ストーリー 非 表示 インスタ ライブ。 インスタのIGTV・ストーリーズ・インスタライブの違いと使い分け

【Instagram】インスタライブ配信の方法・やり方まとめ

ストーリー 非 表示 インスタ ライブ

アカウントを選んで「親しい友達リスト」を作成してみましょう! このページにて「親しい友達リスト」を作成します。 親しい友達リストに追加したいアカウントを選んで「追加」のボタンを押すだけと、操作方法はいたってシンプルです。 誤ったアカウントを追加してしまった場合は、「消去」を押すことで登録解除ができます。 「親しい友達リスト」のストーリーズ投稿方法 上で解説したように、親しい友達リストをあらかじめ作成しておけば、親しい友達限定のストーリーズをとても簡単に投稿できるようになります。 いつもと同じようにストーリー用に写真を撮ったあと、「ストーリーズ」をタップする代わりに、 「親しい友達」のマークをタップすればOKです。 「親しい友達」はストーリーズ限定の機能 インスタライブにおいて、特定の視聴者のみに向けて配信したい場合は、「親しい友達」ではない 別の設定を行う必要があります。 インスタライブで視聴者の限定方法と注意点 インスタライブ にて視聴者を限定して配信したい場合は、 「ストーリーズ・ライブ動画を表示しない人」を設定する必要があります。 親しい友達リストとは反対に、ライブ動画に参加してほしくない人を選んで設定することで、限定配信ができるという訳ですね。 ただ、配信するアカウントが鍵なしの場合、特定のアカウントを「表示しない」に設定しても、その人が別アカからログインすればインスタライブを見れてしまうのでご注意を。 配信前に「表示しない人リスト」を作成しよう! ストーリーズを表示しない人とありますが、その下に小さな字で「ストーリーズと ライブ動画を表示しない相手を選択できます」とあり、インスタライブにもきちんと反映されますよ。 インスタストーリーズのデフォルトの公開範囲や、詳しい公開範囲設定については以下の記事をご活用ください! インスタライブを表示しない人を選ぶとどうなる? 上で紹介した「ストーリーズ・ライブ動画を表示しない人リスト」について、もう少し詳しく紹介してきます。 実際に「表示しないリスト」にアカウントを追加すると、どのような制限がかかるのか見ていきましょう! ライブの開始通知が届かない 「表示しないリスト」に追加されたアカウントには、「〇〇さんがライブ配信を開始しました。 リアルタイムで見てみよう!」という通知が届きません。 あなたが ライブ配信を開始したことを知られる心配がないので、「ライブやってたけど見れなかった」など後々のトラブルにつながる可能性も低いです。 インスタライブ配信中の表示がされない 表示しないリストに追加されたアカウントは、インスタライブ配信中に偶然あなたのプロフィールを訪れても「LIVE」が表示されません。 右:ライブ配信中であることが分からないようになっています。 「表示しないリスト」に追加されたアカウントには、通知が届かないのはもちろん、 「ライブ配信中」であることが全く分からない仕組みとなっています。 ストーリーズも非表示に 「ストーリーズ・ライブ動画を表示しない」というリストは、その名称どおり、 ストーリーズとライブ動画を区別なく非表示となります。 したがって、ライブ配信以外のストーリーズも見られなくなります。 「ライブ配信だけ限定で行いたい」という場合は、ライブ配信後にリストを元に戻すのを忘れないようにしましょう。 ライブ動画を「IGTV」としてシェアした場合は? インスタライブ配信終了後、ライブ動画を「 インスタグラムTVの動画」としてのシェアが可能です。 以前はアーカイブとしてストーリーと同じ形式で24時間シェアすることができましたが、現在ではその機能は廃止されています。 ただ、「表示しない人リスト」を作成して配信したライブ動画であっても、 インスタグラムTVとしてシェアすると誰でも閲覧できてしまうので気をつけましょう。 リアルタイムでなくてもライブ動画を見て欲しくないフォロワーがいるのであれば、ライブ動画の公開は控えることをおすすめします。 インスタライブでは一手間かけて「限定配信」を楽しもう! インスタライブを親しい友達に限定配信するためには、「親しい友達リスト」ではなく 「ストーリーズ・ライブ動画を表示しない人」というリストを活用しましょう。

次の

インスタライブを親しい友達だけに見せる方法はある?公開範囲を変更する方法!

