お大事になさってください 英語。 お大事になさってくださいの類語と使い方|ご静養ください/ご自愛ください

「お大事になさってください」の意味は?メールで使える表現も

お大事になさってください 英語

「お大事に」って意味だけじゃなくて、「お疲れ様」「じゃあね」みたいな意味で使われることが多い。 A: See you tomorrow. A: また明日。 B: Bye. Take care. B: さようなら。 お疲れ様。 みたいな感じかな。 A: My doctor said I'm not getting enough vitamins in my diet. A: 私の食生活はビタミンが十分に足りていないと医者から言われました。 B: Take care of yourself. B: 体に気を付けてくださいね。 A: 間違って自分の指を切ってしまいました。 B: Take care of your body. B: 体を大切にしてくださいね。 A: 今、私は風邪をひいています。 : Please take good care of yourself. B: しっかりと休んでくださいね。 A: I have a stomachache. A: お腹が痛いです。 B: Feel better soon. B: 早くよくなるといいですね。 A: 他の車と事故になるところでした。 B: Please look after yourself. B: しっかりしてください。 A: 足の指をぶつけてしまいました。 B: Get well soon. B: お大事にしてください。 A: 頭痛がします。 B: I hope you get better(well) soon. B: 早くよくなりますように。 A: I have just had surgery on my knee. A: 私は膝の手術を受けたところです。 B: I wish you a speedy recovery. B: お早い回復をお祈りしています。 「お大事に」と伝えてくださいと頼むには 具合の悪い人に直接言うのではなく、人づてに「大事に」と伝えるように頼むときの英語フレーズです。 覚えておけば、そのまま使えるのでとても便利です。 A: My friend was in a car accident and got injured badly. A: 私の友人は車の事故に合い、ひどい怪我をしました。 B: Tell him her to get well soon. B: 彼 彼女 にお大事にと伝えてください。 無理しすぎないでね。 Take it easy! 気楽にね。

