アメリカ で インフルエンザ 大 流行。 米国でインフルエンザ猛威 死者1万2000人

米国でインフルエンザ猛威 死者1万2000人

アメリカ で インフルエンザ 大 流行

2020年1月11日、米アイオワ州に住む4歳のジェイド・デルーシアちゃんが、「インフルエンザ脳症のため視力を失った」という悲報が、CNNなどメディアを通じて全米に流れました。 今後、彼女の視力が回復するかどうかはわかりません。 デルーシアちゃんの担当医師は「彼女は小さな闘士。 生きていることは幸運」といいます。 デルーシアちゃんは今シーズン、インフルエンザの予防接種を受けていませんでした。 米疾病対策予防センター(CDC)によると、毎年数十人の子供がインフルエンザで死亡し、ほとんどが予防接種を受けていません。 また、米国では、毎年数千人の子供がインフルエンザで病院に入院していますが、重病になったり、亡くなったりした子供の多くは、デルーシアちゃんのようにインフルエンザにかかる前は全く健康でした。 CDCによると、今シーズン2020年1月18日までに、少なくとも1500万人の米国人がインフルエンザにかかり、そのうち14万人が入院、8200人が死亡しました。 特に米国では、今シーズンのインフルエンザが小児や若者を襲っています。 これまで54人の小児がインフルエンザ関連で死亡しました。 よく知られているように、インフルエンザウイルスにはA型とB型の2種類があります。 A型インフルエンザウイルスは、表面に突き出た、ヘマグルチニン(H1からH16の16種類)とノイラミニダーゼ(N1からN9の9種類)と呼ばれるタンパク質の組み合わせで、100種類以上の亜型に分類されます。 例えば、季節的に発生する最も一般的なA型インフルエンザはH1N1とH3N2で、それぞれヘマグルチニンH1ノイラミニダーゼN1、ヘマグルチニンH3ノイラミニダーゼがN2となります。 A型インフルエンザウイルスは人間、鳥、豚など、多くの種に感染します。 短期間で性質を変えやすく、流行の亜型はシーズンごとに違います。 B型インフルエンザウイルスは、山形系とビクトリア系の2つの系統があります。 A型のようにたくさん亜型はないため、ウイルスの性質は変化しにくいです。 通常、人間だけが感染します。 A型とB型インフルエンザは、どちらも、発熱、咳、鼻水、悪寒、体の痛み、疲労などの症状を引き起こし、検査なしではどちらの型か診断することは難しいです。 一般的に、A型インフルエンザは、季節性インフルエンザ全体の75%を占め、残りの25%はB型インフルエンザです。 A型インフルエンザが流行するのは12月から3月で、その後B型インフルエンザが2月頃から始まり、5月から6月まで続くことがあります。 ただし、インフルエンザは、流行する季節を予測できないことで有名です。 実際、米国では、今シーズンは予想外のインフルエンザが流行しています。 昨年、米国では、A型インフルエンザ(H3N2)が流行し、高齢者に襲いかかりました。 ところがCDCによると、今シーズンは約30年ぶりにビクトリア系統のB型インフルエンザが、早い時期に流行し始めました。 例年、ビクトリア系統B型インフルエンザはウイルスの10%未満であるのに対し、今年は約60%も占めています。 B型インフルエンザが米国で流行した1992年から1993年は、大人より子供に被害が広がりました。 また、今シーズンに死亡した54人の小児のうち37人がビクトリア系統B型インフルエンザ、残りの17人はA型インフルエンザにかかっていました。 B型インフルエンザが子供により深刻な影響を与える理由は不明ですが、一部の専門家は、B型インフルエンザは他のインフルエンザ株ほど変異していないため、おそらく高齢者は以前に感染し、ある程度の免疫力があると考えています。 さらに今シーズン米国では、A型インフルエンザH1N1も流行し始め、このタイプは一般的に若者をより攻撃します。

