常備 菜 レシピ。 2017年の人気作り置き・常備菜レシピ

常備菜レシピ12選|冷凍保存OK!日持ちする常備菜&人気簡単アレンジレシピを厳選

常備 菜 レシピ

仕事や行事で忙しい時、おかずをあと一品追加したい時…。 ひとつ常備菜が冷蔵庫にあるだけで違いますよね。 今回は編集部おすすめの『玉ねぎ』を使った常備菜をご紹介します。 週に1度の作り置きで、平日がグッと楽になるはずですよ。 2018年6月17日更新 かける!漬ける!合わせる!色々使える『新玉ねぎの万能ソース』 手軽に手に入る玉ねぎは、万能ソースにも大活躍!お肉を漬けたり、ドレッシングにしたり、いろんな楽しみ方をしてみてくださいね。 材料とレシピは 漬けるだけ!旬を手軽に『新玉ねぎの味噌漬け』 生で食べても美味しい新玉ねぎは、スライスしてシンプルに漬け込むだけ。 コクのある赤味噌の美味しさがよく合うおかずに仕立てましょう。 材料とレシピは にんにくダレを絡めて『春キャベツと新玉ねぎの肉巻き』 生で食べることの多い春野菜も、火を入れてみるとまた違った美味しさが見つかるかも。 男子も大好きなボリューム満点のひと品です。 材料とレシピは 作り置き常備菜シリーズ『酢たまねぎ』とアレンジレシピ たまねぎをメインに食べてみませんか?生活習慣病をも予防してくれる効果のあるたまねぎのチカラ、まるごといただきましょ。 材料とレシピは 旬の帆立と新たまねぎで、ちょっとおしゃれなおつまみを作りませんか?『帆立のレモンマリネ』 お刺身で食べるのもおいしいですが、同じく旬の新たまねぎといっしょにさっぱりと仕上げたマリネは白ワインにぴったり。 レモンとオリーブオイルが帆立の甘みを引き立てます。 作った日に食べるのもフレッシュでいいですが、全体が馴染んだ翌日がこれまたおいしいのです。 ぜひお試しあれ。 さてさて、今回の組み合わせは… 材料とレシピは 新じゃが・新玉ねぎを使って『ツナじゃがとスパイスツナじゃが』 新じゃがいもと新玉ねぎを使って、ツナじゃがを作ってみませんか? だし汁なし、お肉なし、炒め油なしでもおいしく仕上がるコツがあるんです。 さてさて、今回の組み合わせは… 材料とレシピは ポイントは厚さは3㎜?!『新玉葱と三つ葉ののポン酢漬け』 なぜ厚さは3mmなのか。 それは、3mmが厚すぎず、薄すぎず丁度いいからです。 だからといって定規で細かく計らなくて大丈夫ですよ。 食べた時に口の中に食材の水分ジュワっと浸み出るシャキシャキ感。 厚さよりもそれがこの料理の一番のポイントかもしれません。 