次の

「お大事に」の英語表現8選

お大事になさってください 英語

最終更新日:2019-03-16 「お大事に」は英語で Take care! と認識している方も多いと思うのですが、 "Takeを使ったフレーズ"だけでもこんなにあります。 Take care! 「お大事に!」の定番フレーズ。 「気をつけてね」の意味として別れ際の挨拶に使われることも多いです。 Take care now! 「お大事に、ね!」といったニュアンス Take good care! 「上手に、うまい具合に」の意味が加わります(直訳的) Take care of yourself! 「身体気遣ってね。 」 Take a good care of yourself! 「ちゃんと身体気遣ってね。 」 Take very good care of yourself! 「ちゃんとしっかり身体気遣ってね。 」 Take care of your body! Take care of yourself! と同様 Take a nice rest! 「良い休息を!」 Take a nice long rest! 「十分に良い休息を!」 Take it easy! 「気楽にいこう!」 日本語では人を気遣う表現がたくさんありますが、多少のニュアンスの違いこそあれ、 英語にも同じように人を気遣う表現が多く存在します。 今回は、人が優しく人を気遣う表現について、英語と日本語のニュアンスを考えながら場面別にフレーズ集をまとめてみました。 例文を多数ご用意したので、音読しながら読み進んでいただくことをお勧めいたします。 1)日本語の「お大事に」を言う場面で使える英語表現! 日本語の「お大事に」という表現を考えてみると、「ゆっくりお休みください」、「ご無理なさらないでください」や「ご自愛ください」などという気遣いのメッセージが含まれていると感じるのですが、皆さんはいかがでしょうか。 私は、風邪をひいた時や怪我をしたときなど体調の悪い時に、お見舞いに来た人から「お大事に」と言われて、たった一言だけでも非常に嬉しかった思い出があります。 もし、病気やけがをしている人がいれば、日本語ではまず「お大事に」という表現が一般的に使われます。 病院やクリニックでも、患者さんに対して「お大事に」と声をかけますよね。 それでは、日本語の「お大事に」に当たる英語の表現を考えてみましょう。 一般的な「お大事に」フレーズ Get well soon! 「(すぐに)よくなってね(直訳的)」 Get better Soon! 「(すぐに)よくなってね(直訳的)」 Feel better Soon! 「(すぐに)気分がよくなってね(直訳的)」 この3つが一般的に「お大事に」に相当する英語フレーズではないでしょうか。 厳密に言えば、前の二つを直訳すると、「よくなって」、そして、三番目も直訳で「気分をよくして」というニュアンスになります。 それなら、先ほど定義した日本語の元々の「お大事に」という表現、「ゆっくりお休みください」、「ご無理なさらないでください」や「ご自愛ください」などという気遣いとは、少しニュアンスが違うような気がします。 このように、多少使い方の違いはあるものの、英語では先に挙げた3つの慣用表現をまず覚えておけば、日本語の「お大事に」という表現と同じ気遣いを相手に伝えることができると思います。 それでは、英語では他にどのような表現があるのか、少し挙げてみましょう。 Getを使う表現 Get some rest! 「休養して」 Get some good rest! 「いい休養をして」(直訳的) Get some more rest! 「もっと」の意味が加わります。 病気の人に対しても使えますが、顔色が悪く疲れた様子の人に対して使うことが多いです。 その他の表現 I wish you a speedy recovery. 「速やかに回復されるように願います」 Hope your recovery is a speedy one. 「速やかに回復されるように願います」 Look after yourself! 「働きすぎないで」 このように意外とたくさんの表現が使えます。 それでは次に、カジュアルな言い方、親しい間柄で使う言い方について、考えてみたいと思います。 2)家族や親しい友人に使う「お大事に」の英語表現! やはり、最初に挙げられるのは、 Get well soon! 「(すぐに)よくなってね(直訳的)」 Get better Soon! 「(すぐに)よくなってね(直訳的)」 Feel better Soon! 「(すぐに)気分がよくなってね(直訳的)」になります。 この表現の最後に簡単な敬称をつけると、(大まかなニュアンスで対象とされる人を説明しています)、より気持ちが込められます。 Get well soon dear! 愛する人、大切な人、親、子供、夫婦、友などに対して。 Get well soon mate! 主にイギリス、オーストラリアで使われる表現ですね。 Get well soon brother! 兄弟の間か、男同士の友達の間。 Get well soon buddy! 父親と男の子供の間、兄弟の間か、男の友達同士。 Get well soon girl! 女の子供に対して。 Get well soon, my dear! 自分の愛する人に、大切な人に、親、子供、夫婦、友、 Get well soon, Keith! 対象の人物の名前を呼ぶパターンです。 Get better Soon! と Feel better Soon! の表現の最後にも全く同様に使えます。 やはり、最後に自分の名前を付けて言われると、名前なしで言われるよりもずっと感じが良くなると思いませんか。 名前を付けて言われると、心から気遣われているような気がします。 この3つの表現は、家族、親しい友人や親しい同僚との日常会話で問題なく使えます。 当たり前の話ですが、心を込めて言いましょう。 Pleaseを加えた表現 Please get well soon! 