所沢 明生 病院。 お知らせ|所沢明生病院

所沢明生病院の口コミ・評判(2件) 【病院口コミ検索Caloo・カルー】

所沢 明生 病院

所沢西部地区で救急医療の拠点となっている「一般社団法人巨樹の会 所沢明生病院」。 所沢市山口の小高い丘の上に立つ地下1階、地上4階建ての急性期病院だ。 救急に力を入れて地域に貢献しているほか、外来でも周辺住民のさまざまな疾患に対応している。 特に近県では、整形外科、血管外科、脳神経外科などに注力し、新しい治療法も積極的に導入しながら多数の手術を行っている。 「患者さんが元気になって退院していく姿を見るのが私たちのモチベーション」と語る鈴木昭一郎院長は、開院して間もない時期から同院に勤務し、時代とともに移り変わる同院を見守ってきた。 インタビューでは、同院の医療や入院施設の特長、さらには近未来ビジョンまで、たっぷりと語ってもらった。 (取材日2015年12月10日) 西武池袋線小手指駅から徒歩15分。 所沢入間バイパスから少し入った場所にある「所沢ハートセンター」は、心臓血管のカテーテル治療を主体とし、24時間救急対応を行っている循環器治療専門の医療施設だ。 日本循環器学会循環器専門医であり院長でもある桜田真己先生は、開業前に狭山市の総合病院に勤務していて、心筋梗塞で運び込まれる患者の4割が所沢地域であることに気付き、循環器治療専門の医療施設を所沢に開業しようと考えたという。 以来、多くの患者の命が救われてきた。 「私が循環器を選んだのは、技術と治療次第で多くの患者を救えることにやりがいと感じたから」と笑顔で話す桜田先生。 地域のクリニックや患者からの信頼も厚く、遠方から治療を受けに来る患者も多いという。 季節柄、冬から春にかけてなど気圧の変動時に急患が多い傾向があり、5床ある集中治療室が一瞬で埋まってしまうこともあるそうだ。 桜田先生の治療への思いや施設の特徴など、さまざまな角度から聞いてみた。 (取材日2017年1月26日) 2019年で70周年を迎える「瀬戸病院」は、開業当初から、地域の周産期医療を支えてきた病院だ。 不妊治療からエコーによる検査、出産や育児の悩みを相談できる助産師相談室、母親同士が交流できるよう工夫された各種教室など、出産前から産後の全期間において、心身共にケアしてくれるトータルサポートが特徴。 また、婦人科や乳腺外科、小児科、内科も設けており、婦人科疾患の治療・検査のほか、糖尿病の治療・予防、乳幼児発達や小児心臓など専門的な治療にも対応している。 庭園を囲むように建てられた病棟は新しく、まるでホテルのような居心地。 地域全体の周産期医療の充実にも尽力する理事長・瀬戸裕先生に話を聞いた。 (取材日2019年4月22日) 西武池袋線・狭山ヶ丘駅から徒歩10分。 閑静な住宅地の一角にある「明生リハビリテーション病院」は、急性期治療後の回復期にある患者のリハビリテーションを行う病院だ。 111床を擁する回復期リハビリテーション病棟では、90人の理学療法士をはじめとするリハビリテーションスタッフ、60人の看護師が、脳血管疾患や大腿骨頚部骨折等の患者に対し、寝たきりの防止と在宅復帰を目標としたリハビリテーションを集中的に行っている。 日常生活における活動動作能力向上を目的に、365日体制で毎日リハビリを行う同院を牽引するのは、2018年1月に就任した柳田茂樹院長。 循環器内科を専門とし、長く自衛隊病院で急性期医療に携わってきた柳田院長は、これまでに2つの病院で院長を務めてきた。 ユーモアあふれる言葉と屈託のない笑顔で、「回復期リハビリテーション病院の主役は、医者ではなくチーム医療に関わるスタッフ全員」と語る柳田院長。 患者にとっても、スタッフにとっても、より良い病院であることをめざす同院の特色や取り組み、今後の展望などを聞いた。 (取材日2018年5月10日) 人々が出資金を出し合い、病院や介護老人保健施設を運営、利用する非営利組織である「医療生協さいたま生活協同組合」の一院として、地域の人々の健康を支えるのが「埼玉西協同病院」だ。 内科や外科、眼科、整形外科、皮膚科などの急性期医療や訪問診療、健康診断に加え、2019年4月には新棟をオープンさせたことに伴い、地域包括ケア病棟を増床し、歯科診療施設も新たに開設。 