さてさて、今回の組み合わせは… 材料とレシピは あと一品なににしよう。 そんなときに『鶏ささみと新玉葱のオイル漬け』 今日の夕ご飯なににしよう。 メインは決まってるけど副菜はなぁ…あと一品が思いつかないときの一品にいかがでしょうか。 油は油でも、良質な油であるオリーブオイルを使用します。 材料とレシピは 作り置き常備菜シリーズ『トマトのスイートマリネ』とアレンジレシピ お野菜で作るさっぱり箸休めは、疲れていてもいつでも食べたくなる一品です。 材料とレシピは 『時短・簡単!砂ぎもの和風サラダ』~家で作りたい和風レシピ~ 居酒屋などでおなじみの砂肝をつかって、家で簡単に作れるレシピのご紹介。 材料とレシピは オリジナル和風デミでシンプルな素材がグンとお洒落に!『豚肉と新たまと新じゃがのレンジ煮』 シンプルな焼いたお肉とチンしたお野菜にかけただけなのに、お洒落な一品に仕上がりますよ。 材料とレシピは 常備菜にぴったり やさしい酸味の『鯖の南蛮漬け』 日持ちがする食べ物は、忙しい毎日にとって、あると重宝するお助け品。 しっかりおかずにもなるこちらのレシピは、酸味が苦手な方でも大丈夫。 南蛮酢のレシピはいろんなお料理にも活用できそうですね。 材料とレシピは あま~い新玉葱をまるごといただく『新玉葱とベーコンとたもぎ茸のポトフ』 コンソメを使わなくても出汁、ベーコン、たもぎ茸、バターでとっても美味しいスープができますよ。 新玉ねぎの甘さが際立つあったかスープ、ぜひ作ってみてくださいね。 材料とレシピは つぶつぶが美味しい『もちきびドレッシングの新玉ねぎサラダ』 旬の野菜に雑穀をプラスして美味しさと栄養価をアップさせて召し上がってみてはいかがでしょうか? 材料とレシピは シャキシャキカリカリがいいアクセント!切って混ぜるだけ『ダブルたまねぎの巣ごもり納豆』 忙しくてなかなかお買い物に行けないときは、冷蔵庫にあるものや常備野菜でなんとかやりくりしたいもの。 しかもぱぱっとできるおつまみならば、とてもうれしいですよね。 材料とレシピは シャキシャキな新たまねぎに絡まる黄身醤油がたまらない!『新たまねぎとスプラウトの黄身醤油』 生で食べても辛みが少ない新玉ねぎ。 短いシーズンだけれども、いろんなアレンジをして楽しみたい食材の一つです。 贅沢に卵の「黄身」にほんの少しのお醤油を垂らしたソースは絶品です。 そんな一品をご紹介致します。 材料とレシピは 記事/ケノコト編集部 その他のおすすめ記事.

