アダルトフェイク動画。 【フェイク偽造動画】与田祐希激似のJK少女が、生おちんちんでズボズボされ、あん♡あん♡甘い声がとまらない

【流出】新垣結衣のディープフェイクポルノ

アダルトフェイク動画

橋本環奈や石原さとみの AVフェイクポルノに対するうずまく想い 海外フェイクポルノ記事や動画を観た時のツイート これはすごすぎ! AIで橋本環奈ちゃんや広瀬すずちゃんのポルノ動画を絶対に作らないで下さいよ!佳子さまなんてとんでもない! — 喜多郎 キャンプとVR kitaro38 ホントすごい!たまに繋ぎめ変になるけどほぼ違和感なし!まだ平面映像しかないけどこれがVRになったらどうなるの。 橋本環奈ちゃんとしちゃうVRとか作っちゃダメですよ! — 喜多郎 キャンプとVR kitaro38 面白半分でこんなツイートしてたら、ついに日本人フェイクポルノ動画共有サイトが誕生しちゃいましたよ! 日本人フェイクポルノ動画共有サイト 「FAKEY」というサイトに飛ぶと、そこには橋本環奈ちゃんや石原さとみさんなど有名芸能人のフェイクポルノが多数アップされてました。 再現できてない不自然なものもあるけど、中には本物かと見紛うほどハイレベルなものもあったり。 「マジすげー!」とそのできばえに感心する反面、素材に使われた女性たちのこと考えると、ちょっと素直に礼賛できないってところもありまして。 表現の自由だとか肖像権とか法的にどうだとか難しいことはわかりませんが、少なくともフェイクポルノ素材として使われた女性は良い気しないってことだけは言えるでしょう。 勝手に顔を使われたり、意を決してAV出演したのに芸能人に顔をすげかえられ体だけ使われたり。 自分がそんなことされたらすげーイヤですもん。 昔からアイコラ画像あったけど、動画の衝撃度はケタ違いというか。 被害者の精神的ショックも動画のほうが圧倒的に上なんじゃないでしょうか。 でも、このAI技術が発展してもっと完成度の高いものや、憧れの有名人のフェイクポルノVRが出現したら観てみたいっていう本音もあったりして。 素材として使われた女性にとっては不快なものだと理性ではわかっていながら、それでも本能が興味を示してしまうっていうか。 うーん。 前述の「FAKEY」は初期の漫画村みたいに知る人ぞ知るサイト状態。 これが何かの拍子に話題になったら一気に問題化されていくでしょう。 とりあえず、加担や応援はしないスタンスで、フェイクポルノ、フェイクポルノVRが日本でこの先どうなっていくのか注目したいところです。 関連記事 自分でフェイクポルノ作りたい人はこちら 参考記事.

次の

市場に出回っている芸能人のフェイクポルノまとめ!

