転校 したら スライム だっ た 件。 転生したらスライムだった件~魔物の国の歩き方~ 7 本の通販/岡霧硝、伏瀬、みっつばーの本の詳細情報 |本の通販 mibon 未来屋書店の本と雑誌の通販サイト【ポイント貯まる】

転生したらスライムだった件【第73話】最新話のネタバレと感想!!|漫画大陸

転校 したら スライム だっ た 件

何という事もない人生を送っていた三上悟は、通り魔に刺され37年の人生に幕を閉じた…はずだった。 ふと気がつくと、目も見えなければ、耳も聞こえない…。 相手の能力を奪う『捕食者』と世界の理を知る『大賢者』、 二つのユニークスキルを武器に最強のスライム伝説が今始まる! 何という事もない人生を送っていた三上悟は、通り魔に刺され37年の人生に幕を閉じた…はずだった。 ふと気がつくと、目も見えなければ、耳も聞こえない…。 相手の能力を奪う『捕食者』と世界の理を知る『大賢者』、二つのユニークスキルを武器に最強のスライム伝説が今始まる! 一巻の掴みは決して悪くない。 サクサク読めるし、建設系の話はかなり面白い。 何というか、作者の実体験に近いものが込められている感じはある。 とりあえず出たものは全部読んで、ウェブの方は読んでいない。 なんと、確かめたところほぼ自分が予想した通りの展開だったからだ。 いわゆる予定調和の作品である。 だからなのだ。 死なない悪役はいつでも殺せるところに転がっているうちに生かされて最後大変なことになる、という展開がとまらない。 作者にとってこの悪役は魅力的なのだろうが、僕は残念ながら魅力的と思わなかった。 見せ方次第なのだろうか。 絵が入れば多少印象は変わるのだろうか。 とりあえずこの作品を出たものまで読んだ感想としては、壮大な出落ちの作品だ、ということだ。 それでも星4なのは、くるとわかっている物語の予定調和をそれなりに楽しませてくれること、その一点に尽きる。 故にいう。 時間つぶし以上の目的ではオススメしない。 作者もそれ以上の意図を持って書いていない。 これは、文芸作品の真骨頂とも言える作品だ。 時間が潰れることを恐れない猛者に、この作品は最適だろう。 まさにキルタイムオペラである。 アニメから入りました。 アニメの原作再現率は高く、映像美もあります。 どちらから入っても楽しめると思います。 他のレビューにもあるようですが、主人公が強すぎるのが少々つまらないです。 まるで緊張感がありません。 海外のヒーローものを見ているような気分です。 タイトルからすると、最弱の魔物に転生した主人公が、人間だった頃のRPGの知識を活かして、如何に生き延びていくかというお話だと思ったのですが、悪い意味で期待を裏切られた感はあります。 しかし、登場キャラクタが魅力的なのと、世界観には非常に惹かれるものがあり、その点を私は気に入ったのだと思います。 期待を裏切られたとはいえ、それを補う魅力が十分に有ると思います。 世界観だと時折現れる大賢者が良くて、魔法陣グルグルのナレーションを彷彿とさせます。 魔法陣グルグルにハマったのですが、魔法陣グルグルを大人向けにした世界観だと思っています。 なろう作品の中ではトップクラスに人気の転スラ、それの記念すべきノベライズ第1巻となる今作ですが、個人的にあまり好きな巻ではありません。 なぜかというと、主人公の性格がかなり、というかめちゃめちゃ悪いんですよ。 これは冒頭数ページ見れば直ぐに分かるかと思います。 1巻における主人公の性格の悪さは原作者様も分かった上でやっているらしいです。 というのも、1巻の時点では転スラはバッドエンドにする予定だったらしく、それの名残として性格が悪くなっているそうです。 ハッピーエンド路線に切り替えてからは主人公の性格は大分丸くなりますし、読み易くなるかと。 なので1巻だけ見て切るのではなく、2、3巻以降以降も読むことをお勧めします。

次の

「転生したらスライムだった件」アニメ続編決定!第2期はいつ?