次の

常備菜レシピ12選|冷凍保存OK!日持ちする常備菜&人気簡単アレンジレシピを厳選

常備 菜 レシピ

日持ちする常備菜は季節関係ナシ! 作っておけばとっても便利な 常備菜、活用していますか? 週末やちょっと時間のあるときにまとめて作っておけば、お弁当のおかずや、今日の献立に一品足したい!というときに役に立ちます。 今回は、 「仕事が忙しくて、毎日時間をかけた料理を作ることができない」 「共働きのファミリーだから、保存食として作り溜めしておきたい!」 上記のような人は 要保存!簡単で便利な 常備菜の レシピ 100選を紹介します。 赤の野菜を使った常備菜レシピ にんじん・トマト・赤ピーマンなど、赤の野菜を使った常備菜レシピを紹介します。 彩りのアクセントとして取り入れたいときにおすすめです。 1:赤ピーマンのマリネ はちみつを使った赤ピーマンのマリネです。 たくさん作ってそのまま食べてもよし、トッピングとして使ってもよし、万能な常備菜の代表格です。 はちみつを使うことで、まろやかになり食べやすくなりますよ。 冷蔵庫で冷やすと、味がしみ込んでさらに美味しくなります。 抗酸化作用に効くアントシアニンを含んでいるので、美容にもいいですよ。 食事の付け合わせにもぴったりです。 食べる前にオリーブオイルをかけると、風味が出ておいしくなりますよ。 ワインが進むので、おつまみにもおすすめです。 お正月料理の付け合わせや、おせち料理などにもいかがでしょうか? 紅芯大根はとても大きいので、まとめて作るのにも便利ですよ。 甘酢を絡ませるときは、ジップロックを使うと簡単です。 甘さが足りないときは、はちみつなどで甘味を調整してください。 ナッツや、レーズンなどのドライフルーツを加えると美味しさが引き立ちます。 パスタやピザなどのソースとして使ったり、スープに変身させたり……と、いろいろな料理で活躍します。 味付けはめんつゆでOK! 「しりしり」とは、 沖縄の方言で千切りのことを指すそうです。 黒こしょうがピリリとアクセントになっています。 パプリカではなく、 完熟ピーマンを使うところがポイントです。 おにぎりの具としてもおすすめの、ヘルシーな佃煮です。 黒ごまを散らすと、彩りのアクセントに。 レモン汁をキュッと絞って、酸味をプラスしましょう!レモン汁は、日持ちさせるのにも効果がありますよ。 粒マスタードでピリ辛風味に仕上げています。 シャキッとした食感を残して炒めたにんじんを、海苔の佃煮に和えてきんぴら風に。 お弁当にもぴったりのレシピです。 半日以上おくことで、より味がなじみます。 マヨ好きにはたまらない一品です。 イタリアン料理の付け合わせにもぴったり。 緑の野菜には、体をリラックスさせる効果がありますよ! 21:ズッキーニのお惣菜 青ネギと、「セウジョ」というエビの塩漬けと一緒に炒めます。 ビビンバなどの付け合わせにもおすすめです。 1日おくと、味が染みこんでおいしくなりますよ。 ご飯にのせたり、厚揚げにのせたり……と、トッピングとして活躍します。 気づいたらあっという間に食べきってしまうほど、くせになるレシピです。 鷹の爪や七味唐辛子などをかけると、さらにおいしくなります。 しめじやもやしを加えてもGOODです。 焼いたピーマンを醤油、だし汁、鰹節、みりん、お酒を和えてできあがり。 食べるときにもみ海苔をかけて、風味を楽しみましょう。 ごまを多めに振りかけたり、ちょっとだけみりんを足したりすると、マイルドに仕上がります。 間違いのない組み合わせのレシピです。 水分をよく飛ばして、カリカリのジャコとしっかり和えましょう。 鷹の爪でピリ辛に仕上げて、大人の味に。 黒こしょうで味を整えています。 そうめんの薬味やご飯のお供として大活躍する、ピリッと辛い常備菜です。 黄色の野菜は目にも良いので、積極的に取り入れたいですよね。 41:定番中の定番!かぼちゃの煮物 作りたてでほかほかのかぼちゃも美味しいけれど、冷蔵庫で冷やしたものも味がしみておいしいですよね。 皮はつけたままで作ったほうが見栄えもよく、型くずれを防ぐことができます。 だしとお醤油、お酒を入れた鍋で煮立てたら完成です。 鍋に入れて、牛乳で溶かしていけば完成です。 さっと湯通しして玉葱の辛みを飛ばすと、食べやすくなります。 缶詰コーンのほんのりとした甘さがアクセントになって、くせになってしまう美味しさです。 はちみつ、オリーブオイル、レモン汁またはビネガーで味付けをしています。 