高速 道路 料金 計算。 高速料金・ルート検索

高速道路の料金計算方法とは

高速 道路 料金 計算

高速道路料金(ETC)計算方法について教えて下さい 車の免許持っておりませんのであまり高速使ってどこかに出かける機会少ないですが、 諸事情により高速料金の計算をしなければいけないので、質問させて下さい。 草加ランプ~外環~首都高~東名~横浜町田IC~ 保土ヶ谷BP~上川井 上記のルートは用紙に書かれていることをそのまま記載しました。 まず、ランプの意味があいまいですが、サイトを使って計算しようとすると 草加ICと出るのでこれであっていると思います。 最終的に降りるICは上川井で間違いないですが、 降りる場所を上川井ICで指定するとエラーになります。 横浜町田ICで指定すると結果が表示されます。 保土ヶ谷BP~上川井は別料金かかりますか?それとも無料ですか? また、上川井ICで降りて用事を済ませた後は 保土ヶ谷BP~横横道~朝比奈IC と記載されています。 私が計算につかっているサイトはICでしか指定できないので、 どこをスタート地点に計算すれば良いでしょうか? 私が使っているサイトはこちらです どなたかわかりやすく解説して頂けると助かります。 よろしくお願いします >草加ランプ~外環~首都高~東名~横浜町田IC~ 保土ヶ谷BP~上川井 保土ヶ谷バイパスは無料の自動車専用道路です。 よって、上川井ICが料金検索システムに出てこないのは当然のことであり、横浜町田ICを指定するのが正当です。 道路であることを示すためにランプウェイとも言います。 ただし、東京外環自動車道は、道路の規格は都市高速道路と同じですが、運営事業者は首都高速道路株式会社ではなく、東北自動車道や関越自動車道と同じ 東日本高速道路株式会社(NEXCO東日本)です。 >保土ヶ谷BP~横横道~朝比奈IC (この進行方向において、)横浜横須賀道路(横横道)の起点は狩場ICです。 なお、このインターチェンジに料金所はありません。 近辺の本線上に置かれていますが、本線料金所の名称としての「狩場」は首都高速神奈川3号狩場線の料金所を指し、横浜横須賀道路の狩場ICに対応する料金所は「六ッ川」です。 ・ドラぷらで検索すると高速道路の入口ICから出口のICを指定しないと料金やルートが出ません。 *例として以下乗せます。 *地図は拡大縮小して見てください。 ・左に料金と距離、所要時間とその下にどこで曲がるかの表示です。 ・一般道優先をクリックすれば胚葉が変更されます。 ・料金横の詳細をクリックすればどの道路でいくらの料金がかかるかが判ります。 ロ、道路を変えたい場合は経由地(1か所)を入力して検索すれば違う道路で表示される。

次の

高速道路料金・ルート検索

高速 道路 料金 計算

他の回答者さまがご言われている通り、複数のルートがある場合は、最短距離と比較して2倍以内の距離であれば、最短距離の料金になります。 ただし、注意点が1つあります。 それは、ハーフインターチェンジを利用した場合です。 フルインターだと、上下線どちらを経由して目的地まで向かったか判別できないケースも出て来ますが、ハーフインターだと上り線、或いは下り線何れかだけの出入口のケースが多いため、実際の走行ルートが特定できることが多いです。 しかし、高松西インターから入ると、物理的に淡路鳴門方面へは行けないため、実際に走行した分の通行料金が請求されます。 ハーフインターは要注意です。 【ネクスコ西日本のホームページより】 『お客さまからいただく通行料金は、お客さまのご走行された経路の料金をいただくこととなります。 しかし、入口料金所から出口料金所までの間に複数の経路がある場合、最も距離の短い経路と比べて2倍以内の距離の経路であればいずれの経路をご走行されても、最も安い経路の料金をいただくこととなります。 なお、最も距離の短い経路に比べて2倍を超える距離の経路をご走行された場合は、当該経路の距離に応じた料金をいただくことになりますので、このようなご走行をなされた場合には出口料金所の係員へ当該ご走行経路をお申し出ください(ETCをご利用の場合であっても、出口料金所で開閉バーが開かないことがありますので、係員のいるレーンをご利用いただき、係員にお申し出ください)。 なお、出口料金所におきましては、係員が走行経路などについて確認させていただくことがありますので、ご協力ください。 また、この際、お時間をいただくことをあらかじめご了承ください。

次の

高速道路料金・ルート検索

高速 道路 料金 計算

NEXCO各社の場合、上記の計算式が基本です。 そして他に計算に必要なものがいくつかあります。 以下に記述します。 【車種】• 軽自動車・二輪車 車種間比率 0. 普通車 車種間比率 1• 中型車 車種間比率 1. 大型車 車種間比率 1. 特大車 車種間比率 2. 詳しくは 「車種間比率」とは、 普通車を「1」として、受益者負担・原因者負担・占有者負担から考慮して公平に料金に比重をかけたものだそうです 国土交通省HPより要約。 普通車で計算した高速道路料金に車種間比率をかけることで、各車種の料金が算出されます。 特大車は普通車の2. 75倍も料金がかかります。 24時になる前のSA・PAが混雑する理由がよくわかります。 【距離】 高速道路上を長距離走ると、料金が安くなります。 5 なので、3,530円。 【割引】 何種類かあります。 事前に、ETCマイレージ登録が必要• 割引対象道路が、NEXCO3社が管理する地方部の高速道路(東京・大阪近郊は対象外)及び宮城県道路公社の仙台松島道路• 各月1~末日までの利用回数による。 5~9回は 約30%引き。 10回以上は 約50%引き• 朝・夕の時間帯それぞれ最初の1回に限り適用されます• 通行料金の最初の100kmの部分のみを還元• 利用月の翌月20日にマイレージサービスの還元額として戻る• 他の割引が適用されると、こちらの割引は対象外となる.

次の