ストーリー 非 表示 インスタ ライブ

アカウントを選んで「親しい友達リスト」を作成してみましょう! このページにて「親しい友達リスト」を作成します。 親しい友達リストに追加したいアカウントを選んで「追加」のボタンを押すだけと、操作方法はいたってシンプルです。 誤ったアカウントを追加してしまった場合は、「消去」を押すことで登録解除ができます。 「親しい友達リスト」のストーリーズ投稿方法 上で解説したように、親しい友達リストをあらかじめ作成しておけば、親しい友達限定のストーリーズをとても簡単に投稿できるようになります。 いつもと同じようにストーリー用に写真を撮ったあと、「ストーリーズ」をタップする代わりに、 「親しい友達」のマークをタップすればOKです。 「親しい友達」はストーリーズ限定の機能 インスタライブにおいて、特定の視聴者のみに向けて配信したい場合は、「親しい友達」ではない 別の設定を行う必要があります。 インスタライブで視聴者の限定方法と注意点 インスタライブ にて視聴者を限定して配信したい場合は、 「ストーリーズ・ライブ動画を表示しない人」を設定する必要があります。 親しい友達リストとは反対に、ライブ動画に参加してほしくない人を選んで設定することで、限定配信ができるという訳ですね。 ただ、配信するアカウントが鍵なしの場合、特定のアカウントを「表示しない」に設定しても、その人が別アカからログインすればインスタライブを見れてしまうのでご注意を。 配信前に「表示しない人リスト」を作成しよう! ストーリーズを表示しない人とありますが、その下に小さな字で「ストーリーズと ライブ動画を表示しない相手を選択できます」とあり、インスタライブにもきちんと反映されますよ。 インスタストーリーズのデフォルトの公開範囲や、詳しい公開範囲設定については以下の記事をご活用ください! インスタライブを表示しない人を選ぶとどうなる? 上で紹介した「ストーリーズ・ライブ動画を表示しない人リスト」について、もう少し詳しく紹介してきます。 実際に「表示しないリスト」にアカウントを追加すると、どのような制限がかかるのか見ていきましょう! ライブの開始通知が届かない 「表示しないリスト」に追加されたアカウントには、「〇〇さんがライブ配信を開始しました。 リアルタイムで見てみよう!」という通知が届きません。 あなたが ライブ配信を開始したことを知られる心配がないので、「ライブやってたけど見れなかった」など後々のトラブルにつながる可能性も低いです。 インスタライブ配信中の表示がされない 表示しないリストに追加されたアカウントは、インスタライブ配信中に偶然あなたのプロフィールを訪れても「LIVE」が表示されません。 右:ライブ配信中であることが分からないようになっています。 「表示しないリスト」に追加されたアカウントには、通知が届かないのはもちろん、 「ライブ配信中」であることが全く分からない仕組みとなっています。 ストーリーズも非表示に 「ストーリーズ・ライブ動画を表示しない」というリストは、その名称どおり、 ストーリーズとライブ動画を区別なく非表示となります。 したがって、ライブ配信以外のストーリーズも見られなくなります。 「ライブ配信だけ限定で行いたい」という場合は、ライブ配信後にリストを元に戻すのを忘れないようにしましょう。 ライブ動画を「IGTV」としてシェアした場合は? インスタライブ配信終了後、ライブ動画を「 インスタグラムTVの動画」としてのシェアが可能です。 以前はアーカイブとしてストーリーと同じ形式で24時間シェアすることができましたが、現在ではその機能は廃止されています。 ただ、「表示しない人リスト」を作成して配信したライブ動画であっても、 インスタグラムTVとしてシェアすると誰でも閲覧できてしまうので気をつけましょう。 リアルタイムでなくてもライブ動画を見て欲しくないフォロワーがいるのであれば、ライブ動画の公開は控えることをおすすめします。 インスタライブでは一手間かけて「限定配信」を楽しもう! インスタライブを親しい友達に限定配信するためには、「親しい友達リスト」ではなく 「ストーリーズ・ライブ動画を表示しない人」というリストを活用しましょう。

次の

インスタライブをコメント(文字)なしで保存する方法!

ストーリー 非 表示 インスタ ライブ

Instagramのライブ配信機能とは? Instagramのライブ配信機能は、動画をリアルタイムで配信できる機能です。 タイムライン上部のストーリーの中に「LIVE」の赤い文字とともにアカウントのアイコンが表示されていればライブ配信中。 これだけだとどういう意味なのか気づかない人も多いようです。 ライブ配信中のアイコンをタップすると、配信中の動画が閲覧でき、ハート(いいね)やコメントを送ることができます。 ライブ配信のリプレイ動画は24時間限定で閲覧できる ライブ配信のストーリーとの最大の違いは、リアルタイムであるという点。 ストーリーは最大15秒以内の動画をアップロードし、タイムラインや自分の投稿一覧の履歴に表示され、何度でも再生できます。 一方、ライブ配信はリアルタイムでの閲覧を前提としたもの。 リプレイ動画も見ることができますが、リプレイ動画は、配信完了してから24時間限定でストーリーとして表示され閲覧できます。 このとき、リアルタイム配信時に送れるハートやコメントは送ることができません。 ライブ配信を逃さないためには? ライブ配信が開始されると、Instagramアプリ通知が届きます。 このとき、通知を逃さないために通知が欲しい人をフォローしておくこと、アプリと端末の通知機能をオンにしておくことがポイントです。 Instagramアプリの設定は、マイページから右上のメニューを表示し、[設定]>[プッシュ通知]>[ライブ動画]をオンにしておきましょう。 例えば、大好きな芸能人のライブ配信では、コメントやハートを介してコミュニケーションができるので、とても楽しい機能ですよね。 気になるアカウントはチェックしておいて、ライブ配信を楽しんでみてはいかがでしょうか。

次の