醤油・みりん・お酒を使った、 和風マリネです。 沸騰して火が通ったら、蓋を開けて水分をすべてとばしてできあがり。 51:ひじき煮 煮物の定番!ミネラルが豊富なので、たっぷり作ってたくさん食べましょう。 ごま油で風味付けするのを忘れずに。 甘くて食べやすい、定番の煮物です。 味付けは醤油・酒・みりん・砂糖のみです。 鰹節でとっただし汁と、醤油、砂糖のみのシンプルな味付けです。 油揚げからもうまみが出るので、深い味わいになっています。 汁気がなくなったら、胡麻を散らしてできあがり。 普通のしょうがよりも、 新しょうがのほうが辛みが少なく、食べやすい仕上がりになります。 毎回、凝ったサラダを作るのは手間も食費もかかります。 サラダもまとめて作り置きしちゃいましょう! 61:あると便利なコールスロー そのまま食べてもおいしいけれど、 サンドイッチの具としても使えるコールスロー。 じゃがいもを潰しすぎないように注意! 野菜の水気はよく切って和えましょう。 1日たっても堅くなりませんよ! 水分をしっかり切ってから、マヨネーズを加えましょう。 そこに、 旬の野菜をお好みで漬け込むだけ。 シンプルでさっぱりとした、和風サラダのできあがりです。 余った里芋の煮物を使ってもOK! ねっとりとした舌触りがくせになる、おいしい里芋サラダができますよ。 クリームチーズやカッテージチーズを添えるのもおすすめです。 焦げ目をつけたパプリカを、和風の味でいただきましょう。 イカとエビをさっと茹でて、オリーブオイルと塩こしょう、レモン汁で味を整えます。 ハーブをかけて食べたり、ごま油をかけたりして、アレンジを楽しむのもおすすめです。 カリフラワーやブロッコリーを足してもよし! 野菜は小さくコロコロに切りそろえると、見た目もおいしそうに仕上がります。 さらに 白ごまを振りかけると、風味が豊かになりますよ。 ゆずの皮を削ってかけるのもおすすめです。 これだけでもお腹いっぱいになれるマリネです。 80:さっぱり味のレモン塩だれ 塩、レモン汁、ニンニク、黒こしょう、ごま油で作った シンプルなレモン塩だれ。 このままでも、トッピングとしても使えます。 簡単にできる ひじきのドレッシング漬けは、覚えておくと便利な一品です。 ポリフェノールがたっぷり含まれた、大葉ベースのソースです。 にんにくがたっぷり入っているので、和風でもイタリアンでも相性抜群!納豆に混ぜてもおいしいですよ。 ベースとなるのは、なんと カルピス! リンゴ酢とオイルを混ぜてこしょうを振れば、あっという間にできあがり。 豚しゃぶなどにもぴったりです。 リンゴと玉葱を荒く削れば、 「食べるドレッシング」にもなりますよ。 マヨネーズ、チューブのにんにく、豆乳または牛乳、レモン果汁にパルメザンチーズとこしょうでできあがり。 大根おろしにめんつゆ、だし醤油、はちみつ、バルサミコ酢、みりん、レモン汁、砂糖少々、和風だしの素を混ぜ合わせてできあがり。 赤みそ、ニンニク、豆板醤、醤油、酢、ごま油を使って、韓国風の味に仕上がります。 毎日作るのは大変なので、おやつも作り置きしちゃいましょう! 愛情たっぷりのデザートレシピを紹介します。 91:簡単ピーナッツバター 落花生とバター、ココナッツオイル、メープルシロップで簡単にできてしまうピーナッツバター。 パンケーキに添えるのがおすすめです。 ドライフルーツの甘味があるので、砂糖は控えめに。 豆乳と一緒にミキサーにかけたり、ヨーグルトにいれたりするのもおいしいですよ。 短冊のように切って、きなこをまぶしてこんがり焼けばできあがり! 好きなものをトッピングしてもおいしそうですね。 マシュマロをフライパンで火にかけ、溶けたところにお好みの味付けをし、一気にポップコーンと絡めます。 六角を入れると、 のどの痛みにも効果アリ。 たくさんレパートリーを増やして、家族も大満足の食卓にしたいですね! 忙しい毎日だからこそ、ちょっとでも 時間のあるときにまとめて作ることで、食事の支度がグッと楽になります。 アレンジのきくレシピもたくさんあるので、自分オリジナルの常備菜を考えてみるのも楽しいですよ。 我が家の定番はコレ!という常備菜を見つけて、楽しい食卓にしてくださいね。 記事内容に基づいた行動実施は、ご自身の判断のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。 ) 【こちらもおすすめ】.