「どうか(すぐに)よくなってね(直訳的)」 Please get better Soon! 「どうか(すぐに)よくなってね(直訳的)」 Please feel better Soon! 「どうか(すぐに)気分がよくなってね(直訳的)」 になります。 Hope youを加えた表現 親しき中にも礼儀ありで、少し改まった雰囲気をこれらの表現に加えたければ、 Hope youを加えます。 三人称にも使えます。 Hope you get well soon! 「早くよくなってね(直訳的)」 Hope you get well very soon! 「とても早くよくなって(直訳的)」 Hope you get well real soon! 「本当に早くよくなって(直訳的)」 Hope he gets well soon! このように三人称にも使えます。 Hope she gets well soon! このように三人称にも使えます。 Get better Soon! と Feel better Soon! の表現にも全く同様に使えます。 I hopeを加えた表現 上の表現と全く同じなのですが、 I hopeを加えて少しゆっくり話せば、上の表現よりもさらに少し改まった雰囲気になると思います。 I hope you get well soon. 「早くよくなることを願います(直訳的)」 I hope you get well very soon. 「とても早くよくなることを願います(直訳的)」 I hope you get well real soon. 「本当に早くよくなることを願います(直訳的)」 I hope he gets well soon. このように三人称にも使えます。 I hope she gets well soon. このように三人称にも使えます。 Get better Soon! と Feel better Soon! の表現にも全く同様に使えます。 それでは次は、少し改まった言い方、職場で目上の人や上司に使う言い方について、考えてみたいと思います。 3)少し改まって使う「お大事に」の英語表現! 日本人でも外国人の方でも目上の方に対する表現には、気を遣うものです。 まず気を付けることは、仕事上だとしても相手に心から言えることしか言わないことです。 相手は人生の大先輩ですし、それなりの地位につかれている人は、心にもないことを言われるとそれは真実ではないとすぐに察知されます。 それでは、少し改まった言い方や目上の方に使う言い方で、「お大事に」などの気遣いを表す英会話フレーズを考えてみましょう。 I wish you a speedy recovery. 「早いご回復を願っております」 I hope your recovery is a speedy one. 「早いご回復を願っております」 などは、無難な表現ではないでしょうか。 wishを使った表現 I'm wishing you a speedy recovery. 「早いご回復を願っております」 I wish you a fast recovery. 「早いご回復を願っております」 I wish you a very speedy recovery. 「とても早いご回復を願っております」 I sincerely wish you a speedy recovery. 「心から早いご回復を願っております」 hopeを使った表現 I hope you get well soon. 「早く良くなられることを願います」 I hope you get well very soon. 「とても早く良くなられることを願います」 I hope you get well real soon. 「本当に早く良くなられることを願います」 I do hope you get well soon. 「早く良くなられることを強く願います」 代動詞 doは、hopeを強調します。 I really hope you get well soon. 「早く良くなられること本当に願います」 I hope you get to feel better soon. 「早く気分が良くなられることを願います」 I do hope you get feeling better soon. 「早く気分が良くなられることを強く願います」 上記同様、代動詞 doは hopeを強調します。 I hope you get feeling better very soon. 「とても早く気分が良くなられることを願います」 I hope you get feeling better real soon. よそよそしい表現にもなりかねないので、使えるか、使えないかの判断は、ここでも上司との親密性がポイントになります。 まとめ 今回は、「お大事に」という優しく人を気遣う日本語の表現をテーマにして、英語ならどんな表現がそれにあたるのかを考えてみました。 ビジネス英会話や目上の方に対する表現においては、こちらも気を遣いますし、選ぶ言葉に悩まされる時もあります。 反対に、家族、親しい友人や親しい同僚には、あまりよそよそしい表現も使えません。 相手とどれだけ自分が親密な関係なのかが、その判断をする重要なポイントになります。 それにより、上司でも親しい同僚などに使う表現が使える場合もあります。 日本でも上司から「よそよそしい気遣いは、俺には無用だ」というような方もおられます。 中々難しいかもしれませんが、ポイントを考えて、ふさわしいと思える表現を日常英会話の中でどんどん使って行きましょう。 毎回言わせて頂いておりますが、英語学習において音読の実践は非常に重要です。 無料の英文読み上げサイトを利用して今回の英会話表現を何度も音読の反復練習をして英語を話すことに慣れてください。 できれば、その過程をボイスレコーダーに録音してご自分の発音と読み上げサイトの発音とを比べて確認する。 さらにその作業を続けていけば、ご自分の発音をネイティブに近づけることにもつながります。 長くなってしまいましたが、今回も最後までお付き合い頂きありがとうございました。

