ポケモンgoアルロ対策。 【ポケモンGO】アルロ対策!勝てるポケモン・勝ちパターンを見つける攻略|ポケらく

【ポケモンGO】アルロの対策と手持ちポケモン|ゲームエイト

ポケモンgoアルロ対策

『』で、ロケット団の幹部(リーダー)である「 アルロ」と戦う際に役立つ対策ポケモンを紹介します。 今回の記事では、アルロの使用ポケモンに対して有利に立ち回れるポケモンを紹介します。 アルロの使用ポケモンと弱点は? アルロの使用ポケモンは以下の通り。 1匹目(固定) 2匹目(ランダム) 3匹目(ランダム) ストライク(むし・ひこう) ジバコイル(でんき・はがね) クロバット(ひこう・どく) ギャラドス(みず・ひこう) ハッサム(はがね・むし) リザードン(ほのお・ひこう) カイリュー(ドラゴン・ひこう) 対アルロ戦でオススメのポケモンは? アルロとバトルをするときにオススメのポケモンを紹介します。 メルメタル ・有利に戦えるポケモン• ストライク• クロバット• ギャラドス• リザードン• 火力はそこまで出せないものの、多くの耐性と持ち前の耐久ステータスで、総ダメージ量はかなり伸びますよ。 ゲージを溜めるのが早いので、1匹目の「 ストライク」にぶつけるのが特にオススメ。 ロケット団幹部(リーダー)は3名ともかなりの強敵ですが、耐性を意識してパーティを組めば、必ず勝つことが可能。

次の

GOロケット団アルロ戦考察(11月10日)ストライク・クロバット・ハッサム【ポケモンGO】

ポケモンgoアルロ対策

アルロが1匹目に出してくる「クヌギダマ」は、むしタイプなので ほのお、いわ、ひこうタイプによる対策がおすすめです。 クヌギダマにシールドを使わせると、アルロの2匹目と3匹目の攻略がしやすいため、SP技の回転率が高いポケモンを採用しましょう。 さらに、 クヌギダマの通常技を全て半減にできる耐性も魅力と言えます。 育成している方は是非採用しましょう。 弱点がほのお技しかないため、連戦でハッサムを出しても通用します。 リザードンは火力が高いため、いわ技で弱点を突き、HPを削られる前に倒しきりましょう。 ほのお技とひこう技に耐性があるいわタイプのポケモンを中心に編成すると、リザードンからの被ダメージを極端に減らせるのでおすすめです。 攻撃性能が高いので、 強化済のバンギラスであれば問題なく倒しきれます。 耐久が高く、アメの入手難易度も低いため、 バンギラスの育成が済んでいない方の選択肢として有能と言えます。 ひこう技が等倍になる点に注意しましょう。 カメックス タイプ 通常わざ スペシャルわざ アルロが2匹目に出してくる「カメックス」は、みずタイプなので でんき、くさ技で弱点を突くことができます。 カメックスの通常技に「かみつく」があるため、あく技に耐性があるポケモンの編成も考慮すると盤石です。 アメの入手難易度も低く、育成しやすいのも魅力と言えます。 カメックスのスペシャル技がれいとうビームの場合は倒されてしまうので、注意しましょう。 被ダメージを気にせずゴリ押せるため、フシギバナとダーテングを強化していない方におすすめできます。 通常技とスペシャル技に各3種類のタイプがあるため、 2匹目に出してくるポケモンの中で最も厄介です。 攻撃と耐久がともに高水準のポケモンなので、こおり技で2重弱点を突き、一気に倒しきりましょう。 PvEでも活躍できるため、複数育成することをおすすめします。 アメの入手難易度も低い点も魅力的です。 ハッサムは耐久が低いため、ほのお技を中心にゴリ押せば安定して倒せるため、編成する時はほのおタイプのポケモンを採用しましょう。 ほのお技で2重弱点を突けるので、問題なく倒しきれます。 伝説ポケモンなので育成コストはかかりますが、育成する価値はあるので、最低でも1匹は育成しておきましょう。 技の回転率が高いですが、耐久が心許ないため、シールドを駆使してカバーすると欠点を補えます。 カイリューと同様にこおり技を持つポケモンを中心に編成することをおすすめします。 ボーマンダは通常技とスペシャル技にほのお技を持っているため、育成が不十分なこおりポケモンを編成すると逆に倒される危険があることに注意が必要です。 PvEでも活躍できるため、複数育成することをおすすめします。 「れいとうビーム」を覚えることができるため、わざ解放することで汎用性がより際立ちます。 育成コストはかかりますが、強化して損はしないポケモンです。 関連記事 ロケット団の関連記事 アルロ対策.

次の

【ポケモンGO】アルロ対策!勝てるポケモン・勝ちパターンを見つける攻略|ポケらく

ポケモンgoアルロ対策

特別なシャドウポケモン? GOロケット団リーダーとの戦闘に勝つと、上記記事の報酬の他に、それぞれの1匹目に使用されたシャドウポケモンをゲットするチャンスを得られます。 運が良ければ、 色違いのシャドウポケモンがゲットできることもあるようです。 GOロケット団リーダーは手強い GOロケット団リーダーがしたっぱより強い2つの要因として、• スペシャルアタックに対し(必ず)シールドを使用してくる• したっぱよりも強化されたシャドウポケモンを使ってくる ことが挙げられます。 参考:したっぱとリーダーの使用ポケモンCP比較(TL40時) したっぱ リーダー 敵シャドウフライゴン CP9619 CP13852 敵シャドウバンギラス CP13837 CP19925 仮にリーダーに負けてしまっても、 再戦時相手パーティは変わらないので、少なくともパーティの把握をしておきましょう。 発動の早いいわなだれ持ちの1体目でシールド2枚を突破し、そのままシエラのラプラス、アルロのクヌギダマに対して有利にバトルを進めることができます。 弱点を取れない場合もでんきショックでダメージを与えられるでしょう。 いわなだれはカイリューやボーマンダ、相性の悪いヘルガーやリザードンにも非常に有効となります。 イワークやバンギラスなどのいわなだれや10まんボルトが効かない場合に備えて、1体はばかぢからを解放させておくと良いでしょう。 こうげきとぼうぎょが必ず下がるため、使い時には注意が必要です。 シエラ対策 相手使用ポケモン 初手.

次の