次の

2017年の人気作り置き・常備菜レシピ

常備 菜 レシピ

日持ちする常備菜は季節関係ナシ! 作っておけばとっても便利な 常備菜、活用していますか? 週末やちょっと時間のあるときにまとめて作っておけば、お弁当のおかずや、今日の献立に一品足したい!というときに役に立ちます。 今回は、 「仕事が忙しくて、毎日時間をかけた料理を作ることができない」 「共働きのファミリーだから、保存食として作り溜めしておきたい!」 上記のような人は 要保存!簡単で便利な 常備菜の レシピ 100選を紹介します。 赤の野菜を使った常備菜レシピ にんじん・トマト・赤ピーマンなど、赤の野菜を使った常備菜レシピを紹介します。 彩りのアクセントとして取り入れたいときにおすすめです。 1:赤ピーマンのマリネ はちみつを使った赤ピーマンのマリネです。 たくさん作ってそのまま食べてもよし、トッピングとして使ってもよし、万能な常備菜の代表格です。 はちみつを使うことで、まろやかになり食べやすくなりますよ。 冷蔵庫で冷やすと、味がしみ込んでさらに美味しくなります。 抗酸化作用に効くアントシアニンを含んでいるので、美容にもいいですよ。 食事の付け合わせにもぴったりです。 食べる前にオリーブオイルをかけると、風味が出ておいしくなりますよ。 ワインが進むので、おつまみにもおすすめです。 お正月料理の付け合わせや、おせち料理などにもいかがでしょうか? 紅芯大根はとても大きいので、まとめて作るのにも便利ですよ。 甘酢を絡ませるときは、ジップロックを使うと簡単です。 甘さが足りないときは、はちみつなどで甘味を調整してください。 ナッツや、レーズンなどのドライフルーツを加えると美味しさが引き立ちます。 パスタやピザなどのソースとして使ったり、スープに変身させたり……と、いろいろな料理で活躍します。 味付けはめんつゆでOK! 「しりしり」とは、 沖縄の方言で千切りのことを指すそうです。 黒こしょうがピリリとアクセントになっています。 パプリカではなく、 完熟ピーマンを使うところがポイントです。 おにぎりの具としてもおすすめの、ヘルシーな佃煮です。 黒ごまを散らすと、彩りのアクセントに。 レモン汁をキュッと絞って、酸味をプラスしましょう!レモン汁は、日持ちさせるのにも効果がありますよ。 粒マスタードでピリ辛風味に仕上げています。 シャキッとした食感を残して炒めたにんじんを、海苔の佃煮に和えてきんぴら風に。 お弁当にもぴったりのレシピです。 半日以上おくことで、より味がなじみます。 マヨ好きにはたまらない一品です。 イタリアン料理の付け合わせにもぴったり。 緑の野菜には、体をリラックスさせる効果がありますよ! 21:ズッキーニのお惣菜 青ネギと、「セウジョ」というエビの塩漬けと一緒に炒めます。 ビビンバなどの付け合わせにもおすすめです。 1日おくと、味が染みこんでおいしくなりますよ。 ご飯にのせたり、厚揚げにのせたり……と、トッピングとして活躍します。 気づいたらあっという間に食べきってしまうほど、くせになるレシピです。 鷹の爪や七味唐辛子などをかけると、さらにおいしくなります。 しめじやもやしを加えてもGOODです。 焼いたピーマンを醤油、だし汁、鰹節、みりん、お酒を和えてできあがり。 食べるときにもみ海苔をかけて、風味を楽しみましょう。 ごまを多めに振りかけたり、ちょっとだけみりんを足したりすると、マイルドに仕上がります。 間違いのない組み合わせのレシピです。 水分をよく飛ばして、カリカリのジャコとしっかり和えましょう。 鷹の爪でピリ辛に仕上げて、大人の味に。 黒こしょうで味を整えています。 そうめんの薬味やご飯のお供として大活躍する、ピリッと辛い常備菜です。 黄色の野菜は目にも良いので、積極的に取り入れたいですよね。 41:定番中の定番!かぼちゃの煮物 作りたてでほかほかのかぼちゃも美味しいけれど、冷蔵庫で冷やしたものも味がしみておいしいですよね。 皮はつけたままで作ったほうが見栄えもよく、型くずれを防ぐことができます。 だしとお醤油、お酒を入れた鍋で煮立てたら完成です。 鍋に入れて、牛乳で溶かしていけば完成です。 さっと湯通しして玉葱の辛みを飛ばすと、食べやすくなります。 缶詰コーンのほんのりとした甘さがアクセントになって、くせになってしまう美味しさです。 はちみつ、オリーブオイル、レモン汁またはビネガーで味付けをしています。 