地域に必要とされる医療に、これまで以上に応える体制を整えた。 そんな同院の院長を務めるのが吉野肇先生。 医師になって以来、ほとんどのキャリアを医療生協での診療に取り組み、地域医療一筋で人々の健康に寄り添ってきた。 「良い医療を提供するのはもちろん、町づくりの中心となるような病院にしていきたいですね」と優しい口調で語る吉野院長に、同院のことについて話を聞いた。 (取材日2019年9月3日) 埼玉県所沢市中新井4-27-4(新所沢) 2000年の開院以来、一般外来と訪問診療で所沢市の地域医療を担ってきた「医療法人社団みずの会 みずの内科クリニック」。 外来の診療内容は内科全般で、特に消化器内科、呼吸器内科、循環器内科においては専門性の高い診療を行っている。 呼吸器は木曜、循環器は土曜と週に2回、専門の外来も実施。 また在宅医療や訪問看護・緩和ケアにも力を入れており、対象エリアは所沢市周辺。 在宅医療の現場では簡易レントゲンや携帯型超音波による検査が可能だ。 クリニックは4階建てで、エレベーターも備えたバリアフリー設計。 1階が受付と待合室、2~3階は診療室と各種検査室、処置室、4階がカンファレンスルームという構造だ。 水野院長は1980年に秋田大学医学部を卒業。 同大学院を修了後、秋田労災病院第二内科部長、所沢市市民医療センター内科医長を経て、同クリニックを開院した。 日本消化器病学会消化器病専門医の資格も有する。 クリニックの近くに訪問介護ステーション・居宅介護支援事業所「すずらん」も併設し、クリニックと連携を取りながら、地域住民の健康をサポートしている。 長年、地域医療を担ってきたかかりつけ医院 1階は受付兼待合室。 車いすでも安心のバリアフリー対応 外来診療以外にも在宅医療、訪問看護にも力を入れている 各種検査も実施。 高齢者に起こりやすい腰痛・膝関節痛はもちろん、若者層のスポーツによるケガなど、幅広い整形外科の疾患に対応している。 併せて日本麻酔科学会の麻酔科専門医でもある湯舟晋也院長が、痛みの原因を突き止めて緩和・改善を図るペインクリニック治療も行う、検査から治療、リハビリテーションまでの一貫体制。 広くスペースを取ったリハビリテーションルームでは理学療法士が中心となって患者の機能回復をサポートするほか、ペインクリニックの外来では、湯舟院長が得意とする超音波画像で確認しながらの神経ブロック注射も行う。 寝たきり防止のため、骨粗しょう症の発見・治療にも力を入れており、精密な骨密度測定装置も導入。 投薬や日々の食事、運動指導などを通じて骨粗しょう症の予防に取り組んでいる。 地域住人が高齢となっても健康に過ごせるよう新しい医学的知見も取り入れながら、幅広い診療を行っている整形外科クリニックだ。 所沢駅東口から徒歩6分 バリアフリー設計の、広くゆったりとした造りの院内 骨密度測定装置を導入している 感染防止対策を徹底したリハビリテーションルーム 新しい医学的知見も取り入れながら、幅広い診療を行う 歯科系• 病院・総合病院・大学病院を探すならホスピタルズ・ファイル ホスピタルズ・ファイルは、全国の病院・総合病院・大学病院の総合情報サイト!沿線・行政区、住所、診療科目、対象疾患名や検査・治療内容などから、あなたがお探しの病院・総合病院・大学病院情報を探すことができます。 病院・総合病院・大学病院の基本情報だけではなく、責任者メッセージ、各診療科目の詳細、特徴を、独自に取材して紹介しています。 情報掲載について 掲載している各種情報は、 ティーペック株式会社 および 株式会社ギミック が調査した情報をもとにしています。 出来るだけ正確な情報掲載に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。 掲載されている医療機関へ受診を希望される場合は、事前に必ず該当の医療機関に直接ご確認ください。 当サービスによって生じた損害について、 ティーペック株式会社 および 株式会社ギミック ではその賠償の責任を一切負わないものとします。 情報に誤りがある場合には、お手数ですがホスピタルズ・ファイル編集部までご連絡をいただけますようお願いいたします。