転校 したら スライム だっ た 件

何という事もない人生を送っていた三上悟は、通り魔に刺され37年の人生に幕を閉じた…はずだった。 ふと気がつくと、目も見えなければ、耳も聞こえない…。 相手の能力を奪う『捕食者』と世界の理を知る『大賢者』、 二つのユニークスキルを武器に最強のスライム伝説が今始まる! 何という事もない人生を送っていた三上悟は、通り魔に刺され37年の人生に幕を閉じた…はずだった。 ふと気がつくと、目も見えなければ、耳も聞こえない…。 相手の能力を奪う『捕食者』と世界の理を知る『大賢者』、二つのユニークスキルを武器に最強のスライム伝説が今始まる! 一巻の掴みは決して悪くない。 サクサク読めるし、建設系の話はかなり面白い。 何というか、作者の実体験に近いものが込められている感じはある。 とりあえず出たものは全部読んで、ウェブの方は読んでいない。 なんと、確かめたところほぼ自分が予想した通りの展開だったからだ。 いわゆる予定調和の作品である。 だからなのだ。 死なない悪役はいつでも殺せるところに転がっているうちに生かされて最後大変なことになる、という展開がとまらない。 作者にとってこの悪役は魅力的なのだろうが、僕は残念ながら魅力的と思わなかった。 見せ方次第なのだろうか。 絵が入れば多少印象は変わるのだろうか。 とりあえずこの作品を出たものまで読んだ感想としては、壮大な出落ちの作品だ、ということだ。 それでも星4なのは、くるとわかっている物語の予定調和をそれなりに楽しませてくれること、その一点に尽きる。 故にいう。 時間つぶし以上の目的ではオススメしない。 作者もそれ以上の意図を持って書いていない。 これは、文芸作品の真骨頂とも言える作品だ。 時間が潰れることを恐れない猛者に、この作品は最適だろう。 まさにキルタイムオペラである。 アニメから入りました。 アニメの原作再現率は高く、映像美もあります。 どちらから入っても楽しめると思います。 他のレビューにもあるようですが、主人公が強すぎるのが少々つまらないです。 まるで緊張感がありません。 海外のヒーローものを見ているような気分です。 タイトルからすると、最弱の魔物に転生した主人公が、人間だった頃のRPGの知識を活かして、如何に生き延びていくかというお話だと思ったのですが、悪い意味で期待を裏切られた感はあります。 しかし、登場キャラクタが魅力的なのと、世界観には非常に惹かれるものがあり、その点を私は気に入ったのだと思います。 期待を裏切られたとはいえ、それを補う魅力が十分に有ると思います。 世界観だと時折現れる大賢者が良くて、魔法陣グルグルのナレーションを彷彿とさせます。 魔法陣グルグルにハマったのですが、魔法陣グルグルを大人向けにした世界観だと思っています。 なろう作品の中ではトップクラスに人気の転スラ、それの記念すべきノベライズ第1巻となる今作ですが、個人的にあまり好きな巻ではありません。 なぜかというと、主人公の性格がかなり、というかめちゃめちゃ悪いんですよ。 これは冒頭数ページ見れば直ぐに分かるかと思います。 1巻における主人公の性格の悪さは原作者様も分かった上でやっているらしいです。 というのも、1巻の時点では転スラはバッドエンドにする予定だったらしく、それの名残として性格が悪くなっているそうです。 ハッピーエンド路線に切り替えてからは主人公の性格は大分丸くなりますし、読み易くなるかと。 なので1巻だけ見て切るのではなく、2、3巻以降以降も読むことをお勧めします。

次の

転生したらスライムだった件~魔物の国の歩き方~ 7 本の通販/岡霧硝、伏瀬、みっつばーの本の詳細情報 |本の通販 mibon 未来屋書店の本と雑誌の通販サイト【ポイント貯まる】

転校 したら スライム だっ た 件

何という事もない人生を送っていた三上悟は、通り魔に刺され37年の人生に幕を閉じた…はずだった。 ふと気がつくと、目も見えなければ、耳も聞こえない…。 相手の能力を奪う『捕食者』と世界の理を知る『大賢者』、 二つのユニークスキルを武器に最強のスライム伝説が今始まる! 何という事もない人生を送っていた三上悟は、通り魔に刺され37年の人生に幕を閉じた…はずだった。 ふと気がつくと、目も見えなければ、耳も聞こえない…。 相手の能力を奪う『捕食者』と世界の理を知る『大賢者』、二つのユニークスキルを武器に最強のスライム伝説が今始まる! 一巻の掴みは決して悪くない。 サクサク読めるし、建設系の話はかなり面白い。 何というか、作者の実体験に近いものが込められている感じはある。 とりあえず出たものは全部読んで、ウェブの方は読んでいない。 なんと、確かめたところほぼ自分が予想した通りの展開だったからだ。 いわゆる予定調和の作品である。 だからなのだ。 死なない悪役はいつでも殺せるところに転がっているうちに生かされて最後大変なことになる、という展開がとまらない。 作者にとってこの悪役は魅力的なのだろうが、僕は残念ながら魅力的と思わなかった。 見せ方次第なのだろうか。 絵が入れば多少印象は変わるのだろうか。 とりあえずこの作品を出たものまで読んだ感想としては、壮大な出落ちの作品だ、ということだ。 それでも星4なのは、くるとわかっている物語の予定調和をそれなりに楽しませてくれること、その一点に尽きる。 故にいう。 時間つぶし以上の目的ではオススメしない。 作者もそれ以上の意図を持って書いていない。 これは、文芸作品の真骨頂とも言える作品だ。 時間が潰れることを恐れない猛者に、この作品は最適だろう。 まさにキルタイムオペラである。 アニメから入りました。 アニメの原作再現率は高く、映像美もあります。 どちらから入っても楽しめると思います。 他のレビューにもあるようですが、主人公が強すぎるのが少々つまらないです。 まるで緊張感がありません。 海外のヒーローものを見ているような気分です。 タイトルからすると、最弱の魔物に転生した主人公が、人間だった頃のRPGの知識を活かして、如何に生き延びていくかというお話だと思ったのですが、悪い意味で期待を裏切られた感はあります。 しかし、登場キャラクタが魅力的なのと、世界観には非常に惹かれるものがあり、その点を私は気に入ったのだと思います。 期待を裏切られたとはいえ、それを補う魅力が十分に有ると思います。 世界観だと時折現れる大賢者が良くて、魔法陣グルグルのナレーションを彷彿とさせます。 魔法陣グルグルにハマったのですが、魔法陣グルグルを大人向けにした世界観だと思っています。 なろう作品の中ではトップクラスに人気の転スラ、それの記念すべきノベライズ第1巻となる今作ですが、個人的にあまり好きな巻ではありません。 なぜかというと、主人公の性格がかなり、というかめちゃめちゃ悪いんですよ。 これは冒頭数ページ見れば直ぐに分かるかと思います。 1巻における主人公の性格の悪さは原作者様も分かった上でやっているらしいです。 というのも、1巻の時点では転スラはバッドエンドにする予定だったらしく、それの名残として性格が悪くなっているそうです。 ハッピーエンド路線に切り替えてからは主人公の性格は大分丸くなりますし、読み易くなるかと。 なので1巻だけ見て切るのではなく、2、3巻以降以降も読むことをお勧めします。

次の