醤油・みりん・お酒を使った、 和風マリネです。 沸騰して火が通ったら、蓋を開けて水分をすべてとばしてできあがり。 51:ひじき煮 煮物の定番!ミネラルが豊富なので、たっぷり作ってたくさん食べましょう。 ごま油で風味付けするのを忘れずに。 甘くて食べやすい、定番の煮物です。 味付けは醤油・酒・みりん・砂糖のみです。 鰹節でとっただし汁と、醤油、砂糖のみのシンプルな味付けです。 油揚げからもうまみが出るので、深い味わいになっています。 汁気がなくなったら、胡麻を散らしてできあがり。 普通のしょうがよりも、 新しょうがのほうが辛みが少なく、食べやすい仕上がりになります。 毎回、凝ったサラダを作るのは手間も食費もかかります。 サラダもまとめて作り置きしちゃいましょう! 61:あると便利なコールスロー そのまま食べてもおいしいけれど、 サンドイッチの具としても使えるコールスロー。 じゃがいもを潰しすぎないように注意! 野菜の水気はよく切って和えましょう。 1日たっても堅くなりませんよ! 水分をしっかり切ってから、マヨネーズを加えましょう。 そこに、 旬の野菜をお好みで漬け込むだけ。 シンプルでさっぱりとした、和風サラダのできあがりです。 余った里芋の煮物を使ってもOK! ねっとりとした舌触りがくせになる、おいしい里芋サラダができますよ。 クリームチーズやカッテージチーズを添えるのもおすすめです。 焦げ目をつけたパプリカを、和風の味でいただきましょう。 イカとエビをさっと茹でて、オリーブオイルと塩こしょう、レモン汁で味を整えます。 ハーブをかけて食べたり、ごま油をかけたりして、アレンジを楽しむのもおすすめです。 カリフラワーやブロッコリーを足してもよし! 野菜は小さくコロコロに切りそろえると、見た目もおいしそうに仕上がります。 さらに 白ごまを振りかけると、風味が豊かになりますよ。 ゆずの皮を削ってかけるのもおすすめです。 これだけでもお腹いっぱいになれるマリネです。 80:さっぱり味のレモン塩だれ 塩、レモン汁、ニンニク、黒こしょう、ごま油で作った シンプルなレモン塩だれ。 このままでも、トッピングとしても使えます。 簡単にできる ひじきのドレッシング漬けは、覚えておくと便利な一品です。 ポリフェノールがたっぷり含まれた、大葉ベースのソースです。 にんにくがたっぷり入っているので、和風でもイタリアンでも相性抜群!納豆に混ぜてもおいしいですよ。 ベースとなるのは、なんと カルピス! リンゴ酢とオイルを混ぜてこしょうを振れば、あっという間にできあがり。 豚しゃぶなどにもぴったりです。 リンゴと玉葱を荒く削れば、 「食べるドレッシング」にもなりますよ。 マヨネーズ、チューブのにんにく、豆乳または牛乳、レモン果汁にパルメザンチーズとこしょうでできあがり。 大根おろしにめんつゆ、だし醤油、はちみつ、バルサミコ酢、みりん、レモン汁、砂糖少々、和風だしの素を混ぜ合わせてできあがり。 赤みそ、ニンニク、豆板醤、醤油、酢、ごま油を使って、韓国風の味に仕上がります。 毎日作るのは大変なので、おやつも作り置きしちゃいましょう! 愛情たっぷりのデザートレシピを紹介します。 91:簡単ピーナッツバター 落花生とバター、ココナッツオイル、メープルシロップで簡単にできてしまうピーナッツバター。 パンケーキに添えるのがおすすめです。 ドライフルーツの甘味があるので、砂糖は控えめに。 豆乳と一緒にミキサーにかけたり、ヨーグルトにいれたりするのもおいしいですよ。 短冊のように切って、きなこをまぶしてこんがり焼けばできあがり! 好きなものをトッピングしてもおいしそうですね。 マシュマロをフライパンで火にかけ、溶けたところにお好みの味付けをし、一気にポップコーンと絡めます。 六角を入れると、 のどの痛みにも効果アリ。 たくさんレパートリーを増やして、家族も大満足の食卓にしたいですね! 忙しい毎日だからこそ、ちょっとでも 時間のあるときにまとめて作ることで、食事の支度がグッと楽になります。 アレンジのきくレシピもたくさんあるので、自分オリジナルの常備菜を考えてみるのも楽しいですよ。 我が家の定番はコレ!という常備菜を見つけて、楽しい食卓にしてくださいね。 記事内容に基づいた行動実施は、ご自身の判断のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。 ) 【こちらもおすすめ】.

次の