次の

アメリカでインフルエンザ感染が拡大 累積の推計入院患者は25万人、死者は14,000人

アメリカ で インフルエンザ 大 流行

新型コロナウイルス狂騒曲 日本は…と言うか、日本でテレビばかり見ている人たちは、新型コロナウイルスのことで大騒ぎのようです。 あたしはテレビのない生活をしているので、いつもと変わらず普通に生活していますが、日常的にテレビを見ている人たちは、どのチャンネルも「右へ倣え」で朝から晩まで新型コロナウイルスのことばかり報じているため、無責任なコメンテーターの無責任な言説を鵜呑みにし、必要以上に過敏になっている人も多いようです。 テレビに右往左往させられる人たちは、われ先にとマスクを買いに走ったり、大量に買い占めたマスクを定価の10倍、20倍でネットオークションに出品したりと、半世紀前のオイルショックの時のトイレットペーパー騒動から1ミリも進歩していないように見えます。 まるでドリフの『8時だョ! 全員集合』で舞台が回転して場面転換する時のように、自分たちだけでドタバタしているように感じます。 そして、国民が国民なら政治家も政治家です。 通常国会が始まったとたん、「桜を見る会」や「菅原一秀&河井克行+河井案理」や「カジノ不正」などでやり玉に挙がっていた安倍晋三は、今回、新型コロナウイルス騒動が大きくなると「待ってました!」とばかりにリーダーシップを発揮し始めました。 しかし、それは「数々の疑惑から国民の目をそらすため」のもので、やはり後手後手の対応でした。 まあ、台風15号の被害対策をホッタラカシにして趣味の内閣改造にウツツを抜かしていた昨年よりは多少はマシですが、一事が万事、この人のやることはすべてがこれ、いつも後手後手なのです。 その一方で、野党はと言えば、対応の遅れや武漢市からの日本人帰国者に飛行運賃を自己負担させると言った政府の姿勢を批判しました。 もちろん、これは批判されて当然のことですが、こうした与野党の舌戦を見ていると、あたしには「当事者のことなど二の次」のように思えてならないのです。 いつも素晴らしい現地取材をしている文化放送の石森則和記者は、2月1日、次のツイートをしました。 あたしは、あたしの感じていた「国会の違和感」をそのまま言葉にしてくださったことに溜飲が下がりました。 石森則和 ishinori 2月1日 僕は5年以上国会を担当したけど、政局は、本当に困っているかたがたを置き去りにしていることが多い。 むしろ逆に人々が苦しんだり不安になっていることを利用することさえある。 国会担当中に東日本大震災被災地にも滞在していたので特に感じる。 今、与野党は人々の命や健康を国会で優先してるかい? 僕は5年以上国会を担当したけど、政局は、本当に困っているかたがたを置き去りにしていることが多い。 むしろ逆に人々が苦しんだり不安になっていることを利用することさえある。 国会担当中に東日本大震災被災地にも滞在していたので特に感じる。 今、与野党は人々の命や健康を国会で優先してるかい? — 石森則和 ishinori この原稿を書いている2月2日にも、ラジオのニュースでは「中国の感染者がとうとう1万人を超えた」とか「死者数がついにSARS(サーズ)を超えた」などと報じています。 ラジオでも報じるくらいですから、テレビは今日も朝から大騒ぎなのでしょう。 でも、あたしの場合は、今回の騒ぎが起こる前から、インフルエンザ対策として「出かける時はマスクをする」「帰宅したら手洗いとうがいをする」ということを続けて来たので、今も同じことを続けているだけで、何も変わりません。

次の

死亡者が新型肺炎の27倍。それでも日本が報じぬ米インフル大流行

アメリカ で インフルエンザ 大 流行

アメリカ疾病予防管理センターが発表した今シーズンの米国のインフルエンザの状況 ・ なぜアメリカだけインフルエンザウイルスが凶悪化している? 中国の新型ウイルスの確定患者数は、昨日の同じ頃より約 1000人増え、2000人を超えました。 2020年1月26日午後1時の新型ウイルスの患者数と死者数 ・ わりと世界中が、この中国の新型ウイルスの推移を気にしているのですけれど、しかし、アメリカも感染症で大変なことなっていることを数日前に知りました。 実は、 アメリカでは「史上最悪規模で季節性インフルエンザが流行している」のです。 下の地図は、現在のアメリカでのインフルエンザの流行状況で、最も赤い部分が大流行の地域です。 2020年1月18日の米国のインフルエンザ感染状況 ・ 冒頭に示した数字は、アメリカ疾病予防管理センター(CDC)が、1月24日にリリースした最新の「アメリカのインフルエンザの流行」についての数値です。 CDC は、アメリカ国民全体の 8. 5%にあたる 2700万人の疾病に関しての監視ネットワークを持っていまして、冒頭の数字はそこからの推定値で、そのため数字に幅がありますが、ある程度実体に沿った数値となっていると思われます。 この CDC の発表した数値から、それぞれ「最大値」をとった場合、以下のようなことになっていることになります。 2019年10月1日から2020年1月18日までの今シーズンの米国のインフルエンザを巡る状況 [インフルエンザを発症した人] 2100万人 [インフルエンザで受診した人] 1000万人 [インフルエンザで入院した人] 25万人 [インフルエンザで死亡した人] 2万人 2000万人の発症と、2万人の死者というのは、すさまじいものです。 通常の場合ですと、アメリカでの「実際の」インフルエンザの死者数は、CDC 管轄下にあるでは、 年間 500人程度ですので、本当に死者が 2万人だとすれば、大変な数です。 しかも、「アメリカのインフルエンザシーズンはまだ終わっていない」のです。 つまり、今後さらに感染者が増える可能性が高いと思われます。 今シーズンのアメリカのインフルエンザの大流行にある悲劇性としては、「 子どもで亡くなる事例が多い」ということがあります。 基本的には、季節性のインフルエンザでは、重症化したり、死に至るケースというのは、ほとんどが高齢者か基礎疾患を持つ人たちであり、一般的な場合、健康な若い人たちは、インフルエンザが重症化することはないものなのです。 ところが、今年のアメリカのインフルエンザは、数多くの子どもたちが犠牲になっています。 12月28日から 1月19日までに、少なくとも 27人の子どもがインフルエンザで亡くなったといます。 この数は、アメリカでインフルエンザ流行の記録がとられて以来、過去最大の数値だそうです。 実は、アメリカの季節性インフルエンザは、 最近「毎年、凶悪化していっている」という事実があり、2017年頃からは、「もはや毒性が季節性インフルエンザのそれではない」というような感じになっています。 他の国や地域でそんなにインフルエンザがひどいことになっているとはあまり聞かないということもあり、「なぜアメリカだけが?」というようにも思います。 中国では新型ウイルスが拡大し、アメリカでは感染力と病原性が高い奇妙なインフルエンザが流行しており、病気の時代はさらに進行中のようです。

次の