次の

お大事にして下さいって英語でなんて言うの?

お大事になさってください 英語

目上の人には「お大事になさってください」が正解 「お大事に」を目上の方に使用する場合は、 「お大事になさってください」が正しい表現です。 「お大事に」は省略形であり、使用しても大丈夫ではあるのですが、 目上の方へ使う場合には「なさってください」をつけた方がよりで適切な表現になります。 そのまま使用すると失礼に感じてしまう方もいるため、なるべく「お大事に」は同僚や後輩のみに使用した方が良いでしょう。 【注意】「お大事にしてください」は失礼にあたる? 「お大事にしてください」と言う表現もあります。 この表現は日本語として間違ってはいません。 しかし、 「してください」と言う表現には要求・強制の意味を想定させます。 中にはこれを失礼な表現と方もいるため、「お大事になさってください」を使用した方が無難でしょう。• 3-1. 他にもある使用してはいけない例 「してください」以外にも、使用してはいけない例がいくつか存在します。 これらの表現は極力使わないようにしましょう。 「お大事にどうぞ」 病院で診察を受けた場合によく挨拶です。 敬語表現の「お」が付いているため、この表現でも問題はありません。 ただし、 目上の方への敬語表現として使用するならば 「お大事になさってください」の方がより丁寧なになりま す。 「お大事に」 こちらもよく聞くと思います。 簡素で使い勝手が良いですが、目上の方への表現としてはあまり好ましくありません。 「なさってください」や「お過ごしください」などをつけることをおすすめします。 【類語】「ご自愛ください」との違い 「お大事に」の類語に「」という表現があり、「お大事に」と同じく相手を労わるといった意味があります。 お見舞いや電話などの会話表現では「お大事になさってください」の方が言いやすく、相手も聞き取りやすいため、口頭で使用するのがされます。 一方、 「ご自愛ください」は お見舞い状やメールといった文書での表現に向いており、「お大事になさってください」よりも適した表現になります。 より丁寧に表現したい場合には 「」や 「何卒」などを頭につけると良いでしょう。 ただし、「ご自愛」には体の意味も含まれているため、「お体をご自愛ください」といった表現はできないので注意してください。 4-1. 他にもある「お大事に」を言い換えた表現 その他にも、「お大事に」を言い換えた表現が複数存在します。 こちらも参考にしてみてください。 お労わり おいたわり ください 「お大事に」や「ご自愛ください」には身体を労わるといった意味が含まれています。 そのため、 「お労りください」に代用することが可能です。 「ご自愛ください」よりもやわらかい表現であるため、親交が深い方に使用すると良いでしょう。 静養(せいよう)なさってください 「静養」には、病気などを治すために、心身を休めるといった意味があります。 こちらも「お大事に」などの代用になります。 「お大事に」や「ご自愛ください」よりも 症状が重い場合に使用することが多いです。 そのため、入院初期のお見舞いやお手紙などで使用すると良いでしょう。 養生(ようじょう)なさってください 「養生」には、生活を改善して健康をいじ・促進させるといった意味があります。 「お大事に」等の代用よりも、 退院後の生活に気をつけてください・気を遣ってくださいといった意味で使用すると良いでしょう。 また、病気になる前の「未病」状態での挨拶時などに使用することもできます。 「養生なさってください」を使用することで、生活を改善してくださいと言う意味を表現することができます。 プライベートで「お大事に」を使う場合 友人が病気になった場合などに「お大事に」を使用する場合には、特別な言い回しや敬語を使う必要はありません。 あまり難しく考えなくても良いでしょう。• 5- 1. 親しい付き合いなら「お大事に」でもOK 家族や親戚・友人の方が病気や入院をした場合には「お大事に」でも。 堅苦しい表現は聞き取りづらく、話す側も大変でしょう。 また、手紙でも「ご自愛ください」などの硬い表現は使用してもが、 親しみやすさを重視する場合には「お大事に」をおすすめします。 付き合いの長い上司や先輩などには「お大事に」でも大丈夫でしょう。 普段合わないような目上の親戚の方などに「ご自愛ください」を使用すると良いですね。 5- 2. 他の表現を使いわけよう 「お大事に」以外にも、「 ゆっくり休んでね」や「 無理しないでね」などの表現を使うのもありでしょう。 大切なのは、 相手に心配している気持ちを伝えることです。 親しい付き合いであれば、難しい言葉を使用する必要は無いため、自分が言いやすいように伝えるのが良いでしょう。 「お大事に」の英語表現 英訳すると、「 Take care」 外国の友人が怪我や病気になってしまった時は、この表現を使ってみてください。 「」には 「さようなら」のようなお別れの挨拶の意味も含まれています。 まとめ 今回紹介した内容をまとめました。 「お大事に」には相手の「体を労ってください」「ゆっくり体を休めてください」といった意味がある• 目上の方には「お大事になさってください」が一番適した表現• 文章の場合は「ご自愛ください」が適切な表現となる• 親しい間柄の場合には「お大事に」を使っても大丈夫• 「Take care」には「お大事に」と言う意味や「さようなら」などの意味がある ぜひ参考にしていただければと思います。

次の