提督「電、ご苦労さん。 気を付けるよ」ナデナデ 電「ならこの手は何なのです!?」 提督「ははは!」 23:00 提督「ふわぁ~。 そろそろ寝るかぁ~?」 電「そうですねぇ、お休みなさいなのですぅ」ウトウト 提督「おいおい、フラフラじゃないか!・・・仕方ない俺の部屋に寝かせるか。 」(計画通り) 1週間目 6:00 電「司令官さん、あさですよ?起きてくださいよぉ」ゆさゆさ 提督「あぁ、電。 」スッ 電「・・・あっ」 電「・・・」ジーッ 提督(俺のナデナデに依存心を見せ始めているのだ。 作戦は順調だな、ものほしそうな目でこちらを見ている。 さて、一緒に食べようか。 なんでも、な?」 響「そうか、なら続きをしてほしいな。 」コンコン 提督「・・・」カキカキ 電「司令官さーん。 」コンコンコンコン 提督「・・・」(まだだ、まだ時ではない。 ) 電「・・・司令官さーん。 」コンコンコンコンコンコン 提督「・・・」(いいね、いい感じだぞ電。 あと少しだ。 ) 電「・・・ふふっ。 」 提督「・・・?」 電「司令官さーん?居るのはわかってるのですよ?電は司令官さんが執務室に入るところ、ずっとずーっと見ていましたから。 」クスクス 提督「・・・」ゾクゾク 電「・・・あはは、お夕飯外に出しておきますね?ふふふっ・・・」フラフラ 提督「・・・いいなこの感覚。 でもまだ足りない・・・」 20:30 提督「・・・」ぐぅ~ 提督「も、もういったよな?ならばちょっとだけ・・・」ガチャ 電「・・・」ジーッ 提督「おうっ!?」 電「ほぉーら、やっぱりいたのです。 司令官さん。 」ニコニコ 提督(・・・前よりはましになっているがまだだ、この目じゃない) 提督「・・・」スッ 電「目も合わせないのですね?ふふっ、、、照れているのですか?」クスクス 提督「・・・」ガチャン 電「また・・・夜中に来ますね。 あははっ・・・」フラフラ 23:00 提督「さて、そろそろ寝るか。 」 コンコン 提督(やっぱり扉の前でずっと待っていたのか・・・タイミングが良すぎる) 電「来たのです・・・入れてもらえませんか?」 提督(あらかじめカギは全て閉めてある。 死角はない。 ) ・ ・ ・ 「母さん、大丈夫?」 「・・・あなた、あなた」ポロポロ 「母さん?・・・その箱はなに?」スッ 「っ!触らないで!」パチン 「・・・痛いよ母さん?」 「あんたが代わりに死ねばよかったのよ・・・!あなた・・・あなた・・・」 「・・・僕がわるいの?母さんが僕を見てくれないのは僕のせいなの?」 「そうよっ!全部あんたが悪いのよ!あの人が・・・死んだのも全部全部!」 「・・・そう、なんだね。 分かったよ・・・今までありがとう」ガチャ 「・・・」 秋津洲の場合(提督にライバルあらわるっ!?) 提督「さてさて、今日は新任の艦娘が来るんだったよな・・・どんな子だろう。 」 秋津洲「水上機母艦、秋津洲よ! 大艇ちゃんのことも、もう覚えてくれた?」 提督「提督だ、これからよろしくな。 ・・・ところで、大艇ちゃんというのはなんだい?」 提督(大艇は知っているが大艇ちゃんってなんだ?) 秋津洲「提督ったら~大艇ちゃんを知らないっていうのは恥ずかしいかも!この子よ!」 大艇「・・・」 提督「ふむ・・・。 」 提督(迷彩柄が濃い大艇にしか見えない・・・) 秋津洲「どう?可愛いでしょう!自慢の子だよ!」フンス 提督「・・・そうだな、特にこの迷彩柄がいい味を出している。 」 提督(取りあえず適当に返しておくか・・・) 秋津洲「わかってるかも!これは厚化粧じゃなくて正装だよ!」 提督(大艇に依存している状態か・・・許せないな、依存するなら俺にすればいいのに・・・) 提督「そうか、じゃあ取りあえずその大艇ちゃんとやらを私にくれはしないか?」 提督(すぐに廃棄して伊良子さんのチケットと変えてくれるわっ!) 秋津洲「この二式大艇ちゃん? ぜったいあげないっ!この子は私だけのモノかも!」 提督「チッ・・・じゃあ他の娘達に鎮守府の案内でもしてきてもらいなさい。 」 秋津洲「本当!?いってみたいかも・・・でも大艇ちゃんが・・・」 提督「大丈夫さ、大艇ちゃんも秋津洲のことが一番だと思うし。 」 秋津洲「いいの大艇ちゃん?」 大艇「・・・」 秋津洲「・・・そう、ありがとう大艇ちゃん!」ギュゥ 提督「さぁ、いこう?」 秋津洲「・・・うんっ!」ニコッ 提督(計画通り)ニヤァ ・ ・ ・ 提督「街に来るのも久しぶりだな。 」 秋津洲「うわ~!人とモノがいっぱい!楽しそうかも!」キラキラ 提督「そうだな、じゃあはぐれないように手でもつなぐか?」ギュウ 秋津洲「・・・ふぇ!?・・・うん。 」ギュ 提督(おぉ~柔らかい!イイぞ~コレッ!) 店員「いらっしゃいませ~・・・って提督さん!?なぜこのようなところに?」ビシッ 提督「あぁ、ただの食事ですので気を使わないでください。 」 店員「かしこまりました。 二名様でよろしいですね?」 提督「はい。 お願いします。 」 秋津洲「・・・」ギュッ 提督(うん、いい調子だ。 このまま嫉妬を覚えさせよう。