アダルトフェイク動画

ディープフェイクと呼ばれるこうした映像は、激化するデジタルのフェイク情報競争のなかで最も新しい、そしておそらく最も厄介なものだ。 画像の加工はずっと前から行われてきたし、音声を操作する方法も向上している。 しかしつい最近まで、動画の操作や偽造は大変な作業であり、専門技術と気の遠くなるような根気を必要とした。 だが、機械学習によってこのプロセスがますます容易になり、加速している。 すべての始まりは偽ポルノ動画 17年の終りころ、新しいタイプのポルノ動画が「Reddit」に登場し始めた。 「deepfakes」という名前の、あるRedditユーザーによるものだ。 機械学習を使用してポルノスターの顔と有名人の顔を入れ替える方法を考案したdeepfakesは、ちょっとした騒ぎを引き起こした。 その後、このアルゴリズム「DeepFake」は、ソフトウェア開発プラットフォームの「GitHub」で公表された。 その結果、十分なノウハウと、そこそこのコンピューターをもっている人なら、かなりの質のフェイク映像をつくれるようになった。 それ以来、同じようなフェイク映像や関連ソフトがネットのあちこちで登場している。 そのなかには比較的無害なものもある。 deepfakesによるオリジナルのアルゴリズムから着想を得たあるツールは主に、ニコラス・ケイジの顔を、彼が出演していない映画に挿入することに使用されている。 だが、明らかに有害になりうるものもある。 本物にしか見えないフェイク動画が地政学的緊張を高めたり、動揺を招いたり、犯罪を激化させたり、といった事態につながることは十分に考えられる。 さまざまな組織やメディアで、あるいは政治システムでさえ、信頼は一瞬にして崩れ去る可能性がある。 技術的進化に適切な政策が追いついていないという懸念は、今後も拡大していくはずだ。 フェイクを検知するアルゴリズム 幸いなことに、科学界は対応に乗り出している。 ニューヨーク州立大学オールバニ校の呂思偉(ルー・シウェイ)が率いるチームが、フェイク動画の欠陥を見つけたのだ。 DeepFakeアルゴリズムは、入力された画像から動画をつくり出す。 それなりに正確ではあるが、AIは、人間が自然に発する生理学的信号すべてを完璧に再現することはできない。 そこでこのチームが特に注目したのは「まばたき」だった。 人は通常、2~3秒に1回、自然にまばたきをする。 だが、写真に写っている人は通常、目を閉じていない。 瞬きについてアルゴリズムに学習させたとしても、動画の人物は滅多に瞬きしないことになる。 そこで研究チームは、フェイク動画のなかで瞬きがない箇所を検出するAIアルゴリズムを設計した。 このアルゴリズムは、2つのニューラルネットワークを組み合わせている。 まずは顔を検出し、次に動画の連続画像すべてを並べて、それぞれの目の領域を解析する。 ひとつのネットワークが、その顔の目が閉じているかどうかを判断する。 もう一方は、記憶システムとして機能する。 フレームごとの判断を記憶して、その時間のなかで瞬きが行われたかどうかを見極めるという仕組みだ。 まずはAIに、目が開いている画像と閉じた画像のラベル付きデータセットを学習させた。 学習後のAIをテストするために、独自のDeepFake動画を作成し、わずかな後処理を行って、偽造レヴェルをさらにアップさせた。 結果は素晴らしいものだった。 呂によると、学習させたAIはフェイク動画をすべて特定したという。 後処理として手動で瞬きを追加することは、大した手間ではないと呂は説明する。 BuzzFeedの動画もそうだが、一部のフェイク動画には、実際に瞬きが含まれている。 それでもこの種の戦略は、フェイク動画の作成プロセスを邪魔し、遅らせる方向で働くだろう。 少なくともこのアルゴリズムには、その効果がある。 「いまは、防御の最前線を構築しているところです。 結局これは、フェイク動画をつくる人間と、それを検出する人間との、今後も続く戦いなのです」とリューは言う。 AIとAIが闘う日 広範囲の取り組みに応用できるこの研究は、米国防総省高等研究計画局(DARPA)の支援を受けている。 16年から20年まで続くDARPAの「Media Forensics」プログラムの一環だ。 このプログラムの目標は、音声や動画など、デジタル生成された情報の信憑性と正確性をチェックできるツールを開発することだ。 「フェイクメディアやフェイクニュースの波に反撃できるテクノロジーがあるということを、一般の人々に保証したいと考えています」と呂は述べる。 ニューヨーク市立大学の教授でコンピューターサイエンスを教えているレヴ・マノヴィッチによれば、これはAI同士の競争が激化しているひとつの例でもある。 「コンピューターによるデータ解析で、人には見えないパターンを検出できることはよく知られていますが、ほかのAIが残したパターンはどうなのでしょうか。

次の

女性芸能人のフェイクポルノが流行っています【動画アイコラ・Deepfakes・ディープフェイク】

アダルトフェイク動画

みなさん、「フェイクポルノ」という言葉をご存知でしょうか。 フェイクポルノというのは、ディープフェイクというAIレンダリング技術を用いて作成されたAVのことです。 ディープフェイク技術というのは、顔を別人の体に張り合わせてあたかもその人自身のように見せる技術のこと。 つまり、この技術を応用すれば、身近な芸能人をAVに出演させるということが簡単にできてしまうわけです。 そして今、ネット上で話題になっているのがこの「 フェイクポルノ動画」。 この フェイクポルノ動画が今めちゃくちゃ熱いんです。 まさに 2019年はフェイクポルノ元年の年とも言っていいでしょう。 有名女優やアイドルたちの顔をAV女優の体に貼り付けて、あたかもそのアイドルたちが本当にセックスしているかのように見せるAVが大量に市場に出回っています。 フェイクポルノを作るのには大量の素材が必要ですが、それらを無料で大量入手できる芸能人がターゲットになる傾向にあるようです。 昔であればこれらの技術は限られた人たちにしかできませんでした。 しかし、最近はAI技術の発展により一般人でも気軽にこのようなことができるようになりました。 フェイクポルノ動画は、流通スピードが物凄く、日々その数は増え続けています。 今回は、そんなフェイクポルノの被害に遭ってしまった芸能人たちをご紹介したいと思います。 齋藤飛鳥のフェイクポルノ動画.

次の