次の

【埼玉コロナ】所沢明生病院で院内感染か?4月6日は14人の感染が確認される!|埼玉マガジン

所沢 明生 病院

Contents• 4月6日に14名の感染が確認される! こちらについてはテレ玉で報道がありました。 県内では、きょう6日、新たに14人の新型コロナウイルス感染が確認されました。 今日感染が判明したのは、30代から70代の男女14人です。 引用:テレ玉 県のホームページでの公表は今のところありません。 当サイトでの一覧についても明日更新していきます。 所沢明生病院で院内感染か? 院内感染の可能性があるとの事です。 所沢明生病院では、入院患者や職員から32検体を採取し、検査をしたということです。 県は、院内感染の疑いがあるとして調査を進めるとしています。 一般病棟50床の病院ですので、影響が出て来そうです。 そりゃそうか。 外で入学式や、分散させて登校など学校が子供の為に一生懸命してくれてる事は感謝しかないです。 でもさ、急いで決めなくても今週、来週は休まない? と勝手にトーンダウンしてる母。 なんかすみません。 娯楽での往来を止めるだけでは、感染拡大止められない。 K -1開催は、もう論外。 それなら会場の対策は万全だったと参考になると思うんですが、ニュースで見る機会が無いですね。 お店は閉まらないので、買いだめなどはしないように呼びかけていました。 ただ、一番欲しい情報は8日からの学校の件です。 私は学校は当てはまるから休校に感じますが、義務教育だから不要じゃない??などはっきりしない様子があるように感じます。 私は子供は休ませますが、ママ友からは休校なのか?それともやるのかなどのラインが来たりします。 明日発令した後に公表では遅いように感じます。 発令された場合の学校の問題をいち早く公表をしてもらいたいです。

次の

外来のご案内|所沢明生病院|埼玉県所沢市の中核病院・救急告示病院

所沢 明生 病院

埼玉県内の新型コロナウイルス感染者433人(13日午後6時時点)の内訳を市町村別に見ると、所沢市の多さが目を引く。 同市の感染者は60人で、最も多いさいたま市の62人に迫る人数だ。 両市の人口(さいたま市約131万人、所沢市約34万1千人)を考慮すると「発生率」の高さは際立つ。 所沢市では、所沢明生病院と、社会福祉法人「皆成会」は運営する2つの障害者施設でクラスター(感染者集団)が発生し、全体の感染者数を押し上げた形だ。 所沢明生病院では医療従事者や入院患者、入院患者の家族ら17人の感染が確認されている。 大野元裕知事は14日の記者会見で「昨日までに100人の医療従事者と患者の検査を完了し、全員が陰性だった」と述べた。 2つの障害者施設では介護職員や利用者ら10人の感染者が確認されている。 現在、関係者の検査を進めているが、さらに感染者が増える可能性もある。 医療機関や障害者施設から多くの感染者が出たことで、その家族らへの感染拡大も懸念される。 さらに、所沢明生病院から入院患者が転院した所沢ロイヤル病院も9人の感染が判明し、大野知事は「濃厚接触者の検査は終わり、今はそれ以外の方の検査をしている」と説明した。 県内の感染者数を自治体別でみると、東京都に隣接する県南部の感染者数が目立つ。 さいたま市と所沢市に次いで多いのは、荒川を挟んで東京都北区などに接する川口市の50人で、越谷市21人、春日部市20人、川越市18人、狭山市と入間市が各13人、草加市と戸田市が各12人、ふじみ野市11人、八潮市10人と続いている。

次の