次の

東方夜伽話

東方ヤンデレss

ヤンデレとは、の性格・状態を表す「病んでいる」+「」を意味する単である。 の一つ。 曖昧さ回避• についてはの記事参照。 ヤンのについては()の記事参照。 概要 狭義には、か(どの場合)に対して好意を抱いている()が、その 強すぎる好意が直接的または間接的な原因となって精を蝕み、精的に病ん(ヤン)でしまう状態の進行、いはなってしまった状態をす。 前後に上で既に存在した「」の生として誕生した。 を始めとする他のとはやや異なり、好意が好意として正しく表出する可性は極めて低く、終盤に行くにつれて「ヤン」の方が強くなっていくことが多いため、とはなりづらいである。 一般に、初めはどこにでもいるような の子いはやや内向的な子であったのが、作中でに関係の、裏切り、欺瞞など凄まじい惨状を受けながら、自分の想いとの前のとの狭間でし・・・その結果として想いだけがんで強くなり、徐々に精を病んでいき、行動が狂い始め、そして・・・という形式が多い。 最終的には、まさに「」とでも言うべき凄惨な結末となる場合が多いが、狭義のヤンデレにとって重要なのはその流血沙汰そのものではなく、その 最終描写の背後にある、精的に追い詰められ壊れていく過程や その身を壊すほどに強大すぎるとと独占欲にるのがであり、「最病んでも仕方ない」というある種の同情や「ああ、やはり惨劇は避けられないのか・・・」というカに近いものがある。 なので、必ず的、攻撃的である必要はなく、最後に傷沙汰になるとも限らない(「」ののように、本人の自崩壊で終わる結末も多い)。 「の最終箇所だけ見てもヤンデレの良さは分からない」とも言える。 アニメでは 『』のや版『』版の(も参照)などが有名。 その他には『』の良美が としてでもになった。 多くはやに登場するとして見られるが、でも『』のといった強なヤンデレが存在する。 なお、で というのが決定した。 もし、ヤンデレにが発生するドロドロした状況から抜け出そうとする場合、惨劇になる前に相手に立ち向かい決着をつける必要があるのだが、「立ちふさがるものを破壊してでも自分の意志を貫く」と言う行動はかなりである。 そのため、ヤンデレがとなりうるのは大体だったが、にも狭義のヤンデレに当たるものは存在しており、最近はのや界などでのヤンデレも需要が増えている。 また、設定では本来ヤンデレではないにもかかわらず、やでしばしばヤンデレにされてしまうも稀に存在する(「」の可憐、「」のなど)。 但し、これらはあくまでも設定なので、の恐れもあるため頻用は避けたい。 狭義のヤンデレと「描写」との関係 作品をさらっと紹介する場合どうしてもや特徴的なを見せることになってしまうため、そこだけ見ると的かつ攻撃的なを持たれがちであり誤解を受けやすいの一つである。 しかし、上記のとおり狭義のヤンデレのは寧ろ 病んでいく過程と、『 それらをとする結末』にある。 そのため、攻撃的かつ病的な性格をしているでもあってもそれがへの好意によって病んだのではなく別な理由があったり(など:後述)、そもそも地の性格が危険極まりない(極端な例は、など)もいるため、=ヤンデレではない。 また顔面崩壊やの()を消すなどの描写をされることも多いが、もともとの性格がんでいるために表情の変化がしいも顔面崩壊する場合があり、のを消す描写はにも使われる表現であるため、それもまたヤンデレというわけでもない。 逆に、狭義のヤンデレに当てはまるのの中にも、その好意が病みに変わった後も最後までその思いをせずに自分の内に押し込んで自滅崩壊してしまうもいる。 広義のヤンデレ 先のような誤用があまりにも広がったことやそれによって表層的な狂気のみをてヤンデレを自称する物が出たことで、精的に病んでいるが他のに好意を示している様子全般をして「ヤンデレ」とする場合がある。 例えば、『』のは一に好意を抱き、かつ非常に病んでいるのではあるが 病んでいる原因と抱いている好意が関係である。 そのため(狭義の)「ヤンデレ」ではなく「ヤン」と「」が偶然同時発生しているだけであるため狭義のヤンデレには含まれず、またの及び狭義のヤンデレを好む人からは ヤンデレという句の誤用の典とする人もいるが、やっぱり病んでててるのでヤンデレとして扱われることがある。 で有名なについても「ヤンデレ」の名を冠してはいるものの、病んだ経緯がすっとばされてしまっておりであるためこちらに近い。 というより、狭義のヤンデレの場合「如何にして病んだか」をが納得するまで作中でドロドロと書き続けなければ成立しないため仕方ない部分はあるのだが。 ツンデレの派生語として において、の生として作られたが「最初は〇〇で進行と共に」である他のと異なると書いたが、の生として成り立つ場合もある。 すなわち、ヤンデレに該当するの病んだ原因を解決してに持っていけるような場合、「初めは病んでて最後は」となるためである。 病んだ原因が好意と関係ならば可性はあり、先述のもこちらに該当る。 病んだ理由が好意に依る場合はかなり難しいがのあるなどでは次第で可な場合もある。 ヤンデレの始祖 『』の がヤンデレの始祖と言われている。 『』よりも5年もく登場していただけに、ヤンデレという言葉が使われるようになった際は、 「時代がに追いついた!」との間で言われていた。 関連動画 関連静画 関連商品 コミュニティ 関連キャラクター(狭義) ヤンデレはあなたの心の中に・・・• ()・・・ヤンデレの始祖。 独占系?• ()・・・の一人、一人でヤンデレの全てを網羅する。 開始時点で既に病んでおり最初は広義のヤンデレに含まれるが、病んだのはへの好意故でしっかりもあることが作中でにされるため狭義のヤンデレの要件を満たす。 また、他のヤンデレとは逆に絶対に諦めないため、を守るためにあらゆる犠牲、を厭わない、その結果・・・。 通常相容れないの3種類のヤンデレの要件全てを満たし、ならのヤンデレと最初から最後までずっと一緒という特異な例。 独占・・献身系。 ()・・・の一人にして、今やヤンデレの代名詞とも言える人物。 「」「」などので、初期のとべ変わり果ててしまうEDで有名に。 により独占系にも。 )・・・の一人。 版ので有名に。 なまでに献身的な理由は「ly? 」等でに。 献身・系。 但し、ではヤンデレではなく、をヤンデレの代表に挙げることを快く思わない人も多いため、注意が必要。 ()・・・・の一人。 独占・系ではないが、自分の人が知れずになったことが原因で次第に狂気が露わになり、関わった人物達をしていく。 ()・・・のの元でありながら、再来を防ぐべく様々な行動を起こす。 屈のでもある。 独占系。 寺澄(コ・コ・ロ…)・・・通して出演する。 そのものは近親や要素が有名。 独占・系。 沙弥香(コ・コ・ロ…)・・・寺澄が転生した姿。 独占・系• 良美()・・・として有名に。 ヤンデレというよりは化?傾向としては系。 美()・・・に対する情に関する描写が少ない為、ただ病んでるだけではという説もなくはない。 ()・・・を守り、自分だけのものにするためにである巧や勇治を陥れていく。 版のと達磨は。 独占・系。 をチラ見したを殺して食事に戻る、をに宗させた女の鼻を削ぐ、がかばった男を切り捨てそのをに投げる、「他人の手にかかって辱めを受けるくらいならしろ」という書状を送る等、逸話に事欠かない。 稀少なのヤンデレ。 ()・・・脅威の。 へのがユネサと性格により、そのはが進むごとにしくなって行く。 では前作ので秩序のの支配に成功したため脱出・・・したと思ったらさらにひどいことになった。 献身・系。 ()・・・は、をやった人の多くがになったとされる。 独占系。 子( 版 )・・・実のを、の人を鮮血に。 精疲労系?• 六条御息所()・・・を代表するヤンデレ。 等から生霊となってしまう。 を祟り殺したのも、が夕を産んだ直後に亡くなったのも、とされる。 ジャイボ()・・・。 ゼラのがいくもの全てにし、のを片っ端から殺してゆく。 最終的には自体にし、にぺしゃんこにされる。 ゼラと同性ながらも体関係がある。 関連キャラクター(審議中) 広義や誤用例にあたる可性のあるは、暫定的にこちらの項に登録してあります。 (ぎゃーーーっ!)• 磯良()• (日出処の)• 可奈子()• (の)• (どいて!そいつ殺せない)• 宗(・)• お岩さん(四)• ン()• (安・)• 九崎()• ・フロロー()• の()• (「を聞かせて」)• 宮寺くえす()• (璃垣子の遺言)• 頼綱()• たよ(樅ノ木は残った)• ・ベル(・)• (、)• 十九菜摘 ()• ・()• 羽美()• パーム・()• フィオーネ()• 子()• 御園マユ()• 奈瀬ゆか()• 宮村()• 美()• 麻利夫(にも言えない)• 由布()• モヨ子()- 狭義なのか広義なのか、読んだらこっち[]が狂うので確認も出来ない。 関連項目•

次の